決断は圭君本人が!眞子さま、結婚延期の立役者 週刊女性を読んでの感想など

秋篠宮皇嗣ご一家

眞子さま、結婚延期の立役者「週刊女性」
今週号が週刊女性PRIMEに載っていました。

結婚延期報道以後、各週刊誌、有識者の感想、文章等々
沢山目にすることが多く、私的には多少飽きてきた部分もありますが(^^;)
随時、このように発信しないとダラダラと2年間過ぎてしまいそうで
その時、まだ小室クンと眞子さまの関係が終了していなかったら・・・と思うと
かなり不安になります。かと言って、皇室側から破談を言うよりは
小室家側から辞退を申し出る方が筋だと思うのですが、なかなか一筋縄では
いかないだろう、自分が蒔いた種とはいえ佳代さんの性格は手強いです。

こういうタカリ性格の人は、借りた感覚がなく、現金を手にした時点で
自分のお金と錯覚するのです。
昔から「借りる時は仏の顔、返す時は鬼の顔」とも言われます
佳代さんにとっては竹田さんからの返済欲求はかなり不本意であり
それこそ、ヒステリーちっくに鬼の形相だったと推測します。
逆上すると何をやらかすか怖い面も持ち合わせているので
2年半という時間を掛けて、疎遠、解消に向ける。

口止め料は小室家が悪いのだから、本来払う必要は無しですが
一応、気持ちとして400万~500万円で手を打つ、引っ込んで貰う。
よくオレオレ詐欺でも「騙される方も悪い」と被害者が叩かれる事がありますが
悪いのは騙し取るほうなことに決まっている。

秋篠宮殿下も、まさか小室ママがそういう人だとは思わなかったのでしょう。
立て続けの週刊誌記事に、美智子さまと紀子さまが危機感を持ち
延期から解消へと進めて行ったのでは?と推測します。
やはり生まれながらの皇族、特に天皇陛下は高齢でもあるし、相手の事を
直接調べることはしない、するのは親である秋篠宮ご夫妻ですから。
可愛い初孫の為なら・・とハイハイと裁可したと思われます。
所詮孫は孫、責任は子供の親に決まっています。 以上簡単に推測と感想でした。

アイスダンスを見るので(^^;) 午後~夜、その他の週刊誌を書きます。

週刊女性PRIMEより 長文ですがコピペしました。
http://www.jprime.jp/articles/-/11727

眞子さまと婚約者・小室圭さんの「結婚延期」に
借金トラブル被害者が胸中告白

「2月16日、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまは、東京都千代田区内の
映画館を訪れ、東北の被災地で生きる人たちを描いたドキュメンタ
リー映画の試写会に出席されました。

結婚延期の発表以降、初めて親子3人で公の場にお出ましになった
のですが、どこかぎくしゃくしている雰囲気が見受けられました」
そう話すのは、現場に居合わせた皇室担当記者。

親子関係がうまくいっていないと感じられたのは、2月初旬に発表
された“結婚延期”が関係しているのだろう。

「2月6日に宮内庁で急きょ行われた宮務主管会見で、眞子さまと小室圭さんの結婚に
関わる儀式などのスケジュールを’20年まで延期すると発表されました。
同時に公表されたおふたりの“お気持ち文書”では、延期の理由は“時間的余裕がないため”と
主張されていますが、記者の間では“週刊誌報道”が関係しているとみています」
(同・皇室担当記者 )

昨年12月に『週刊女性』が報じた圭さんの母・佳代さんが抱える「借金トラブル」。

彼の大学の入学金や授業料、アメリカ留学費用、小室家の生活費など計400万円超を
元婚約者に工面してもらっていたのだが、’12年9月の婚約解消後に元婚約者が返金を
求めるも小室さん親子は“贈与”だと主張しているのだ。

