速報小室圭さん “解決金”を支払って金銭トラブルを解決したい 今更無理~!!

眞子さまの結婚問題

4月8日に28枚の超ロング文書を出してはみたものの、マスメディア、ネットでも批判が多く、特に今回は眞子さん、秋篠宮ご夫妻のコメントも皇嗣職大夫より発表され、皇族に対しての批判も大いに加わり事態収拾がつかなくなったと思ったか、いよいよ「解決金」を支払う意向とのこと。

最初から最後まで矛盾した文書と態度に、益々2人の結婚に反対を通り越して嫌悪感を覚えてしまいました。「解決金を返しても小室親子では皇族と姻戚関係になるのは無理」との思いが強いです。

今日、昼ワイド「バイキング」を見ましたが、小室ロング文書にはかなり批判的な内容でした。ヤフーニュースも連日、あちこちのメディアが載せていましたが、好意的な記事はゼロに近かった。

<借金だったことにされてしまえば、元婚約者の方のおっしゃることが正しかったということになり、私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります。これは、将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続けるということを意味します。それを仕方のないことだとは思いませんでした。一般的には金銭トラブルと呼ばれていますが、切実に名誉の問題でもありましたし、今でも、同じように受け止めています。(小室圭さん 長ロング文書より)>

【将来の私の家族】とは眞子さんのことを指しています。
【借金を借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続ける】圭与さんの元婚約者が400万円の返済は求めない、と昨年12月5日の週刊現代で発表された時から、既に借金踏み倒しの小室親子でした。

【一般的には金銭トラブルと呼ばれていますが、切実に名誉の問題でもありましたし】解決金でも借金でも援助でも70才を過ぎ、生活に困窮している、一時は大いに助けられた恩人に対して、あまりにも冷たい態度。名誉以前の問題で、イメージを良くしたい、眞子さんとの結婚を強く望むのであれば、早々に解決金か借金か援助されたお金を返済すべきでした。すべてが後手後手になっていて、元婚約者さんも「今さら何をか言わんや」の気持ちではないでしょうか。

そもそも、圭与さんの名誉の問題なら、FRIDAYの下の写真がネットで出回っています。内親王をお迎えする立場の姑になる人が、50代半ばのオバハンがこんな下品でイカれた格好で出てくること、恥も外聞も名誉も無いじゃないか。同性として見ているこっちが恥ずかしくなる。

何度もアンケートに答えられるようなので、解決金を支払っても結婚反対のアンケートに答えます。

AERAdot.(アエラドット)では、眞子さまと小室圭さんの結婚問題について、ご意見を募集しています。4月8日に小室さんが、金銭問題の経緯について計28ページに及ぶ文書を公表しました。この内容をどう受け止めましたか?みなさんの声をお聞かせください。

↓↓アンケートはこちら↓↓
https://forms.gle/pTgEqv8PZ5h5hbmS6

回答締め切り:4月12日(月)



速報小室圭さん “解決金”を支払って金銭トラブルを解決したい

急転直下だ。秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚問題で揺れる小室圭さんが、母の元婚約者A氏に金銭トラブルの「解決金」を支払う意向があることが12日、わかった。小室さんの代理人が明らかにした。小室さんは8日にA4用紙26枚に及ぶ「反撃文書」を公表。A氏から工面してもらった約400万円のお金は「借金」ではないと強調。録音テープの存在まで示唆し、A氏が「(お金は)返してもらうつもりはなかった」と話していたと繰り返していた。文書を読む限り、A氏との対決姿勢を鮮明にしていたが、今度は一転して「解決金」を支払うというのだから、よくわからない。代理人によると、小室さんは文書を発表したことによって「話し合いでの解決」を目指していたことを明らかにできたので「解決金」を支払い、トラブルを解決する用意があるとしたという。「言いたいことは言った」ということなのだろうか…。ネット上はテレビで速報が流れるや大荒れ。「おせーよ」「あの文書はなんだったのか」と批判的な声が圧倒的。文書で「解決金を払えば借金ということになり、それは受け入れられない」としていたこともあり「ブレブレじゃん」「結局借金って認めたのか」
という指摘も相次いでいる。東京スポーツ https://news.yahoo.co.jp/articles/3fea819cd0765e30cc73fce510d8c8026a13c93a

秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約内定中の小室圭さんの代理人が取材に応じ、小室さんが「解決金」を渡す方向で金銭トラブルを解決する意向があることを明らかにしました。小室さんは、先週、母親と元婚約者の間の「金銭トラブル」と報じられている事柄について、「誤った情報をできる限り訂正する」とした文書を発表していました。代理人によりますと、小室さんは、文書を発表したことによって、「話し合いでの解決」を目指していたという方針を明らかにすることができたので、今後は「解決金」を支払うことで金銭トラブルを解決することにしたということです。「解決金を支払う」方針について小室さんは、すでに眞子さまに報告しているということですが、一方で、代理人は「解決金を支払うことがダイレクトに結婚に結びつくかは分からない」としています。(12日17:36)

小室さん、解決金渡す意向 母の元婚約者側に

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの婚約内定相手、小室圭さん(29)の代理人弁護士の上芝直史(うえしば・なおじ)氏が12日、都内で産経新聞などの取材に応じ、週刊誌などで報じられている小室さんの母親と元婚約者の男性との「金銭トラブル」について、小室さん側が今後、男性側に解決金を渡す意向であると明らかにした。上芝氏は、小室さんが8日に公表した文書で、「トラブルに対する自分たちの認識を明らかにできた」と考えていると説明。これまで、話し合いをせずに、金銭を渡すことで解決する選択を取らない方針をとってきたが、男性とのやりとりが途絶えている状況で、問題解決に向けた「次のステップ」に進むとした。小室さんは文書で、解決金について、「お互いが納得できた場合には、解決案の1つとしてご提案する」ことを考慮していたものの、男性との話し合いが進まなかったことから、提案には至っていなかったとしていた。

記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/210412/lif2104120030-n1.html

本当は小室ケーのロング文書発表から、時間をかけてじっくり書きたいと思っていたのですが出来ませんでした。コメ返しも出来ずにいますがご了承ください。なんやかんやと忙しかったのです。明日も町内会の仕事です。庶民の生活は皇族方のようにはいかないんです。


コメント

  1. アール より:

    mayuさん いつもありがとうございます。
    コメント返しは無理なさらずに。
    目を使うと疲れますし、目眩にも良くないので。
    (と書きつつ、此方は書かせていただきます。すみません)

    ワイドショーは、新型コロナとゴルフのマスターズ優勝の松山選手の件に流れ、
    眞子様と小室氏の件はスルー気味ですね。
    28枚文書には、誰もがドン引きでしたものね。

    ゴルフは、よく知らないのですが、ニュースや新聞記事を読みますと、
    松山選手も29歳、謙虚で努力家な好青年のようです。キャディをつとめた方も試合後に
    グリーンに向かって帽子をとって一礼、さすがは日本人、礼儀正しいと動画が何万回も再生されたそうです。

    こんな青年達がいるのに、よりにもよって何故 小室氏?と思いました。

    こういう人達は眞子様が合コンしてる間に厳しい練習をしてたんでしょうね。
    園遊会があったなら・・・まぁ、向こうから、眞子様はムリって丁重に辞退されるでしょうね。

    でも、こんなに小室氏に夢中でも、眞子様、結婚していざ一緒に暮らし始めたら
    「あれ?こんなはずじゃ・・・」になりそうな気がするんですよ。

    あの文書からすると小室氏、本当に冷酷な感じがしますもの。
    女優の杏さんの元夫 東出さんみたいに、子供を生んだら直ぐに妊娠させて、自分は
    浮気しそうな気がします。もちろん、眞子様のワンオペ育児です。

    あの文書の国民の反応からすると、眞子様の宮家、皇女は無いように思いますし、
    他の皇族の方々も、行事等で同席することは拒否されるでしょう。
    一時金も勿論無しで。

    その頃、後悔しても遅いですよ、眞子様。

    わかんないんだろうな。

  2. 桃の花 より:

    「眞子内親王の危険な選択」という本、読もうと思います。
    皇室を揺るがす出来事の舵を切ってるのは、眞子内親王ご本人です。

  3. 桃の花 より:

    みなさま、こちらご覧になられましたか?

