上皇陛下87才の誕生日 幸せな老後を送っています

上皇上皇后陛下

すっかり忘れていました、今日は上皇陛下87才の誕生日でした。動画を見ると穏やかな表情で、のんびりゆったり過ごされているのが分かります。退位してから返って若くなったような、美智子さまの方が老いて見えます。「時にやり取りが繰り返される」と、やんわり書いていますが、認知症の始まりですね。昔の事はよく覚えているけど、最近のことを忘れる。同じことを繰り返して話をする、など義母、母が認知症でそんな感じでした。それでもこうして87才になってもジャケットを着てネクタイをしてキチンと歩いて、助手がついているけど週に2回御所に通いはライフワークのハゼの研究に通い、良い老後を送られていますよね。 施設に入所しコロナ禍で、また面会禁止になった義母や母より、ずーーっと良い暮らし、良い老後の生活をしています。 美智子さまは狭いと愚痴っていたようですが、こんなに広い庭があり87才の高齢者の散策には丁度良い広さではないでしょうか。上皇陛下は美智子さまと結婚して幸せだったでしょうね。

美智子さまの眉毛はとうとう一本に繋がってしまわれたようです。美智子さま、雅子さま、共に個性的な眉毛です。

上皇さま87歳、コロナ案じ 代替わり儀式終了に安堵

上皇さま87歳、コロナ案じ 代替わり儀式終了に安堵



上皇さまは23日、87歳の誕生日を迎えられた。3月に仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区)へ転居後は、研究のための定期的な皇居訪問を除き、新型コロナウイルス禍で外出を控えて上皇后さまとともに静かに過ごされている。誕生日行事は、コロナ禍の国民を案じ、すべて控えられる。新型コロナをめぐり、上皇さまは医師から100年前に流行したスペイン風邪との違いや、感染症の歴史について聞くなど、理解を深められている。一方、11月の立皇嗣(りっこうし)の礼で一連の代替わり行事が無事終了したことには、深く安堵(あんど)されているという。仮御所では、これまでに訪問した国や地域、出会った人々について、当時の記録を取り寄せて回顧されることも。昨年火災で焼失した沖縄の首里城や、東日本大震災の被災地のその後を気にかけられている。宮内庁によると、上皇さまの体調に変化はないものの、年齢を重ね、昔の出来事などについて、上皇后さまに尋ねられることも増えたという。時にやりとりが繰り返されることがあっても、「ご夫妻でそれを一緒に笑いながら、穏やかに過ごされている」(側近)という。

出典 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/201223/lif2012230005-n1.html

上皇さま、ハゼ研究にご意欲 譲位後初の論文「完成間近」

23日に87歳となった上皇さまは現在、週に2回ほど、お住まいの仙洞(せんとう)仮御所東京都港区)から皇居内の生物学研究所(生研)に通い、皇太子時代からのライフワークであるハゼの研究に取り組まれている。譲位後初めてとなる論文の完成も近いといい、生研関係者は「ここ数カ月は、特に精力的に取り組まれている」と明かす。
産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/201223/lif2012230006-n1.html

ところで年賀状、頼まれたのは早々に作ったのですが、自分ちの年賀状はまだ作っていなくて年々面倒になってきました。除夜の鐘を聞きながら年賀状作成とならないように、そろそろ作らないと。天皇誕生日も23日の時は良かったですね、クリスマスイブイブで23日にクリスマスをやる人達も多かった。昨日、買い物に行った時ケーキを見てきましたが、直径15cmくらいで3500円。私は普通の生クリームに苺が乗ったケーキが好きです。 ウィルス性胃腸炎もすっかり良くなり、また食欲が出てきました。食べられることは幸せな事だと思い、適度に好きなものを食べています。



コメント

  1. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。元気になられて何よりです。

    昨日は穏やかな日でしたねぇ。今日はどんより風も冷たくて気分が滅入ります。
    ネットニュースは毎日毎日kkを出してきます。もう心底ウンザリで、「破談になって消える」以外のニュースは目に入れたくありません。武漢肺炎も同じくです。私たちは静かにしていればいいだけです。スーパーから帰ったら買って来たものをハイター消毒し、うがい手洗いをすれば大丈夫です。あとは、テレビを見ない事ですねー。冷やかし気分で見る分にはいいと思います。

