小室さんの文書に秋篠宮ご夫妻呆れる、小室親子は眞子さまの一時金を当てにしている、12月承子さま婚約発表?

眞子さまの結婚問題

テレビでの小室K報道はようやく一息ついたようですが、元婚約者が
協議に応じて、あくまでも借金ではない「迷惑料」「解決金」でも
なんでも良いんでしょうね、300万円でも手に入れれば双方解決となった
暁にはまたテレビで報道するかもしれません。
元婚約者は一貫して「貸したお金を返して貰えればいい」のスタンスですから。
元婚約者に渡すだろうお金の出所も突っ込んで聞くマスコミはいるかな?
返しました、はいそれで終わり~~になりそうです。
次のハードルで一番ハードルが高いのは「多くの国民に祝福されること」。
これは無理でしょ。天皇陛下の生前退位は90%のアホが賛成していましたが、
今回はいくらなんでも日本国民の半数以上は賢いと思います。
ただ、国民投票するわけでもないので(苦笑) マスコミが操作して
60%、70%の国民が賛成と出せば、無理が通れば道理が引っ込む形になるでしょ。
マスコミもわからないからなぁ。私はここのところ、眞子さまへの見方が変わってしまい、
面倒くさい人だな・・・自分の立場をわかっていないんだな・・・
そんなに小室Kと結婚したいなら、面倒くさいからしたらいいじゃん、と
投げやりになっています。 皇籍離脱、一時金無し、小室KのいるNYで生活。
以後、日本の地を二度と踏まない覚悟で、庶民になって、お金、姑、夢見る夢夫の
小室K、仕事、様々な経験をするしかないだろう、と醒めた気持ちです。


週刊文春より掻い摘んで紹介
1月26日 「トット基金」理事長黒柳徹子さんが主催する手話狂言・初春の会に
姉妹揃って完全なお忍びで鑑賞にきた、眞子さまと佳子さま。
この日の眞子さまは、以前と比べると総じて晴れやかな表情を浮かべていた。

・4日前の22日、小室圭さんが借金問題について説明する文書を公開した。
同日、勤務先に出勤された際も眞子さまは笑顔で「ルンルン」の雰囲気だった。

・「解決済み」の文言は波紋を呼び元婚約者の怒りの炎に油を注ぐ結果となった。

・借金トラブルを解決しても、これまでの不信感を拭い去ることはできない。

・「多くの人が納得し喜んでくれる状況」にも到底ないという考え。

高円宮家承子さま、今年12月に婚約発表か?

・最近は、長女の承子さまが今年12月にも婚約発表される、情報が飛び交っている。

・お相手は数年前から交際の噂がある、みずほ銀行に勤める同学年の男性。

・なぜ12月なのか。御代替わりの儀式が立て続けにあり、一連の儀式を終えたあとの
12月になるのではないか。(宮内庁関係者)

・結婚について承子さま「お母さまが良いというかたがいれば結婚するわ」



週刊新潮より掻い摘んで紹介

・文書が出た直後から庁内では「この人(小室さん)はもうアウトだ」と
いった声が出ていた。秋篠宮殿下が会見で口にされた真意がまるで伝わっていない。

・紀子さま、今回のコメントを目にされて「今さらなんでしょうか。遅すぎます」
「内容も、よく意味がわかりません」と唖然となさっていた。

・佳代さんと元婚約者のトラブルについて「それを解決できたからといって、
私たちが結婚に向けて前向きになれるかといえば、そうではありません」

・眞子さまは予め文書の存在、内容、公表方法を伝えている。
「今でも2人が結婚したいのなら」と発言されたことが文書作成のきっかけ。

・眞子さま、皇室内でどのようにみられているかよく理解している。
それでも、気持ちは今も小室家側に傾いたまま。

・一時金は皇室経済会議を経て閣議決定、国の予算として支払われる。
そんな性質のお金を当てにしているのであれば、小室親子は理解力が足りない。



コメント

  1. mayu より:

    こんにちは、ようやくコメントをじっくり読ませていただきました。
    ブログアップしっぱなしの放置でしたが、荒らしコメントもなく
    安心して放置できました、ありがとうございます(^^)
    昨日は、母の退院→転院、施設申し込みなど多忙でした、まだ
    いろいろ動く事があり、一息つくまでコメ返し省略させてください。