    2021/4/13 オレの話し。小室圭さん 解決金へ転換、なぜ? 親族3人連続自さtuデヴィ夫人の思惑
    ジャーナリスト篠原常一郎(古是三春)のニュース専門配信チャンネル当面は実験配信として、毎週土曜日朝9時からライブいたします。○ <ビデオ講座>元日本共産党員・篠原常一郎が暴く「共産主義...

    最終的には「今上陛下が出ていらして、裁可取り消し」
    これが最終手段となるでしょうと。。。
    しかし、それ以前に秋篠宮様がご決断されるのがよろしかろうと。

    宮内庁が、このていらくだから
    国民が声を上げるしかないと。

    もちろん皇族に基本的人権なんかありません。
    特権ある代わりに人権なし。

    デヴィ夫人は好きですが、眞子内親王の結婚への意見だけはデヴィ夫人に賛同できかねます。

  4. やしま より:

    mayuさん、お忙しく、体調も波ありのところ、煩瑣なことをお願いしてすみませんでした。

    「朗報」なのかどうかはまだ分かりませんが、明日発売の週刊現代に、ジャガーさんの記事が載り、「解決金」は受け取らない方向だそうです。
    私も受け取ってほしくないと思っていたので、ほっとしました。ジャガーさんにとっては、喉から手が出るほど欲しいお金でしょうが、「もうお金のことは請求しません」との宣言どおりになさったんだなと。

    「チーム眞子さま」とまで呼ばれてしまい、皇族が高齢庶民の暮らしを脅かした様相になってしまいました。一時金も予算には入りませんでした。10月に入籍したいという眞子さんの希望はどうなるか。今の現状を鑑みて、後ろに下がって冷静になってくれるか、それとも皇籍離脱まで口にして前へ前へと突進していくのか。

    うんざり、げんなりな話題ではあるものの、行く先がほんの少しでも見えてこないことには、私は心配でなりません。
    破談するには、眞子さんの気持ちがそちらに向かないと無理。
    このまま「婚約内定者」で、あと10年ぐらいずっと行くことになるのでしょうか。それはそれで佳子様、悠仁様の縁談に差し障る。

    どう考えても「破談一択」な案件なんですが。

    なおこの録音ですが、圭与さんの声は容姿とはかけ離れていて、なかなかなモンです。木島佳苗の声も上品でかわいらしかったとか。

  5. クロワッサン より:

    mayuさんは、体調が不良の中でも、社会貢献を忘れず実行しています。同い年(?)なので、体の辛さは分かります。mayuさんは、偉いなぁ。

    問題意識がありますが、人を蔑称で読んだり、誹謗中傷しないmayuさんのブログがあって良かったです。思いをコメントする場を与えてくださって、いつも感謝しています。

  6. やしま より:

    mayuさん何度もすみません。
    こちらが原典です。

    【音声】小室圭さん「28枚説明文書」を覆す交渉音声
    ↓関連記事はこちら▼「言った覚えは…」小室圭さん“28枚説明文書”を覆す交渉音声★完全版はこちらから【週刊文春 電子版】小室圭 #小室佳代 #音声

    というわけで、私の前の二つのコメントは非表示でお願いいたします。
    申し訳ありません。

    m(_ _)m

  7. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。
    眩暈症状が軽減したと思ったら町内会のお仕事お疲れ様です。私も引越したら、近所付き合いが1番怖いです。

    この場をお借りして、しましまネコさん、ナーバナさん、お返事ありがとうございます。人間にはコミュニケーションが必要ですよね。何も外食しながら、おしゃべりしなくとも、こういった場で、穏やかに語り合うのは良いものですね。mayuさん、あらためてありがとうございます。

    もうバカップル問題には、ウンザリで、大阪の惨状が気になります。当然、兵庫、
    京都も激増してます。自分のストレスがどの位かというと、ご飯が飲み込み難くなっています。恐ろしい病気かも?と思ってましたが、旧友もそうなってて、回りにも多いらしいです。

  8. mayu より:

    おはようございます。

    昨日は訪問時に渡すカード作りと、久しぶりにジムに行ってきました。
    後期高齢者宅を会長と部員でお菓子とカードを持って訪問してきます。
    その後、買い物をしたりするので、週刊文春の記事について
    等々は午後~夕方、夜になるかもしれません。

