美智子さまの憂鬱 3カ月おこもり生活とネットでの誹謗中傷に心を痛める

世の中のこと

こんばんは、お久しぶりです。

新型コロナ感染者が本日東京で124人、全国では207人でした。
東京は昨日も100人を超えて緊急事態宣言解除後の東京はまた怖い状況のようです。
夜の街からの感染者が多く年代は20代、30代が多く無症状の人も多数。
無症状の人達が関東隣県に感染を広め、高齢者に感染させる。
更にまた地方にも感染させるのでは、と他人事のようには思えません。

昔、吉幾三が歌ってヒットした「俺ら東京さ行くだ」の歌詞が頭をよぎりました(笑)

テレビも無ぇ ラジオも無ぇ 車もそれほど走って無ぇ・・・と地方の田舎で
なんにも面白いことが無くて、俺らこんな村いやだ東京へ出るだ~と歌っていましたが、
新型コロナ騒ぎが延々と続くこの頃は、ホストクラブも無ぇ、多分風俗店も無ぇ~
家に帰ってテレビを観ながら晩酌して寝る、単純で面白味もないような生活が
一番安全で平和じゃないか、と思うこの日常がまた東京から地方へと新型コロナが
持ち込まれるのでは?と嫌な気持ちになります。

実際、新規感染者ゼロがずーーっと続いている地方住まいの人達は、東京に住む若者は
遊び過ぎじゃないか?危機感がないじゃないか? 地方で新型コロナ感染すると
それは大事(おおごと)になり引っ越ししなくちゃならない羽目になることも、
新型コロナも怖いけど地方独特の考え方もかなり怖いんです。
まだスーパー、医院、たまに外を歩く人、車に乗っている人でもマスク着用で
私も友達とはずーっとカラオケに行っていません。解除前と同じ生活を続けています。

新型コロナのことはこの辺で・・・

スポンサーリンク

女性自身と女性セブンに美智子さまの憂鬱そうな記事が載っていました。

●女性セブンは「美智子さま85才の不慣れな新居」不安で続く「原因不明の微熱」

高輪皇族邸に引っ越しをされて3ヶ月間「おこもり生活」を続けている。
この3ヶ月で両陛下が面会された客人は7人だけ。
自分たちが感染したら周囲に与える影響が大きい。
生活環境の変化は高齢者にはストレスになる、更に新型コロナで外出自粛も加わると
さらに健康リスクが高まる。高輪皇族邸は皇居に比べてずっと狭く短い時間しか
散歩ができず運動量は格段に減っている。

●女性自身は「美智子さま ご友人に明かされた悲痛過ぎる懊悩肉声」
「私の60年は何だったのでしょうか・・・」

全文ではありませんが、以下のURLに女性自身の記事が載っていました。

美智子さま「お声に元気が…」ご友人語る外出3カ月なしの今 | 女性自身
「令和という新時代を迎えた日本。第126代の天皇として陛下が即位されました」   天皇皇后両陛下が“主役”となった初めてのDVD『天皇皇后両陛下-令和を迎えて-』は、流麗なナレーションで幕を開ける。   宮内庁の企画によるこのDVDは6月23日に発売。同じ映像は政府インターネットテレビでも配信されており、全世界で視聴で...

女性自身にも微熱が続いていることが書かれていました。
また御代替わり後のツイッターに「皇后雅子さまは上夫妻に25年間苛められてきた」
などの心ない声が散見、美智子さま85才の誕生日を伝えるネットニュースには
「引退したんだから、こういう記事も不要です」「ひっそりと余生をお過ごしくださいませ」

5月の微熱報道では、「国民が大変な時に微熱があるくらいで記事にする必要がありますか」
心ない言葉に深く傷つかれながらも、美智子さまの国民を思われる気持ち、平和への願いは
変わらない____。

