テレビでの小室K報道はようやく一息ついたようですが、元婚約者が
協議に応じて、あくまでも借金ではない「迷惑料」「解決金」でも
なんでも良いんでしょうね、300万円でも手に入れれば双方解決となった
暁にはまたテレビで報道するかもしれません。
元婚約者は一貫して「貸したお金を返して貰えればいい」のスタンスですから。
元婚約者に渡すだろうお金の出所も突っ込んで聞くマスコミはいるかな?
返しました、はいそれで終わり~~になりそうです。
次のハードルで一番ハードルが高いのは「多くの国民に祝福されること」。
これは無理でしょ。天皇陛下の生前退位は90%のアホが賛成していましたが、
今回はいくらなんでも日本国民の半数以上は賢いと思います。
ただ、国民投票するわけでもないので(苦笑) マスコミが操作して
60%、70%の国民が賛成と出せば、無理が通れば道理が引っ込む形になるでしょ。
マスコミもわからないからなぁ。私はここのところ、眞子さまへの見方が変わってしまい、
面倒くさい人だな・・・自分の立場をわかっていないんだな・・・
そんなに小室Kと結婚したいなら、面倒くさいからしたらいいじゃん、と
投げやりになっています。 皇籍離脱、一時金無し、小室KのいるNYで生活。
以後、日本の地を二度と踏まない覚悟で、庶民になって、お金、姑、夢見る夢夫の
小室K、仕事、様々な経験をするしかないだろう、と醒めた気持ちです。


週刊文春より掻い摘んで紹介
1月26日 「トット基金」理事長黒柳徹子さんが主催する手話狂言・初春の会に
姉妹揃って完全なお忍びで鑑賞にきた、眞子さまと佳子さま。
この日の眞子さまは、以前と比べると総じて晴れやかな表情を浮かべていた。

・4日前の22日、小室圭さんが借金問題について説明する文書を公開した。
同日、勤務先に出勤された際も眞子さまは笑顔で「ルンルン」の雰囲気だった。

・「解決済み」の文言は波紋を呼び元婚約者の怒りの炎に油を注ぐ結果となった。

小室さんの代理人を務める上芝弁護士。
「今回の文書で『解決済み』だなどという主張は一切していない。
文書はあくまで小室さん母子が、このように認識しているという内容を
説明したもの。だから元婚約者に向けた反論の文書ではない。
『反論した』『対立している』と報じられているが、完全に誤読で、ミスリード
する報道姿勢だと感じている。圭さん自身『思ったように伝わっていない』」と。

一昨年末の金銭トラブルの記事が出てから、圭さんは「説明すべきか、しない方が
良いのか」ずっと悩んできた。問題の当事者は元婚約者と母親で、圭さんは
純粋な当事者ではない。

・秋篠宮殿下の誕生日会見が契機になって説明することにした。

・秋篠宮殿下の「相応の対応」のすべてではないがその一環である。

・元婚約者と互いに納得できれば、結婚に向けてハードルが下がるという認識。

・眞子さんは、圭さんが発表した文書と内容、マスコミを通じて発表するのを
知っていた、圭さんは「(眞子さまが)知っていました」と公に説明せざるを
得ないと判断した。

・「結婚の意思は固い」との文言について、「小室さんは結婚をする意思は
変わらないし、眞子さんから「それと違う」ということも聞いていない。

・上芝弁護士からもたらせた協議の申し入れに対し、元婚約者は応じる意思。

・「解決金」の名目で、小室さんの大学の入学費、留学費など約300万円を
元婚約者に渡される可能性がある」 以上、上芝弁護士。

・小室さんの文書が出て、秋篠宮ご夫妻は呆れ果て非常に困った表情をされている。

・秋篠宮ご夫妻は文書発表を知らされていなかった。

・文書の内容も秋篠宮殿下が仰った「相応の対応」には程遠い。

・今回の文書公表で今まで以上に落胆されている。

・眞子さまには早く結婚して欲しい、ただその相手は小室さんではない。

・借金トラブルを解決しても、これまでの不信感を拭い去ることはできない。

・「多くの人が納得し喜んでくれる状況」にも到底ないという考え。

・今は眞子さまが結婚問題を秋篠宮殿下にそうだんすることはないという。

・小室さんの文書発表を機に皇室内は尋常ではない雰囲気に包まれている。

高円宮家承子さま、今年12月に婚約発表か?