    皇室も小室Kの問題だけでなく、動きがあり興味津々。
    ブログを書くのは好きなので、書きたいのに雑用多過ぎ(T_T)
    こういう時に、「あ~皇族っていいなぁ、自分で動かなくても
    周りがやってくれるし」と思っちゃうんですよねぇ。
    自由を制限されるのは、私のような庶民も皇族も同じじゃん。
    皇族はお金の心配、介護、老後の心配がないだけでも楽ではないか?と、
    つい自分と比べてしまいます(^^;)

  2. やしま より:

    >さくらさんの疑問へ

    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0102/bso_190102_8500326317.html


    お読みになることを推奨します。

    特にここの部分
    「2014年9月、眞子さまは再びイギリスへ。レスター大学大学院に入学され、博物館学研究科で学ばれた。小室圭さんは眞子さまに会うため、大型連休を利用してイギリスを訪れたこともあったようだ。
    2015年9月に大学院留学からの帰国を果たされた空港での眞子さまを拝見して、衝撃を受けた。しっかりと引かれたアイラインからは強い意志を感じさせ、ロングの御髪はツヤツヤ。とてもお綺麗になられたお姿が印象に残っている。」

    有名どころでは高円宮承子さまのSNS騒動ですが、海外ではSPはご当人の外出時しかつきませんので、建物内のことはノータッチです。なので、海外での「皇族ご乱交」は、過去にもあります。千容子さんのフランス留学のときは余りにも目に余るご乱交のため、母上、三笠宮百合子妃が連れ戻しにいったぐらいです。

    わざわざ留学先にまで来てくれた、既にプロポーズも受諾している「恋人」と、「何もなかった」と考えるほうが不自然ではないでしょうか?
    マコケイカップルは「できている」というのが、巷の認識です。

    • 匿名 より:

      やしまさん、
      URLのご紹介をありがとうございます。やはりそうなのですね。ご帰国の際の眞子様のお変わりようを見れば、母親であればすぐに勘付くかと思うのですが…紀子さまは何もお感じにならなかったのでしょうかね…。

  3. さくら より:

    皇族である眞子さまに対し失礼な書き方になってしまうとは思いますが、もしかすると小室Kは眞子さまにすでに手を出していて、眞子様にとっての初めての男性なのではないでしょうかね…そうでない限り、この執着ともいえる思いに対し説明がつきません。イギリスからお戻りになった際、前髪を作ってとても女性らしく見えたお姿が思い出されます。

    • いちごラムネ より:

      それはもう「当然そうだろう」というのが大方の人が思っているところです。
      眞子さんが留学中にKKが会いに行っているのですから、何もないはずがない、と。

      だからこそ、別れれば「リベンジポルノ」があるのでは?と心配する人も多いのです。

      本当にやっかいな話ですよね。

      • さくら より:

        いちごラムネさん、
        反応いただきありがとうございます。そうですね、あまりにもやっかいなことになってしまいましたね…。今日竹田恒泰さんのYouTube公式チャンネルを拝見したのですが、国民の思いを丸々代弁してくださっていると思いました。竹田さんから直接眞子さまにお話しいただくことはできないのでしょうか?こんなことになってしまったことが残念でなりません。

  4. satoko より:

    こんばんは
    いつもありがとうございます。

    秋篠宮殿下から眞子さんが引き継ぐと言われている公務、ぜひ三笠宮家の独身を貫きそうな女王に回して欲しいです。
    眞子さんに負けず劣らず立派にお務めできると思います。
    ホント小室の影がチラつく眞子さんの姿は見たくないです。
    公務を次々に与えられると尚のこと強気になるのではないですか。
    結婚後もそのまま公務を続けタップリ報酬というのも嫌だし、女性宮家に繋がるのかもと思うともっと嫌だし。

    • ドラゴン より:

      ご公務の報酬が小室親子に流れるなら、眞子内親王は公務も辞退してほしいですね。これに限らず公務は絞り込んだ方がいいと思います。しかし、小室圭の発想は自分で働かないで女性の稼ぎをあてにするヒモですね。ヤクザと変わりません。

  5. ラッキー より:

    度々すみません。
    ミヤネ屋を今さっき最後の方だけ見たのですが、皇室担当者の記者が言っていた事に引っ掛かってます。

    結婚延期してから留学を決めたので結婚の時期は、どーたらこーたら言ってたのですが、先程昼のバイキングでは、実際の国際弁護士の方が、スケジュール的に婚約内定2017年夏には留学が決まってるはずだし、その為の準備は春頃ですと言ってました。

    ここって凄く大事な事だと思います。
    2局で違う事言ってるし、マスコミも専門家が分析しないのかしら?