以上、凄く簡単に内容を載せましたが、いずれネットに全文アップされると思います。

昭和から平成に御代替わりした時は、ネットもまだ無い時代でしたが
週刊誌などで昭和と平成を比べての批判はありましたが、今回の
平成から令和では16年間もまともに公務ができなかった、やらなかった雅子さまが
批判どころか、そこそここなしていることで大絶賛、大賞賛の記事を連発されてます。
祭祀も美智子さまが作った「お慎み」で通していることもありました。

比べて美智子さまは退位、天皇皇后両陛下が即位した途端に批判される立場になった。

私的には仕方ないだろうな~としか思えません。
前代未聞の生前退位を強行し、身を引いて隠居したのですから。
「老兵は死なず ただ消え去るのみ」の境地に達するしかないでしょう。

高輪皇族邸で狭いと言われても「思い出の東宮御所に住みたい」と希望したのは
上皇夫妻ですから仕方ないことです。
皇居の近くには吹上御所があり、退位にあたり吹上御所を改装すれば余計なお金も使わず
広い皇居内で散策なども出来たはずでした。

新型コロナの影響は国民全員受けています。
今日、母のいる施設に行き面会してきましたが、まだ玄関先での面会で施設内には入れませんでした。
なんだか母もボケが進んできたし身体も弱くなりガックリ老いて見えました。
正直、あまり先が長くないかも・・・と、思ったりしてしまいました。
面会出来なかった期間も長かったし、施設に入所している高齢者には辛い日々が続いたことでしょう。
庶民に比べると美智子さまはまだ良い方です。
私の母もそれこそ「私の90年は何だったのでしょうか・・・」と思っているかも。
他にも沢山の庶民が晩年「私の〇〇年は何だったのでしょうか」と思う人達が
いるのではないでしょうか。

画像出典 女性自身 https://jisin.jp/domestic/1873489/

コメント

  1. シロガネ より:

    maynさん、お久し振りです。
    悲しい出来事があったり、お体が不調のなか、記事の更新ありがとうございます。

     シロガネは、とにかく今のご時世ですので、時間が多くできましたので、例の「我が身を・・・」の方を書いたり、シロガネの心に刺さった、主に美人画を探したりしております。

     物語はもう・・・・着物ワールドになってしまっていますが、気になさらないで下さい。すいません。

     いろいろな美人画を書かれた人達を多く知ることが、できまして、勉強になります。

     ことに『栗原玉葉』は、この物語を書かなければ、知ることはなかったでしょう。美しい絵をたくさん知ることが出来ました。

     『わたくしの60年は・・・』は、早速ネタにしてもらいました。(笑い)おかげで、筆が進んで助かりました。

     上皇后陛下の60年は、高畠華宵の『移り行く姿』ということでしょう。

     物語でも書いていますが、上皇后陛下は、聖徳太子並みに伝説上の人物になられるのですから、そんなにお悩みにならなくとも大丈夫です。

     その事で、上皇后陛下のイメージが、あの不朽の名作の漫画のあの王子様になりました。最初、上皇后陛下の人物のイメージがつかめなくって、どうしようと悩んでいましたけど、あの王子様で、あぁこれだ!と掴めました。

     もう一人の例の漫画家先生もそうです。先生の書かれる、ばばぁは、右に出るものなしの最恐ですので。

     コロナのうえ、予想はしていましたが、熊本県の大雨の被害で気が滅入ってしまう出来事があり、ご体調が、優れないとお察ししますが、くれぐれもお体がを大切になさって下さい。

     『我が身をたどる姫宮』21(多分)公開しましたが、あまりいい展開では、有りませんので、ご体調が良いときに、のぞいて見て下さい。

    メインは、上村松園対山岸涼子先生と梶原緋佐子です。

     

    • mayu より:

      シロガネさん

      まだ新作は拝見していませんが、折々に拝見しています(^^)
      物語もシロガネさんの古典的な文体と何と言ってもセレクトされた画像に
      魅入られてしまいます。

