秋篠宮皇嗣ご夫妻 特別扱いされたくない、宮内庁と官邸との関係も悪く。

秋篠宮皇嗣ご一家

土曜日は孫が遊びに来たとはいえ、それにしてもここ数日ブログを書く気力が失せていました。ヤフーニュースにはいつもと同じパターンで、デイリー新潮、ポストセブンなど皇室、眞子さんと小室Kの結婚関連の記事が載ってはいましたが、マンネリ化し目新しい記事に思えなくなり、毎回堂々巡りに思えてしまうのでした。

何が何でもどーーしても結婚したい眞子さん。自分とは身の丈が合わない、国民も大反対しているからと辞退しない小室Kの2人には、心底ウンザリです。

やしまさんがコメントに書いたように、秋篠宮殿下も本当に意固地だと思います。皇太弟の辞退(紀子さまが)金がない、金がないと言いつつ悠仁さまの教育費を辞退、ヤフーニュースに載った秋篠宮皇嗣夫妻「信号を止めるな」大騒動 宮内庁が憂慮する交通格差これは週刊ポストの記事です。
秋篠宮さまは“公費支出を抑えたい”“多くの人に迷惑をかけたくない”というご希望が強い、そのため専用機の使用や信号を止めることに否定的なのです。しかし、それがかえって周囲の手間を増やしてしまう結果になっていることは否めません(週刊ポストより引用)
“公費支出を抑えたい”“多くの人に迷惑をかけたくない”との思いが強いのに、小室親子に神奈川県民の税金で警備をつけるのは迷惑じゃないのか?特別扱いされたくない、とのことですが、だったら一家全員で皇室離脱するしかないでしょう。それなら眞子さんが小室Kと結婚しても反対はしません。



3年前の週刊現代の記事です。週刊誌の記事ではありますが、今現在の秋篠宮家を見ると「さもありなん」な気持ちにもなります。とにかく秋篠宮ご夫妻と宮内庁の関係が良くない、秋篠宮ご夫妻が子供(眞子さん)の意思を尊重するというスタンス、『殿下があれでいいというのだから、いいんだろう』・・・・・小室圭さんの一家のことは、官邸や警察庁も情報収集していた、というのに秋篠宮家に伝わらない悪循環は残念の極みですが、婚約内定報道以後、ほどなく週刊誌にも散々書かれていました。それでも眞子さんと小室Kは婚約内定会見を開き、秋篠宮殿下の誕生日会見では喜んだ会見をしていたので、秋篠宮ご夫妻は元婚約者と圭与さんの借金トラブルが週刊誌に載るまで、アレでいいのだったのかも知れません。

全文は以下のURL
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54520

安倍官邸vs.宮内庁「眞子さま婚約者の身体検査」を巡る暗闘 

もっとも激怒していたのは、紀子さまである。「なぜ今になるまでわからなかったのですか?」生真面目な加地隆治宮務主管は、やりきれない表情でうな垂れたという。
「今さら言われても、仕方ないですよ」

眞子さまと小室圭さんが交際を開始したのは、’12年8月。もう5年以上になる。’16年10月に2人のデート姿が撮影された際は、男女の側衛官が、じっと2人を見守っている姿が目撃されている。宮内庁は、小室家のすべてを知っていたのではないか?皇宮警察OBのひとりはこう否定する。

「側衛官は、皇族の外出の際には常に同行して警護を行いますが、その過程で知り得た情報は、最低限の行動記録以外、よほど密な関係がない限り、宮家には伝わらない」しかし、現在の宮内庁は、次期長官就任が確実といわれるナンバー2の西村泰彦次長も警察庁出身だし、前出の加地宮務主管のような要職も、警察庁出身者が数多く占める。小室家の「身体検査」は、容易に可能な態勢だったはずなのだ。問題は、秋篠宮夫妻と現在の宮内庁との関係が芳しくない点だった。

「東宮へのふんだんな人員配置に比べ、秋篠宮家は、他の宮家と同じワンオブゼムの扱いだった。悠仁親王を抱えているのに、自分たちが軽視されているとみる紀子さまは、かねてより宮内庁に対して、不満を持っていたのです」(宮内庁関係者)