    婚約内定の時に留学が決まってたら、結婚行事の数々のスケジュールは無理ですよね。

    延期してから急遽決めたら、忖度有りでねじ込んだ事になりますし、やっぱりこっちなのかなー?

    • よこはま より:

      フォーダムロースクールのHPを見ると、
      秋入学の出願期間は9月15日~3月1日で、Martinの奨学金を申請する受験者は2月1日までとなっています。

      上記は2019年秋入学に関してですが、2018年秋入学もほぼ同じであったと仮定すると、
      小室氏は9月15日~2月1日の間に出願していると考えられます。

      婚約延期発表されたのが2018年2月6日。発表は2月6日でももっと前に両家と宮内庁との間で延期の方向性は決まっていたことでしょう。
      遡る事、2017年12月11日に「秋篠宮家はご存知か! 眞子さまの婚約者・小室圭さん母「400万円」借金トラブル」というスクープが週刊女性で報じられたんですよね。

      ですので、勝手な憶測ですが、2017年12月11日~2018年2月1日の間、もっと言えば両家で延期の方向性が定まった頃、おそらく2017年12月末~2018年1月に慌てて願書申請したんじゃないかと私は想像してます。
      秋篠宮両殿下に相談なく、勝手に留学決意するなんて物凄い無責任さと逃げ足の速さだと思いますね。
      ただ、小室氏本人もまさか奨学金付きで合格するとは思ってなかったんじゃないでしょうか。
      ゴタゴタ続きの2018年3月に一橋卒業するけど奥野法律事務所の事務職員だから、体裁を整える程度の気持ちで願書出したのではないか。

      小室氏の米国留学がマスコミで報道されたのが2018年6月27日。
      一般的に秋入学の合格通知が届くのは3月末~5月ですが、早く届く人は専願とか早期申請してる人なので、併願とか奨学金が絡んでるとか、申請が遅れた人の判定は遅くなります。
      小室氏の場合は5月中には合格判明してたんじゃないでしょうかね。
      秋篠宮殿下に寝耳に水と言われたように、早く説明すればよかったんじゃないですかね。

      ところで、
      バイキングの清原博弁護士は小室氏の入学学期が春入学だと誤認したんじゃないかな。
      春入学の出願は前年の6月1日~10月1日という夏場ですので、これと間違えた可能性あり。

      あと清原氏はロースクールに入学するからにはLSAT受験が必須で、これで良い成績取れてるから奨学金が付いたのだと思うと言ってましたが、これも誤認してるっぽいです。
      JD入学にはLSAT受験が義務付けられていますが、LLM入学にはLSATの受験は必要ないので。
      清原氏はJDに入学して卒業して米国司法試験合格してるので、おそらくLLMにもLSATが必須と勘違いしてた可能性があります。
      だから、つまり、急遽米国に逃げる手段を選んだ小室氏はLSATを受験しないで入学できるLLMを選んだのだと私は思いますよ。
      LSAT受験して良い成績を取ってるなら最初からJDに行くでしょうからね。
      LLMからJDに編入する場合もLSATは必要なし。

      奨学金は推薦者が書いたであろうプリンセス眞子のフィアンセだ!というのをフォーダム側が勝手に忖度というか、大学の宣伝用に広告塔を買ったのだと予想。

  6. 柘榴 より:

    今日のミヤネ屋で
    婚約延期発表から1年…小室さんの現在と将来…関係者独自取材「結婚の意思固い」
    という内容をやるようです。

    関係者って誰でしょうね。

  7. まめはな より:

    ろくに働きもしないKK親子が、よくも美味しく暮らしてこられたものだと思いますが、日本人にはお人好しが多いのでしょうね。

    KKの言う「思ったように伝わっていない」というのは、「自分に都合の良い方に伝わっていない」ということだと思います。

  8. メトロポリス より:

    mayuさん、いつも興味深くブログ読ませていただいています。
    今回の小室文書が出た数日後のお出かけ時の眞子さま(佳子さまと一緒で車中の)の表情を見て何とも言えない胸くそ悪さを感じてしまいました。
    言葉が下品ですみません!
    世間を騒がせて申し訳ないとか、皇室に迷惑かけていることへの憔悴も見せず、いまだKKと繋がっていることの恍惚と余裕すら感じられます。

    昨夜のニュースで、次代の公務分担は新天皇皇后に4件、秋篠宮両殿下に4件、眞子さまに6件を引き継ぐと言っていました。雅子新皇后も体調の波で万全に公務をなされないであろう中、眞子さまを戦力?としても頼りにされていることも、美智子さまや秋篠宮両殿下が強く破談と言えない理由の一つなのかな?と思ってしまいました。
    個人的には、この小室問題が解決するまでは眞子さまのお手降り公務など見たくないというのが本音です。

    今日もバイキングとミヤネ屋でKKのことを取り上げるようですね。
    「小室さんの結婚の意思は固い」と番組欄に書いてあります(´д`)

  9. メープル より:

    まゆさん、お忙しい毎日の中更新どうもありがとうございます。

    眞子さまと佳子さま、この大騒動のなかどうしてこのような笑顔でいられるのでしょう。特に眞子さま。「当事者」なのに。世間を騒がせていると言う自覚さえもないのでしょうか。

    秋篠宮さまはこんな若造(小室k)に馬鹿にされているのではないでしょうか。それは結婚したいと思う相手の親に対する態度ではありません。それなのに、秋篠宮さまは何と導火線の長いこと!と言いたいくらいです。

    でも直接電話して「このお話はなかったことに。ガチャン!」では済まないので、手順と時間が掛かるのかもしれません。水面下では破談計画が進んでいると思いたいです。

  10. ドラゴン より:

    いつも更新有難うございます。なかなかスッキリしませんね。一部の週刊誌は売り上げを増やすため、結婚やむなしと刺激的な見出しを付けているのではと思います。でも本当に結婚したら間違いなく破滅です。私の身の回りを見ても若い時からタカリ体質の人、身の丈に合わない贅沢なお金の使い方をする人の性格は一生治りません。一億五千万の持参金もすぐに使い果たし、皇室費を無心するでしょう。そのお金の出どころは税金です。年金財政、健保財政が厳しい中で消費税も上がるのに小室親子にお金を恵むことは国民感情が許しません。この話はきっぱり白紙に戻すべきです。

  11. あや より:

    紀子さま、よく言ってくださった。はじめて、すっきりする言葉を渦中の当事者から聞きました。
    秋篠宮殿下はダメですね、、、ハッキリしない態度で。
    この先も、シビアな意見をはっきりと伝えてほしい。
    それにしてもKK、和解金の300万円は一体どこから出るのしょう。
    普通に考えれば借金だらけのはずですが。
    辻褄の合わない、筋の通らないおかしなことばっかりですね、このK親子。
    宮内庁は逃げるだけでなく、早く退治してほしい。

  12. hiroko より:

    秋篠宮御夫妻は、彼は学生で生活能力がないのを承知で結婚を許したのでしょう?
    週刊誌報道によって小室家の醜聞が広まらなかったら、結婚費用やその後の生活援助、彼にはどこかの名誉職を与えるつもりではなかったのかと勘繰りたくなります。
    秋篠宮の誕生会見は小室家報道によってやむなく発言したように感じます。

  13. 粉屋粉砕 より:

    こんばんは。はじめまして。
    いつも読ませていただいています。今回、初めてなのに、過激なこと思いついたので書かせて下さい。

    >Mikikoさんの皇后様が「婚約内定を見直します!」と仰ればよいのです。    

    これです!!!皇后様は、新聞・週刊誌などに全部目を通していらっしゃるとか。
    皆で一斉に、皇后様にお願いいたしましょう!
    あるブログのコメント欄に、葉山在住の方が書いていらしたのによれば「今回は、とてもクタビレた感じで、化粧なども丁寧でなかった」とか。タイムズ紙にさえ「皇室の責任者は、皇后」って、隠しておきたかったことを暴露されて「さっさと解決せよ。無能」とまでは流石にかかれなかったでしょうが、黒幕だってことが完全に見抜かれてる印象でしたよね。深読みしすぎ?期待しすぎ?
    でも、この[憔悴・皇后]に、最後のトドメを、われら国民が刺しましょう!!