      昔の絵に描かれた着物の柄に目がいくのですが、かなり大胆な柄もみられました。
      他に興味があったのは、絵に書かれる絞り柄でした。

      昔は総絞りの着物が無かったのか、絵に書かれなかったか、総絞りの着物の
      絵はまだ見つけられませんでした。

      シロガネさんのブログで「日曜美術館」を拝見している気分でした。
      他に皇族、小室親子のキャラに似た人物登場が面白いです。

      いつぞやの「今上陛下」の絵には笑ってしまいました~(^^)
      上手いですよね~~セレクトするのに時間をかけていることでしょうネ。

  2. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お早うございます。久々の更新有難うございます(^^)
    扇風機ぐ~るぐる回っている部屋で、狗児さんとmayuさんのコメントを読んでたら「オラ東京さ行くだ」が頭の中に流れて来ました(笑)。

    高輪邸が狭いので…と読む度に「(そうかも知れませんが)広いじゃないですか」といつも思い「家の何倍だろうか」と考えてしまいます。
    週刊誌もいちいち書いて大丈夫なのか??
    色々お出掛けしたかったのかなとも思いますが、今の状況だと難しいですよね。

    再び感染者が増えてきました。気付けばまた緊張で肩がガチガチです。
    mayuさんの肩と首もお大事にして下さい。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      気持ちを変えて少しづつ更新していきたいと思っています。
      「オラ東京さ行くだ」を知っている人が多くて嬉しいっ!(笑)
      今の若い人達は知らないでしょうね。

      高松宮邸を狭いとグチグチと言われると頭に来ますよ。
      退位したら東宮御所で生活と言わなきゃ良かったことでした。
      吹上御所を改装して住んだら簡単でお金も掛からなかったのに。
      週刊誌に書いて貰って同情を引こうと思ったのかもしれませんが
      今は誰も同情してくれない、反対に批判される、新型コロナで
      気分転換のお出かけもままならずストレスが溜まっての微熱じゃないかな。

      東京の若い年代で無症状感染者が増えて嫌ですね~~(>_<) 真面目に自粛、自制している人達が多いと思うのですが、一部の 遊びたい人達が感染拡大させているのでしょう。 私の病気も気長に治療することにしました。 今はロキソニン湿布を二枚貼っています、かなり楽です(^^)

  3. ゆう より:

    おはようございます
    別館の含め、更新ありがとうございます(*^^*)
    どうかご無理はなさいませんように^^

    またまた感染者が増えてきました。
    あの人出を見れば一目瞭然ですよね。
    そしてこれが地方にも・・と思うと、なんで夜な夜な飲み歩くんだろうと怒りすら覚えます。
    商売をされている方も大変でしょうが・・・

    美智子様の記事は時々ヤフーで目にします(笑)
    今は雅子様アゲが多いので、敢えて読みませんが。
    困ったものですね。私なんかと比べるのがおかしいけれど、あんなに広いおうちで、家事も介護も心配いらない世界にいて
    何が不満なんでしょうね。
    やっぱり世界が違い過ぎます。そんなお方が「寄り添う」なんて所詮無理がありますよ!
    コロナやこれからまた来るであろう台風などに怯えながら
    我々庶民は日々過ごさなければなりません。
    今日も九州の悲惨な様子をみて・・・きっと今すぐにでも飛んでいきたいとかなんとか^^;
    書くんでしょうね。

    ぺんぺん草さんのブログでもmayuさんのお名前を拝見をして私も嬉しく思いました。無理ないように更新お待ちしています(*^^*)

    こちらに集う皆様もコロナにお気をつけてお過ごしくださいね。
    久しぶりなので長々すみません^^;

    • mayu より:

      ゆうさん、ありがとうございます。

      私は最近、雅子さまの真似をして「体痛の波」と表現していますが、その日、その時間に
      寄って痛みが強い時と軽い時があるんです。少しづつ良くなっているような気はしています。

      別館に書いたように、熱帯魚が亡くなり落ち込んでいましたが、動画を作ったりして
      気分転換をしていましたねぇ。

      ペンペン草さんのブログ、拝見してきました。
      超高齢者で施設に入所している人達は新型コロナで面会が出来ない期間が長く
      今は面会しても玄関だけの状態で、やっぱりボケは進むんだな~と思いました。
      私の母などガックリ痩せてしまい、ボケも進んでお迎えが近いのではと思ってしまいました。