この記事が世に出たあと、圭さんは何度も秋篠宮邸を訪れ、宮内庁サイドにトラブルの詳細を
説明していたのだが、実は、1月20日には事態は“決着”していたという。

圭さんは1月6日、13日、14日、19日に秋篠宮邸を訪れていて、19日だけは
佳代さんも一緒でした。その翌20日に、紀子さまと眞子さまが皇居を訪れたあとは、2月2日の両陛下と秋篠宮ご一家の食事会まで小室さんや眞子さまに動きはありませんでした。

スポンサーリンク

その状況から考えると、1月20日に結婚延期が決まった旨を両陛下に報告し、それ以降に
お気持ちを記した文書を作成していたと思われます」(秋篠宮家に近い人物)

20日に“完全決着”した以降に作られたというおふたりの“お気持ち文書”に関して、
宮内庁サイドの関与はなかったのではと皇室ジャーナリストが推察する。

「宮内庁は延期の事実と文書を発表するだけの役割で、秋篠宮家は、両陛下に相談して文書を
推敲された可能性が高いです。というのも、眞子さまの文書の中にあった“充分”という言葉は
美智子さま独特の表現なのです。宮内庁の文書では普段は“十分”と使われることからも、
今回の文書を美智子さまが“添削”された可能性があります」

眞子さまを幼いころから可愛がっておられた美智子さまは、初孫
のために心をくだかれたのかもしれない─。

“前代未聞”の「延期」によって、宮内庁でも想定外の対応に追われているという。
「来年5月のお代替わりで秋篠宮さまが皇嗣殿下になられるに伴い、秋篠宮家に配置される
職員が増えるので、秋篠宮邸を改修する予定です。
現在、改修期間中に、ご一家がお住まいになる“御仮寓所”も設計しています。

しかし今秋予定されていたご結婚が延期になったので、御仮寓所に眞子さまのお部屋を
急きょ用意することになり、ある程度できていた設計を変更せざるをえなくなりました
(宮内庁関係者)
宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、女性皇族の“結
婚”にも影響があるのではと話す。
「皇族方は“結婚相手は慎重に選ぶ”という意識を以前からお持ち
でしょうが、今回の件で、その意識がより高まった可能性はあるで しょう。

さらに、小室家の借金トラブルをはじめとするプライベートな情報まで
週刊誌が報道したことで、今後の女性皇族の嫁ぎ先となる一般家庭側が、
結婚をためらうことにつながるかもしれません」
想定外の延期で関係各所に影響を及ぼすことになりそう。

借金トラブルの当事者は今、何を思う
一方で、日本中に衝撃が走った結婚延期の要因になったと囁かれ
る借金トラブルの当事者・竹田さん(仮名)はいま何を思うのか。
今回、初めて竹田さん本人が重い口を開き、胸の内を語ってくれ た。

竹田さんが一番あきれたこと

「今回のような結婚延期や、もし今後、破談になったとしても、
私はおふたりの結婚に関してとやかく言う立場ではありません。
私は当初から、おふたりの結婚を邪魔したい思いはありません。
ただ、貸したお金を返していただきたいという気持ちがあるだけです。
いまだに小室さんや宮内庁からは、いっさい連絡はありません」

佳代さんとの婚約解消を決めた大きなきっかけは、
圭さんの留学費用を貸したときだったという。

「いちばんあきれたのは、圭くんの留学費用として200万円を貸したときです。
当初の佳代さんは、“留学するために銀行口座に200万円以上あることを大学に
証明しなくてはならない。一時的に送金してほしい”と言っていました。
一時的にと言うので、残高証明を取ったらすぐに返してくれるものだと思っていたのに、
その後“やっぱり生活が苦しいから、お金を使わせてほしい”と。

しかも、圭くんが留学中にスペインに渡航することになった際、佳代さんは
私に断りもなく、貸した200万円からスペインへの旅行代を捻出したんです。
あとで知人からICU(国際基督教大学)の留学費用は100万円ほど
でまかなえると聞いて絶句しました」(竹田さん、以下同)