  14. よこはま より:

    上芝直史弁護士ってどんな人なのかネット上で調べてみたんですが、御自身の写真や経歴などシャットダウンするなど整理した上で請け負った形跡がみられますね。
    司法修習61期なので、2007年末に弁護士登録したであろう12年目の弁護士です。
    予想するに30代後半~40代前半くらいの年齢でしょうか。
    報道向けのFAX文面の稚拙からオウム真理教の弁護を請け負った横山昭二みたいのを想像してましたが違いました。今の所は。

    上芝氏が所属してる五十嵐・渡辺・江坂法律事務所の詳細情報もほぼ探せなくなっており、凸電や世論からの攻撃に備えた防御をしているようですね笑。
    弁護士ですら顔と経歴隠してしまうんだから小室の負のパワーは相変わらず。
    慶応卒の弁護士が集まってるぽいです。

    この事務所、かつて広告で闇金や債権関係の債務処理を宣伝してたぐらいだから(数年前まで流行してましたよね、司法書士でもできるのに)大きなビジネスをしているような事務所ではなさそうです。

    400万円の案件を依頼した場合、着手金30万円、報酬金60万円ぐらいがこの事務所の相場です。
    時間3万円あたりの相談やタイムチャージ込で、小室家が支払う金額はおよそ100万円くらいですか。
    アカ系の人権擁護有志団でなければですが。

    今夜は400字くらいでしょうか笑

  15. さり〜まま より:

    思った様に伝わっていない、って何様なんでしょう。
    この問題が解決したら、結婚へのハードルが下がる?
    冗談でしょう?
    紀子様の、今更遅すぎる、解決したからって前向きにはなれない、と言うお言葉、私たちも同じ気持ちです。

    弁護士もKKも、法的にモノを考えています。
    ですが、日本人は、義理とか情とか恩、と言う、ビジネスライクなモノとは対極的なモノも、大変重視します。
    誠意と言うのも、その一つです。
    11月の秋篠宮様のお言葉で、文書で説明しようと思ったって、今さら?遅すぎ!ですよ。
    その文書を発表することで、結果的に、元婚約者と話し合って、お金を返す、って、これまたやっと?って感じです。
    今の今まで、誠意ある行動、して来なかったくせに、これでハードルが下がるって、もう、行動に移すタイミングが遅すぎです。
    誠意の欠片も感じられなかった今までで、もう、この人はアウトです。

  16. クロワッサン より:

    mayuさん更新有難うございます。

    眞子さまは例の文書発表後も、憔悴してなくて、平気な顔をして微笑んでいる。国民としてど~ぞ御勝手にしてくれと思い始めた。おねだり義母とKKと暮らしたらという感じ。

    KKのように20代半ばを過ぎても、無職の男って何なの?KKの未来と言っても、予想として、不合格率98%以上が確実のニューヨーク弁護士資格試験。多分、落ちるね。

    複数の他人にタカって勉強して、身を入れて勉強出来るの?
    嘘を言ったり、金にルーズな人間は人間として、一番ゲスだと思っています。 日本人が一番嫌いな生き方です。

    それに引き換えmayuさんの旦那さまは、年を取られても真面目に会社勤めをし、日々の糧を得ています。
    これが日本人の本来の生き方です。
    KKよ、mayuさんの旦那さまの爪の垢を煎じて飲め❗

  17. Mikiko より:

    この問題を解決できる人がおられます。外野がやいのやいのと騒いだところで何にもなりません。
    ただ一言、皇后様が婚約内定を見直します!と、仰ればよいのです。    一刻も早くこの騒動をお納めくださって私たち国民に安寧の日々を下さい。
    皇室とは庶民の模範であって欲しい。眞子さまも素敵なプリンセスであって欲しい!

