美智子さま 咳にも負けず皇后の気骨を雅子さまに見せる、皿帽子コレクション*皇太子と雅子さま灯台式典へ

上皇上皇后陛下

美智子さま 咳にも負けず皇后の気骨、せきぜんそくの診断

宮内庁は1日、先月2日から風邪の症状が続いていた皇后さまについて、
侍医から同月下旬に「せきぜんそく」と診断され、治療を受けられている
ことを明らかにした。せきが断続的に出るほか、日中に微熱が出られることもある。
治療で症状は軽減し、ご公務の日程に変更はないという。産経新聞

平成最後の三大行幸啓となった高知県訪問。
式典に出席された美智子さまは何度も苦しそうな表情を
浮かべながら右手を口元に当てて咳を繰り返された。
ここのところ周囲には体調不良を訴えられていたという美智子さまだが、
ご譲位を前に新皇后に対して、身をもって”皇后の気骨”を示されたようだ。
(女性セブンより抜粋)

新皇后に対して身をもって皇后の気骨、女性セブンの記者も
内心は雅子さまの気まぐれ公務を快く思っていなかったのか、
遠回しに雅子さまに対して嫌味とも受け取れる書き方をしている。
皇后になるからには、体調の波、体調を考慮して、などとは
言ってられませんわよっ! 1泊2日以上は無理も出来ませんわよ。
三大行幸啓は這ってでも行かないと国民と共に~の皇室が、
国民からかけ離れた、国民に支持されない皇室になってしまいますわよっ。
ようやくナル皇太子が天皇になるのだから、新天皇に恥を掻かせるような
ことは新皇后もしないでくださませよ(丁寧語がわからない私であった)

鈍感なナル皇太子と雅子さまは、女性誌のことなど深読みもせず、
そんなに大変なら式典欠席したらいいのにねぇ、無理することないじゃん。

そして私も体力が万全でないなら無理に被災地お見舞いや
地方視察などやらなくてもよろしいのに。
先月も風邪症状で1週間ほどお出ましがなかった。
ずーっと静養していたらいいのに。
あまり無理をすると、ナル天皇即位式を見るのは病床のベッドで・・
人生いろいろ、何があるかわかりませんから。
初孫眞子さまの結婚延期で、天皇、皇后として朝見の儀を
行いたかったけど、それもボツになりましたからねぇ。

序に、美智子さまの何となく素人でも作れそうな皿帽子コレクションのほんの一部

 


幅20㎝くらいの生地と端切れ、7mmくらいのゴム、糸と針があれば
何となく作れそうに見えるけど、微妙にプリムが有ったり、そこはやはり
デザイナー、職人が作った皿帽子なんだな~。
マント・ケープ、スーツと同じ生地で作った皿帽子も多くて、何個持っているんでしょ。
今年のハロウィンは終わりましたが、来年のハロウィンでは
「なんちゃって美智子さま」手作りの長いマント、ケープに皿帽子も良いかも( ゚Д゚)


両陛下、満身創痍も「最後の1日まで務めを全う」のご姿勢
新天皇即位・改元まで半年 

皇太子さまの即位と改元まで1日で半年となる。
来年4月30日に譲位する天皇陛下と皇后さまは、同5月1日に上皇、上皇后となられる。
代替わりを目前に控え、体調が万全とはいえない中でも地方視察や被災地見舞いで
全国各地に赴き、国民に心を寄せる姿勢を貫かれている。

両陛下はこの半年、恒例の地方訪問である全国植樹祭で福島県(6月)、
国民体育大会で福井県(9月)、全国豊かな海づくり大会で高知県(10月)をご訪問。
9月には西日本豪雨で大きな被害が出た岡山、愛媛、広島の3県に、ヘリコプターを
利用し日帰りで足を運ばれた。

皇太子ご夫妻、灯台記念式典に

デジタル朝日7daysもあまりアテにならない、予定に載っていませんでした。
灯台といえば、灯台守夫婦の映画・喜びも悲しみも幾年月を思い浮かべる、
それも映画の内容はよく知らないけど主題曲の最初部分だけは覚えていたりして(^^;)
おいら岬の灯台守は~♪ここまで、 この曲を覚えているのは60代~70代くらいかな。

皇太子ご夫妻は1日午後、東京都千代田区のホテルで開催された
灯台150周年記念式典に出席された。
日本初の洋式灯台である観音埼灯台は、明治元年(1868年)の
この日に神奈川県横須賀市で起工した。
式典で皇太子さまは、孤島やへき地など厳しい環境で灯火を守ってきた
人の苦労に言及した上で、「我が国を囲む海が一層安全で、美しく、
豊かであることを願います」とあいさつした。時事通信

https://youtu.be/_bVI6AdZlpE
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