    年賀状作成お疲れ様でした。私は友達にはラインかメール。親戚からきたら、渋々返信しなきゃいけないかなあ、、買っておかないとダメかあ、今気がつきました。

    美智子さんのサングラス姿、怖いです。珍しく色合いやデザインはまあまあかなあなんて思いましたが、チュニック風に五分丈❓やはり変わった趣味ですなあ。

    • mayu より:

      ramiriさん

      お陰様で元気になり今日は午後から美容院に行って来ました。
      髪を切ってスッキリと新年を迎えたいですぅ。
      ネットは小室Kとコロナ、テレビはコロナだけで飽きてきました。
      ハイターで消毒しているんですか! 凄いですねぇ。

      年賀状はまだ出来ていません~~どうしましょう(ノ_・。)

      美智子さま、ハーフ丈のコートを着たらいいのにね。

  2. イリス より:

    mayuさん、アップありがとうございます!

    私もすっかり記憶から抜け落ちていました(笑)。
    上皇陛下、お誕生日おめでとうございます。
    やはり認知機能がもう…ですね。でも穏やかに何のご心配もなくお過ごしですね。今後症状が進まれても、どこかの施設にいらっしゃるわけでもなく(笑)、60人からの職員がお仕えしていますから、磐石の態勢ですね。よろしいのではないでしょうか。
    美智子さまは、相変わらずセンスが絶望的にお悪いですね…。眉はもはや、漫画のような世界です。華子さまや百合子さまというお美しくセンスも良い方々を思うと、(お着物以外は)本当にゲンナリするものばかりお召しです(ーー;)

    これで敷地が狭いとご不満を…。「国民に寄り添う」は、退位までの期間限定ポーズ(しかも在位中も真逆でした)だったのがよくわかります。
    例のお引越しも、コロナ禍でも関係なく決行では、皇室廃止論に拍車をかけるようなものですね(・_・;
    大変不敬ながら、美智子さまは皇室における、いわば「老害」第一号ではないでしょうか。

    • mayu より:

      イリスさん

      上皇陛下は悩みごともなく、良い老後を過ごしているようです。
      認知の低下もあるようですが、香淳皇后に似たのでしょうね。
      87才ですし仕方ないでしょう。
      美智子さまはまだまだ認知は入っていないようですが、
      高齢者特有の拘りがあるのか? 破壊的なコーディネートです。

      上品なコートを一枚羽織ると良いのですが、コートはマントしか
      着られないのかしらね。

      皇族の「老害一号」ピッタリ!!
      イリスさんのボキャブラ、面白い言葉が次々で楽しいですぅ♪

      • イリス より:

        >mayuさん、ありがとうございます(^。^)

        そうですよね、辿られる道が香淳さまに似ておられるのでしょうね。
        でも何のご心配もない方なので、世のご高齢の方々を思えば、本当に恵まれていらっしゃる。
        美智子さまは、はい、認知機能はしっかりされていますよね。週刊誌のチェックにも余念がないご様子、未だに抗議させたり、良い方ぶる偽善っぷりは、恐れ入ります。
        ファッションは、本当に絶望感です(°_°)
        パリの70代80代のマダムばかりを集めた写真集(モデルさんとかではなく、一般の方も)を見ました。もう皆さまため息が出るほど、おしゃれでステキでした。まだ現役でいらした頃、実際に目にしたヨーロッパの方々に笑われていたのは想像に難くありません…。

        ボキャブラ、mayuさんに楽しんでいただけて光栄ですー٩( ᐛ )و

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    上皇陛下、お誕生日おめでとうございます。
    数年前は(当たり前ですが)一般参賀があり、女性皇族方のドレスを見るのが楽しみだったな~と懐かしく思い出しました。

    お庭…私にはとても広く見えました(^^;
    まぁそれまでは、もっと広いお庭がある場所に居たんでしょう。
    でもお二人なら充分じゃないですか。
    お花も咲いていましたね。

    ご研究も、今まで時間をかけられなかったかも知れないので
    ご健康に気を付けて、穏やかな日々を過ごしていただきたいです。

    年賀状、一応書きましたが…昨年はコロナ禍一色だったし、これと言って書く事がない。
    今年こそ会えるといいね!←こればかりです(苦笑)。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      本当にね、退位するまでは23日は一般参賀で女性皇族方のドレスを
      楽しみにして、翌日はクリスマスイブで賑やかな年末でした。
      今年は新型コロナもあり寂しいですね。