    4月は特に町内会の事もありますが、更に今年は私の医者通いも加わり
    何だかドタバタと忙しくなってしまい、眞子さんと小室圭氏のことは
    二の次、三の次になっちゃってます(^^;)

    マメに更新できなくてすみません。

  9. フォーエバー より:

    週刊文春から、28枚説明文書を覆す交渉音声が出ました。
    国民は、このくだらない騒動に何年も巻き込まれました。
    ”恥”の意識はないのでしょうか。
    低レベル過ぎて、本当に残念です。
    本当に何を見せられていたのでしょうか。
    すでに多くの日本人は気づきいていますね。
    あとは秋篠宮殿下がご判断されるでしょう。

  10. クロワッサン より:

    mayuさん 体調はいかがですか?御自愛くださいね。

    28ページもの見苦しい言い訳を連ねる男に、ベタ惚れの眞子さん。結婚するためには、恥も外聞もなくなってるよう。

    こんなにマスコミにオモチャにされ、叩かれる、内親王と婚約内定者は、初めてで、前代未聞。日本の象徴の一族が泥まみれ。天照大神に申し訳ないと思わないのかしら。

    元婚約者も録音してたようで、お互い様で、暴露合戦が終わらないんじゃないかな?
    KK氏もイヤだけど、KK母がセットになると、2倍に勘弁してくれ!になります。

    KK母と眞子さん、結構、仲良くて、メールのやり取りしているそうです。

  11. メイママ より:

    文春から新たな会話録音がでてきましたね。
    これが出るから慌てて解決金を払うと言い出したんでしょう。
    本当に姑息でバカな男です。
    眞子さまもこんな男のどこが良いのでしょうか?
    似た者同士、類は友を呼ぶ、割れ鍋に綴じ蓋
    呆れかえっています。

    もう生涯独身で尼寺に、こもっていてください。
    眞子さまの顔を見るだけで不快です。

    最初のころは、世間知らずのお姫様だから、小室さんに洗脳されているのだろうと思っていたのですが、ただのバカだったと知って本当に残念です。

    皇室は令和で終わり。これで良いと思います。
    それにしても、小室圭さんの破壊力はすごかった。

  12. やしま より:

    倉田真由美の「ダメンズウォーカー」という漫画を全巻読みました。(一時全巻所有しておりました)
    世の中には、端から見ると「どう見てもダメでしょ!」というため息しか出ない男を好きになり、どうしようもない女って本当に確かにいるんですよ。その挙句に男と一緒に自分の実子を虐待して衰弱死させたり、ひどいDVに悩みながらも逃げずにいたり、男が全く無職無収入で女性側のひもで暮らしながら威張るのを容認したり。
    周囲から見ると不思議にしか思えないんですが、本人はそういう男から離れられない。著者の倉田真由美氏自身、二度結婚していますが、どっちも稼ぎのない男で彼女の稼ぎで食ってるような状態です。

    あの男のどこが好きなんだろと思うと、やはり「きみが好きだ」「すてきだ」「愛している」というような、眞子さんが聞きたい言葉を恥ずかし気もなく言える男なんだろうなと。心がこもっていないし、どう見てもお金目当てなんですが、本人には全くわからない。そして無職無収入なところは「だから私が助けなくっちゃ」とか思うみたいですよ。週刊誌話ですが「皇族だからこそ、彼と結婚するのです」とか。

    まあね、万が一結婚したら、眞子さんはやがて気づくとは思うのですが、それもあの男との間に数人の子供を設けた後になるかもしれません。それは絶対条件で、子供はすぐにポンポン生まれてくるような気がします。
    ネットですが、眞子さんには三つの願いがあって、二つ忘れましたが、とにかく「会いたい!」んだそうです。
    できちゃった婚になることだけは、やめてください。皇室史上初になります。あ~恥ずかしい! あ~おぞましい!!

