皇后さま84歳の誕生日 退位前最後の文書回答 美智子さまは永遠の乙女、ポエムですねぇ~

上皇上皇后陛下

皇后さま誕生日の宮内記者会質問と回答全文 読売新聞より
以下のURLクリックで全文読めます。
https://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20181019-OYT1T50160.html

仮に全文転載して皆様読むでしょうか(^^;)
私は一応読みましたが、24才で結婚してから、退位後の生活の
希望まで読むと、まるで「ポエム」を読んでいるような気分でした。
美智子さまは永遠の乙女なんじゃないかとすら思いました。

美智子さま84才、女性の84才はまだまだ元気です。
90才になるとかなり体力、気力も衰えるようですが
美智子さまの場合、これといって悪い内臓の病もなく
歩く姿も1人だとサッサと歩いている、それもヒールのある靴で
歩けるほど元気で体力もある方なので、見た目年齢より身体は
若いと思います、退位したら充実した日々を送れますね。
既に後期高齢者ではありますが、老々介護、年金の心配、自分の老後の行く末、
なんの心配もないのですから… 心配があるとすれば、ナル皇太子と雅子(サマ)、
眞子さまの事も本気で心配しているのかどうか・・・

そして振り返りますとあの御成婚の日以来今日まで、どのような時にもお立場としての
義務は最優先であり、私事はそれに次ぐもの、というその時に伺ったお言葉のままに、
陛下はこの六十年に近い年月を過ごしていらっしゃいました。

ご自分たちの結婚を「御成婚」と書くことに違和感がありましたが、
皇室ではこういう書き方が正しいのでしょうか。

かつて三十年程住まったあちらの御所には、入り陽(ひ)の見える窓を
持つ一室があり、若い頃、よくその窓から夕焼けを見ていました。
三人の子ども達は、誰も本当に可愛く、
育児は眠さとの戦いでしたが、大きな喜びでした。
(仙洞御所となる今の東宮御所に移ったら)
三人の子ども達も皆この御所で育ち、戻りましたらどんなに
懐かしく当時を思い起こす事と思います。

入り陽の見える窓、夕焼けを見ていた、どんなに懐かしく

歌詞のような言葉がよく出てきます。乙女ですねぇ~

新聞社の中では時事通信が上手くまとめていると私は思いました。
以下
皇后さまは20日、84歳の誕生日を迎えられた。
宮内記者会の質問に文書で回答を寄せ、天皇陛下の退位まで
半年余りとなった現在の心境について、来年5月に新天皇に即位する
皇太子さまが陛下と変わらず、心を込めて天皇の役割を果たすことを
確信していると述べた上で、
「新しい御代の安泰を祈り続けていきたい」とつづった。
皇后さまは天皇陛下の退位後、上皇后となるが、陛下とともにすべての
公務から身を引く。
宮内庁によると、恒例だった誕生日の文書回答も今回が最後となる。
回答で皇后さまは、結婚し皇太子妃となって以降の60年を振り返り、
「皇太子妃、皇后という立場を生きることは、私にとり決して易しいことでは
ありませんでした」と率直な心情を吐露。
義務を果たしつつ、その都度新たに気付かされたことを心にとどめる日々を重ねて
歳月が流れたとし、これまで成長を助けてくれた全ての人々に深い謝意を示した。

陛下に対しては「どのような時にもお立場としての義務は最優先であり、
私事はそれに次ぐもの」とした自身の言葉通りに過ごされてきたと振り返った。
その上で、象徴としての立場を模索し続けた陛下との日々を
「今深い感慨と共に思い起こしています」とつづった。
来年5月以降の過ごし方については、陛下の健康を見守りつつ、陛下と一緒に
穏やかな日々を過ごしていければと述べる一方、日本や世界の出来事に目を向け、
心を寄せ続けていく考えも示した。その例として拉致被害者問題を挙げ、
「これからも家族の方たちの気持ちに陰ながら寄り添っていきたい」と述べた。
公務から退いた後は、これまで読みたいと思っていた本を読めることを
楽しみにしているという。今後のお住まいとなる赤坂御用地内の仙洞御所(現東宮御所)
の庭でマクワウリを作ってみたいとも記した。時事通信(2018/10/20-05:59)

