上皇陛下86才の誕生日、目にしたくない言葉は早く引っ越しを~と二重権威でしょう

上皇上皇后陛下

上皇さま86才の誕生日。去年まではクリスマスイブ前に祝日でのキリスト教徒でもない日本人でも、クリスマスが大好きな庶民には良い祝日でしたが今年からは平日でお仕事の方々も多いと思います。
上皇夫妻が今、一番聞きたくない言葉は「引っ越しはいつ?」「早くお引越しを」「二重権威」の2つではないでしょうか。 鑑賞に出掛けても「それより前に引っ越しを早く~」とヤフコメ辺りでコメントを逐一書かれるので、耳が痛いというより目が痛い上皇后でしょう。

今、吹上仙洞御所と書いていますが、本来は今上夫婦の住まいですからね~、仮仙洞御所は既に改修済みでいつでもどうぞ~の状態なのに、なかなか引っ越しが進まない上皇夫妻です。荷物が120トンって、どんだけの荷物なんでしょ。海外要人からの頂き物なども多いそうですがこれは上皇夫妻の私物にして良いのでしょうか? もう使わない大皿小皿帽子はチャリティかオークションで売りに出したら良いと思います。3000円くらいなら記念に買っても良いですけど(^^)

見たところは上皇はお元気そうで、もしかしたら上皇后の方が早く・・・そうな気がします。86才で仮仙洞御所に引っ越し、東宮御所を改修してまた引っ越し。この調子だと90才くらいになってやーーっと思い出の東宮御所に入った、と思ったら・・・だったりして。いやはや無駄な事をやってくれています。生前退位で上皇夫妻にこんなにお金が掛かるとはこのご夫妻は国民と共に~のフレーズだけで、本当はあまり考えていないのではないだろうか。しかし、いつポックリ・・かもしれないので、程々にしておきましょう。


半蔵門から皇居に入られる天皇、皇后両陛下=23日午前(代表撮影)

上皇さまが86歳の誕生日を迎えた23日、天皇、皇后両陛下や
秋篠宮ご夫妻ら皇族が皇居を訪れ、上皇ご夫妻に祝意を伝えられた。
昨年までは皇居で一般参賀が行われ、三権の長などが集まる祝宴や
外国駐日大使らを招いての茶会が催されたが、退位した今年からは
行事の規模を縮小した。
両陛下や皇族による祝賀は宮殿の小食堂「連翠」であり、元皇族や
親族も集まった。三笠宮妃百合子さまと寛仁親王妃信子さまはせき
の症状があり、参加しなかった。これに先立ち、上皇さまは住まいの
吹上仙洞御所で、宮内庁の西村泰彦長官をはじめとする幹部職員や、
安倍晋三首相ら三権の長からの祝賀も受けた。
記事・画像出典 共同通信 https://this.kiji.is/581686894400373857

上皇さま86歳の誕生日 美智子さまと時間大切に

上皇さま86歳の誕生日 美智子さまと時間大切に

上皇さまは23日、86歳の誕生日を迎えられた。
4月末の退位後、初めての誕生日。天皇陛下の即位に伴う一連の
行事が無事終わったことに安堵(あんど)し、喜んでいる様子という。
退位に伴い一切の公務から退き、お住まいの皇居・吹上仙洞御所で
静かな生活を送り、上皇后さま(85)と過ごす時間を大切にしている。
宮内庁によると、上皇さまの体調に変わりはなく、来年3月末までに
高輪仙洞仮御所(東京都港区)に転居するため、荷物の整理を日課と
している。その合間の週2、3回、皇居の生物学研究所でオキナワハゼ
に関する論文執筆に向けた研究などをしている。
早朝の皇居内の散策に加え、朝食後にその日の日程が始まるまでの短時間、
上皇后さまと1冊の本を交互に音読する習慣を以前から続け、現在は
文芸評論家山本健吉の「ことばの歳時記」を読んでいる。
夜には上皇后さまのピアノに合わせてチェロを楽しむこともあるという。
一方、秋に台風による被害が次々と発生した際には、在位中と同様、
被災地に関する報道を注視しながら被災者を案じた。
太平洋戦争の激戦地パラオからの生還者2人や元国連難民高等弁務官の
緒方貞子さん、アフガニスタン支援に尽力した中村哲さんらが亡くなった
際には、遺族に弔意を伝えた。
23日は皇居で誕生日の祝賀行事が行われる。
平成の間は祝日だったが、今年から平日となる。
一般参賀もなくなり、これまで宮殿で行ってきた行事は今年から原則として
吹上仙洞御所で行う。記事出典 時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122300012&g=ryl