      その点、上皇夫妻はかなり恵まれているのですが、慣れてしまって
      自分たちが恵まれている事に気付かない、所詮庶民とは違うんだな、と思わされます。

      新型コロナはまた東京で感染者が多くなり、夜の街だけでも自制できないのだろうか?
      と思ってしまいます。ホント、地方に持ち込まれると困るんです(>_<) とにかく自衛するしかないですね。

  4. 狗児 より:

    mayuさん
    お久しぶりです。記事の更新ありがとうございます。ずっと更新がなく心配していましたが、良かったです。
    どうぞお大事になさって下さいませ。
    美智子さま、ネットも週刊誌もおよしになって、お家でずっとピアノやハープをお弾きになっていたら良いのにねぇ。高級グランドピアノを用意してもらえて、一流どころの先生が、オンラインでレッスンして下さいますよ(笑)
    ところで、私は吉幾三の「おら東京さ行くだ〜」の歌が好きです。田舎に何も楽しみがないと都会への憧れを散々歌った挙句に「東京でベコ飼うだ〜」っていうオチで、何回聞いても吹き出してしまいます。しかし、今は飲み歩きするのが楽しみという生活より、牛を飼える環境で暮らせるほうが、随分贅沢な気がします。

    • mayu より:

      狗児さん、おはようございます。

      ご心配お掛けしました、ようやく何とか更新する気になれました。
      肩、腕の痛みはあるのですが気長に治療するしかないようです。

      美智子さま、皇居にいた時でさえ3日置かずにお出かけしていた方なので
      今の新型コロナで出かけられない状況は、かなりストレスでしょうね。
      私のような元々引き篭もり気味の人は苦にならないのですが(苦笑)

      おら東京さ行くだ~は吉幾三の郷土愛でしょうか、東京で稼いで結局最後は
      東京で牛(ベコ)飼うだ~でしたね(笑)
      新型コロナの少ない地方の田舎で住むことの良さを再認識させられます。

  5. ミラージュ より:

    mayuさん、久しぶりの更新ありがとうございます。待ってましたっ!w

    美智子様、本当にこういったことを仰ったんでしょうか?
    そして、マスコミへ話して良いと御墨付きを与えていらっしゃる?
    う~ん、何だかずれてますね。
    この友人とやらも、マスコミに話すように仕向けられたとしても、何も漏らさないか、もしくは諌める位ならせば?と思います。
    ネットで悪口書かれているのをご存知でしたら尚更沈黙している方が良いのに。
    たとえ批難されても話題にならないよりましだとお考えなら、まんま芸能人です。
    ヤフコメの美智子様批判は、秋篠宮家批判と被るので一部言われているように工作員かもしれません。
    例のフェイクブログと同じで、無視が一番です。
    あのブログをどのくらいの人が読んでいるのか分かりませんが、5chに書き込むような人達には相当浸透していて、尚且つ頭から信じている人が大多数のよう。
    あれを取り締まる法的手段はないんでしょうかね。

    お母様との面会、まだ玄関先なんですね。 家の母がいる施設も同じです。
    施設に入所されている高齢者は歩くことも出来なくなってしまった方もおられるとか。 一人辺りのスタッフ人数は、0.3人位?で、一人一人のケアに十分な時間をさけません。
    上皇職は65人でしたっけ? 実際お世話する人数は十数人だとしても遥かに恵まれていらっしゃる。
    コロナ禍で難儀なのは皆同じ。いえ、想像出来ない程の苦しみの中におられる方も。
    一般人とは違うのは当たり前ではあるけれど、国民の心情を逆撫でするような発言はお控え頂きたいです。

    梅雨が終盤になると大雨被害が必ずと言っていい程あり、今は九州に被害が出ています。
    お水の研究をなさっていると喧伝されていらっしゃる徳仁陛下、御所に各専門家を呼びつけてないで 治水のお勉強をおさらいされては如何でしょうか?
    このご時世、慰問に駆けつけも出来ませんから。ま、奥様にとってはラッキーかもしれません。