      庭は広いってもんじゃないくらい広いですよねぇ。
      これで狭いと言われると、ほな東宮御所に入りたいと言わなきゃ
      良かったんじゃないの~?と言いたくなります。
      余計なお金を使いやがってぇ・・・贅沢をするとキリがないです。

      年賀状できましたか! 私も適度なデザインにして印刷してしまおうかな。
      宛名印刷も面倒だしなぁ。一筆添え書きも今年は会えるといいね、が
      定番になっている人達が多いでしょうね。
      今年は2人とLINEをしているので、LINEで年賀の挨拶にします(^^)

  4. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    そうですね。今日は、天皇誕生日だった日ですね。そして私も「やり取りが繰り返される」とか「昔のことを語り合う」の箇所で、あっ認知症、と思いました。私の亡くなった祖母も、息子(ひ孫)に「今幼稚園ですか?」と聞いて、また10分位したら聞いて…と5回位繰り返したので、息子が最後には「さっき言うた」と怒り出したのを覚えています。上皇陛下のご年齢を考えれば無理もないですね。相変わらず上品で穏やかなお爺さんで好感が持てます。仰るように良い老後です。でも…そういうご様子では、裁可取り消しは出来ないですね。
    明日はクリスマスイブ、楽しくケーキが食べたいですね。

    mayuさんが回復されて良かったです。

    • mayu より:

      狗児さん

      皆さん忘れていて安心しました(笑)
      祝日じゃないのが残念ですよねぇ。

      それなりに気を使った報道の仕方をしていますが
      上皇陛下、認知症の症状が出ていますよね。

      認知症になっていく経過を見たり知っている人なら
      ほぼ分かる表現でした。

      義母など5分も持たなくなり、また同じ事を聞いていました。
      それで昔の事はよく覚えていて話をするけど、忘れていたり。
      本気にして相手をすると疲れるので、うんうんと言った方が楽でした。

      裁可取り消しは無理でしょうねぇ。「裁可??なにそれ」かも。

      あ~~ケーキ食べたくなりましたぁぁ。
      そうなんです、回復して食欲が出てリバウンドしています。

  5. やしま より:

    上皇陛下お誕生日記事、ありがとうございます。一時、コロナを忘れられるかな。穏やかな笑顔はいいですね。ただこの方は、今のこの皇室のありようを作ってしまわれた方であることは確かです。「天皇」という神の存在よりも「マイホームパパ」として「人間」であることを選択しました。恐妻家であり、常に「あちらはどう言っているの?」と妻の気持ちに沿うよう努力された一生だったように思います。妻とともに日本全国慰霊の旅行脚するよりも、何よりも皇統の行末を慮っていただきたかった。聡明な清子さんをお若いときに男系男子に嫁がせ、さらに息子の伴侶、孫たちの行末。このお二人はそちらへの関心がほとんど「無」だったような気がしてならないのです。何事も全てに優先するのは妻の意思の一生の方でした。それはそれなりにお幸せなのでしょうが。
    ところで美智子様の眉毛はますます上に上がり、「イモト」みたいですね。こんなにテッペン近くに眉毛が来ている方も非常に珍しい部類です。

    話変わって、今年の予算。膨れるばかりですが、その中に高輪仙洞御所から東宮御所への移動のための経費も計上されたそうです。このコロナの中、引越するんかいっ!年寄りは家で静かに暮らせって言われてるのに。引越中はどこに行かれるおつもりかな。那須かな葉山かな。国や地方がわあわあ言っていることも全くどこ吹く風のお二人なのでありました。

    義母ですが、昨日無事に老健に移動いたしました。
    同じ市内なのでこの移動は老健が手配してくれて、我々は同乗しませんでした。老健先で会えるのかと思ったら、「お一人のみ。カーテン越しで」だったので、夫のみが会いました。約5分で面会は終了。次は来月、老健に二人で行き、そのロビーで自室にいる義母と、リモートで画面ごし体面。マスク取ってはならないということで、分からない場合も多いそうです。
    我々は施設長・担当医師・食事担当者・リハビリ担当者の方と次々に面談しました。両足が思ったよりも筋肉が弱くなっていること。左手に軽い麻痺が見られることで、「老健にいるうちに車いすを自分で動かして移動する」というリハビリができるかどうか微妙になりました。私がちょっとかわいそうだなと思ったのは、パンが物すごく好きで、お粥大嫌いだった義母が、誤嚥防止のため、毎食お粥でパン食禁止なことです。パンの日もあり、食事どき、隣の人がパンを食べているのを見て、自分のお粥には手が伸びない様子。長生きするのって、いろいろ酷なことがありますよね。

