竹田恒泰さん動画で小室親子のことを言いたい放題で気持ちスッキリ、秋篠宮ご夫妻と眞子さま鑑賞に、美智子さまの公務

皇室

 

竹田恒泰さんは前々から、眞子さまと小室さんとの結婚に対して
疑問を投げかけていた方で、婚約延期報道後も絶好調で喋っています。
遅くなったけどほぼ言いたい事を言ってくれて気持ちがややスッキリ(笑)

お金のある人には高々400万円だけど
無い人にとっては大金である400万円!

佳代さんは
“騒動を収めるためにも皇室でお金をサポートしてもらえないか”
という欲求を宮内庁にした。

スキャンダルが発覚した12月以降も、早々にX氏に払っていれば
ここまで事は大きくなったか? なったとしても「払った」
「返済した」ことで、若干印象は良くなったかも?
それが、未だにX氏には返済していないとのこと。

本当に本当に、小室さんのお宅には400万円の貯金も無い
ってことなのだろうか・・・と思うのは自然でしょう。

400万円も無いのに、帝国ホテルで挙式できるの?
とこれも誰もが思う事でしょう。

結婚して眞子さまに1億数千万の一時金が入ったら
払います~の後払いを考えていたのでしょうかねぇ。

頭に来るのは、小室親子が皇室、皇族を甘く見ていたこと。
とにかく、2年半の延期からフェードアウトになることだけを
願っている、今後、小室クンがどうなろうとどーでもいい。
どーでもいいけど、たまには週刊誌で盗撮写真を見たい気持ちもある(笑)

【公式】竹田恒泰チャンネル2018/02/10 に公開

婚約延期…小室さん!お母さん!一番心を痛めているのは
眞子内親王殿下ではないですか!?|竹田恒泰チャンネル
https://youtu.be/HrSA1YmMW8U

【古事記の窓】小室さん、古事記に従うとこの結婚、〇〇です!|
竹田恒泰チャンネル 2018/02/15 に公開
https://youtu.be/3DxSMH6csM0


眞子さま、震災ドキュメンタリー映画ご鑑賞 
ご結婚延期発表後、秋篠宮ご夫妻と初のスリーショット

なにかにつけ「ご結婚延期後初の・・・」と付けられてお気の毒ですが
雅子(サマ)と違って、15年振りの~と二桁もサボリじゃないし
こうして表に出てくることで、「眞子さま、元気出して!」
「眞子さま、以前より綺麗になった」など印象に残るのでもう暫くの我慢です。
週刊誌も小室親子の悪事は掘るかもしれませんが、眞子さまを悪く書くことはありません。
みんな延期になって良かった、あとは2年半後、小室親子がどのような生き方をしているか
興味があるのはそれくらいかな? 黒田清子さんが結婚したのは36才でした。
今の時代、36才で結婚しそれから子供を授かっても少し遅い、程度です。
若気の至りでした、こういう時は「時間が解決してくれる」これでしょう。
心の傷を癒すリハビリ期間だと思っています。どんどん好きな鑑賞など出掛けてください。

秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまは16日、東京・有楽町の映画館で
東日本大震災後の被災地を舞台にしたドキュメンタリー映画を鑑賞された。
眞子さまの結婚延期発表後、親子3人が公の場にそろって
姿を見せられたのは初めて。

映画のタイトルは「一陽来復 Life Goes On」。
撮影期間は平成28年7月から約10カ月間で、宮城県石巻市や南三陸町、
岩手県釜石市、福島県川内村などの人々の生活を追った。
映画の出演者も訪れ、秋篠宮妃紀子さまは
「来てくださってありがとう」と声をかけられた。

鑑賞後に出演者らと懇談した秋篠宮さまは
「(10カ月間の)流れがよく分かりました」と感想を述べられた。
眞子さまは映画の中で取り上げられた石巻市の公園について
「私も行ってみたいです」と話されたという。
映画は3月3日から同館などでの上映を皮切りに、全国で順次一般公開される。
産経ニュースより

皇后さまは16日、重病を抱え、在宅ケアが必要な子供と
その家族が短期間滞在できる医療施設「もみじの家」
(東京都世田谷区)を視察された。

入所する子供たちが自己紹介などをする「朝の会」では
手足を動かす体操の様子を見学した後、子供たちに歩み寄り
「気持ちよかった」と尋ねられた。付き添いの母親らにも
「ゆっくり休めていますか」と気遣いを見せられた。

