前髪パッツンにイメチェンした佳代さん

眞子さまの結婚問題

女性自身は明日発売ですが、先取りで佳代さんのイメチェン姿として見せてくれました。面白いなぁ~どこがイメチェンだと思ったら、前髪パッツンにした圭与さんでした。可愛い系の顔立ちなら50代半ばでも似合う人いるのですが、圭与さんが前髪パッツン。大判ストールで身を包んでいるので詳細はわかりませんが、おそらく圭与さんの好きそうな、膝上のワンピースかな? さすがに50代半ばで膝上スカートは痛い人に見えます。 私は雅子さまの眉毛も気にしてしまうのですが、圭与さんの眉毛も相当上に吊り上がっているのを見てしまいます。 元々がこういう形の眉毛なのでしょうか、書いてこれほど吊り上げることが出来るのか?と、くだらないことを書いています(^^)

雅子さまと同じように、コロナ禍でマスク必須になって圭与さんは口元が隠れて得をしていますよねぇ。女性自身は女性誌ですが、「セレブ風ファッション」と書いていますが、本当のセレブじゃないのは田舎者の私でもわかります。はい。

自死した敏勝さん、お舅さんの墓参りには行かないでしょうね。墓を建てたのも圭与さんではない、小室本家だし、圭与さんは小室家の墓には入らないでしょうし、入れないでしょ。圭与さん若くして未亡人になったので、もしかしたら遺産を貰った後、姻族関係終了届けを出している可能性も有りだと思います。そうすると、小室家との親戚づきあいはやらなくてもよくなるので、圭与さんは自由の身ですから。何故小室の姓を名乗っているか? 大事なケー君が途中から苗字が変わるのが嫌だった、旧姓角田が嫌だった、こんな感じでしょうか。

小室佳代さん 夫の命日に墓参りせず…直前に見たイメチェン姿



女性自身 https://jisin.jp/domestic/1959358/
ヤフーニュースに載った記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5ee5b2a41a81ecdabe2ec517b3210c61d70609b

小室圭さんが「湘南江の島・海の王子」に選ばれたのは’10年の夏のこと。応募した理由の一つは、神奈川県藤沢市が父親の出身地だったからだという。その藤沢市のある寺院には、小室さんの父・敏勝さんの墓がある。だが今年も亡き夫の命日に、佳代さんの姿はなかった――。

敏勝さんが亡くなったのは’02年3月5日。自死だったといわれている。その1週間後には敏勝さんの父(小室さんの祖父)までが後を追うように自ら命を断ってしまったという。このとき小室さんは10歳だった。「小室さんは高校生のころ、アルバイト先の飲食店で『僕がお母さんを守っていくんです』と話していたといいます。悲しみを乗り越え、母の期待に応えようと一生懸命努力したのでしょう。
’10年には眞子さまと同じ国際基督教大学に進学します。このころ、佳代さんは同じマンションに住んでいた男性と婚約。この男性との金銭トラブルが結婚延期の引き金となりました」(皇室担当記者)寺院関係者は「もう10年ほど、お墓参りをする姿を見たことがない」と語る。
2人の自死をきっかけに佳代さんと敏勝さん側の親族との関係は悪化。そういった事情もあって、亡き夫の墓参りも控えているのだろうか。それとも佳代さんにとって夫の自死はすでに過去のものなのか。本誌は命日の前日に、大判のストールをまとい洋菓子店に出勤する佳代さんの姿を目撃している。前髪を切りそろえたヘアスタイルになっており、おしゃれへのこだわりを見せていた。佳代さんが亡き夫に、息子と眞子さまの結婚を報告する日は来るのだろうか――。
記事出典「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、大変ご無沙汰いたしましたm(_ _)m
    その後、お具合いかがでしょうか。
    お忙しい中、い記事アップをありがとうございます!

    音大受験生たちもようやく落ち着き、藝大もやっと発表を待つ段階になりました。1月から皆、自分との長い闘いでした。

    その間、さまざまなことがありましたね〜(・_・;
    個人的に不快感トップは、やはり眞子さんの勤務更新がしれっとなされていたことでした。ロイヤルパワーをちらつかせて、したい放題ができてしまうのですね。貴重なひと枠を、(申し訳ないですが、事実)使えない非常勤のお飾り研究員に…。順番で廻ってくるというあのコラムのレベルにも、苦笑しました。あの程度でOKなら、専門外の私でも充分な準備時間さえあれば書ける気がしますf^_^;

    天皇陛下の会見も、当たらず障らずでしたね。最初から期待はしていませんでしたが、他人事にしておきたくて仕方ないのが伝わってきました。
    百合子さまのご容態も落ち着かれて、良かったです。眞子さん計算問題も少なからず影響しているのでは、と感じました…。あんな者が縁戚になどあってはならない、と(><)

