午後2時からの在位30年記念式典を見ましたが、孫2人が遊びに来て
じっくり観られず、録画したものを帰ったあとに観ました。
感想は、高齢の両陛下に合わせた落ち着いた中に品のある式典でした。
その前に皇居・宮殿「松の間」で、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方から
在位30年の祝賀を受けられました。
次期皇后の雅子さまはまた何度か着用したモンタントでした。
こういう大事な記念日くらいドレスを新調したら良いのに。
今、話題の眞子さまの御姿も動画で拝見できました。
こういう時に書くのも変だけど、やっぱり「格差結婚」ですよ。
自分の立場、身位を認識して貰いたいとつくづく思いました。

御製および御歌の朗読は波乃 久里子さんでした。
天皇皇后を前にかなり緊張していたように見えました。

天皇陛下作詞、皇后陛下作曲の「歌声の響」三浦大知さんが歌いましたが
歌唱力がある三浦大知さんのお陰でしっとりした良い曲に仕上がっていました。
もしかしたら静かにヒット曲になるかも? 今年の紅白で歌われたりして。
伴奏がピアノとバイオリンだけというのが良かった。
天皇皇后両陛下も大満足だったでしょう。
下に動画を貼りましたので再度聞きたい方は動画を観てください。

ソプラノ歌手、鮫島有美子さんとハープ奏者、吉野直子さんの
「おもひ子」も、美智子さま作曲。こちらの曲も美しい曲でした。



式典中、大丈夫?と思ったところが二か所。

祝辞を述べている在本邦外交団団長マンリロカレロ氏の手が
プルプル震えていて大丈夫? 英語を通訳されている間に写されていた
天皇陛下が眠そうでウトウト居眠りしてしまいそうに見えたこと。

天皇陛下のおことばで、飛ばして読んでしまい、美智子さまが
気づき天皇に直す手伝いをしていました。
動画の1時間ちょっと過ぎ辺りでした。

万歳三唱のあと、天皇皇后が退席。
ゆっくりお辞儀をしながら、波乃 久里子さん、三浦大知さん、など
記念演奏者に丁寧にお声かけ。
波乃 久里子さんが目頭を押さえているところを見て、鮫島有美子さんも
感無量の表情で、なんだか私まで目頭が熱くなっていました。

平成30年間だけでなく、皇太子時代を含めると40年、50年近く
見てきた両陛下でした。きっと今上が崩御したら私は泣くと思います。

在位30年記念式典 天皇陛下のお言葉全文は以下をクリック

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41686130U9A220C1CR8000/

災害の相次いだこの三十年を通し、不幸にも被災の地で多くの悲しみに
遭遇しながらも、健気(けなげ)に耐え抜いてきた人々、そして被災地
の哀(かな)しみを我が事とし、様々な形で寄り添い続けてきた全国の
人々の姿は、私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。

この後に、飛ばして最後の締め括り、
在位三十年に当たり、政府ならびに国の内外から寄せられた
と言ってしまったのでした。8分の祝辞は長かったのかもしれません。

天皇陛下在位30年記念式典 約1時間

天皇陛下の在位30年を祝う政府の記念式典が24日、東京都千代田区の
国立劇場で天皇、皇后両陛下を迎えて開かれた。
天皇陛下は「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく
遠く」と自らの歩みを振り返り、今後の皇室に向け「次の時代、更に次の時代
と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれ
ることを願っています」と時折声を震わせながら語った。
式典には安倍晋三首相や衆参両院議長、外国大使ら約1100人が出席。
安倍首相は式辞で「30年の長きにわたって、国民に常に寄り添ってこられた
両陛下のお姿を、私たちは決して忘れることはありません」と述べた。
福島県の内堀雅雄知事は国民代表として「明日に向けて歩みを進める勇気を
いただきました」と東日本大震災での激励に感謝を伝えた。

宮内庁庁舎前には記帳所も設けられ、多くの人たちが足を運んだ。朝日新聞

両陛下、在位30年で祝賀 皇太子ご夫妻をはじめ皇族方から

天皇陛下の在位30年を記念した政府主催の式典が行われるのを前に、
天皇、皇后両陛下は24日午前、皇居・宮殿「松の間」で、皇太子ご夫妻
をはじめとする皇族方から在位30年の祝賀を受けられた。
皇太子さまが「ご即位30年、心からお祝い申し上げます」と述べられると、
陛下は「どうもありがとう」と応じられた。産経新聞






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。