  13. 月の砂 より:

    mayuさん
    目眩いくらか快方に向かって良かったですね。
    でも無理はなさらないで下さい。

    とにかくコムロという男には引っ掻き回されましたね。
    母親の佳代さんはお金を返すことには反対したと載っていました。
    コムロの超ロングな文書は母親への強過ぎる愛情からではないかと
    言われております。
    大学に入ってからも同じベッドで寝ていた親子なんて聞いたことがありません。
    何を聞いても世間とはだいぶかけ離れた親子です。

    こんなところに眞子様本当に入って行って大丈夫なんでしょうか。
    今からでも破談にならないかそればかりを願っております。

  14. mayu より:

    こんばんは。

    眩暈の件ではご心配掛けました、お陰様でかなり良くなり
    髪を洗う時もクラクラしなくなりました。
    明日は10日間も休んでしまったジムに行けそうです。
    血圧の薬は飲むことにしました。今週末か来週初めには
    内科に行くので、また相談します。

    4月の年度初めで町内会の仕事もあったのですが、今日無事に
    部長さんと買い物やお菓子の袋詰めなど終えて、木曜日には
    部員全員で後期高齢者宅を訪問します。今月は他にも
    役員会などありますが、4月が終わると一息つきます。
    今年は隣組長に当たりました。
    軒数が少ないので7年に1回は組長が回ってきます。
    80才で隣組長引退ですが、少子高齢化の町でそのうち高齢者だけになるかも。

    小室Kの解決金検討ニュース、朝のモーニングショーしか見られなかったのですが
    この番組は一貫して小室擁護をする番組で、とっても気分悪くチャンネル替えました。
    玉川徹ってワザとああいう事を言っているんだろうか?

    その朝日系列のAERAドットコムの緊急アンケートの中間発表なのでしょうか。
    計2万8641件の回答があったとか。反対などのパーセンテージの発表をするのかな?
    多くは批判的な回答だった、と事例を載せていました。当然でしょ。 

    小室さん解決金検討、緊急アンケートに回答殺到「国民の感覚とズレている」2万8641件の声 〈dot.〉
     わずか4日で何が――。秋篠宮家の長女眞子さまの婚約が内定している小室圭さんに関して、驚きのニュースが飛び込んできた。報道によると、小室さんの母親と元婚約者の男性との間の金銭トラブルをめぐり、小室さん...

    それで解決金はテレビでは409万円、とかなんとか言っていましたが、
    そのお金は小室家が出すのか? 眞子さんが出すのか?
    他に支援者がいるのか? 今、出せるんだったら、なぜ3年前に出さなかったのか。
    いろいろ疑問がありますが、3年前に出さず、こじれにこじれて小室家の
    陰湿な面がほじくり出されて、圭与さんの元婚約者さんにはお気の毒、と思いつつ
    返って良かったのかも・・・と思いました。

    • 白雪山羊 より:

      mayuさん、眩暈が大分治まって来て良かったですね。

      昨日書き忘れましたが、私は酷い肩凝りからフワフワ眩暈(船酔いみたいなやつです)になった経験もあります。
      今の様な季節の変わり目でした(自分は)ので、無理はなさらないで下さい。

      あと今日は少し寝坊したのですが、隣の部屋のTVからの
      玉川さんの
      (多分元婚約者に対する)
      「借用書はないんだから~」みたいな大声で目が覚めました( ;∀;)
      この一日、K関連ばかりで疲れて、肩が懲りました…

  15. イリス より:

    mayuさん、こんばんは。

    めまい、なかなか手強いですよね。お医者さま、イヤな感じのご対応ですね(ーー;)でも気分転換もなさっていて、少しホッといたしました。どうぞお大事になさってください。
    私も頭痛とセットで、「気圧の乱れ、疲れ、ストレス」のいずれかか、これらが重なる時に来ます。ロキソニンを飲みます。今は間違いなく、計算問題で、ストレスです(ーー;)

    留学というのは、想定外にお金が必要なことも起こってきたりしますので、最初に見積もった額で終わるなんてことはまずありません。世界一物価の高い街で暮らし続け、弁護士を雇い、佳代さんはタクシーで通勤していた…どこからその潤沢なお金が?となるのは、当然です。そしてここへ来ての解決金、どうやって用立てるのでしょう。あの集り体質です、どこかから借りてでも用立てします、となるとは思えず…。
    打ち出の小槌よろしく、眞子さんが控えているのは言わずもがな、ということになるのでしょうか。事務所経由とか、ネットバンクとか、表向きには眞子さんを臭わせないカタチで。こういう奸計は、計算は得意中の得意分野ですしね。

