眞子さまが宮内庁重鎮を呼び出して小室圭氏との結婚をどう思うか、
週刊朝日の記事の一部分がネットで読めます。週刊朝日、永井貴子氏の記事で
「さる宮内庁関係者の話」「秋篠宮家に近い関係者の話」などは無く
興味を持って読んで見ましたが、その呼び出された宮内庁重鎮達が
どのように眞子さまに小室圭氏との結婚について話されたのか?肝心のこの部分が
書かれていないこと、それによって眞子さまの気持ちが変化したのか?
それも明解に書かれていなかったのが残念、というか返ってモヤモヤ感が残ったのでした。

というのも、重鎮って誰? 宮内庁長官とか?呼び出されてどのような話をしたか
眞子さまの気持ちは変わらず、当初予定していた「結婚宣言書」から穏当な内容に
書き換えられた。穏当な内容とは、結婚宣言から結婚延期ではないだろうか?と
推測してしまうのでした。

歌会始の儀での眞子さまが詠んだ歌は、宮内庁重鎮らと話し合いをした時期に
歌会始の儀で披露された。秋篠宮殿下と眞子さまは1月~2月に話し合いの機会を持ち、
年末年始は険しい雰囲気を漂わせていた眞子さま、2月を過ぎたて少し眞子さまは
落ち着いた様子だったとか。
小室圭氏は問題を何も解決しておらず、乗り越えるべき課題は多いと締めていました。



今は武漢コロナウィルスのことで日本中を揺るがす大変な事になっていて、いつ終息するのか
先の見通しが分からない状態、全国の緊急事態宣言も5月6日で終わらせることが
できるのでしょうか。 都内は新型コロナが蔓延していると言ってもいいくらだとのことで、
とにかく「家にいてください」なのですが、都会ってやっぱり人が多いんだな~と思いました。
町内ひと回り歩いても、車社会の地方では歩いている人自体が少なくてすれ違う人2人いたかな~?の状態でしたが、関東、関西の都会ではG.Wに動きを2割に抑えることは出来ないのではないだろうか。
仮に2割の人が遊びに出かけたとしてもそもそもの人口が多いので人が多くなる。
子供たちも遊びたい季節なのに可哀想ですが、8割の人は家から出ないで自粛するかな。

あ、話が逸れた、そんな状況で眞子さまが何らかの発表をする時期、もっといえば
秋篠宮殿下の立皇嗣の礼もいつ頃行われるのか? コロナ次第ってことになるのでしょうねぇ。
そして、多分眞子さまのお気持ち発表は「結婚に向けて再延期」これじゃないかな。
2、3年後には結婚宣言するかもしれない、覚悟しておいた方が良いかも。((((゚Д゚))))

年明け間もない時期。宮内庁のある重鎮が、秋篠宮家の長女である眞子さま(28)に呼び出された。ご本人から連絡を受けたのだ。さらにこの人物に続き、数人の重鎮らが個別に、眞子さまの相談に応じた。そこで交わされたのは、「小室さんとの結婚をどう思うか」という機微な内容だった。明仁天皇の孫として生まれたとはいえ、皇族のひとりである内親王が、天皇の相談役である重鎮らを呼び出すのは、極めて異例のことである。まさに、“一世一代のご相談”であった。
中略
水面下でことは着実に進んでいた。昨年末にかけて眞子さまは、小室さんとの結婚をより強く望む、いわば「結婚宣言」に近い文書を準備していたのだ。その「結婚宣言書」は2月の発表のために準備したものであったろう。決意を固めたうえで、眞子さまは重鎮らと話し合いに臨んだと思われる。引用 https://dot.asahi.com/wa/2020042000056.html?page=1

AERAdot 全文は以下URL
https://dot.asahi.com/wa/2020042000056.html
画像出典 https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images