画像 訪問した場所にピンをつけた日本地図を眺められる天皇、皇后両陛下。皇后さまは84歳の誕生日を迎えた=10日、皇居・御所応接室(宮内庁提供)



画像 皇居・宮殿の中庭を散策する天皇陛下と皇后さま=2018年10月12日、宮内庁提供

皇后としては最後の誕生日なので、もっと明るくて派手な着物か、
国宝級の最高の着物をお召しになれば良かったのに、地味じゃないですか。

次の天皇になる皇太子への気持ちの転載

5月からは皇太子が、陛下のこれまでと変わらず、心を込めてお
役を果たしていくことを確信しています。

確信しているんだそうです。
どんな天皇になるんだか・・・全然期待していないんだけど。

陛下は御(ご)譲位と共に、これまでなさって来た全ての公務から御身を引かれますが、
以後もきっと、それまでと変わらず、国と人々のために祈り続けていらっしゃるのでは
ないでしょうか。私も陛下のおそばで、これまで通り国と人々の上によき事を祈りつつ、
これから皇太子と皇太子妃が築いてゆく新しい御代(みよ)の安泰を祈り続けていきたい
と思います。

高松宮邸に仮住まいすることについて転載

赤坂に移る前に、ひとまず高輪の旧高松宮邸であったところに移居いたします。
昨年、何年ぶりかに宮邸(みやてい)を見に参りましたが、両殿下の薨去(こうきょ)
よりかなりの年月が経(た)ちますのに、お住居の隅々まできれいで、管理を任されて
いた旧奉仕者が、夫妻2人して懸命にお守りして来たことを知り、深く心を打たれました。
出来るだけ手を入れず、宮邸であった当時の姿を保ったままで住みたいと、陛下とお話
しし合っております。

出来るだけ手をいれず・・・とシレーーっとポエム風に書いていますが、
8億4千万円の改修工事を5億円に減らした、としても庶民には仮住まいに5億円も!
たかが一年半程度住むのに。物凄い税金を使っている自覚、感覚が欠如している。
いつもいつも、書いていることと裏腹なんですよ~~( ´Д`)=3 フゥ




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. mayu より:

    こんばんは~21日になってしまいました。
    眠いので明日コメ返しします。

  2. YUKI より:

    私は、小室さんの件が起こるまで皇室関係の事はあまり興味がない方だったんでので、このようなコメントは場違いかもしれませんが、どうしてもわからないので。
    それは、日本の皇室では皇后さまの事がいつも週刊誌やネットのつぶやきで出てきますが、むしろ天皇陛下以上ではないかなと感じるのです。イギリスの王室で、クイーンは本当に絶対的な存在で、よく記事に出たりしますが、フィリップ殿下の事はあまり出ないですよね。

    それから、これはあまり関係ないことかもしれませんが、天皇陛下と皇后さまはよく腕を組んで歩いていらっしゃいますが、これもイギリス王室のクイーンとフィリップ殿下は人前ではあまり手をつないだりされていないような。前に読んだところによると、イギリス王室では人前ではあまり手をつないだりしないそうです。やはり国が変わると習慣や規則が異なるようですね。私は日本の皇室のように腕を組まれているのはとても良いことだと思いますが。

    秋篠宮邸も紀子さまのことばかり週刊誌に出てきますね。お一人ですべてをされているわけではないのになぜなのかなと思います。

    • やしま より:

      YUKIさんへ

      私の私見ですが、やけに女性陣が目立つのは、それは皇后陛下・皇太子妃・秋篠宮妃、みんな庶民の出だから、ではと思います。「やんごとない身分」の方だと、マスコミもちょっと遠慮しますが、お三人は皆もともとは我々と同じ出自。遠慮がありません。そしてお三人とも夫に対して気が強い。(雅子さんはチキンハートですが、皇太子に対しては強く出ていると思います)
      もう随分若いころに、今上陛下は何か決めねばならないことがあると「あちら(皇后)は、どう言ってるの?」と周囲に聞くのが通常だったそうです。皇后陛下はお優しく見えてなかなか。気にいらないことがあると、すぐにヒステリー起こしてお倒れになるのは、うーんとお若いときから有名で。「失声症」にもなられました。それ以来、マスコミは皇后を絶対に下げません。だからやりたい放題です。
      雅子さんも「何があっても守る」という皇太子の言質をとっての入内なので、その辺は強く出てますね。また皇太子は何をされても、雅子さんが一緒にいれば嬉しいようで、一般国民としては「なあんも言えねえ!」という心情。
      紀子妃については、秋篠宮殿下がお坊ちゃまなので、「この
      方で秋篠宮家は成り立っている」と長年言われてきました。