    • mayu より:

      ミラージュさん、こんなに更新をさぼっていたのは初めてで忘れられたかな?と
      思っていたので「待ってました」は嬉しいです~(^^)

      美智子さまは自分に不利なことを書かれると宮内庁を通じて抗議する方ですから
      このままなにも起きなければ、本当にそういう心境かもしれませんし
      なんとなく美智子さまなら言いかねない雰囲気があるんですよね(笑)

      本当は週刊誌にネットで批判されているとか、ニュースで微熱が続くと
      報道してもらい、同情されたいと思ったのでしょうが、誰も同情しないことに
      ガックリ来ているんじゃないかなぁ。

      フェイクブログは、もう数か月も読みに行かなくなったのですが
      誹謗中傷が激しい場合、宮内庁あたりを通じて抗議はいくかもしれませんけど、
      まーーだブログを継続していたので放置されているのかもしれませんね。
      美智子さまはヤフコメを見ていると週刊誌には書かれていました。

      秋篠宮家批判と美智子さま批判は組織的に動いているんじゃないかな~?

      母の面会は個室に入れなくて玄関先で10分程度、外出はOKと言われたので
      近々理容店に連れて行こうかと思いました。
      ボケも進み一時期増えた体重も減り、家に帰りたいと言われましたが
      まだ外泊は駄目なので、相当辛そうでした。補聴器の電池も職員に預けているのですが
      交換が少ないのかいつもより使われていなかったので、週に一度の交換を頼みました。
      おそらく入所している高齢者で体調を悪くした方は多いと思いました。

      比べて天皇皇后は高松宮邸を狭いと言われる。
      あったまに来てしまいます。

  6. マグノリア姐さん より:

    こんにちは。
    ご体調の優れない中、更新ありがとうございます。

    コロナウイルスには、日本国民はみなさん自粛し、毎日頑張って生活しております。
    一部の非常識な行動を起こす方々により、なかなか前進しない日々ですが、今後も一人一人がこの状況をきちんと把握し、自分だけよければいいという考えではなく、みんなで元の生活に近づけるような気持ちを持つことが大切ですね。

    お母さまにも自由にお会いできないようで、お辛いことと思います。

    少し前に元スポーツ選手が言っていたのですが、現役のころは自分が何もしなくても周りが自然に何でもやってくれて、ものにも不自由しなかったが、引退したらサーっと引いてしまい、誰も近づかなくなった。
    今までそのスポーツしかやらなかったのでスポットライト浴び放題で世間のことは全く知らず、引退後の生活をどうしてよいかわからなくなった、と聞きました。
    思わず内定皇族を思い出してしまいました。
    天皇皇后という名の地位にいるだけで、自分は何もやらなくてもすべて周りがやってくれる、生活にも困らない、悪いことしても処分してくれる、病気の心配もない、持ち上げてくれる、わがまま放題等々。
    なるほど、なるほど。
    地位や権力のある人には、一般人のことはわかりません。
    わかろうともしないでしょう。
    やれやれ。

    mayuさんもどうぞご自愛くださいね。
    私もご友人様同様、もう何カ月もカラオケに行っていません。
    自粛我慢です。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん、ありがとうございます。

      更新するのが滞っていましたが、手をかけて飼育していた熱帯魚も亡くなってしまい、
      肩や腕が痛いのも気長に治すしかないんだろうな~と気持ちを切り替えて
      少しづつ復活していこうかと思いました。

      ホント、新型コロナは国民の多くが頑張って自粛と対策をしているんです。
      一部の若い人達、遊びたい気持ちも分かるけど、年内は頑張って自制して欲しかったです。
      夜の街だけでも封鎖できないものでしょうかね。

      スポーツ選手の引退後の生活は上皇夫妻と同じですね。
      スポーツ選手よりはかなり恵まれている生活でしょうが、美智子さまは
      引退後もお出まししたら大歓迎される、体調が悪いと同情される、
      天皇皇后の時と同じと思っていたのでしょうが、ここまで批判されるとは
      想定外だったでしょう。オマケに出掛けたくとも新型コロナでままならず。
      ストレスが溜まって仕方ない状況でしょうが、我慢して頂くしかないです。
      国民も我慢しているんですからね。

  7. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^。^)

    やしまさん、だんだんと落ち着かれていらして、本当に良かったです(^^)どうぞお大事になさってください。ご入院でなくて、本当に良かったです!