    • mayu より:

      やしまさん

      美智子さまにぞっこんで結婚して貰い、美智子さまのプロデュースの元で
      天皇をやられた方でしたね。美智子さまのご機嫌をそこなわないように
      尽くされたことでしょう。
      男系男子で皇統を繋ぐことも深く考えないまま、平成を過ごしてきた
      ツケが皇族の減少と未婚男子が悠仁さまだけになってしまった。

      徳仁天皇も父親と同じように、雅子が~愛子が~のマイホームパパで
      親子二代で皇室の未来を考えなかったのでしょうね。
      女性天皇で何とかなる、と思っていたら愛子さまはごゆっくりで、
      小室Kの登場で女性天皇は棚上げ、皇女制度も小室Kが辞退しない限り
      国民は反対ですが、もう煩わしい事は考えない状態になられたでしょうね。

      美智子さまの眉毛、よくあれだけ上がりましたねぇ。
      滅多に見られない「珍現象」ではないでしょうか( ゚Д゚)

      お義母さん、無事に老健に入所されて良かったです。
      コロナもあるので施設は凄く神経質になってますねぇ。

      私の母がいる施設は1月10日まで面会禁止になり、差し入れだけに
      行ってます。義母と面会の時はマスク着用で、帰る時にやーっと
      旦那だと分かったりして、本当に年を取るのも大変です。
      母など生きていくだけで疲れる、と言ってます。

      飲み込みの検査をして、大丈夫だったらパンを食べられるように
      なると良いですね。慣れるまで大変ですが仕方ないです。
      寧ろ、義母のようにすっかりボケた方が良いのかな~と思う時があります。

  6. マグノリア より:

    おはようございます。(もうお昼に近いですが)
    私もすっかり忘れていました、平成天皇誕生日。

    この方々には、コロナ禍は無縁のようですね。
    感染におびえる日々を国民が過ごしているとは、聞いていても感じていないでしょう。
    こんな立派な御所なのに狭いですか。
    美智子さまは民間人のころから広いお屋敷にお住まいでしたからね。
    当時の一般人は六畳一間一家4人以上が一軒に住んでいた家族も多かったころです。
    基準が最初から違います。
    またこのぐらいの年齢の人が家族にいたら、なんらかしらの介護を子供がしているのが現状です。
    皇族はほとんど子供が親を介護する必要がありません。
    やっぱり世界が違います。
    皇族も人間だからと国民のいいとこどりをしても、皇族の特権は国民にはないので、交わりもなく皇族=国民にはならないのです。

    mayuさんはウイルス性胃腸炎だったのですね。
    回復され食欲もおありとのことで、よいクリスマス、年の瀬を迎えられそうですね。
    私もシンプルな生クリームのイチゴのショートケーキが好きです。
    予約して明日いただきます。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      上皇陛下の存在感が薄くなり、祝日でもないのですっかり忘れていました。
      東京は感染者が多いと連日、テレビで放送していますが、
      この2人は関係無さそうです、密になることもなく至れり尽くせりで。

      美智子さまは今でいう「上級国民」でしたから、お屋敷に住んで
      お金の苦労もなく、介護の大変さもなく恵まれた人生ですよね。

      昔、私が子供の頃でも金持ちはほんの一握りで、貧乏人が多くて
      長屋なんてものもありました。

      私の病気は孫から伝染したウィルス性胃腸炎だそうです。
      保育園で流行っていて、上の孫が持ってきて、
      家に遊びに来た時に私に伝染したみたいです。
      去年も流行ったらしいのですが、ハイターなどで消毒と換気を
      することで抑えられると、娘が同じ保育園に通っている同僚に聞いたそうです。