天皇陛下在位30年、記念貨幣受け付け開始

私はコイン、切手収集の趣味はないけど、旦那がたまに買っています。
古いお札、記念硬貨など買える時に買っているので、一応教えようとは思います。

造幣局は31日、天皇陛下の在位30年を祝って発行する記念貨幣の
申し込みを11月1~21日(消印有効)に受け付けると発表した。
発行は来年2月中旬の予定。
1万円金貨の単体セット(税込み13万8000円、2万個販売)と、
1万円金貨と500円銅貨の2点セット(同14万円、3万個販売)の2種類で、
いずれも特製ケース付き。
造幣局オンラインショップ(https://www3.mint.go.jp/)か、はがきで申し込む。
問い合わせは、造幣局ハローダイヤル(050・5548・8686)まで。
産経新聞




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。


コメント

  1. YUKI より:

    そもそも、皇室のお帽子の伝統はいつから、どのように始まったのかななんて思います。イギリス王室の影響とかではないですよね。アジア人はそれほど帽子は似合ないので、帽子なしの方が私は好きです。でもやはりお着物が一番いいかな。

    • mayu より:

      YUKIさん

      私は皇室の歴史に詳しくないのでわからないのですが、
      洋装を着用する時代から帽子を被るようになったのでは。
      検索すると出てくると思います。
      華子さまはいろんなデザインの帽子を被りますが似合うので
      個人差があるのかもね。美智子さまの帽子は奇天烈ですから
      誰も真似する人がいません(笑)

  2. やしま より:

    「KUONのブログへようこそ」

    新ブログになっています。

    KUONのブログへようこそⅡ - 1ページ目
    • mayu より:

      やしまさん、ありがとう。
      別のタイトル、つうか私と同じようにⅡになっていたのですね。
      かなり前から再開していたようで、美智子さまのこと書かれていましたね。
      後からじっくり読みます。

  3. やしま より:

    帽子コレクション、ありがとうございます。いや本当に笑っちゃいますよ。このセンス、どうしてもわかりません。
    ところで私は、記念コインを集められるときは集めているのですが、今回の記念硬貨には驚きました。

    1万円金貨の単体セット(税込み13万8,000円)
    1万円金貨と500円銅貨の2点セット(同14万円)

    昭和天皇のときだったか、10万円金貨硬貨、1,000円記念硬貨、500円記念硬貨が出たことがありました。
    これ、全部、10万円なら10万円、1,000円なら1,000円、500円なら500円でしたよ。
    10万円のものは、子供の学費が必要なときに郵便局で換金(といっても、一度通帳に入金の形で現金で引き出す)せざるを得なかったのですが、1,000円と500円はまだ残っています。
    劣化しないための特殊ケースに入っています。

    当時の10万円金貨は、「金貨」といっても、金の含有量が少ないという話でした。でも10万円で購入して10万円で使えるのだから、記念という意味ではそれで十分。
    今回の13万8,000円の金貨の含有量は、ちゃんと全部24金なんでしょうかね。

    • mayu より:

      やしまさん

      美智子さまの小皿帽子コレクションはもっとあるんです。
      第二弾を出せますので、そのうち出しますネ。凄いですよ(^^;)

      10万円金貨発売、確かにありましたが、当時は金欠で買えなかったと思う。
      今回、旦那にパソコンで見せましたが、14万円でしょ。
      今なら旦那まだ働いているので、買う気になれば買えるだろうけど、
      私のピアノを買ったのであまり購買気力は無さそうでしたが(^^;)
      そのままのお金になるのでコレクションとしても良いし、金欠の時に使うもよし。
      旦那は切手、古い紙のお金、記念硬貨が好きな人で、たまに眺めているのかも(笑)
      金の含有量、全部24金なのか聞くのがいいかもね。
      金メダルとは違うとは思うけど。しかし、高いな。
      高いけど限定物に弱いのがコレクターなんだよねぇ。

  4. クロワッサン より:

    美智子さまは80代も半ばですからあまり無理をしない方がいいですよ。風邪を引いてても、何がなんでも公務をしなくてはと気張らないで、ゆったりとして皇室らしくおおらかに振る舞えば……
    国民の評判がとっても気になるタイプなのかな?

    雅子さんは淡い色系よりかっちりしたデザインの濃いブルー系が似合いますね。mayuさんと同じくパンツ系は除きす。

    KU……さんのブログで美智子さまについて過激な事が書いてあって、そんな事書いて大丈夫なのと怖~くなりました。

    • やしま より:

      >クロワッサンさん

      KU……さんのブログ、読んできました。この方、ブログしばらくなくなっていたので、辞めてしまわれたのかと思っていたら、いつの間にか再開なさっておられたんですね。

      美智子さまについての過激って、「B」方面のことでしょうか。さすがにこれを書くと、水面下でいろんなことを書いてこられる方がいるようで、半ば意地の「再掲」ですね。私は元ネタそのものを読んだことがあります。今から15年近く前のことであり、そのときは「幾ら何でもここまで書く根拠って?」と、憮然としたことを覚えています。
      が、それから幾星霜。この話は2~3年前にはクリームさんのところで取り上げられて、「本当の話」「いや違う」と、喧々諤々だったこともあり、なかなか興味深かったです。