わたしね、美智子さまのこと嫌いだけど
この「もみじの家」を美智子さまが訪問された画像を見て
やっぱり流石だな~と思いました。
心が痛くなり、子供さん達の画像を載せられないんです。

私だったらどのような声かけが出来るだけろうか?
掛ける言葉も見つからないのでは?と思いました。

こういう公務、雅子(サマ)には無理でしょ。
紀子さまならできる。
いや、秋篠宮ご一家ならできると思いました。

眞子さまの結婚問題で、秋篠宮殿下にはガッカリもしたし
眞子さま、なんでーー小室クンと・・・とも思った。
これから、悠仁さまの中学進学でも何かと思う事はあるだろう。

だけど、やっぱり秋篠宮ご一家は、皇室のこういう公務を
自然体で出来る重要な皇族だと思うのです。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。


コメント

  1. すぴか より:

    この一連のニュースの流れで、私が一番驚いたことは
    KK宅リビングに大きなダブルベッドがあって
    そこに、その都度の(?)彼氏が寝ていたとの情報。

    百歩譲って、援助交際はKKの進学のために仕方がない。
    でも、リビングにどど~んとダブルベッドを置くかな?

    そんなお母様のご苦労を無駄にしているのか?
    Kkは、そういうお母様の意気込みを信じて
    これからも、ずっとずっとがんばって生きて欲しい。

    • mayu より:

      すぴかさん

      週刊現代に、2LDKのリビングにダブルベッドが置かれて
      と書かれていました、3DKじゃなかったんですね。

      1つは小室クン、1つは祖父の部屋で、リビングにダブルベッドを
      置いて彼氏と・・・その彼氏は彫金師でしょ。

      X氏は佳代さんとキスもしていないそうです(^^;)

      親戚付き合いも無し、友達も無し、誰も家を訪ねる人がいないなら
      リビングにダブルベッドも有りでしょうけど(苦笑)

      スッポン小室クンとママ、アテが外れてガックリかもだけど
      これからどーするのか、どーやって生きていくのか
      たまには報道して欲しいわ。

  2. やしま より:

    私も、この小室家からの手紙を改めて読んでみました。

    呆れた国民さんと同様、まず「保証」の字使いが違いますが、あと「交付」がおかしいですね。交付という意味は、役所等が一定の手続を踏んだ人に対して、金銭を供与することであり、X氏が、佳代氏あてにヘルプするのでは意味が違います。この場合は「金銭の交付」ではなくて「金銭の提供」でしょう。
    さすがインター→ICU。当時の圭氏の国語能力はこんなんで精一杯では。

    さらにこの文書。弁護士が書いたものではないと私が思うのは、こういう文書を弁護士に頼むと、それ相応の費用がかかるということです。多分この母子、「無料弁護士相談」に行ったんじゃないかと。有料だと30分5,000円ですが、初回だけ無料の弁護士事務所あるし、また自治体でも無料相談やっていますので、そういうときに言って、自分たちに都合のいい話をして、確かに借用書とか全くないので、「借金には当たらない」というお墨つきをもらい、あとは母子で考えて作成したものなんでしょう。
    文章全体も稚拙でエゴむき出し、品性がない。
    そして、何よりもこういうことにお金をかけそうにないですもんねぇ。あの母子は。

    • mayu より:

      やしまさん

      国際弁護士を目指している小室クン、目指すのは勝手だけど。
      英語を話せても、正しい日本語を使えないとはねぇ。

      やしまさん、凄いわ~!
      無料弁護士まで思いつきませんでした。

      数カ月に1回くらい市役所で無料相談やってますね。
      これも利用した経験が無いので思い付かなかったわぁ。

      正式に弁護士に頼むと、相談から文書作成まで
      5、6万くらいは掛かりそうですが、無料相談して
      小室クンがママの言う通りタイピングしたのかも。
      X氏の名前の漢字が間違っていたそうです。

      いずれにしても、せこい話しか出なくて嫌ですねぇ。

  3. 呆れた国民 より:

     下から2段目「保証もなしに」コレ漢字が間違っています。
    正しくは「補償」でしょう。
     恐らく小室圭が打ち込んだ文章だろうと思いますが、大学まで出てこれかい!
     全く御粗末な男だね。

    • mayu より:

      呆れた国民さん

      あたたた・・・補償と保証では違いますもんね。
      専門家じゃなく、ワープロで作られたと書かれていたので
      小室クンがタイプしたのかもね、佳代さんはタイピングできなそさうだから。
      それにX氏の漢字も間違えていたそうです、呆れます((((゚Д゚))))

  4. 苺好き より:

    私は、竹田恒泰さんの意見には、納得できるものが多いです。

    眞子内親王殿下のご結婚、どうなっていくのでしょうか。
    週刊誌が報じてる小室家の問題が本当なのか、それとも、それらは全て捏造なのか。

    宮内庁から発表された眞子内親王殿下のお気持ち文書からは、内親王殿下の『延期にはなりましたが、結婚することには変わりありません。』という強いご意志を感じましたので、すぐに婚約破棄にすることは難しきことでしょう。

    もし、本当に小室家に問題があるのならば、内親王殿下に結婚を諦めて頂くしかないですね。

    さて、皇后陛下の施設行啓について。

    重い障害を持った子どもたちが映っていましたね。

    皇室ブロガーさんたちから『ご慈愛アピール』と批判されているとしても、皇后陛下から賜った励ましのお言葉が、親御さん達や職員の方々の活力となったことは事実でしょう。

    確かに、この様な公務は、皇后として必ず為さなければならないお務めとはされていませんが、とても大切なことと思います。
    この様なお務めは、秋篠宮妃殿下ならお継ぎになれると思います。

    • mayu より:

      苺好きさん

      私は2年半延期で、もう復縁は無理だと思いました。
      半年から一年くらいなら復縁も有り得るけど
      2年半はいくらなんでも長過ぎるので、破談に向けた時間だと思いました。
      それにどう見てもここまで評判が悪くては・・・
      眞子自身も直ぐに破談、婚約内定解消とは書けなかったのでは?
      いずれ気持ちが離れる予感がします。あくまでも私の予感ですが。

      庶民でも遠慮したい相手と言われた人とは無理でしょう。
      どうしても結婚したいなら、皇籍離脱したら良いと思います。

      皇后陛下の施設行啓ですが、なんでもかんでも批判するのは
      ちょっと私には出来ません。ご慈愛アピールだとしても
      あのお子様達の親御さんたちにとっては、励ましと慰めに
      なったはず、殆どの国民は皇后を目の前にすれば
      やはり感激するだろうし、一生の思い出になるんじゃないかな。

  5. 榛野 より:

    画像アップありがとうございます。

    小室家の文書ってこれですか…
    もう少し本物の弁護士が作成したらしいものかと思っていましたけれど、自作したんですかね?
    これは知らないどころでは無いだろうな。

    さて、記事内容とは関係無いですがデンマークのヘンリク王配が逝去された事つい先程知りました。
    「息子にまで侮られて辛い」と臍を曲げて病気を理由に海外に遊びに行ったり「女王と一緒の墓には入らない」発言が話題になった方ですが、昨年9月には認知症だとの診断も降りていたようです。
    デンマークとの関わりなぞ一つもない自分ですが、海外王族の中で恐らく一番好きだった方でした。

    既にご存知かも知れませんが、こちらではデンマーク王室について記載もあったと書かせていただきました。

    • mayu より:

      榛野さん

      弁護士じゃなくて、ワープロで作成したようです。
      佳代さんか、小室クンか?どちらかが作ったのでしょうね。
      週刊現代によると、X氏の名前の漢字を間違えて書かれていたらしいです。
      いい加減ですよね。

      デンマーク王室のヘンリク王配殿下が亡くなったことは
      びっくりしました。認知症が出ていたらしいけど。
      明るくておおらかで、お孫さん達を可愛がり
      良い夫、お爺さんだったのでしょう。

      なかなか書く暇がなくて、いずれ素敵な写真をアップしたいです。

  6. とらねこの母 より:

    mayuさん、インフルエンザからの復活おめでとうございます!

    さて400万は大金ですが、20代後半の親族の女性はエンジニアで、年収も貯金も500万以上あるそうです。(アパート暮らし)
    KK氏もちゃんと最初の銀行で勤めてたらそれなりの貯金が出来たはず。
    結婚しようとして、親に頼れなかったら自分でってなるのが普通でしょう。
    まあ色々世間一般とは違う道を歩んできたおうちですから、誰かに何とかして貰うつもりだったのかな?