関係がぎくしゃくしているから、警察庁が得た情報も、宮内庁を通じて、簡単には秋篠宮家には伝わらない構造だった。
秋篠宮夫妻が眞子さまの交際を自由にさせる方針だったことも、問題に拍車をかけた。ある官邸幹部は、こう証言する。

「小室圭さんの一家のことは、官邸や警察庁も情報収集していたんですよ。父親の自殺や、一族に新興宗教の信者がいたことなど、いろいろ問題がありそうだ、というニュアンスは、早い段階で宮内庁に伝えていました」

紀子さまと宮内庁との不和の一方、官邸の秋篠宮に対する不信感は根深いものがあった。
「昨年5月、NHKが眞子さまの婚約をスクープしたが、それをリークしたのは、秋篠宮殿下だという説が根強く残っています。この報道によって、眞子さま結婚の流れはできてしまい、官邸・警察庁の
コントロールも、もはや利かなくなった。今さら身体検査をやったところで、遅いわけです」(前出・官邸幹部)天皇の「生前退位」騒動以降、安倍官邸と皇室の関係は悪化を辿る一方だ。
安倍は状況を打開するため、内閣危機管理監だった西村を官邸から宮内庁次長として送り込んでいたが、「秋篠宮とも関係を作れず、眞子さま問題では機能していなかった」(同)という。

すべては「秋篠宮家任せ」で、物事が進んでいたのだ。

「官邸で危機管理全般を扱う杉田和博官房副長官も、『殿下があれでいいというのだから、いいんだろう』と、眞子さまのお相手については匙を投げた形だったのです」(同)

だが最終的に困り果てた秋篠宮夫妻が「結婚延期」を決める頃に、頼る先は宮内庁しかなかった「感情的になっていた紀子さまは、『はやく(延期を)進めてください』と言うばかりだった。すでにメディアも眞子さま婚約特集の準備にかかっていた時期だけに、このまま放置しておくと、結婚が既成事実化する。そこで結婚延期の発表へと一気に進んだのです。仕方なく、事態収拾の根回しを、官邸の杉田氏を中心に、北村滋内閣情報官らが務めた。暫定的に’20年に延期安倍は、「自分たちでまいたタネでしょう」とつぶやいたという。
以下省略 全文はサイトで見てください。
(文中一部敬称略)記事出典「週刊現代」2018年3月3日号より
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54520



コメント

  1. 木の葉 より:

    mayuさんのブログ記事や、コメント諸先輩方の文章を読み、新参の私は知らないことだらけ、改めて勉強させて頂きました。

     ケー君親子の品の無さが苦手で、ひたすらこの結婚に反対していましたが、秋篠宮両殿下と内親王様が最初は何も疑問も持たれていなかったことが発端、この話がこじれたことがよくわかりました。

     宮内庁無しでは皇族方は物事を進められないとしたら、今でも遅くはない、秋篠宮両殿下と、宮内庁が今こそ一つになり、ケー君との破談を決め、これからの皇族の存続に力を費やして頂きたいと思います。

     

  2. クロワッサン より:

    皇族として上に立つ方は、「善きに計らえ」が一番いいのでは?秋篠宮さまの思い・考えは、下の者にとって二度手間なっています。

    秋篠宮さまは、人に迷惑を掛けたくないの思いが強いそうですが、眞子さん・小室K・小室佳与が、どれだけ国民に対し、精神的、物理的(血税)に大迷惑を掛けているか。。。

    皇太弟辞退、警備や信号や旅客機の遠慮は、的外れの極みで、逆に、宮内庁・警察庁を振り回していますよ。

    父親として、眞子さんと小室Kの破談の結論を決行してください。そうしたら、秋篠宮さまを見直します。

  3. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    二つも記事をアップして頂きありがとうございます。