      腕組みですが、巷では「腕つかみ」と言われています。組んでいるのではなく、方向指示のように、陛下のひじのところをつまんでいる写真も多数あります。
      要するに、少しおつむりが弱くなってきた陛下の、方向指示を本当にしているんじゃないかと思います。
      初めは皇后自身のおみ足が弱くなったので、支えに、と言われていましたが、スットコドッコイ。彼女は一人のときは、さささっとテンポよく歩けることがわかってから、「支えは陛下のため」とみんな見るようになりました。
      それだけ陛下の認知度は深刻なのかもしれません。

      いずれにしても、今や皇室は「週刊誌の飯のタネ」と化していて、高貴さも崇高さも薄れてきてしまいました。
      昭和天皇のときは、「天皇」がその中心軸にいて、皇后はあくまでも伴侶。
      皇后様は後ろにいつも控えめにおられて、週刊誌のネタになることなんぞめったにありませんでした。

      • ケロシン より:

        やしまさまのコメントに付け加えまして、
        私は皇后が来日した妃や要人の妻の肘や腕をつかむのが、
        本当に見ていて不愉快で仕方ありません。
        陛下のことはまあ陛下が良ければ良いのではと思いますが、
        あれは本当に恥ずかしいと思うのです。

        • mayu より:

          ケロシンさん

          私も皇后の来日した王妃、王女方の肘、腕を掴むのは本当に嫌です。
          なんであんな失礼なことをするのか、皇后はわかっていないのか。
          もう退位したら見られなくなるので、それだけはすっきりします。

      • YUKI より:

        やしまさん、ご丁寧に回答をありがとうございました。またケロシンさん、まゆさんもありがとうございます。週末ばたばたしておりましてお礼の返事がすぐにできませんでした。

        やしまさんのおっしゃるように庶民出身だからということもあるかもしれませんね。また、まゆさんもおっしゃるように週刊誌で皇室の話題を読みたいのは女性が多いというのもあたっていると思います。

        私はそれらに加えて、週刊誌はある程度皇室または宮内庁にコントロールされているというか持ちつ持たれつの関係ではないかと思うんです。なので、皇室がガス抜き記事を出したい場合は天皇陛下や宮様ではなく奥様の方に興味や批判が行くようにしているような気がするんです。私は、そのようなガス抜きがもしあるなら止めた方がいいと思います。そしてもっと天皇陛下御自身の日々の活動やお人柄などについて報道してもいいのではないかなと思いますが。やしまさんがおっしゃるように皇后はあくまでも伴侶で週刊誌のネタになることはめったにないというような状況に戻った方がいいと思います。

        少し長くなりましたが、やはり今一番大事な事はkさんへの援助はやめて破談にし国民の理解を得ることだと思います。

        • mayu より:

          YUKIさん

          マスコミの皇室報道は歪んでいます。
          勇気を持って真実を報道しませんから、日本の皇室への
          マスコミの配慮はちょっと異常にも思えます。
          女帝が批判されるのが大嫌いで、特に皇后になって
          特権を持ってからは、批判すると倒れて見せるので
          気を使わざるを得ない状況にしてしまいました。

          小室K問題は破談以外に国民の理解は得られないと思っています。
          あの親子は皇室とご縁を持っては駄目な人ですね。

    • mayu より:

      YUKIさん

      やしまさんが丁寧に書いてくれたので読んでください。
      ひつだけ、女性誌が毎週のように女性皇族を取り上げることが多いのは
      男性より女性の方が皇室に興味があるからかも。
      それと、欧州王室のようなイケメン皇太子がいないでしょ、
      いたらアイドルみたいに取り上げると思います。

  3. 狗児 より:

    乙女のポエム!的確な指摘ですね(笑)
    皇后陛下のお着物、地味かもしれませんが、いつもの珍妙なデザインのスーツや小皿帽子に比べたら、すっきりしていていいんじゃない?と思いました。 日本人は着物が似合う、特に歳取ってからは、というのはあるかもしれないと思いました。