    ちゃんと仕事する人じゃないと普通は信用が揺らぐと思うんです。
    古い考えですが、男は仕事!
    眞子さまも、秋篠宮殿下もその辺気にならなかったのかな?
    女性宮家を考えていたからなのか?

    ところで私も近頃冬眠状態で、昔の歌を聞いてました。
    globeのWandering destiny
    トヨエツ主演の『青い鳥』の主題歌の歌詞に、
    ♪友達なんかいらない
    あなた以外誰も

    眞子さまの心ってこんな感じだったのかしら?って思いました。
    ドラマは不倫駆け落ち逃避行物語です。

    • mayu より:

      とらねこの母さん

      インフル初体験で、もう懲りました!
      来年は必ず予防注射します、インフルに対して
      過度に自信があったみたい、反省です。
      それとグータラ癖、そろそろ動かないと廃人になりそうです。

      >20代後半の親族の女性はエンジニアで、
      >年収も貯金も500万以上あるそうです。(アパート暮らし)

      わかります、都会での仕事は給料も良いので
      それなりに貯金ができるみたいですね。
      うちの愚息ですら、20代半ば、同じくSEでしたが
      多忙で遊ぶ暇が無かったこともあり、どんどん貯まったらしい。
      ずーっと約7万円の賃貸マンション暮らしですが
      我が家より貯蓄が多く、教えてくれないけど2倍以上あるかも(@_@)

      小室クン、せっかくよい所に就職したのに辞めるなんてもったいない。
      それに、母親と同居でしょ、貯める気になれば貯まるのに
      親子で無駄遣いが多いのかな?
      人のことは言えない私ですが(>_<)

      奥さんがバリバリ働いて主夫もいますが、眞子さまのお相手は
      きちんと仕事をしている方じゃないとねぇ。

      トヨエツ主演の『青い鳥』懐かしいーー!!駅員の役でしたよね。
      昔はトヨエツが大好きで「愛していると言ってくれ」はまりました。
      globeのWandering destiny、YouTubeで聴いてみよう。

  7. もも より:

    あと、今回のご公務で三名ご一緒のご様子が、傷ついている眞子様を両殿下が側で護りサポートなさっているお姿のようにも見えて心が休まりました。
    眞子様の笑顔の中の瞳は、まだ少し険しくお辛そうですが…。

    • mayu より:

      ももさん
      私も秋篠宮ご夫妻、眞子さまの心の傷を癒したいと考えているでしょう。
      眞子さまのことを心配してこその結婚延期ですから。
      あまり眞子さまを責めてほしくないです。傷付いているはずです。
      悪いのは、身の程知らずでズーズーしい小室親子なのです。

  8. もも より:

    竹田さん、皇室との縁者でなければ知らない話などとても面白かったので以前から動画を見ていましたが、去年の婚約内定発表に関する動画からすでにKKとの将来をはっきりと危ぶむ内容で、世間の(所詮は他人事のような)お花畑ムードにいらいらする気持ちを収めてくれていました。
    あの頃はまだKKの常識はずれやピントのはずれをコメントなどで不安視すると、口うるさいババア、他人が口出しする事じゃない、果ては精神異常者でもあるかのように激しく噛み付かれたりして、日本人の心持ちって短期間でこうまで変わってしまったのかなぁと悲しかった覚えがあります。
    世間にも、少しでもはっきりとこういう話がでてきてよかったです。

    • mayu より:

      ももさん

      私も竹田さんの動画はチャンネル登録しているんです。
      婚約内定当初から、自分の子供なら反対すると
      きっちり言っていましたからね、危機感を持っていたでしょうから
      結婚延期で少しはホッとしていると思いました。

      ネットをしていない、週刊誌くらいしか読まない
      小室クンの情報を良く知らない人、鈍感な人、関心の無い人達は
      悠仁さまの義兄になる怖さを実感できなかったのかもね。
      今回、全国津々浦々、情報が行き届いて良かったです。
      もう結婚は無しと思っていますが・・・

  9. 金平糖 より:

    mayuさんこんにちは こうしんありがとうございます!!