    秋篠宮殿下は色々とズレていらっしゃいますね。
    一貫性が無いように思われます。
    若い時から好き勝手をしてきて、諫める爺のような存在がいなかったのでしょう。
    時に厳しいことを言ったとしても支えるに値する人物なら部下は命懸けで付いてくるものです。
    皇嗣の立場の内にもう一度宮内庁だけでなく、政府挙げて秋篠宮殿下に良き天皇教育を授けて欲しいと思います。

    私は雅子様のことはいつも批判的に見てしまうのですが、唯一評価出来るのは自然体。
    優美子母さんが、雅子は芝居が出来ない と言ったそうですが、確かに芝居はしないですね。
    それで会見になると自然体はどこへやら、コチコチ・カチカチ。多分、キャリアウーマンとは名ばかりのチキンハートなんでしょう。
    そこへいくと上皇后は大女優。そして紀子様は主役は取れない脇役女優。
    2017年の秋篠宮様誕生日会見も、翌年の会見もまともに見れない芝居感満載でした。
    2018年の会見のことで眞子さんが反発したそうですが分かる気もします。
    本音を曝け出す訳にはいかないのは理解出来ますが、取り繕うのはやめて頂きたいです。

    週刊女性プライムに、眞子さん禁じ手? なんてのが挙がってました。
    週女は自分達が禁じ手の誕生日会見を事前にリークしたのはスルーして、今上のあの言葉の意味は、眞子さんにNOをつきつけたわけではなく、苦言を呈したのでもなく、秋篠宮様に任せるという実質ゼロ回答だと山下氏にいわせてます。
    自分達が借金問題をスクープして大問題に発展させてしまった罪滅ぼしに、今は結婚後押しに回ったのかしら?

    • やしま より:

      ミラージュさんの鋭いご意見。おおっと思いました。

      主演女優は上皇后で、上皇后を目指して一生懸命練習に励んだけれど、上皇后には及ばないのが皇嗣妃で、どうせ大根だしと開き直って我関せず我が道を行くのが皇后という感じでしょうか。

  4. やしま より:

    mayuさん 無作法なことをしてしまいました。すみません。
    m(_ _)m

    朝、出かけるために急いでいて、mayuさんのお書きになられた記事をよく読まないでコメント書かせていただいたため、mayuさんの記事と丸かぶりしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。(何の勘違いか、このコメント欄が過去記事に対するものと思い込んでしまったのです)

    改めて、マコケイカップルの最新記事を貼り付けておきます。

    眞子さま涙も?「破談一択」の空気を変える小室圭さんとの「禁じ手」を計画中(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
    「年内に、眞子さまと小室圭さんが結婚される可能性は、かなり低いと思われます」

     重々しく口を開いたのは、事情を知る宮内庁関係者。

    テレビでは朝からメーガン大爆発。「息子の肌の色の濃さを聞かれた」「何度も死のうかと思った」等々。イギリスの王室ってすごいな。ダイアナさんのときも度肝抜かれましたが、再びの衝撃です。
    もし、マコケイツーショット会見が本当に開かれて、「結婚できないなら、私は死にます!」とか眞子さんに言われてしまったら、日本国民はどないしょうですよ。とほほ。やるとしても生放送はやめてほしい。

    殿下については、大嘗祭に対する発言もありましたね。「身の丈」発言と、それに伴う「宮内庁長官らは聞く耳を持たなかった」発言。
    両者の関係が良好とはとても思えません。。。
    秋篠宮家って、裏紙をメモにしているとか、靴下は破れていないほうをあわせて両足にしてはいているとか、皇室にしては超貧乏臭いエピソードも時折出てきて。
    だけど、その割にはお子さんたちには海外留学、短期やら長期やら眞子さんもいろいろ行かれていて。

    こちらも何となく教育方針がちぐはぐだなぁ~と思わざるを得ないんですね、今さらながら。

  5. 月の砂 より:

    mayuさん お忙しい所、更新本当にありがとうございます。
    秋篠宮様ご一家は「特別な方たち」なんですから「特別な扱い」は
    当然の事でないですか?
    何かあったらどういう事になるかお分かりになっていないのでは
    ないでしょうか。
    どうかご自分達一家が皇室でどのような立ち位置にあるか今一度
    お考えいただきたく思います。