    コロナで都内の感染者数が連日100人超えとか、渋谷パルコ休館とか、ギクリとするニュースが続いていますね(ーー;)
    私も都民ですが、宣言時とほぼ変わらない生活を心がけています。再開された途端に、我先にとテーマパークや公共施設に押し寄せる人々をニュースで見て、危機感の低さを痛感していたところでした。これでは収束するわけがありませんよね。医療関係者の皆さまのご尽力を水の泡にしてしまうのは、いつだって一般人の意識と行動です。お仕事でもなく、緊急でもないのに、自分から密に向かう感覚って…(゚o゚;;

    さて美智子さま、見事なまでのご自愛偽善っぷりといい(笑)、国民を不快させる、今で言う炎上的言動が絶えませんね〜。引用された批判コメント例は、その通りと思うことばかりです(笑)。
    家事労働一切なく、密のご心配ゼロ、看病や介護体制のご心配ゼロ、無駄の極みの二回ものお引越しで血税を…(><)
    その上高輪邸が狭いなどと、どのお口が仰るか、ですよね(笑)。
    このネット時代、○○の皮はとうに剥がされてしまいました。お抱えのマスコミを駆使されても、ご友人が語る美盛りエピを出されても、時すでに遅しです(ーー;)
    国民はそこまで愚かではありませんよね(笑)。

    • mayu より:

      イリスさん

      今回の都内の新型コロナ感染者の多くは夜の街から、が多くてホストクラブなど
      接待を伴った感染が多かった、年代も20~30代で無症状ではホントに困ったものです。

      無症状の若い人達は動き回りますからねぇ。
      待ってました!!とばかりに夜の街に行く人達に危機感はないでしょう。
      真面目に自粛を続けている人達の方がダントツに多いのに、少数の人達が
      感染者を増やしていくのでは・・・と、これでは来年のオリンピック開催も
      無理じゃないかと思ってきました。

      美智子さまは退位された時点で、もう過去の人になっちゃったんですよね。
      今まで散々表に出てきた人なので見飽きたこともあり(苦笑)
      エリザベス女王のような方だったら見たい~と思うのですが、それほど見たい
      容貌でもないので年寄りは引っ込んでろ、状態になってしまいました。

      美智子さまが眞子さまと小室Kを破談させたら大絶賛されるんだけどね。

  8. やしま より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。実のところほっとしました。前記事に返信ができなくなり、「コメントは受け付けていません」との表示。ああ・・もしかしてこのブログも、今までの皇室の他ブログ同様、フェードアウトなさってしまうのかと。すごく心配してしまいました。

    そしてmayuさんの「虚血性大腸炎」私も全く同じです。大腸カメラで大腸からの出血部位を見せてもらいました。怖いです。三日間の絶食は「熱量」ってまさにそうだなと思いました。力が全く出ない。手足が冷えて仕方がない。
    発病6日目。まだお粥ですが、ようやく日常が見えてきた気がします。
    イリスさん、お見舞いのお言葉、ありがとうございました。

    さて今回の記事ですが、コロナ禍における我々国民としては「注目されないと死にそうになる病気ですか?」と、辛辣な言葉を返したくなります。私は首都圏住まいですし、身内は全員、都在住。昨今の陽性者の増加に心痛めるばかりです。陽性はほぼ若い世代だし軽症だからって、何の慰めにもなりません。それが高齢者にも移るのが感染症というものです。