一部では、佳代さんが宮内庁サイドに“騒動をおさめるためにも
皇室でお金をサポートしてもらえないか”と要求したと報じられた 。

つまりは、国民が払った税金を自分の借金返済にあてようとしていたということ。
にわかには信じられない話だが、竹田さんは“彼女なら言いかねない”と話す。

その話が事実かどうかはわかりませんが、佳代さんなら言いかねないと思います。
私の場合とまったく同じで、彼女は自分でお金を工面する努力はせず、
誰かに頼ろうとする方なんです。私はお金を返してほしいという気持ちが一番ですが、
皇室が用意したものではなく、小室さんたちが汗水たらして働いたお金で用意
するのが好ましいと思っています」

最後に、圭さんに対する今の率直な思いを、竹田さんに聞いた。

「一時期は、圭くんのことを本当の息子のように可愛がっていまし
たし、複雑な気持ちはあります。
私から何か言うとすれば、ふたりとも“親離れ”“子離れ”をしたほうがいいですね

圭くんは母親にコントロールされているようなイメージがあり
彼女の言うとおりに行動してしまう。職業選択や恋愛、結婚などに関しても、
圭くん本人が決断してほしいと言いたいです」
眞子さまとの結婚に関して今後、圭さんはどんな“決断”を下すのだろうか。〆




【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク


コメント

  1. 皇室はどうなるのか より:

    ヤフーのこの記事についてのコメントを見ていると、
    たまに、竹田さんが週刊誌に暴露したことで延期になった、とか
    竹田さんが酷い人だと攻撃するコメントを書いている人がいるので、小室圭さんと眞子様の結婚を応援する人がいる事に驚きました。
    私としては、竹田さんが言ってくれなかったら、このまま結婚となっていたというのに・・・・。
    眞子様の気持ちは今も変わっていなくて、騒動の鎮静化をみている、という週刊誌記事もありましたが、
    国民がこの騒動を忘れるわけがないですし、このまま結婚されるなら、皇室廃止論になりかねないと思えてきます。

    • mayu より:

      皇室はどうなるのかさん

      確かに、竹田さんの友人が週刊誌に暴露しなければ
      結婚延期は無かったとは思いますが、以前から
      胡散臭い親子だったので、言ってくれてよかったと思います。
      週刊誌で報道してくれなくちゃ、このまま結婚まで行き
      その後から、異常な小室圭親子に気付いても時は遅い。
      眞子さまが、あのベッタリ親子の間に入って苦労するだろう
      悠仁さまの義兄、親戚になるのは何としても嫌でしたから。

      竹田さんも、誠意のない小室圭親子に腹が立っていた
      400万円があれば家も車も手放さずに済んだ
      悔しさがあったでしょうし、とにかく小室圭親子の
      誠意の無さは最悪ですネ。

      この騒動は前代未聞と言われているので
      忘れようにも忘れられません。
      小室圭親子は速やかに結婚を辞退すべきです。

      • sawayaka より:

        そうですよね、
        でももし2年半後、本当に女性宮家創設などという事態になったら、
        皇室の存続のためにも、今以上に小室氏は婿候補にふさわしくないってことになりますよ。
        今回延期という形を取ったということは、
        国民の声を気にしてのことでしょうから。
        眞子さまが皇族として残るのなら秋篠宮殿下としても絶対小室氏とは結婚させるわけにはいかないでしょ。

        ノルウェーのメッテ妃の麻薬もびっくりしましたが、
        小室親子の場合は、人をだますという人間性で非難されているのですから
        女性宮家創設などということになったら皇族に連なる者としてあるまじき人間性。

        どうしてプロポーズなどできたのだろうか、そして、
        どうして、この機に及んでまだ辞退しないのか、本当に不可解です。

        秋篠宮殿下が娘たちを自由にしたためだとか、
        宮内庁がちゃんと身辺調査をしなかったのかと非難されていますが、
        もし、トラブルをもみ消していたらそれこそとんでもないことです。
        世間に出てしまったということは、神様の思し召しだったのかもしれません。