    さて佳代さん、どんどん品のなさやだらしなさが加速と言いますか…、酷くなっていますね。普通は、カメラや人に見られるたびに磨かれていくのですが、レアなケースですね。やはり内面の人格的な問題は隠しようにも隠せないというか…(ーー;)
    私は40代ですが、日常的にああいう前髪をする友人・知人は周りにはいません(笑)。原田知世さんあたりでないと、あの年代であれは厳しいものがありますね。膝上丈スカートも然りですが…。

    計算も、逃げるが勝ちを狙っているのか、ダンマリのようですね。
    何かの記事で、眞子さんが涙を浮かべて気持ちを話せば、情にほだされた国民が、そんなに結婚したいならと変化が…のような文面を読みました。こんな愚かな記事拡散して、人目に触れさせ、お金が発生するわけですよね。国民もバカにされたものだと、不愉快でした。

    一日も早く、白紙・破談の朗報が日本中を駆け巡る日を待つばかりです。

    • 狗児 より:

      イリスさん
      横から失礼します。狗児です。

      お久しぶりです。お仕事も落ち着かれたとのこと、良かったです。どうぞご無理なさらずご自愛下さい。

      さて、私も涙ながらの会見で一発逆転の記事読みました。メッテマリット妃の真似をしてコムロさんが悔い改め会見をしたら世論が変わる、という記事もありましたね。

      何を寝ぼけた事を?と私も思います。ヤフコメにも、「眞子さまが涙ながらに話をされても、スーパーで床に転がってお菓子を買ってくれとダダをこねる幼児と同じ」などという意見があり、その通り、と深く頷きました。
      メッテマリット妃は、王室と何も繋がりがない頃に、小さな子を抱えつつ仕事をして、オスロ大学で学位を取得した、という大変に克己心の強い努力家ですので、勤めも長く続かず日本の司法試験は無理だったから(まあ、これは推測ですが私にはそうとしか思えません)皇室特権使いまくりで留学した人と比べるのも失礼なんじゃないかと思いますね。
      私もこんな記事を書いて納得する読者がいると思われているなんて、腹立たしいです。

      • イリス より:

        >狗児さん

        お久しぶりです(^^)コメントありがとうございます、うれしかったです⭐︎

        はい、コロナで受験生にも大変な影響がありましたが、何とか落ち着きましたm(_ _)m

        狗児さんもお読みになりましたか。本当に、メッテマリット妃と比較するのも申し訳ないですよね。
        シングルマザー×育児×学位取得…言い訳や逃げのない、自分で人生を切り開いてきた方ですね。
        計算のように、銀行で自分が使えない人材だという現実や、優秀な周囲を目の当たりにして逃げ、かと言って日本の司法試験は歯が立たないので逃げ⇨留学でしょう。しかも生活は他人が丸抱え(・_・;
        眞子さんも、大学院もいい加減で結婚したいしたい、ばかり。まさにお菓子を買ってもらえるまで床に寝転んで駄々をこねる子供レベルです。皇室パワーがなければ、就職力(笑)も生活力もない二人…挙句、特権はキープ・自由もゲットを目論む、最悪なパターンです。
        鏡を見るように性質が激似の二人ですね。

        • mayu より:

          イリスさん、遅くなりましたが受験ご苦労様でした。

          もう国立大学は発表が終わりましたよね、私立だともっと前に発表が終わり
          それぞれの道を旅発つ季節になりました。

          去年も新型コロナで新入生も大変で、今年も引き続きまともな授業を受けられるのか
          早く元の生活に戻れたら良いのですが。

          眞子さんと小室Kが泣き落とし記者会見など開いても、気持ちが揺れるのは少数で
          8割か7割は反対ですから・・・。眞子さんは行かない大学院を何故辞めないのかしら。
          庶民だと学費がもったいなくて留年すら許せないのですが。

          • イリス より:

            mayuさん、お忙しい中、ご返信ありがとうございます(≧∀≦)

            藝大は、はいf^_^;毎年ながら長かったです。皆、よく自分と闘いました。どの道に進路を取っても、応援していきたいと思います。
            こうやって皆、精進して自分の力で得ていくものを、皇室パワーで容易く手にしようなどと、芸術をナメナイデいただきたい。
            mayuさんの仰る通り、無駄に休学費用もかかって、熱心に邁進しているわけではないものに税金が遣われていく…結婚問題で放ってしまう研究など、研究などとはとても言えませんし、その程度の意志しかなかった、公私の別のつかない幼さの極みです。彬子さまとは熱意も資質も雲泥の違いです。
            スゴスゴとただ退学するのは格好がつかないので、研究したけれど論文が通らなかった的にお膳立てしての、満期退学狙いでしょう。本当に腹が立って仕方ありません(ーー;)

            泣き落とし会見の目論見も、多くの国民は冷めた眼しかないですよね。

            • mayu より:

              イリスさん

              藝大の実技を含めたレベルは私どもには分からないと思います。
              勉強が出来る、これだけではない実技が・・・難関過ぎて
              合否の選択も大変なのでしょうねぇ。