    そして小室家の皆さまは当然関わりたくないということでしょうが、佳代さんの父親など、角田家関係も決して姿も見せず沈黙を守っていますね。

    お金で雇われた弁護士以外に、佳代さん・計算を援護する発言をする所縁のある人物(友人、先輩、恩師など)が、以前から本当に皆無…。ここにも深い闇を感じます(・_・;

  16. フォーエバー より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    元婚約者の方との何年にもわたる贈与、借金問題。(これ以外にも、まだまだありますが…)これだけ何年も大騒ぎして、先週はエゴ丸出しの文書までだして、国民の反応が悪いとみると
    今度は一転、解決金を支払って幕引きしたいそうですね。本当に自分勝手。
    天皇陛下、秋篠宮家、国民までもが、果たして巻き込まれるほどの大問題だったのでしょうか。フー。ため息。。お騒がせ。

    少しでも相手方に対して思いやりの心がある方なら、相手方に感謝こそすれ、問題にもなってないのではないでしょうか。
    経験不足で未熟な方という印象が、より強くなりました。

    眞子内親王殿下、ここまで我が強い対応や人柄をみても、まだお好きなんでしょうか。
    秋篠宮殿下、紀子妃殿下のご英断にかかっていますが、皇族の方のご結婚相手としてふさわしいのでしょうか。

    皇室の安泰と弥栄が悠久であることを心から願っています。

  17. しましまネコ より:

    初めてコメントいたします。

    今回の小室文書の背後に眞子さんがいたことがわかり、大学院を休学しまま(税金なのに)恥ずかしげもなく幽霊学生ですと言う理由がわかった気がします。
    眞子さんは両親のラブストーリーに憧れ、両親のように学生結婚がしたいのです。
    学生結婚と言う単語が甘く魅力的な響きで、なんとしてでも学生結婚がしたい。だから卒業も退学もせず。
    Kも可能ならば学生であった方が眞子さんには望ましい、なぜって甘い響きだから。
    結局夢見る夢子ちゃん。
    マトモな友人もいらっしゃらないのでしょうね。

    • ramiri より:

      しましまネコさん、はじめまして。ramiriと申します。おっしゃる通りだと思います。私は思い至らなかったですが。まともな友人は遠ざけてしまわれたらしいですわ。1月頃、何処かで見ました。ずっと年賀状が届いていたのに、今年は来なかった。と言う事です。

      • しましまネコ より:

        私も何故ずっと行ってもいない大学院に籍を置き続けるのか?(しかも税金で)が不思議でしょうがなかったのです。
        今日文春オンラインの紀子さまの先祖からのお話を読んで少し推測ができました。
        そして眞子さんの祖父母、両親の恋愛至上主義というか、美智子さんから世間的にお見合い結婚はダメ、恋愛結婚こそが素晴らしいという世間の空気などを考えますと眞子さんも恋愛結婚をしなくてはいけないという呪縛にとりつかれてるのではないか。
        しかも憧れが強すぎて何故か学生結婚こそすべて、に陥っていると結論づけるとすんなりしました。
        行かなくても大学院に籍があることが眞子さんの拠り所、生命線でしょうね、おそらく。
        ご両親が大学院を退学か卒業どちらかをさせ、もう学生をすることは認めないとおっしゃると、意外と眞子さんの熱が覚めるかもと思うのですが。(発狂する可能性もあり)
        眞子さんもKと同じで見返したい!という気持ちが強いのだと思います。だからこそ学生結婚をして学生結婚できなかった同級生たち(同級生ちは学生結婚したいとも思ってない)を見返したい!というところだと思いました。

  18. ユフノ より:

    このまま眞子さまと別れてくれさえすれば、眞子さまの失恋談や「小室さん(笑)」で終わると思うのですが…皇室のお方と結婚するという前提があると、どうしても親族の連続自殺という小室家の事実について、日本国民として考えなくてはならず、金銭問題も氷山の一角にしか思えないのです。

