眞子さまの気持ちが変わらない限り破談にはできない状態になっていると思う。

皇室

HPより 勝手にGoogleが英訳してくれました。
https://news.law.fordham.edu/blog/2018/07/05/kei-komuro-fiance-of-princess-mako-of-japan-to-attend-fordham-law/

画像では見え辛いと思うのでGoogle勝手に翻訳によると

日本の奥野&パートナーズ法律事務所のパラリーガルである小室圭は、
8月からフォードハム法律学校に通う予定です。
小室さんと日本のプリンセスマコさんは、2017年9月に結婚を予定しています。

小室さんはマイケル・M・マーティン奨学金を受けました。
マーティン奨学金は、彼の強力な学術的資格と他の資格に基づいて、
フォードハム・ローからの授業料の全額をカバーするメリット奨学金です。
マーティン奨学金は融資ではなく、返済する必要はありません。
彼は法律学校の1年LL.Mに入学する予定です。
JDを受けるためにさらに2年間続けようとしています。

週刊誌の書くこと、留学を知っていた、知らなかったは
既に小室Kは決めていたことなのでどちらでも良くなりました。

フィアンセ(婚約者)表記が無くなっただけで、替わりに
2017年9月に結婚を予定しています、と表記されているのでは
予定は未定ではあるものの、結婚予定=婚約者と同義語になる。
宮内庁がフォード大学にどのように説明をすると、結婚予定になるのか。

下の方に週刊文春7月26日号に書かれていた記事を少し
抜粋しましたが、眞子さまの気持ちが揺れ動かない、
ここまできても、小室Kと結婚したい気持ちが強い。

外野にはわからない、眞子さまだけが分かる小室Kの良さがあるのだろうが、
一番は眞子さま自身の気持ちが変わらないとなると、2人の間を生木を
裂く様に引き離すのは至難の業で、誰の説得も聞き入れないお手上げ状態に
なっている可能性も有るのではないだろうか。

眞子さまがここまで小室Kに固執するのは、5年間付き合っていた、
眞子さまがイギリス留学中、小室Kはイギリスまで会いに行っている。
この時点で、2人の仲は深い関係になっていると、誰でも思うでしょ。
若い男女だもの、相思相愛なら当然の成り行きになっていると
想像するのは、皇族に対して失礼なことでしょうか(笑)

それに、一度は秋篠宮ご夫妻も結婚を認め、天皇陛下の裁可もされている。
圭与さんの400万円の借金トラブル程度では気持ちが動かない。
かなり頑固であり、皇族の立場より、とにかく結婚したい気持ちが上回っている。

マスコミも小室Kが渡米する時を見張っているでしょうから
29日~30日に2人が会うか、会えないか、来週は分かるはず。

眞子さまの気持ちがブレない限り、小室親子の勝ちになりそうで
本当に不快なこの頃。この5年の間、いや、結婚の話が出た時点からでも
身元調査をしなかった秋篠宮ご夫妻にもイラつくのは仕方ないでしょ。

ブータンを訪問した時と比べて、眞子さまを詳細に追いかけて
画像をアップする気力が無くなりました。
画像の下に、女性セブンが書いた大事なこと、週刊文春か書いた
眞子さまがまだ小室Kとの結婚を諦めていないこと、もしかしたら
ニューヨークで密会するかもしれない予定表のことなど抜粋しました。

「ジャパン・ハウス」で企画展示品を手にされる秋篠宮家の長女眞子さま
22日、ブラジル・サンパウロ 時事通信

ブラジル・サンパウロのイビラプエラ公園内にある「開拓先没者慰霊碑」
に献花される秋篠宮家の長女眞子さま=21日


※女性セブン2018年8月2日号から、重要なことを抜粋。
https://www.news-postseven.com/archives/20180720_722605.html

「奨学金を利用して留学するという話を聞いたとき、秋篠宮さまも
眞子さまも、それは小室さんが努力と実力で勝ち取った権利だと
信じていらっしゃったはずです。ところが、あのウェブサイトを見ると
“そのうち、今の天皇陛下の義理の孫になること”が、奨学金給付の要因として
決定的に作用したように見えます。これでは、小室さんが婚約者のように振る舞い、
“皇室を私的な利益のために利用した”と受け止められても仕方ないかもしれません」
(皇室ジャーナリスト)

「皇族と親戚であることをアピールすることで経済的な便宜を
図ってもらうことを日本の皇室が黙認するようになったとしたら、
国民は皇室をどのような目で見るでしょうか。
長い時間をかけて培われてきた皇室と国民の間の信頼関係にも
影響が出かねません」(前出・皇室ジャーナリスト)

「眞子さまと結婚すれば、小室さんは悠仁さまの義兄になり、
それはすなわち“将来の天皇の義兄”となることを意味します。
婚約もしていない段階でこれなのですから、結婚したらますます、
何かにつけて皇室の親戚の立場を利用するのではないかという
不安が断ち切れないのです」(前出・宮内庁関係者)
※女性セブン2018年8月2日号