・昨年10月に守谷慧さんと結婚した絢子さん、2人は家賃40万円の百平米の
港区高級マンションで、仲睦まじく2人腕を組んで歩かれているそうです。

・最近は、長女の承子さまが今年12月にも婚約発表される、情報が飛び交っている。

・お相手は数年前から交際の噂がある、みずほ銀行に勤める同学年の男性。

・2008年入社で非常に優秀な人物。一時はシンクタンクのみずほ情報総研に
いたがその実力が買われて、今は本社でシステム開発の部署にいる。
(みずほ銀行関係者)

・なぜ12月なのか。御代替わりの儀式が立て続けにあり、一連の儀式を終えたあとの
12月になるのではないか。(宮内庁関係者)

・結婚について承子さま「お母さまが良いというかたがいれば結婚するわ」



週刊新潮より掻い摘んで紹介

小室文書、上芝弁護士の言い分は書き方が若干違うだけで週刊文春と
重複している部分が多いので割愛します。

・文書が出た直後から庁内では「この人(小室さん)はもうアウトだ」と
いった声が出ていた。秋篠宮殿下が会見で口にされた真意がまるで伝わっていない。

・紀子さま、今回のコメントを目にされて「今さらなんでしょうか。遅すぎます」
「内容も、よく意味がわかりません」と唖然となさっていた。

・佳代さんと元婚約者のトラブルについて「それを解決できたからといって、
私たちが結婚に向けて前向きになれるかといえば、そうではありません」

・小室さんが足掻いたところで秋篠宮家、ひいては皇室の結論は決まっているかに
映るが、そうした見通しを不透明にしているのは、他ならぬ眞子さまだという。

・眞子さまは予め文書の存在、内容、公表方法を伝えている。
「今でも2人が結婚したいのなら」と発言されたことが文書作成のきっかけ。

・秋篠宮ご夫妻、両陛下、宮内庁職員も知らず、唯一眞子さまだけがご存じで、
眞子さまは両親にその旨を伝えなかった。大きな親子の断絶がある。

・佳子さまも橋渡し役を上手くこなせずにいる。

・眞子さま、皇室内でどのようにみられているかよく理解している。
それでも、気持ちは今も小室家側に傾いたまま。

・これはまさしく、小室母子による「ご一家分断工作」ではないか。
眞子さまの気持ちを掴んでいる限りは何とかなる、との小室さんの胸中が見て取れる。
・小室さん母子、とりわけ佳代さんは眞子さまの1億5000万円とされる一時金に
思いを寄せているふしがあった。 「皇室のほうでお金を用立ててもらえませんか」
と、一時金を当てに前借りを打診し秋篠宮ご夫妻を呆れさせた。

・あくまで眞子さまに支払われるとはいえ、結婚とともに舞い込んでくる、億単位の
金銭は魅力に違いない。 決して豊かでない家計を幼少期から目のあたりにしている
小室さんにとっても、一時金が支払われない結婚など、そもそも想定していないはず。

・一時金は皇室経済会議を経て閣議決定、国の予算として支払われる。
そんな性質のお金を当てにしているのであれば、小室親子は理解力が足りない。

・中には、最後は駆け落ちすれば、と言う人もいるが、一時金も出ない状態で、
430万円を払えない人とどうやって生活を送るというのでしょうか。
(皇室ジャーナリストの神田秀一氏)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。