  19. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。

    眩暈はましになりましたか?
    載せて下さった写真。兎に角これほどまでに下品な日本人女性がいるでしょうか❓
    得意気な息子もひどいもんです。人前に出られるのが嬉しくてたまらない様子です。昨日、お騒がせ男が逮捕された事件をテレビで見ました。1飛行機でマスク拒否2長野のホテルのバイキング形式でマスク拒否、今回、千葉県内の食堂でマスク拒否。1が昨年9月、2は忘れましたが、テレビで取材され、アベマテレビに出演し、いい気分になってたようです。こういう種類の人間だと思います。小室親子も。この手のひら返しには「何を今さら」としか思えないし、好感度が上がることはありません。一体どこの誰が司令塔なのでしょうか?ナーバナさんのコメントを読んで久しぶりにカナダの~さんのブログを読んで来ました。多少、言葉はアレでも、何だかスカッとしました。

    • ナーバナ より:

      ramiriさん

      私も久しぶりにカナダの方のブログを読みました。お下品ですが、マトを得てますよね。

  20. クロワッサン より:

    これだけ処理能力がない男が、弁護士になれるの?やる事、なす事裏目裏目に出て、ヒッチャカメッチャ。なんて品性の無い男なの?

    眞子さんも、どんどん内親王の品格を落としていって、今は地の底です。なりふり構わなくなっていて、見苦しい。

    一人の男がこれだけ皇室を、引っ掻き回して、土足で踏みにじった。それを率いれた眞子さん。秋篠宮さまも責任の一端はあります。二人の恋愛感情が至上のものなの?

    週刊誌はKK氏のお金の流れの闇、KK母の公的警備費の蓄積代金を取材すべき。

  21. シクラメン より:

    400万円どこから出すのでしょう。
    自分の学費も、生活費も借金。
    またこれも借金?
    あちこち借金or 恵んでもらってその場を切り抜けるというのがこの人の生き方なんでしょう。

  22. マグノリア より:

    おはようございます。
    mayuさん、町内会のお仕事お疲れ様です。
    更にブログを更新いただき、ありがとうございます。

    はー、ため息。。。
    テレビのニュース速報をちょうど見ることができましたが、なんですか?馬鹿馬鹿しい。
    速報なので何か緊急の事件かお知らせかと思って構えてしまいましたが、がっくりでした。
    内容的に普通でいいじゃないですか。
    マスコミが我先に、、、と言う意図を感じました。

    これを見て最初に「どこからそのお金を工面するの?」と思いました。
    アメリカ留学で多額のお金がかかっている上に、母親は週に1・2回ぐらいのパート勤務、弁護士料他も高額でしょう。
    もともとお金がなくて元婚約者にお願いしたのでしょう?
    そして遺族年金をもらったり、奨学金を借りたり。
    また解決金とはよいネーミングですね。
    =借金?借金と言ったら利子とかもかかりますよね。
    もしや内親王筋から流れてくるのでは?と考えてしまいます。

    秋篠宮ご夫妻や宮内庁長官や皇嗣職大夫が発言したことにつきましては、私個人としてはこの方々にとっては現状で言える精一杯のことと考えております。
    その先の感じ方は個々の受け止め方次第ですので、個人的に静観しております。
    ただ代理人の方が「解決金を支払うことがダイレクトに結婚に結びつくかは分からない」そう思います。

    先ほどたまたま、政治ジャーナリストの安積明子さんの「眞子内親王の極めて危険なオトコの選択」の記事を見てその通りだと思いました。
    日本国民は現在コロナ禍の中多方面に渡り苦しんでいます。
    個人のわがまま結婚騒動で世間をめちゃめちゃにしないで欲しいです。
    (最近長文気味で失礼いたしております。)

  23. やしま より:

    mayuさん お忙しくまた体調も余りよろしくないところ、連日更新ありがとうございます。

    眩暈についてはご存知かもしれませんが、売薬でもこんなに種類があります。漢方薬など、副作用の少ないものをお試しになるのも手かもしれません。とりあえず貼っておきます。

    Amazon.co.jp

    でも私今回の眩暈は、もしかしたら血圧上昇によるものかなと。血圧が落ち着かれたらそれも治るかもしれませんね。私の近所の奥さんも血圧150ぐらいで眩暈が出て、降圧剤を飲むようになったら収まったとのことです。