  18. ラッキー より:

    こんにちは、記事のアップを有り難うございます。
    もう、結婚しちゃって良いのでは?
    絢子様より遥かに格が上だから、もちろん家賃は3人で住むとしたら60万~ぐらいでしょうか?
    まさか、絢子様より安いと言うことは無いでしょうね?

    生活費も家賃合わせて毎月100万越えですね。
    年間1200万かー、保険税金諸々年収は3000万ぐらい必要ですね。

    こんなのは絶対無理だから、やはり女性宮家を作り、家も建てて貰ってヌクヌク暮らして行くのでしょうか?

    絶対国民の理解なんて得られません!

    それにしても守谷さん、さすがです。
    あの歳で家賃40万フツーに払う事が出来るなんて。やっぱり、こうでなくちゃならないですね。

  19. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    お忙しい中更新ありがとうございます。

    「思った様に伝わってない」??では、どういう風に伝わればいいと思っていたのか?
    物事には色々タイミングというのがあると思うのですが、何だかずれていて余計に混乱させている印象です。

    様々な出来事の説明、責任が取れていないまま前に進もうとしている。だから揉め事が起こるのでしょうね。

    昨年の今頃、この問題をkkは「知らなかったから説明したい」と言って
    秋篠宮殿下が「結構です」と言った…という報道があったと記憶しています(記憶違いならすみません)。
    あれって何だったんだろう?
    当分の間「言った」「言わない」で時間が過ぎて行くのでしょうか。

    あと、どうでもいいけど
    眞子さまが「ルンルン」って何だか懐かしい感じがしました(^^;
    本当に「ルンルン」していたのかな…

  20. ママリン より:

    こんにちは。楽しく?はない話題ですが興味深くよませていだいております。皆様小室親子の皇室利用に怒りを感じているのでしょう。それに気づかない、耳を貸さない眞子さまにも。結婚する前からこれですから、結婚して外国すんだらどうなるか?恐ろしすぎて、考えたくありません。

  21. やしま より:

    mayuさん、お忙しい中、更新ありがとうございます。

    今回の一連の報道で、結構K氏には擁護者がいるんだと感心したり呆れたり。この人たちは「結婚」だけを焦点に当てているけど、「皇室と姻戚関係になる」ということの大もとがわかって言っているとは思えない。それだけ「昭和の御代」と平成は違って、皇室全体が「品下る」ありさま、ということでもあるんでしょう。
    この件について、前面に出て一番「憤ってみせている」のが竹田恒泰氏。もちろん彼は彼自身のパフォーマンスとしてもやっているのだろうけれど、私てきには、彼は「菊栄」の気持ちの代弁者でもあるのではと思っています。
    「上つ方」と言われる方々にとっては、「生理的に受け付けない母子」ではないかと。その心根、「人に集り、恩を受けても何とも思わない。平気で嘘をつく。図々しさ。」
    こんな人がいるなんて、我々だってちょっと信じられないから、元宮家や華族の方々にとっては仰天かも。

    写真の加減でしょうが、佳子さまがフックラしたように見えて、最初どなたなのか、ちょっと迷いました。

    あ、そうそう。マスコミはぜひ、「雅子さまの実妹のご主人、国際弁護士の池田氏」に「国際弁護士とは何か?どんなステップが必要なのか?日本でできる仕事はどんなこと?雅子さまの義弟である立場と仕事との関係性」等をインタビューしてほしいです(笑)

  22. うどん脳の嫁 より:

    お久しぶりです。コメント失礼します。

    秋篠宮両殿下のお気持ちはごもっともでしょう。日本人の98%は呆れています。「小室が愛してるのは眞子さまでなく、その後ろの諭吉さんですよ」と、言って差し上げたい。早く破談を‼

    眞子さまは斎宮(南北朝時代まで、神託で選ばれた内親王が付いていていた役職)になってもらい、スマホ取り上げてお伊勢でお篭りさせ、秋篠宮様が皇嗣の儀を終えられるまでは世俗から遠ざけ、御祓をしないといけないでしょう。洗脳説もあながち嘘でないのかも知れませんね。数年世俗から離れたら冷静になるでしょうし、如何に自分がしたことが愚かしいか判るかと。

タイトルとURLをコピーしました