      マグノリアさん、明日苺のケーキ食べるんだぁ~
      ((((;゚д゚))))アワワワワ 私も食べたくなりました。

  7. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。

    上皇陛下、お幸せな老後ですよね。 色々ご病気をされてきましたが無病息災ではなく、一病息災と言いますからまだまだお元気で長寿を全うされることでしょう。
    目出度い目出度い。(?)
    美智子様は指だし手袋をされていらっしゃるのかしら?
    上着の袖が肘までなので寒い日ではなさそうなのに、何だか変なコーディネートで、相変わらず辛気臭いです。
    サングラスは少し色が薄くなりましたね。

    前記事の山本一力氏の言葉、
    “……眉をひそめ、叱りつけるのが年長者の務めではないでしょうか”
    これって上皇夫妻への嫌味にも取れますね。
    ぼ~っとしてんじゃね~よっ!っとチコちゃんに叱られて欲しいですわ。

    食欲が戻ってらして良かったですね。
    以前ダンチュウと言う雑誌のタイトルに「食うやつは元気だ!」とありました。
    正にその通りです。
    Xmasケーキは、私も苺のショートケーキが一番。今年は自分で焼いてみようと思っています。苺をた~くさん入れて。

    年賀状、年々めんどくさくなってきました。
    年があけたら入院することもあり、スルーしようかしら?と思ったのですが、病気のことをアナウンスすることになってしまうのも嫌だし。。。
    まだ悩み中です。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      昔は無病息災が良いと言われていましたが、いつからか
      一病息災が良いと言われるようになりましたね。
      定期的に医者にかかるので、悪い所を見つけてくれるからでしょうね。

      美智子さまはコートというものを着ない方なんですよね。
      軽い膝丈のコートを着ると品よく見えるのに。
      手袋は詳細に見えませんが、指だし手袋のようにも見えます。
      値段は高くても指だし手袋は、作業用にしか見えません(苦笑)

      山本一力氏の年長者がりつける、美智子さまには耳が痛いお言葉ですネ。

      一時期痩せたようなのに、また食べ出して体重が増えてきました(^^;)
      ミラージュさん、自分でケーキを焼いて作るんだ、凄いなぁ。

      年明けに入院ですか、風邪を引かないように気をつけて入院してください。
      スマホで見て体調が良い時など、暇つぶしにコメントしてくださいね。

      年賀状はまだ作っていなくて、そろそろ作らないと・・

    • 狗児 より:

      ミラージュさん
      横から失礼します。狗児です。
      「何がご成婚ですかと、叱りつけるのが年長者の務め」は上皇夫妻への嫌味、ほんとにそうですね!達見です。上皇陛下は、認知症ならばもう仕方ないか、と思いましたが、美智子さまは週刊誌に抗議している暇があるなら、眞子さまとお話なされば良いのに…私もチコちゃんに登場頂きたい(笑)
      年明けに入院なさるとのこと。どうかお大事になさって下さい。

      • ミラージュ より:

        狗児さん、mayuさん、
        暖かいお言葉をありがとうございます。

        美智子様、なぜ国民からは受けいれられている婚約阻止になる言葉を、そんなこと言ってません!
        等と抗議されるのかしら。
        以前、悠仁様を“どんな人間になるかわからないわよね?”等と仰ったとか、紀子さまを呼び出して叱っているとかいう記事にも抗議はしていませんし、眞子さん本人を叱らず見守るだけということは、眞子さんが不幸せになろうがどうでもよいのでしょうかね。
        上芝弁護士が何か発言する度に圭擁護にならず逆効果になっているように、美智子様の抗議もどれも納得するどころか、益々疑問を持ってしまうようなことばかり。
        ずれまくりですが、この方をお諌め出来る人は誰もいませんからこれからもやりたいほうだいかも。
        ((( ;゚Д゚)))
        雌鳥鳴いて家滅ぶ?

        • mayu より:

          ミラージュさん

          美智子さま、今回ばかりは黙ってスルーすれば良かったのに、
          自分が黒幕だと思われるのが嫌で嫌で、我慢出来なかったのでしょうか。

          美智子さまの抗議には一貫性が無いんです。
          その時の気分次第なのかなぁ~?
          今後、週刊誌は美智子さまの名前を出さず書いたら良いでしょ。
          気にしないで書いている週刊誌もいますが(笑)

          上芝弁護士も小室家の弁護士なのに、返って足を引っ張ってて
          笑わせるのですが、会見したらまた炎上するでしょ。
          もう何を言っても弁護しても小室Kでは無理になりましたね。
          小室外しの勢いが止まらない状態になったようです。

タイトルとURLをコピーしました