    一つ前のブログに書かせていただいたんですが、心配なのは、秋篠宮家を応援してきた方々も含め、秋篠宮殿下が次の天皇になることに拒否反応を示し始めていることです。今や今上夫妻がすっかり「いい人」になってしまいました。過去あんなことやこんなことがあったことは全く忘却の彼方。
    秋篠宮家に対する嫌悪感が増していくと、殿下の体調が悪くなり、最悪殿下自らが「天皇位辞退」を言い出さないとも限らないと冷や冷やしています。今回のこの解決金だって、「眞子さんのお手元金からお出しになられ」なんてすっぱ抜かれたら、ますますドツボ。
    というか、mayuさんもおっしゃっておられるように、小室母子にはお金がないのですから(そして留学等で借金は膨らんでいるのかもしれません。普通だったら膨らみます)、解決金の原資は眞子さんの懐に頼らざるを得ないでしょう。眞子さんのお金=税金
    国民の怒りに火を注ぐことだけは辞めてほしい。。けどどうにもならなくなるかも。

  24. 木の葉 より:

     mayuさん、凄い展開ですね〜。

     自分と母は悪くない。借金は踏み倒していない。宮内庁を味方につけ、Mこさまの威光?意向!を利用して、超長文章を発表しておきながら、世間の理解が得れないと見るや否や、手のひらを返した様に解決金を払うと言い出す。もうめちゃくちゃです。支離滅裂です。

     解決金はどうやって工面するのだろう。またまた借金でしょうか。解決金の出どころをハッキリ世間に示さないと、益々闇の中、風当たりが更にキツくなりますよ〜。けーくんは何をしても全て嫌われる。何をしてもすでに遅いですよ。

     Mこさまには不幸になって欲しくない、皇室も存続して欲しいと願って来ました。しかし、SPに囲まれたけーくん親子のご出勤?絵図に、自ら参加ご希望とは。地獄絵図とはまさしくこの事、見たくないです。国民を絶望のどん底につき落として、ご自分だけ幸せになるなんて、皇族のなさる事ですか?

     何としても結婚したい2人。沢山の保険金を掛けて、受取人は夫。日本の保険会社では無理でも、英語力と弁護士知識を駆使して、海外の保険会社を利用しそう。その先は、、、世にも恐ろしい、平成から令和にかけての、日本史に残る大事件になりそう、、、。嫌だなぁ〜。この結婚、やはり大反対です。

  25. 白雪山羊 より:

    mayuさん
    お忙しい中、更新ありがとうございます。

    眩暈は大丈夫ですか?私も(以前コメントしましたが)
    耳鼻科でさて診察という時に、眩暈が治まった経験があります。が、どうか無理せずにお願い致します。
    季節の変わり目ですし、お大事になさって下さい。

    「お控えなすって」でゾロゾロご出勤の画像、何度見ても強烈です。

    何だかもう、滅茶苦茶ですね…上芝弁護士はこれ、想定内か想定外かどっちだったんでしょう?
    そして眞子さま、解決金を支払う事は伝わっていると報道されてますが、一体どうなってるんですか?

    28ページの文書を出して、宮内庁長官が「丁寧に説明」と言った様に、まさか国民も同じ様な感想を持つと思ったのか?
    名誉だとか言われて…悪いけど思わないですよ!
    とにかく今の今まで、誠意や感謝の気持ちがないのはよく解りました。

  26. ナーバナ より:

    こんばんは。カナダのわがまま親〇さんのブログのコメント欄に、計算が飲み会でお金が払えなくて誰かに電話したら、マコさんがお財布持ってやってきたそうです。今読むと、ありうるなあと思いました。解決金とやらも、このエピソードから簡単にマコさんのお財布から用意されるのでは、と想像できます。

    娘と親は別人格であると分かってはいるものの、一般家庭じゃないのだからやっぱりきちんと躾けられてない娘を見ると、親も親かしらと思われても仕方ないです。息子さんもちゃんと育てられてるのか疑わしい目で見てしまいます。

    ご自分たちは、”強い気持ちで”というセリフとともに方針を捻じ曲げてきたのに、裁可は伝統があるから取り消しできません~~っていうのは、身勝手です。

タイトルとURLをコピーしました