祖父川嶋さん援助も視野に、小室さんとの結婚は残念な結果*天皇皇后両陛下 オンライン視察 デカマスクを外すのはいつ?

天皇皇后両陛下

眞子さん祖父・川嶋さんが生前語っていた悲痛な本音 「小室さんとの結婚は残念な結果」

眞子さんは結婚したら共働きで・・と週刊誌などに書かれますが、やっぱり元皇族としては専業主婦で生活できる方と結婚するのが望ましいと思いました。

例えば前澤友作氏のような超大金持ちで、税金を沢山払っている人との結婚なら逐一「私たちの税金で・・・」などの言葉は無かった。

皇族と結婚するにはある程度の資産、安定した収入が無いと惨めだな~と思わされたのですが、小室家はそういうことは一向に気にしないで結婚へと進んで行ったのでしょうか。

例えば、秋篠宮殿下が納采の義を行うと判断したら、小室家では使者は誰にお願いするのか、納采の義の品は自腹で揃えられたのだろうか、 圭氏のモーニングは、圭与さんの着物は自腹で用意できたのか? 納采の義の無い結婚は小室家にとって良かっただけでした。 眞子さんも秋篠宮家から追い出されたようでもない、祖父が亡くなられたから秋篠宮邸へ頻繁に行くことが出来たのか。11月5日は10時間も滞在し食事も一緒にしたとは、今まで両親と口も聞かない状態を続け両親を随分と悩ませたのにね。  嘘か本当か分かりませんがそんな女性自身の記事でした。

当時、本誌は学習院関係者から次のような証言を得ていた。

「川嶋先生が、眞子さまの新居探しなどにかかるお金について、『うちが用意しないといけないんだろうな』と、おっしゃっていたというのです。小室家には経済的に頼れないということを、すでにご存じだったのでしょう。

秋篠宮家に支払われている皇族費は税金が原資ですから、先生は、そのお金で新婚生活を援助すべきではないというお考えのようです。『もう腹をくくるしかないよ』とも、おっしゃっていたそうで、具体的な経済的支援についてもある程度考えていらしたのではないでしょうか」

結婚問題を巡って、娘の紀子さまと眞子さんの距離が広がっていたことも、川嶋先生にとってはおつらかったでしょう。川嶋先生はお優しい方でした。結婚に反対されていたとしても、先生はその本心を押し隠し、眞子さんを励ますようなお言葉をかけていたと思います。眞子さんの結婚会見を見れば、結婚に反対する人たちは“敵”と、考えていることはよくわかります。眞子さんにとって川嶋先生は“応援してくださった方々”であったのは間違いありません。

川嶋さん逝去の翌日、11月5日朝9時半ごろ、眞子さんは赤坂御用地にある秋篠宮邸を訪れ、滞在は10時間にも及んだ。「11月2日にも秋篠宮邸を訪れており、“初めての里帰り”と報じられました。荷物の整理のためだったそうです。しかし5日は、ご家族で夕食もごいっしょしたそうです。おそらくお父さまを亡くし、ご傷心の紀子さまをお慰めするために秋篠宮邸を訪れたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)記事出典 女性自身 記事全文のURL https://jisin.jp/domestic/2034817/



両陛下、静岡の高齢者施設をオンラインご視察

昔、まだ5ちゃんねるが2ちゃんねるだった時代でした。4才になっても、5才になってもお辞儀をしない愛子さまを心配して、「愛子さまがお辞儀をしたら終了」のようなタイトルのスレが既婚女性板にあり、当時は目も良くてバリバリ、ネットをやっていたので見ていました。愛子さまがお辞儀をしてスレが終了したのはいつだったのか? 覚えていません。それほど長い間続いたんだと思います。

天皇皇后夫妻はいつになったら大きなマスクを外すのでしょうか。ガラーーンとした大きな部屋でモニター越しにオンライン視察。もう11月になったのに9月の敬老の日にちなんでのオンライン視察だそうですが、9月頃はまだ新型コロナ感染者が多かったので、施設の都合で11月になったのだと思います。老人施設は新型コロナにはかなり厳重でした。

私は密かな楽しみとして、いつになったら天皇皇后夫妻がオンライン視察でマスクを外すか、いつになったら御所から出て視察するか、ウォッチングしたいと思いました。 その為、このようなどーでもよい天皇皇后夫妻のデカマスク使用のオンライン視察を書いているのでした。

天皇、皇后両陛下は8日、「敬老の日」にちなみ、皇居・御所と静岡県をオンラインでつなぎ、同県伊東市にある高齢者の通所介護施設を視察された。両陛下は転倒予防のための筋力トレーニングのほか、ボッチャや絵手紙などの活動をご覧に。関係者と画面越しに交流する機会も設けられ、天皇陛下はボッチャに取り組む男性に「私もやったことがありますが、なかなか難しいと思いました」と語りかけられた。皇后さまは絵手紙を描いた女性に「細かい所まで描かれていて緻密ですね」と声をかけられた。以下省略記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20211108-L4FXO6MB2BLLNFSP3MBH34FVLE/