        • mayu より:

          sawayakaさん

          小室圭親子のやったことは「お里が知れますね」レベルで
          とっても恥ずかしくて他の皇族に顔向けできない相手でした。

          これだけ書かれては、今後どんなに改心したとしても
          もう無理だと思うのですが、油断大敵。

          女性宮家も安倍総理の後に、どうなるか・・・
          話は出そうです、そうなると益々小室クンでは無理。
          国民が受け付けないですよね。

          辞退するにしても、お金、お金の交渉に時間が掛かりそう。
          とんでもない相手でしたが、A氏と友人に神が降りたか(^^;)
          こんな形で壊れて行くとはねぇ、神様は見ていたのかもね。

  2. 苺好き より:

    週刊誌の小室家疑惑報道が加熱してきましたね。

    私は、週刊誌の皇室記事は基本的に信じないのですが、この件については、ちょっと見過ごせなくなってきているかも…

    よく、皇室ブロガーさん達が、

    「宮内庁から抗議されていない記事は事実に近いことが記されているのだろう。」

    と仰っていますが、私は、その様には思いません。

    宮内庁の『皇室関連報道について』を見ると、近ごろ抗議されているのは、

    ①『天皇陛下が華やかに退位されたいと思われている』という記事

    ②『美智子さまが雅子さまを叱った!』系の記事

    ③皇太子妃殿下批判の記事

    でした。

    『天皇陛下が華やかに退位を…』の記事は、始めから嘘だろうと思っていました。
    陛下は、儀式を華やかに行いたいとか仰る方ではないので。

    20年程前の週刊ポストに、故・浜尾実東宮侍従が、皇后陛下へ苦言を呈する記事の中で、

    「美智子さまは女性週刊誌は毎号ご覧になっていると思う。そして、『これは違うわね』と仰り、宮内庁に抗議をさせる。」

    と書いていたらしいですが、これが本当のことならば、皇后陛下は、ご自身の名誉に傷が付いてしまう記事(②)や、皇太子妃殿下を批判する記事(③)のみご覧になっているのでは、と思います。

    まあ、週刊誌なので、浜尾東宮侍従の言葉を、かなり盛っているでしょうけどね(^_^;)

    長文になってしまいましたが、とりあえず、天皇皇后両陛下の孫を想う御心は確かでしょう。だから、眞子内親王殿下についても、かわいい初孫の愛する人なら、と、すぐに裁下を下されたのでしょうね。

    ですから、仰る通り、小室さんについての諸々の報道の真偽を見極めるのは、保護者たる秋篠宮同妃両殿下のなさるべきことです。

    • mayu より:

      苺好きさん

      今回だけは、たかが週刊誌、されど週刊誌。
      全く嘘八百は書いていないようです。

      宮内庁で抗議するのは、殆ど 天皇皇后両陛下と
      雅子(サマ)関連で、秋篠宮ご一家からの訂正記事は
      無いに等しいのでは?

      秋篠宮ご夫妻は週刊誌を本気にして読んでいなかったのが
      後手後手になった原因のひとつかと思います。
      本来なら、父親、祖父の自殺報道辺りから疑心暗鬼に
      なってもよかったはずです。かなり呑気すぎました。

      美智子さまも、可愛い初孫、眞子さまのお願いと
      母子家庭でも立派に育った風な小室クンの演技に
      まんまと騙されて、見抜けなかったようですが
      自分の経験から、やはり孫は孫、子供ではないので
      子供の責任は秋篠宮ご夫妻にありますネ。

  3. ラッキー より:

    こんにちは、記事のアップを有難うございます。
    それにしても次から次へと、こんな記事が出てくる度に眞子様は傷付くばかりで、小室サイドはローンを組んでも早く返して黙らせばいいのにと思います。
    庶民だって住宅ローンを3~4千万円位は借りてます。何でたかだか400万を早く返さないのでしょう?
    もしかして皇室が払ってくれるのを待ってるのでしょうか?

