あれっ、今回の鑑賞は天皇と愛子さま2人で鑑賞の予定だったはずでしたが、
雅子さまも一緒に同行しました。父親と18才になった愛子さまの2人で映画鑑賞は
ちょっとおかしくない~? ご優秀な愛子さま、18才になったんだから1人で映画鑑賞
くらい出来るんじゃないのぉ? 1人といっても世話役、お付きの方もいるし。
そんなこんなで、じゃあ3人で行こうか、になったのか、雅子さまも行く気になったのか、
そもそも天皇と愛子さま2人で鑑賞予定報道が間違っていたのか、全然わからないのでした。
ともかく3人でアニメ映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を鑑賞です。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

画像出典 https://wezz-y.com/archives/57181

私は「アナ雪」は見ませんでしたが、「この世界の片隅に」はテレビで観ました。
スカパーで放送し録画したのを観た記憶があるんだけど、地デジでも放送したのかな。
戦時中の普通の家庭のことを淡々と描いているようで、悲劇も描いてあり
主人公の話し方と描いたキャラクター、映像のせいか、ほんわかした所もある映画でした。
今回は168分と3時間近い長編アニメです、座って見ているのも疲れそうですが
雅子さまは大丈夫でしょうか??

雅子さま、渋赤のスーツ、愛子さまも渋赤のワンピースでお揃いの色です。
徳仁天皇も赤系のネクタイで3人渋赤色で揃えています。




愛子さまは12月1日、上皇ご夫妻へのあいさつのため皇居を訪れた時に着られた服と
同じ服に見えます、この時は車内からのお手振りだけでわかりませんかでしたが
ワンピースだったのですね。今どき、こういうデザインのワンピースは珍しく
着用する方は滅多にいないのですが、愛子さまは昔の漫画に出てくるような
深層の令嬢か箱入り娘のお嬢様風でよく似合います。愛子さまが赤を着るのは珍しいです。
愛子さまは、佳子さまとは違った感じですが可愛くなられましたね。

天皇、皇后両陛下と長女愛子さま(18)は18日夜、東京都港区のニッショーホールを訪れ、アニメ映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のチャリティー試写会に出席された。2016年公開の前作「この世界の片隅に」に新エピソードを加えた168分の長尺作品。太平洋戦争末期の1944年に広島県呉市に嫁いだ主人公「すず」が、ままならない生活の中で居場所を見つけていくストーリーで、前作は国内外で70
以上の映画賞を受賞した。ご一家は片渕須直監督や主演ののんさんと並んで客席に座り、当時の人々の暮らしを丁寧に描いた作品を鑑賞した。集まった寄付金は日本赤十字社広島県支部の活動費として役立てられるという。記事出典 時事通信

画像出典 まとめました
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/16_2_r_20191218_1576670232567935
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191218004065.html

以前からインターネットをしていた美智子さま

女性自身1月7.4日号より
美智子さま「激やせと出血嘔吐」にあった「雅子さまいじめ」「転居拒否」
こころなき誹謗の深傷 

この記事の中にヤフコメの美智子さまに対する中傷コメントと、美智子さまは
友人がFacebookに綴った介護日記を閲覧されるなど、以前からインターネットを
利用されていることが書かれていました。

以前も何かの週刊誌で美智子さまはパソコンをする、と書かれていたのを
読んだ記憶がありやっぱり・・・ネットをしています。
ヤフコメも見ているだろうし、皇室関連ブログも見ているかも知れません。