    が、しかし!今の私なんぞの生活では着物を着る経済的精神的時間的余裕なんてないんですよね。子育て中だから当たり前ですが、子供が巣立っても年金で悠々と生活なんか出来ず働くしかないでしょうから着物どころじゃないでしょう。そんなこと考えると、着物を着られるって一点だけでも特権階級だから出来ることなんだよねーと白けた気分になってきますね。

    • mayu より:

      狗児さん

      皇后は何才になっても話し方、表情の作り方、作文、等々
      夢見る乙女っぽいところが見えるんです。

      私としては、これが最後だから派手な着物にして欲しかったなぁ。
      新年の一連の儀式では、ジュディオングの魅せられて衣装のような
      豪華版を特別に作らせて見せて欲しいものです。
      どーせ湯水のように税金使いまくっているんだから、国民に
      サービスしてもらわないと。
      私など着物を着たのは義父の葬式の時に着たくらいです。
      着物を着る生活、お茶を習っているとか・・・
      贅沢品で金持ち、余裕のある人しか着られないですね。

      • 狗児 より:

        ジュディオングの魅せられて!笑笑笑
        あり得る、と思わせてしまう所が美智子さまの美智子さまたる所以です。いつまでも私は少女のように可憐で清楚な美人と思ってる感じだと私も思います。美人は歳の取り方が難しいんですね。大したことない私は幸せなんかも(^^)と思ってしまいました。

        • mayu より:

          狗児さん

          美智子は女優以上に自分がどのように見えるか
          神経を張り巡らしているようにも見えますね。
          その割にはあの顔になってよく平気でいられるなぁ。
          私も年相応に老けていき段々どーでも良くなりました(^^;)

  4. やしま より:

    mayuさんえらいです!

    私はもう、トコトン白けてしまって、皇后の文章を読む気になれず。ここで読ませていただき、感謝です。

    しかし、彼女はトコトン、掟破り女史ですなぁ~
    長い皇室の歴史をひもといて、上皇が退位後に東宮御所に入るって、聞いたことないんですけど。東宮御所は日嗣皇子の御所で、日を嗣ぐ方、つまり次期天皇の御所と決まっていたんですけど。スゴイですよ、そこに移れる心臓が。
    高松宮邸宅への移動云々。管理人さんご夫妻。お仕事失わなきゃいいですけど。何十人も引きつれていくんですから、管理人さんのお仕事取られてしまうのでは?
    まあ、何カ月かしたらまた主のいない邸宅になる予定なんで、そこまでは「自宅待機」とかになるんでしょうかね。だとしたらお気の毒です。

    それにしても日本地図を前にしてのお写真。
    鬘であるという線がクッキリハッキリになっています。
    (馬之助さんが、最近まで皇后のオツムリが鬘であることをご存じなかった、ということが驚きでした。)
    皇后は皇太子妃の初期から盛り髪でしたが、最近はお年のせいか、カツラがずれているときがあるのが、お笑いです)

    もう一つ言わせていただければ、この日本地図へのピン刺しも、どうかと思うんですよねぇ~~
    なんか、日本じゅうを「慰問して歩く」のがご趣味みたいで。あなたたちの歩く跡というのは、それだけ日本には災害が多いということでもあるんですよ。
    上皇、上皇后になったら、もう出歩かないでくださいませ。

    • mayu より:

      やしまさん

      ブログ書くには読まないと書けないので読みました(苦笑)
      東宮御所を仙洞御所にするのは、美智子さまの我儘でしょ。
      香淳皇后が住んでいた吹上御所を改修すれば簡単なのにね。

      仮住まいの高松宮邸は引き上げたあと、また管理人が必要なので、
      改修工事、仮住まい期間は失業手当のようなものを差し上げて
      引き揚げたらまた管理人にしてくださると良いですね。

      日本地図の画像を見るたび、所さんのダーツの旅をイメージしてしまいます。
      欲というものにはキリが無いんですねぇ。

      皇后もだんだんカツラを被っているのが面倒になってきたのかな。
      ここまできたら死ぬまでカツラは取れません(^^;)
      上皇、上皇后になってどうなるのかしらねぇ。

タイトルとURLをコピーしました