天皇陛下 最後の誕生日記者会見 言葉をつまらせながら 会見動画*運転免許も返上

上皇上皇后陛下

天皇陛下85才 最後の記者会見 

天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えた。
事前の記者会見では、来年4月末の退位を見据え「天皇としての旅を終えようとしている」
「支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と涙声で語った。

象徴としての歩みを振り返り、「譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、
日々の務めを行っていきたい」と述べた。
誕生日前の会見は即位翌年の1990年からほぼ毎年行われてきたが、今回が最後となった。
在位中の会見としても最後となる見通しで、陛下は約16分間、何度も感極まり、
言葉を詰まらせながら思いを語った。会見は12月20日に行われました。

記者会見全文を載せるより動画を見た方が良いと思いました。
16分と長い動画、記者会見になっています。
先の戦争関連で、7分頃から声をつまらせたようでした。
皇后と結婚してからの話でも涙声になっています。13分19秒頃から。
まさしくここからは天皇陛下から皇后への感謝と賛美を声をつまらせて述べています。

なぜか今夜は眠気に襲われなくて午前1時過ぎにブログを書いています。
今日は今上天皇最後の一般参賀があります。
大変な人手になることでしょう。私はテレビで見ます。
皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さま、他の皇族方もお出ましするのでしょうか。
なんだか、本当に平成に終わりをつげるカウントダウンが始まった気がします。

【お詫び】
今まで管理画面からコメ返しをしていたので、コメント頂いたのに
コメ返しを飛ばしてしまった方がいらっしゃると思います。
故意にコメ返ししないのではなく気づかず飛ばしてしまったようです。
お詫び致します。また体調不良、時間のない時など省略する時もあるのでご了承ください。




以下は朝日新聞による天皇陛下記者会見の要約です。

戦争を経験した天皇として、平和への思いに時間をかけた。戦後の平和や繁栄が多くの犠牲で築かれたことを忘れず「戦後生まれの人々にも正しく伝えていくことが大切」とし、「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」と語った。

また、皇太子時代を含めて11回にわたり訪れた沖縄について「実に長い苦難の歴史」をたどってきたと言及。皇后さまと歴史や文化を理解するよう努めてきたといい、「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」と述べた。
心に残ることとして、平成の時代に多発した自然災害を挙げた。多くの死者や被害があったことに「言葉に尽くせぬ悲しみを覚えます」。ボランティア活動など、人々の間に助け合いの気持ちや防災の意識が高まってきたことに勇気付けられると述べた。
来年4月に結婚60年を迎える皇后さまとの歩みも振り返った。「深い信頼」のもとで伴侶との旅を続けてきたと述べ、「長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」と感謝の気持ちを明かした。
最後に、代替わり後の新時代に言及。新天皇となる皇太子さま、皇嗣(こうし)となる秋篠宮さまについて「皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います」と語った。朝日新聞社

天皇陛下85歳の誕生日を節目に運転免許返上

皇居の東御苑で車を運転される天皇陛下と助手席の皇后さま=皇居・東御苑で2013年9月22日(宮内庁提供、画像の一部を加工しています)

宮内庁は21日、天皇陛下が23日の85歳の誕生日を節目に、自動車の運転をやめられることを明らかにした。年齢を考慮して決めたという。週末に皇居内で住まいの御所から東御苑に散策に向かう際などに、皇后さまを助手席に乗せ運転していた。陛下は2016年1月に皇居内で高齢者講習を受け、運転免許を更新した。その際、3年後の次回は更新しないと決めていたという。陛下が免許を取得したのは皇太子時代の1954年で、現在の愛車はホンダ「インテグラ」(91年式)。最初に購入したのはプリンス自動車工業(当時)の車だった。外国を訪ねた際に、国ごとに独自の自動車文化があるとの思いを深め、国産車を愛用してきたという。記事・画像 毎日新聞





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. やしま より:

    記事と動画ありがとうございます。
    天皇位というものが今上陛下には、「重き荷物を背負って、果てしなく遠い道のりを歩んでいく」ことだったんだなぁと、そんな感慨を持ちました。お生まれになられた瞬間からの「皇太子」であられたこと、戦争の体験が生々しく、父陛下には常に「戦争責任」という言葉が投げかけられていたことについてはご同情申し上げますが、平成の皇室運営。長として、もう少しうまいやりようがあったのではと思うと、今でも残念です。
    例えば、藩屏たり得た家柄の方(特に菊栄会)との積極的な交流とか、皇子女に対する婚姻のまとめとか、側近のつくり方や皇太子夫妻への教育や、そして産児制限、さらに「天皇家と男系男子」への理解といったところでしょうか。
    残念ながら、天皇家がこの先も続いていくという見通しは、私にはもう立ちません。私が生きている間は存続しているかな、ぐらいの気持ちです。そのくらい危機感を持っていただきたかったのが正直なところではあります。

    でも、日本人は心優しいし、お年寄りが頑張っている姿を鞭うつことはできません。今回の動画を見ても、「これが限界」なのだろうと。そして摂政を置かれて自分が「役立たずなのに天皇のままでいる」ことがどうしてもお嫌だったんだろうということは理解いたしました。
    8万人超の平成最後のお誕生日一般参賀。寒い中に8万人!
    日本人って、やっぱり「天皇家」は好きなんだなぁと改めて思った次第です。なくしてはいけない伝統ですよね・・・

    そして再来年の2月の新天皇の天皇誕生日。
    次はたった2人で並ぶんですかね?
    格好がつきませんね。

    今回の雅子さんのお召しものは、久しぶりの「メーテルドレス」でした。紀子妃殿下と遠目ではそっくりだし、古いものだし、なんでこれ?と。皆さんお地味でしたねぇ。最後だから?