    改めて「美智子様」は、女優だったんだなと思います。女優はスポットライトを浴び、賞賛される恍惚感を忘れられないから、生涯仕事を頑張れるといいます。
    上皇夫妻には頑張っていただくことは何もありません。静かにお暮らしになられれば、それで十分なのです。
    高松宮邸が狭いと聞くたびに腹が立ちます。そこが狭かったら我々なんぞウサギ小屋どころかネズミの巣ですよ。
    日本で一番恵まれた高齢者です。
    お時間を持て余しておられるのなら、なぜ先日の香淳皇太后陛下の二十年祭に出席なさらなかったのか?とお尋ねしたい。それはイヤ。でもマスコミに露出したい。まさに老人の我儘としか思えません。

    微熱が~吐血が~でも朝夕の散歩は欠かしません(キリッ!)
    はあ?何がおっしゃりたいのでしょうか。

    お暇でしようがないのなら、「自分史」でもお書きになればよろしいのにと思います。昭和~平成~令和の「皇室の真実」を書き残せば、それは結構注目されると思いますよ。もっともキレイゴトばかり書き連ねても、話題になりませんが。

    • mayu より:

      やしまさん

      「コメント受け付けません」で設定を見たら16日前の記事にはコメント受け付けませんの
      設定になっていました。これを60日まで延ばしました。ずーっと前に書いた記事に
      トンチンカンなコメントする人がいたので、まさか16日以上も記事を書かないとは
      当時は思わなかったのでしょうね、ご心配掛けてすみませんでした。

      手をかけていた熱帯魚が亡くなって、皇室のことを書く気力が無くなっていたみたい。

      やしまさんも虚血性大腸炎だったのですか! いやーあの痛みは二度と経験したくない
      一晩酷い目に遭いました。でもお互い入院しなくて済んだのはそれなりの「若さ」だったのか
      それほどでもなかった方でしょうか。母の親戚の70代のおじさんは3ヶ月くらい入院して
      げっそり痩せていました。まだ6日目ではお粥ですよね~私は便秘と食べ過ぎから
      虚血性大腸炎と言われて暫くの間、お粥しか食べる気が無かったです。
      無理しないで療養してください。
      年々あちこち痛い、悪いのが出てきてガックリしています。

      高松宮邸が狭いは庶民に対して喧嘩売ってるような言葉ですよ。
      どんだけ贅沢で我儘なんだか、だから批判されるのが分からないのかなぁ。

      美智子さまの自分史、それともストレスが溜まっているなら皇室暴露本でも
      書いたら良いと思いますが、悪人になれない、いい人で通したいのでしょうネ。

  9. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます!更新ありがとうございます。まあ、この方は、いつでもどこでも出歩いて、ちやほやされるのが生き甲斐なのでしょうね。黒柳徹子さんのようになれれば幸せだったかもしれませんね。国民はコロナストレスにさらされているのに。もうおとなしくしてください。同い年の姑は、12月から5月いっぱい入院。やっ
    とこさ施設に入ったら、肺炎で昨日から入院です。

    そういう事とは全く関係のない私の趣味の範囲内の事ですが、私の大好きなギタリストが、天国へ行ってしまいました。20年以上聴いて無かったですけど、相当好きだったんだなあー...と、完全に気落ちしています。好きなお笑い芸人数十人、俳優もそのぐらいいます。でも、種類が違うのでしょうね。フレディに会えたかなあ...なんて思ってます。

    • mayu より:

      ramiriさん

      退位する間際まであれだけ持ち上げられスポットライトを浴びていた方ですから、
      そりゃあもう現状は寂しいでしょうね。オマケに出てくる度に批判されるし、
      退位したら好きな所にお出かけして・・と思ったら新型コロナで出かけられず
      ストレスも溜まると思いますが、国民も同じ状況でお金の心配がないだけ
      恵まれていると思わないと。失業とか無いんだから。

      ラミリーさんの好きなギタリスト? わかりませんが亡くなられると寂しいですよね。

タイトルとURLをコピーしました