    親離れ子離れをした方がいいのは、本当ですね。あの親子の密着度はちょっと異常ですから。

    • mayu より:

      ラッキーさん

      週刊誌も来週辺りには落ち着くとは思いますが
      眞子様が傷付いても、これは小室クンを選んだ以上
      どうしようもないことで、全ては小室親子が悪いんです。

      あの親子、特に母親の性根の悪さが分かって良かったと思わなくちゃ。

      400万円借金トラブルも12月に週刊女性で報じた後に
      早々に返済すれば良かったのに、未だに返さず
      週刊誌によれば、「皇室でサポートして欲しい」と言ったとか。

      現実は400万円、無いとしても
      マンションを抵当にして銀行から借りるとか
      なんとか出来るはずなのに、それもやらないのは
      お金に固執している、借りたと思わない、異常ですね。

      親離れ子離れはごもっともです。
      男の子って中学生になると自然と母親離れすると思っていたので
      ベタベタし過ぎで気持ち悪いです。

  4. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんにちは。

    更新ありがとうございます。

    この「圭くん本人が決断して欲しい」とのことですが、
    彼の決断は「眞子さんと何が何でも結婚する。辞退なんかしない」という決断でしょう。
    こんな上玉、二度現れませんから、2年待つぐらい屁でもないと思っていますよ。
    だって、眞子さんを逃したら、この親子はもう結婚はできないのでは?(親子どちらも)
    さすがに、ここまで悪名高い親子と姻戚になりたい人は日本中、いないでしょうし。
    そう思えば、親子共々、ラストチャンスです。絶対、逃さない、と思ってますよ。

    もしかしたら、この2年の間に人が変わったようにマジメに働いたり、仮名竹田氏に借金を返したりするかもしれません。
    そうやって、秋篠宮ご一家、世間を油断させ、結婚までたどり着くかも。
    世間は騙されないかもしれませんが、眞子さんなんてコロッと騙されそうですし。(すでに騙され続けてる)

    と、改心したふりをして、1億超をGET!

    これぐらいのことは考えてそうですけどね。
    一生ウハウハの生活が手に入るなら、2年ぐらい頑張れますって。

    さてさて、別館も拝読しました。
    お孫さんも熱が下がったようで良かったです。
    インフルAと風邪がコワイ、とのことですが、mayuさん、それは甘い!!(笑)
    インフルはA、Bとも2種類ずつ流行っているので、最大4回罹る可能性があるのです。
    つまり、もう一度、Bにも罹るかもしれません。

    流行はすこ〜し落ち着きつつあるようですが、まだまだ油断できません。
    私も普段は、箱に入ったお安いマスクを使っていますが、先日、立体型の高級マスクを購入いたしました(笑)
    ちょっとヤバそうな場合はこっちを使ってます。高いだけあって、耳も痛くならないし、息苦しさも少なくて快適です。とはいえ、これを普段用にするのはちょっとな〜と。

    私もあと3回、可能性があると思うと恐怖です…。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      ダラダラと2年半過ごして、また小室クンと復縁
      これが一番懸念されることなんですよ。

      ここまで評判悪い親子と親戚になりたくないのは
      秋篠宮ご夫妻も同じだと思いますが、何しろ
      スッポン小室クン、諦めるまで相当時間が掛かり
      ここは、もっと小室家、小室クンの負の部分を
      掘っていかないと油断できないと思ってます。

      そこで、眞子さまの気持ちが小室クンから離れる、会わない
      秋篠宮ご夫妻との接点もゼロにする、等々
      それと、復縁したとして小室家から使者になる人、いないでしょ。
      結婚延期発表前から居なかったのに、この騒ぎで益々居ない。
      とにかく小室家側から辞退して欲しいです。

      本当に悩ましい2年半になりそうです。

      ところで、インフル・・・まだ3回も残っていましたか!(_ _|||)
      私も立派なマスクを買いに行きます!
      今使っているのが、100枚入りの使い捨てマスクなので
      やはり高級マスクを使って予防しなくちゃ!
      インフルがこんなに大変とは思いませんでした。
      今までインフルを侮っていたツケですね。怖いデス((((;゚Д゚))))))) 

タイトルとURLをコピーしました