    • mayu より:

      やしまさん

      天皇陛下、最後まで「先の大戦」を出していたところが
      戦争を知らない私の世代とは違うんでしょうね。
      昭和天皇、今上と戦争についてかなり重たい荷だったでしょうが、
      戦争をしらない皇太子は「先の大戦」についてどのような
      表現をするのか、来年の全国戦没者追悼式での言葉に注目です。

      平民の美智子さまを入内させたこと、美智子さまが華族が嫌いだった、
      親戚づきあいも身内限定、常陸宮ご夫妻ともそれほど昵懇にして
      いないように見受けられる、人脈がない、適切なアドバイスを
      する方がいなかったか、いても「批判された」と受け取って
      聞き入れなかったのか、皇室の未来を読まなかった、読めなかったのは
      残念としか言いようがないです。
      今後、女性宮家創設なども頻繁に話題にあがる予感がします。
      私も自分が何歳まで生きて皇室の変遷をどこまで見られるかわかりませんので、
      今の皇室をウォッチングするだけです。
      再来年の天皇誕生日、2人では寂しいですね。
      それも、皇太子夫妻が招いたことなので仕方ないか。

  2. 狗児 より:

    mayuさん、こんばんは
    記事更新、ありがとうございます。

    動画見ました。
    陛下の感極まったご様子に、こちらもグッとくるものがありました。個人的にあざといのが嫌ですが、しっかり者の美智子さまが支えてらした面は大きいのですね。

    と、ご自分については良き伴侶の献身を労いたい、と仰っていましたが、次代の皇太子殿下を支えるのは「秋篠宮殿下」だと仰っていました。あれ?陛下、皇太子妃殿下ではないのですか…???サラッと仰っていましたが、暗に「妃殿下には何も期待してない」と仰りたいのかな、なんて思いました。

    • mayu より:

      狗児さん

      仮に天皇陛下が言葉に詰まらず、にこやかに誕生日会見をしたら、
      どうなんでしょうね、見る方も軽く受け止めたかもしれませんね。

      次の世代に雅子さま、紀子さまの名前は出ませんでした。
      紀子さまはともかく、雅子さまには期待していない、寧ろ心配することが
      多いのではないでしょうか。
      後半は美智子さまへ感謝と賛美でしたが、60年夫婦をやってきて
      自然とそういう言葉が出るんだろうな~と思いました。

  3. メープル より:

    まゆさん、

    早速の更新ありがとうございます。私も天皇陛下の記者会見を観たのですが、じんと来るものがありました。やはり感慨深いものがたくさんおありで、本当に感極まって涙声になられたのだと思います。

    実際には覚えていないのですが、お若い時の写真を見ると、天皇陛下もチョイ悪っぽいファッションとか、皇后陛下も女優ぽかったりだったご様子もありましたよね。

    こうして85歳になられたお顔を拝見すると、当たり前ですがやっぱりお年を取られていて、年月の長さを感じます。

    下世話ですが、世の中には意地悪爺さんで家族やご近所に迷惑を掛けてしまうお爺さんもいらっしゃいますが、天皇陛下は穏やかな性格のご様子で、比べるのも畏れ多いのですが、今後も穏やかにお健やかにお過ごしいただきたいと心からそう思います。

    この天皇陛下のお言葉を聞いて、眞子様は皇族の一員としてのご自分のお立場を考えらえることはないのでしょうか。やはり小室kとの結婚はあってはならないことだと思います。

    • mayu より:

      メープルさん

      生まれた時から皇族で、天皇陛下、常陸宮殿下、皇太子、秋篠宮殿下と
      世間にもまれず、のほほーーんとしたお公家さんのような、元々の
      性格は悪くない人達だと思うんです。
      入内した嫁さんが良くも悪くも強いんでしょうね。
      強くなければ皇室に嫁いでやっていけないのかもしれません。
      表面は立てているようで、裏ではカカア天下なのは、天皇皇后、東宮でしょう。
      今回の会見で「平成の終わり」を感じて、天皇の寄る年波を見て
      感慨深いものを感じても、退位し上皇になって、またマスコミに
      頻繁に出てくると、うんざりしそうです。
      「老兵は死なずただ消え去るのみ」でひっそり暮らして頂きたいものです。
      小室Kが皇室の縁を持つと、食事会だなんだかんだと出てくるので
      嫌です、もうきっぱり破談にして欲しいわ。

タイトルとURLをコピーしました