週刊文春7月26日号では、

秋篠宮ご夫妻は今回の発表のことを(小室圭の米国留学)
まったく知らされていなかったそうです。
特に秋篠宮殿下が驚かれていたのは、大学側が小室さんのことを
「フィアンセ」とHPに明記していたこと。
眞子さまと小室さんは、一般の結納に当たる「納采の儀」の前に
結婚延期を発表しました」

まさか、小室さんが無断で「婚約者」という肩書きを使っているとは
思ってもみなかった。知っていたら当然止めたはずですよね。



コメント

  1. イラつく国民 より:

    こんばんは、はじめまして(^^)
    楽しく読ませて頂いていますm(_ _)m

    私、眞子さまと同年代なのでチラつくのですが…
    小室k氏に変な写真を撮られているのかな、と想像?妄想?しています。スマホ世代ですし…

    本当に見る目ないなぁ眞子さま

    • mayu より:

      イラつく国民さん、初めまして!

      眞子さまと同年代で、眞子さまの婚約内定速報辺りから
      皇室に興味を持たれたのかな?
      いずれにしても興味を持たれるのは嬉しいことです(^^)

      スマホで自撮り棒使ってのツーショットは撮っているでしょうねぇ。
      リベンジポルノはあるのか? あったとしてそれを流出させたら
      小室Kは日本で、いや地球で生存できないと思います。

      眞子さま、ここまで小室Kの悪評があるのに
      目が覚めないですよねぇ。

  2. 狗児 より:

    私もフォーダム大学のページ見てきましたが、2017年9月に結婚を予定している、ではなく、小室氏とプリンセス眞子は結婚を予定していると2017年9月に発表した、が正しい訳だと思いました。

    宮内庁が抗議したから小室氏とプリンセス眞子の2人が勝手に言うてるだけよ〜っていう建て付けにしたいのかな、と思いました。一般人の感覚では、結婚を予定していると発表した相手はフィアンセじゃないのか?と思いますが、大学側も抗議されて困ったので、こんな持って回った意味不明な表現にしたのでしょう。

    日本の天皇に連なる人が卒業生になるなら箔がつく、とばかりにあまり調査もせず飛びついた方も悪い気がしますよ。

    • mayu より:

      狗児さん

      私は母の認知症が伝染したのかも。
      2017年って・・・今は、2018年だと気が付きました。

      Google先生の翻訳では駄目なこともありますね。
      かといって英語はわからないし(T_T)

      >小室氏とプリンセス眞子は結婚を予定していると2017年9月に発表した

      これが正しいのですね。

      発表したけど結婚延期とは書かないんですよね。
      海外ニュースを見ると(Google先生の翻訳で)
      可哀想だの、日本は家と家の繋がりがどーのこーのと書いていましたが、
      日本の皇室のことには口出ししないで欲しいわね。

  3. 初子 より:

    娘が可愛いなら、その相手はどんな人なのかどんな家庭で育ったのか気になりますよね。
    以前もmayuさんにぼやいてしまいましたが、この点で、御両親の動きは鈍すぎたと思います。
    忘れられない恋人なのはわかるけど、小室クン親子の計算高さが国民的にバッシングされてることを本当にわからないのか?その点が不思議過ぎて仕方ないです。

    • mayu より:

      初子さん

      まず経験から(笑) 最初は見た目しかわからないので、背が高い、ガタイがいいな、
      次に会話をして性格がいいのかな~とか、次に職場は?真面目に働いている?
      次に、ご両親はどんな方? 我が家とうまくやっいけるお家だったらいいな、
      そんな感じでした。 何しろ7才年下、25才の時の婿さんでしたから小室Kと同じ年齢ですネ。

      皇族なら少なくとも相手の身上調査はやるべきでした。
      鈍感も程度問題で、秋篠宮殿下はアホレベルの鈍感でこの騒ぎなのです。

  4. ミルク より:

    この眞子様が諦めないという記事がほんとうならばの仮定で話すと、率直に遅い反抗期が来た感じでしょうか?
    あと、恋愛などは反対されればされるほど盛り上がるし、私にしか彼の良いところは分かってあげられない!みたいになりがちです。
    やっぱり時間を置くしかないですね。
    この場合気になるのが前も書きましたが佳子様。
    この期間結婚出来ないし、眞子様が結婚するにしても破談になったにしても佳子様に良い縁談じたい来るのでしょうか?眞子様は身から出た錆びでしょうが、家族ですが佳子様は人格も何も違う関係ない方なのに影響は被るという。
    秋篠宮様に一度ご説明して頂きたいですが、皇族の方ってこういう会見は立場上ご無理なんでしょうかね?

    • mayu より:

      ミルクさん

      結婚ってただ愛しているだけでは通らないところがあり
      自分から諦める場合もありますよね。

      眞子さまは相当に頑固か、意地になっているか、小室Kに
      洗脳されているか・・・諦めのタイミングを掴めなくているのか。

      普通、これくらい国民に反対され延期までしたら止めますよね。
      なにかあるんじゃないか、それがわからない。
      佳子さまはの結婚はどうなるのかな、まだ考えられないです。

      芸能人とか政治家でもない、皇族ですからねぇ
      説明するというか、感想、考えは秋篠宮殿下の誕生日会見で
      聞けると期待していますが・・・

タイトルとURLをコピーしました