              眞子さんは大学院はこのまま退学するんじゃないでしょうか。
              学ぶより結婚の方が大事で、とにかく30才までに結婚でしょうから。

              会見は泣き落としされても無理。
              寧ろ会見など開かなくても結構デス。

  2. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。

    カヨさんのイメチェン。ニュースバリューがあるのやら。そう言えば、茶髪にイメチェンというのもありましたね。結婚問題に何も動きがない証拠ですね。

    前髪パッツン、しかも眉上。私の勝手なイメージですが、かのオードリーヘプバーンなら、よく似合っていましたね。(天国のオードリーヘプバーンさん、変な引き合いに出してごめんなさい。)

    mayuさん同様、眉の形も気になります。私は子供の頃、近所のおばちゃんにこういう眉の人がいて、本当はとても優しいのに、申し訳ないことに眉が吊り上がっているというだけで怖がっていました。似合う人もいると思いますが、カヨさんは微妙ですねぇ。

    まあ、どんな風態であるにせよ、私は彼女の写真が目の端に入って来るだけでゾゾゾとしてきます。
    久子さまや信子さまも或いは「あの方が親類になるなんて」と考えるだけで同様に感じてらっしゃるんじゃないかと勝手に想像しています。

  3. 月の砂 より:

    mayuさん
    お忙しい中いつも更新頂きありがとうございます。
    眞子様とkkとの問題が出始めた頃kk側の親族とお話をされた
    記者がおります。
    その方に親族の方はこれまでの相続やその他諸々の事を話し
    涙を浮かべて「眞子様とのご縁はないように、一刻も早く
    お別れされることをお祈りいたします」と話したそうです。

  4. マグノリア より:

    おはようございます。
    前髪パッツン、素敵なタイトルです。

    今若い子の中には前髪パッツンヘア流行っているのでしょうか?
    芸能人でもいますよね。
    真似てる(笑)
    私はおでこを出したくないので前髪を下ろしていますが、年齢的にパッツンヘアはきついなぁ。(若くないもの)
    眉毛も印象的ですね。
    もう少し優しさをだすといいのに。(心の中は曇り空なので。)
    ご苦労が多いのでしょうか、白いものが目立ちますね。

  5. やしま より:

    「乳みせお辞儀」と揶揄されたものの、圭与さんは、一番最初に登場した写真の姿が一番マシだったと思います。
    眉毛は豊田真由子さん風ですね。あの方、「このハゲ!」のモラハラ発覚後は、つり上がり眉毛をおとなしめに直して、そのほうがいいと周囲から言われていました。
    この人もいろんなところをこじらせて、そして何かに対して強いこだわりがあるように見えます。ねずさんちのご宣託どおりにしているのかな。

    今回の髪型は妙ちきりん。自分で切ったのかな。
    何にしても、将来の天皇の義理の伯母になるなんて、とてもとても!!

    「小室」の名前にはこだわっていたように思います。婚約解消するなら息子をジャガーさんの養子にしてほしい。でも名字は小室のままで、という話も出ていましたから。小室=藤沢の地主 というイメージは手放したくなかったんじゃないかな。

  6. 木の葉 より:

     mayuさん、けー君のお母さんはマスクと大判ストールで、まるで自分の人生を必死に隠している様に見えてしまいました。

     母1人、子1人、苦労もあったかもしれません。が〜、私は同情出来そうにありません。

     もう一つの感想は、大判ストールはなかなか難しいファッション・アイテムだなと思いました。巻き方一つで、寒さ凌ぎの毛布みたいに見えてセレブどころか、かえって哀れを感じてしまいました。

     自分の人生、人に恥じる事なく、何かで包み隠さず、堂々と生きていける様に、日々真面目に暮らしていこう〜と❣️

     

     

  7. クロワッサン より:

    mayuさん 連続更新有難うございます。

    髪の毛の染めもまだらで、バサバサ髪だし、美容院は行かず、前髪は自分で切ったような気がします。

    ストールを防寒避けにして、ワンピースの短い裾丈、mayuさんの仰る通りの急カーブの眉毛など、婚約内定者の母の感じじゃないですね。品がなさ過ぎる。

    でも佳与さんは、ある一定層の老年・中年男性には、モテるタイプかも(笑)崩れた体型でもグラマーだし。

    小室本家では、佳与さんが嫁いだせいで、分家が崩壊し不幸になったので、小室姓を名乗って欲しくはないでしょうね。ホントに、佳与さんの神経は、図太過ぎる。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新有難うございます。

    K母、前髪少し短すぎやしないですか?
    パッツン前髪のお陰で、眉毛の形・角度が際立ってます(汗)。
    このストールはコート代わりなのか…?

    陛下が誕生日会見でKの事などを触れられても、何にも思ってなさそうな気がします(*_*;

タイトルとURLをコピーしました