    KKさん、お母さん共々最初から胡散臭いなあと思ってましたが、年末から急転、ここまでの話になると思ってませんでした。
    ママの「サポート」発言も、ヤフコメ見ると自分はやっぱりと思いましたが、「本当に言ったの?でもあの母親なら」と言うコメント結構ありました。
    KKも身の丈に合わない教育を受けて周囲はお金のある家ばかりで、悔しく持っている人からたかるというのは、恥ずかしいという感覚が育たなかったのでしょうね。
    mayuさんは基本やさしくて、温情のある方で、ご家族にも頼られると頑張ってしまうのでしょうね。
    美智子様の施設のご訪問の記事を見て思いました。
    ヘンリク王配が亡くなられましたが、息子さんもお孫さんも立派で安泰ですね。

    スケート、宇野くんがKKに似てると言われてましたが、宇野くんが気の毒です。

    • mayu より:

      金平糖さん

      私はドンくさいのですが、早い方は小室クンが出た当初から
      胡散臭いとか、あの人は駄目と書いていましたねぇ。
      そういう直感のある人が羨ましいわ。

      小室ママのサポート発言、X氏に集って利用した記事を見ると
      有り得る~~と思っちゃいますよね。

      一番悪いのは、圭与さんだと思います。
      お金もないのにあまりにも強い上昇志向は凡人には
      考えられないこと、清く正しく美しい生き方じゃないのに
      皇族とご縁を持つなんて、信じられなーーいデス。

      ヘンリク王配が亡くなったのにはビックリしました!
      お茶目な可愛いお爺ちゃん、て感じでしたよね。
      日本からは誰が葬式に行くのかしら?

      宇野くん、KKに似ていると言われますが
      宇野くんの方が断トツに可愛いいよね~~

  10. やしま より:

    今回のことで、竹田氏(ホンモノ)のイメージがグーンとアップしましたよ。以前は「旧宮家の末裔とかいっているけど、本家筋でもないのにおこがましい」とか「マルチやってる!」とか、「出っ歯」とか。ネット上では結構さんざんな言われようだったのに。
    私はこの人、基本的に好きですよ。著書も多数あり、「皇室とは」「皇族とは」を、わかりやすく書いている本もある。こういう「芸人風旧華族の末裔」がいてもいいんじゃないかと思います。
    この立ち位置の、もっと切っ先が鋭く、発言権も大きかったのがヒゲの殿下ですよね。あの方が生きておられたら、今回の婚約話、天皇の裁可に行く前に潰れただろうにと思うと、改めて残念なんですよ。
    竹田さん、42歳なんですよねぇ。変な話。
    高円さんちの典子さんのことを考えたら、この方が眞子さまのお相手でもおかしくはなかった。竹田氏も40歳近くなってからのご結婚ですよね?
    結婚のときの模様を話しておられた。両親のときは、それこそ一番の臣下の方が結納の使者を勤められたし、ご本人のときも両親ほどではないけど、一番の部下のような方が勤められたとのこと。宮家ではなくても、名家にはそういう役目の方がおられる。そして、そういう役目の方がおられるようなおうちに、皇室の方は嫁いでほしいです。

    秋篠宮家をかばう信奉者の方も多いけど、私は、この宮家が、こんなにまで「皇族としての教育」を娘に施していなかったのかとビックリしました。大丈夫か?悠仁殿下。
    税金で贅沢なお暮らしができるその理由を、子供のときからご自分の子弟にはちゃんと話をしてほしいです。

    こうなったらさぁ。
    いっそ竹田さんにこの後の眞子さまのお相手の仲立ち役、お頼みになったら?なんて思ってしまいました。

    • mayu より:

      やしまさん

      竹田さんもメディアに出始めた頃は「歯茎竹田」などと言われ
      若かったこともあり、いじられキャラっぽかったのですが
      天皇陛下生前退位騒動以後、見直しています(笑)

      竹田さんの著書は寛仁殿下からのアドバイスがあったりしたそうで
      さすが、明治天皇の玄孫だけあって皇室に対しては
      並々ならぬ思い入れがあり、真に皇室のことを思っていますよね。

      家柄からいえば、高円宮、三笠宮家の女王のどなたかと
      ご縁があっても良さそうなものですが、
      あのキャラに合う女王方いるかしら(笑)

      秋篠宮家はお子様方の意思を尊重、という綺麗な言葉だけど
      自由にし過ぎたこと、共働きで多忙だったこと
      それと、小室親子の芝居が上手かったのでは。

      子供が親の思い通りにならないのは、庶民も皇族も同じですね。

      竹田さん、顔が広いでしょうから、ほとぼりが覚めた頃
      眞子さま好みで尚且つ、しっかりした家の男性を紹介してくれたらいいわね~~(^^)

タイトルとURLをコピーしました