画像出典まとめました
https://www.sankei.com/life/news/191223/lif1912230002-n1.html
https://news.nanda.tokyo/news-main/47918/
https://mainichi.jp/articles/20191222/k00/00m/040/218000c
https://this.kiji.is/581686894400373857


コメント

  1. メープル より:

    まゆさん、こんにちは。クリスマス前のお忙しい中、記事の更新をありがとうございます。

    上皇さまはお元気そうでいらっしゃいますね。美智子さまは痩せていらしゃるぶん、体力があまりなさそうな風にも見えます。お元気で長生きして頂きたいと思います。

    私は、上皇さまと上皇后さまに対して、特に反感のようなものは持っていないのですが、引っ越しの件に関しては、のんびりし過ぎるのではないかと思います。以前から分かっていたことなので、少しずつでも準備して、退位のせめて1か月以内くらいには引っ越しできなかったのでしょうか。

    その上、次の引っ越し後また引っ越しと、若くても引っ越しはストレスが溜まるし、体力的にもきつい作業なので、85歳を過ぎてから2度も引っ越しなんてかなりきついと思います。

    一般家庭ではないので、二人の息子もピシッと助言することはできなかったのでしょうかね。

  2. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。寝る前に来てみてよかったです。何だかスッキリしました。昭和天皇のご長男であられる上皇陛下には、お元気でいらして欲しいです。雅子様は、皇后陛下でいられることが元気の源のようで、良かったデスネ。。

    フィギュアよりもM1優先してしまい、高橋大輔選手しか見てませんが、アーモンドアイも、羽生選手も負けた日でありました。

    今日はゆっくり過ごしました。明日は耳鼻科へ行って来ます。

  3. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。

    この上皇様のジャケットは物凄く質の良い物のように見えます。生地も仕立てもとてもいい物のようですね。明るいグレーでとてもお似合いです。最近、夫がスーツを買ったんですが、半額セ―ルで6万円ぐらいでした。英国やイタリアのブランドは何十万円もして高すぎて。。ス-ツの誂えなんてしたら物凄く高いので、なかなかできませんが。。というか、誂えたことはありません。

  4. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございます。
    確かに上皇様は大病患えば…のような感じでしょうか、案外美智子さまが先にという感じもしますね(^o^;)
    引越しが決まる頃から皆口に出さずとも思っていたでしょう…引越すころに生きているかどうかと…。
    このご様子だとまさにと、成りかねませんね。
    大人しく大宮御所の改修のみにしておけばよかったのに…。
    ともかく、今上皇ご夫妻が聞きたくないのは「転居は?」と「二重権威」「嫁姑問題の上げ下げ記事」というところでしょうか(^-^;

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    上皇陛下、御誕生日おめでとうございます。ご高齢ですし、穏やかな日々をお過ごし下さい。

    高輪に移って→東宮御所へと聞いた時、このご年齢で移動や引っ越しなんて
    大丈夫なのか…しかし元気だなと驚いたものです。
    随分長引いてしまったから、余計に言われてしまうんでしょうね。

    紀宮さまが時々お片付けに伺ってると以前に報じられてましたが、本当だとしたら大変だろうな…親の片付けって疲れるんだよね…など、私もつい余計な事を考えてしまいます(^^;

    昨年まで一般参賀があって、どんなドレスをお召しになるのか?などと楽しみにしていたのに、不思議な気分です。
    雅子さま、笑顔でお手振りなさってお元気そうですね。

タイトルとURLをコピーしました