      今回ご紹介されたので、KU……さんのブログ、最近の日記を読んでまいりました。それで感じたのは、「もはやどの宮家も信頼できない」という、諦念感あるいは憤りでした。コメンターの人たちも同じく。佳子さまのことも眞子さまのことも書かれておられた。
      紀子妃のことも、今さらながらではあるけれど、弟、舟さんの娘さんが「理子(りこ)」さんということまで含めて(私は始めて知りました)
      この命名は、多分紀子妃父上の考えなのだろうが、なぜ三文字名前ではないのだろう。と。
      そうですね。それは私は昔から引っかかってはいたんですよ。まあご本人には何も罪もないことではありますが。
      紀子と書いて、祖母上は「いとこ」本人は「きこ」
      かなりユニークな読ませ方ではありますね。「きこ」という音を聞いたときには、不思議な気がしました。なぜ素直に「のりこ」ではないのだろうか?と。いやこれは貶める意味では全然ありませんが、こういうユニークな感覚のご実家だったのかもしれないなぁとぼんやり思ったものです。
      あんまり関係ない話、すみません。
      (途中からはクロワッサンさん宛ではなくて、自分の感想です)

      • mayu より:

        やしまさん

        KU……さんのブログ、まだ読んでいないのですが、
        美智子さまがBとかなんとかの話題は私はネットで読ませて頂きました。
        本当かしら?と思いつつ、美智子さまが結婚した約60年前。
        平民出身でも大騒ぎだったのに、〇平民が嫁がれるもなのだろうか?と
        疑心暗鬼でした。まだアメリカだって人種差別が酷かった時代なのに。
        頭がポワワーーンです。舟さんの娘さんが「理子さん」は私も初めて知りました。
        なにか拘りがあるのでしょうね。
        KU……さんは眞子さまが小室Kと婚約内定したころから皇室に見切りを
        つけたような、失望したような状態になったんだろうなと推察していました。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      美智子さまは頑張り屋のワタクシを見せたい方ですからねぇ。
      首にむち打ち症治療で使うカラーを巻いて公務、眼帯をして公務もありました。
      国民の評判、と自分のことが週刊誌に書かれていることには敏感で
      神経張り詰め過ぎてあの顔になったのかもよ~((((゚Д゚))))
      KU……さんのブログって、もう辞めたのかと思っていました。
      それで見に行ったけど更新されていませんでした。
      前からあまり他の皇室ブログは見ない方だったのが、更に見られなくなって
      情報弱者になってます~(T_T)

  5. 狗児 より:

    美智子さま、体調がお悪いならかえって周りに気を遣わせますよ!って誰か教えてあげてと思います。私も咳喘息経験があります。結構きついんですよ。ひっきりなしに咳が出たら体力が失われますから。

    医学的なことはともかく、私の場合すごーくストレスがあった時期でしたので、美智子さまも、雅子さま本当に大丈夫かしら、とか、眞子さまの結婚問題とか、内心気が気でないのかしら、と邪推しました。

    雅子さま、お馴染みの白いスーツより、こんなはっきりしたブルーの方が良いですよ。私はこんな色のマフラー持ってましたが落としてしまいましたので、また買おうかしら、なんて思いました。

    • mayu より:

      狗児さん

      咳喘息ではないのですが、風邪を引いたとき咳が酷くて
      かなり体力を消耗しました。
      80才過ぎの高齢者にはかなり辛いことでしょう。
      美智子さま、ストレスはあるでしょうねぇ。
      ネットの普及でいろいろ書かれる事も多くなり、国民の声を
      全く無視して好き放題もやり辛い時代になりました。

      雅子さまは若い時からはっきりした濃い色彩の服が似合っていました。
      ただ、ロイヤルブルーのパンツスーツはちょっと・・・でした。
      ドレス、ワンピースなら良いんじゃないかな。

      • 狗児 より:

        えっ、ロイヤルブルーのパンツスーツなんですか!?上半身だけしか見てないので、ワンピースとばかり思っていました。それは頂けないかも…

        はっきりした色の方が似合う人っていますよね。私もパステルカラーとか中間色は顔がボケるから着ません。そんな色も好きなんですが、似合う色と好きな色は違いますね〜雅子さんも考えなきゃ。

        あと、小皿帽子コレクション面白かったです。よくもまあ、こんなに沢山バリエーションがあること。お人形の洋服が作れるmayuさんなら、小皿帽子作れるでしょう。私はいつも「サザエの蓋」みたいだなあ、と思って見ています。

タイトルとURLをコピーしました