コメント

  1. 猫好き より:

    mayuさん

    更新ありがとうございます。
    数年前にお稽古事でご一緒していた方のご主人が金融機関にお勤めで、金融機関って色々統計をとっているそうなんですよ。
    彼女が言うには、専業主婦って絶滅危惧種より少ないんだってと。
    一言で専業主婦と言っても、子育て、闘病中、介護中で離職せざるを得なかった人達と富裕層の専業主婦は雲泥の差ですが。
    私も皇族女性の降嫁先は共働きせずにすむ安定した御家庭が良いと思います。
    皇族女性が働くと言ってもバリバリ働かせる訳にもいかないので、お飾りの名誉職みたいな感じですよね。
    彬子女王みたいにあれこれ自身で立ち上げたり大学でお仕事している方の方が珍しい気がします。

    天皇皇后両陛下のマスク(笑)
    皇后さんの目つきと眉毛がマスクでより目立つ……。
    家庭内でワクチン接種したのが今上さんだけなのと、スタッフの数が多いから仕方ないのかと。
    それよりも、華子妃、信子妃、久子妃、公務で御出ましですよね。
    天皇皇后が何時外出公務を再開するか?!の方が気になります。

    似たようなハンネがあってビックリ……

  2. まお より:

    mayuさん、こんにちは。

    少し前の記事でmayuさんが天皇陛下と雅子様のマスクについて書かれて以来、お二人のリモート公務の写真を見るたびくすりと笑っておりました。確かに日々感染者と向き合われている医療従事者の方にとってはリモートでもマスクは当たり前なのですね。私は東京住まいながら、自宅ではここのところ気が抜けてマスクなし生活でしたので反省しきりです。

    そうですよね。共働き大前提の女性皇族は今までいらっしゃらなかったですね。清子さんは今も山階鳥類研究所に通われているそうですが、本来は黒田さんの収入で問題ないところでのお仕事ですものね。
    ただ今回の眞子さんの結婚についてはこちらは離婚まで考えてしまいましたが、そうなったときには仕事をされることはプラスに働いていいなとも思いました。仮に裕福なお宅に嫁ぎ、数年で不仲になって離婚したくなった。けれども実家に頼れないし経済的に自信がないので離婚できないとなると気の毒です。これからの女性皇族は、降嫁後の生き方につながるような職業を選択されてもいいのではと感じました。
    少し話はそれますが、眞子さん結婚直前のどこかの記事(昔の記事をもう一度掲載したようなものだったと思います)で、インターメディアテクからは給料をもらっていないと書かれていて驚きました(その記事が間違っているのかもしれません)。確かに常勤勤務ではないので算出が難しかったのかもしれませんが、謝金の時間給計算でも支払って、庶民がお金を稼ぐ大変さを学んでおいて欲しかったなと思いました。

    雅子様のご機嫌がとても良さそうに見えるので、愛子様の成年式の仕上がりがきっと上々なんですね。楽しみです。

  3. ゆきんこ より:

    川嶋夫妻は川嶋氏が大学院生の時にご結婚、新婚の頃は和代さんが家計を支えてられたとか。
    だから、小室夫妻にも思い入れが深かったのかもしれません。

  4. 猫大好き より:

    いつも楽しみに拝見させて頂いております。
    コメントは始めてですが 天皇陛下なマスクについてですが 緊急事態宣言も終了し 国民もだんだん元の生活に戻りつつありますが この先6波も懸念されています。
    オンラインでマスクの違和感はありますが 陛下の国民に向けて 完全に終息してはいません。まだまだ気を緩めず感染予防に専念して欲しいと言うメッセージではないかと思っていましたが。

  5. マグノリア より:

    こんにちは。
    そうですね、皇族の女性が降嫁なさる場合は専業主婦前提にお家柄を選択する方が良いですね。
    平民は一般的には生活していくために共稼ぎする、が基本です。
    そしてそのために若い頃から資格や経験を積み重ねます。
    女性自身の記事は、推測が多く話半分で読むと良いでしょう。
    決して「=真実」と思わないことです。

    皇族の方は小顔なのでしょうか?本当にマスクが大きく見えます。
    海外の王族の方々もTPOを考えながらマスクの有無を考えていますので、そろそろオンラインぐらいは外しても差し支えないのではないでしょうか?
    お顔を拝見したいですよね。(まぁ、いろいろなご意見があるかもしれませんが・・(笑))

  6. やしま より:

    まだ日本にいますね、あの男。一体いつまでいるんだ?新入社員で、繁忙期で、リモートだけじゃ足りないことがあるでしょうに。戻れば弁護士じゃなくて法務助手。つまりパシリ。それが嫌でぐずぐず日本に居続けているんでしょうか。で、再来月あたり眞子さん懐妊か?とかの報道?ああいやだいやだいやだ。

    もはや遠い昔って感じのする二人の婚約内定会見から少し過ぎた辺り。結婚式は帝国ホテルで~というところで、「そのお金誰が出すの?」という週刊誌話題になったことがありました。そして「どうやら川嶋家がそのお金を出すらしい」という週刊誌話が。川嶋ご夫妻が、出さねばならないだろうみたいなことをおっしゃっていたとかどうとか。もう忘却のかなたになってしまったのですが、その当時はまだ、小室母子があんなにも金銭感覚の違う人たちとは知れていなくて、お金の問題なら仕方がない、みたいな話だったと思います。川嶋のお祖父さま、本当におつらかったでしょうね。

  7. そよ風、 より:

    mayuさん、

    ご無沙汰です、私は医大での勤務夜勤ですね。

    仮眠の時もマスクをつけております。

    だから天皇両陛下のマスクは違和感がありません。

    なんか当たり前だと感じました。

    何かこんなコメント失礼いたします

タイトルとURLをコピーしました