  6. マグノリア より:

    おはようございます。
    私はmayuさんのブログを楽しみにしている一人ですが、一方気力が失せてしまうお気持ち、強く感じます。
    私たちは振り回されるだけ振り回されているようです、マスコミ、眞子内親王関係、他。

    秋篠宮殿下は皇嗣殿下になられたので、内廷皇族としての扱いを受けられるべきです。
    そうすれば皇太子待遇ということで警備のみならず必要不可欠な公費が適用されるでしょう。
    殿下はとてもご自身にも厳しくいらっしゃいますが、娘の眞子内親王にはとても甘かったようですね。(普通のお父様です。)
    私たち一般人は報道で知ることしかわかりませんが、その限られた範囲ではKを一目見た限りおや?と感じる人が多いのでは。
    最近結婚された内親王や女王がたのご伴侶さまとは雰囲気が異なります。
    実際にお会いになった秋篠宮ご夫妻はどのようにお感じになったのでしょう?

  7. やしま より:
    • 白雪山羊 より:

      やしまさん

      記事の紹介、有難うございました。
      この記事の時点で2018年ですもんね……何だか、それぞれが心の奥底では信用していない様な気がします。

      「自分たちのまいた種でしょう」とは…
      なかなかここまで言うのは…( ;∀;)
      これからどうなるんでしょう…(溜め息)

  8. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。週末はお疲れ様でした。はあ~。mayuさんがブログを書く気が失せるのは、ごもっともでございます!何しろ「しがみついて離れないまんま」ですからね。そして宮内庁との関係が築けないのに、NHKにはリークって。証拠はありませんが、どこか歪ですよね。ぺんぺん草さんが書かれている意見、とうとうmayuさんまで?と思いますが、うんざりしてるのは私も同じです。

    やしまさん、お返事ありがとうございます。mayuさんのブログは心のオアシスですよねー。昨日やしまさんあてのコメントを書いてスッキリしました。時間をおいてmayuさんが承認下さった事を確認し、もう1段スッキリし、今朝起きてやしまさんのお返事。ストレスや疲れが減った気がします。

    mayuさん、2つもの記事の更新ありがとうございました。

  9. クロワッサン より:

    mayuさん いろいろお疲れの所、更新有難うございます。

    秋篠宮御夫妻は、当初、小室Kの事を「好青年で真面目だ」と褒めていました。
    猫かぶっているのが、分からないんですかね。一般庶民だったら見抜けそうな、胡散臭さを、タップリ持っている男なのに……

    秋篠宮さまは、自分達だけで処理しようとするから、洩れが出ちゃうのです。身元調査は、絶対にやるべきだった。でも、その後の処理がマズ過ぎる。モタモタモタモタ3年以上ですもん。

    小室Kのシブトさは、異常。眞子さんの小室Kへの執着も異常。お似合いのバカップル。
    国民はウンザリ・ゲンナリしています。皇室崩壊が現実になるかも。

  10. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    「官邸や警察庁がK家の事を調べたけれど、秋篠宮同妃両殿下に伝わらなかった」って……それで終わりにしないでさ~
    もっと強く出て伝えれば良かったのに…(T_T)
    宮内庁も「自分達が伝えても聞いてくれないんだ」とか勝手に心の中で思い込んで、強く出れなかったのでは?
    宮内庁との不和…あるんでしょうか。
    と言うより、両殿下は大変に忙しくて
    意外に宮内庁職員と面と向かって話す機会が少なかったのかも…とチラリと思いました。

    しかしもう過ぎた事ですし「伝えて来なかったから」「伝わらなかったから」
    だと、言った・言わないになってしまい
    時間が勿体無いです。文句言う時間があるのなら、今出来る事を宮内庁はじめ、皆さんで相談して考えてほしい。

    秋篠宮殿下は、当初
    眞子さまの事を物凄く信用していて
    「娘(眞子さま)が選んだ相手なら、きっと大丈夫」と思っていたのでしょう。
    ところが連れてきたのがKで……

    ※長くなりごめんなさい!

タイトルとURLをコピーしました