佳子さま初の鴨場接待 眞子さまと姉妹で放鳥

秋篠宮皇嗣ご一家

佳子さま、最近は姉の眞子さま、弟の悠仁さまと公務、鑑賞が多いです。
悠仁さまとは少年の主張全国大会にご臨席、眞子さまとは「アナと雪の女王2」の
チャリティー上映会を鑑賞し、今回は千葉県の宮内庁新浜鴨場で駐日外国大使夫妻らに
伝統のカモ猟を紹介する恒例行事に接待役として初めて参加されました。
悠仁さまの付き添いも佳子さまで良かったのですが、眞子さまにも佳子さまが付き添いをして
眞子さま1人で参加より華やかに雰囲気が良くなる役割りをしているような感じがします。
動画、画像を見ても佳子さまは終始笑顔でニコニコしていらっしゃいますが、眞子さまは
経験者としての貫禄と落ち着きいうより、なんかいまいち薄暗い表情に見えてしまって。
これって私の考え過ぎか思い込みかもしれませんが・・・
近頃、眞子さまが出てきてもあんまり嬉しくないんです。
佳子さまが出ると周りがパッと明るくなります。紀子さま譲りの明るい笑顔と美貌で
男は度胸、女は愛嬌と昔の人は沢山の名言、諺を残していますねぇ。
美人でなくても愛嬌があるのは可愛いし、場の雰囲気が良くなります。
そういうことで、愛嬌のある佳子さまにはどんどん公務でも鑑賞でも出て頂きたいです。

ところで、鴨場接待の記事を書くたびに、鳥類が超苦手な私は皇族方ってなんでもやらなくては
ならなくて大変だな、と思います。いくら手袋をしても鳥は小さい鳥でも触るのも傍によるのも
嫌で鴨なんぞ近寄ることも出来ない私です。

眞子さま、佳子さま2人放鳥していましたが、上手く飛べず落ちたのは眞子さまが放鳥した鴨でした。
小室Kとの結婚も落ちるのかな・・・なーんて思いました。

明日、18日は愛子さまが父親の徳仁天皇と映画鑑賞をするそうです。
雅子さまと2人で鑑賞の練習だけでもすれば良いのに、雅子さまは徳仁天皇と一緒じゃないと
出掛けられないのかな~? それとも疲れているのかしら。


眞子さま&佳子さま鴨場へ

眞子さま佳子さま鴨場でカモ猟接待

 

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと次女の佳子さまは17日、千葉県市川市の
宮内庁新浜鴨場で、駐日外国大使夫妻らに伝統のカモ猟を紹介する恒例行事
に接待役として参加された。佳子さまのご参加は初めて。
カモ猟には17カ国の大使夫妻ら約30人が参加。
眞子さまと佳子さまは猟の前に、英語を交えながらごあいさつ。
飲み物を片手に参加者と談笑された。
皇族による鴨場でのご接待は例年、カモの狩猟期間の11月から2月ごろまで
の間に計5回行われる。記事・画像出典 産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/191217/lif1912170013-n1.html

画像出典 まとめました
https://www.sankei.com/life/news/191217/lif1912170013-n1.html
https://news.livedoor.com/article/detail/17537349/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00050183-yom-soci


コメント

  1. mayu より:

    すみません、こちらのコメ返しは省略させてください。
    昨日投稿した記事からコメ返ししました。

  2. yuki より:

    まゆさん、何度もすみません。まゆさんもおっしゃるように、この行事はジーンズでも良さそうな感じですね。おっしゃるように、接待されるのでカジュアルなジャケットスカートにブ-ツだったんでしょうね。。この装いは英国的でとてもいいと思います。秋らしく、栗色のような茶色で。。佳子さまのスカ-トはスコットランドのタ-タンンチェックのスカートも思い出しします。このブ-ツで思い出したんですが、英国人って緑色のゴム長靴を履くんですよね。特に、お金持ち、上流階級の人ほど、自分の広い敷地や庭園(また自分の所有する山やビーチ)を散歩したりするときに履いているようです。上着は緑色っぽい感じのキルトのジャンパーで部分的に皮がついているのをよく着ているようです。

  3. senjoeki より:

    mayuさん
    こんにちは

    鴨場は、佳子様普段は何を?質問があったので、
    眞子さま単独でよいイベントに佳子様も付き加えてきてるのかなと思いました。

    佳子様暇でしょのアンサーになるし、眞子さまの単独で重苦しくなるより華がある佳子様登場で一石二鳥

    私は組み合わせとしては悠仁様と佳子様コンビが好きです。

    洗浄液ありす

  4. メープル より:

    すみません、前のコメントの最後の方で熱が入って、最初に書こうと思っていたことを忘れていました。特に大事なことではないのですが。

    鳥のことですが、私は観るのは好きです。鴨も食べるより観る方が好きです。羽の色が綺麗だな~と思って眺めます。子どもが小さかった時は、鴨のことをダックちゃんと呼んでいたことを思い出します。

    また、本当に小さな小さな小鳥も飛んでいたりして、冬でも凍死しないんだな~と感心したりしてます。

    私もぺんぺん草さんのブログを読みました。眞子さまは鴨になってしまったかもしれませんが、本来は朱鷺だと思うので、早く朱鷺に戻って頂きたいです。

  5. メープル より:

    まゆさん、今日も記事の更新をありがとうございます。今日も楽しいニュースで嬉しいです。

    眞子さま、佳子さまの笑顔がいいですね。特に佳子さまは心から楽しんでいらっしゃるようです。笑顔が紀子さまによく似ていらっしゃいます。大使の方々もとても楽しそう。

    鴨を扱っていらっしゃる職人さんのような若い男性なんて、二人のお姫様が目の前に現れて、それはそれはドキドキされたのではないでしょうか。

    眞子さまの気持ちが晴れないとしたら、それはもう小室kの件でしょう。婚約したと思ったら、相手方のスキャンダルで延期にし、何とか解決してくれるものかと思えば、小室kは人様のお金で逃げるようにアメリカへドロン。そんなこんなで解決しようする行動もなく時は経ち、間もなく2年が過ぎようとしている・・・。

    3月からは聖火リレーも始まり、世間はオリンピックムードで盛り上がることでしょうし、4月には立皇嗣の礼の大切な行事があります。そうなると破談発表は2月しかありませんよね。すっきりけじめを付けられて、前を向いて生きて行っていただきたいでうす。

  6. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!
    ご返信の温かいお言葉にも、感謝です(^ ^)

    佳子さまの屈託のない笑顔と並ばれると、眞子さまの何となくドンヨリ感のある笑顔が目立ちますね…。前にも書きましたが、こうしてきちんとお出ましでこなされること→国民の批判を鎮める、と思われているなら、それは大きな間違いですね(ーー;)
    本当に一日も早く、白紙や破談の吉報が伺えるのを待つばかりです。
    私は鳥類でも、籠に入った小さめの鳥なら何とか大丈夫ですが、それ以上の大きさになるとカナリ苦手です(^^;友人がオーストラリアで鳥の研究をしているのですが、近況と一緒に研究の進捗状況と写真をメールでくれる度に、写真なのに(笑)、ギクッとしてしまいます(><)

    片柳神父さまのツイッターは、マザーテレサのお言葉も紹介してくださっているのですが、その中に「いつまで迷っているのですか。もっと美しい人生が、あなたを待っています。恐れる必要はありません。しがみついているものから手を放し、美しい人生への一歩を踏み出しましょう。」というのがありました。まさに眞子さまにピッタリのお言葉ですね〜(^^;
    mayuさんの仰るとおり、フェイスブックやインスタグラムをなさる神父さまやシスター、ブラザーもいらして、今の方々って感じですよね。教皇さまもツイッターをされていますしね(笑)。

  7. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。

    まさか、眞子さま、この行事のお仕事を佳子さまに引き継ぎ(ご降嫁前なので)されているのではないですよね。。昨年は絢子さまだったと言う事で、眞子さまだけがされてきたようではないので、引き継ぎと言うのではなく単に一緒にされたのだと思いますが。。

    • mayu より:

      YUKIさん

      佳子さま、次回から1人で接待できるでしょし、また眞子さまと
      一緒に接待も有りですが。鴨場接待は引継ぎとかなく出来る方が
      やっているんじゃないかな。秋篠宮ご夫妻もやっていましたから。
      心配性な私は「白紙、破談」これが発表されるまで安心できません。

  8. nono より:

    mayuさんこんばんは、記事の更新有り難うございます。
    mayuさんのお話の通り、佳子さまがお出ましになると場が華やぎますね!
    どんな公務もその場が笑顔ならと思いますが、うーん、眞子さまは表情が重いですね…。
    再延期は誰の為にもならないので、破談,白紙の選択を聞きたいものですね。
    因みに、私も鴨は食べる事は大好きですが、さわれないし、自分から近づく事はないタイプです((苦笑))

    • mayu より:

      nonoさん

      佳子さまは自然な笑顔で明るくて良いですね。
      これから益々公務が増えるだろうな、と思いました。
      眞子さまは私の思い込みなのか、鴨場は何度も経験しているので
      余裕の貫禄なのか、佳子さまと比べるからなのか、
      なんか笑顔もいまいち重い感じがします。
      どのような選択、決断をするのかわからないです。
      おっnonoさんも鳥は苦手ですか、私はペットショップの籠に入った
      鳥すら駄目です、近寄りたくないほど苦手です。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    佳子さま、鴨場でのご接待は初めてだったんですか。
    何度も経験がある眞子さまとご一緒で、心強かったのでは?と思いました。
    寒そうな中、笑顔が素敵でした。

    接待役だから、あんまり派手にしなかったのかも知れませんね。まぁ、元々控えめな格好ですが…あと、ブーツは鴨場ならではですね。
    (私の勘違いかも知れませんが、他のご公務で見た事がない)

    申し訳ないですが
    私も最近、眞子さまを拝見すると例の人が浮かびます。今年の始めの様に、いきなり文書を発表するのか…?とか思ったりして
    落ち着かないです。
    何だかいつも突然なんですよね(*_*;

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      佳子さまはどんどん公務の場を広げて行ってますね。
      次回から1人でも接待出来そうじゃないですか。
      それとも悠仁さまもご一緒に・・・も良いですね。

      鴨場はいつも皇族方はブーツを履いてますね。
      パンプスじゃ無理、本当はGパンにスニーカーでも良さそうですが接待ですからね。

      ホント、2月が近いからなのか?週刊誌は結婚する、いや破談だと
      半々に書いているからか、小室Kの動きが無いからか、「再延期」
      これが出そうで本当に嫌なんだけど。
      眞子さまの表情もいまいち固いのも気になります。

      • 白雪山羊 より:

        mayuさん、返信有難うございます。

        悠仁さまが鴨場のご接待をなさる様子、是非拝見したいなと思いました♪
        それから、考えたくはないけど…既に約2年を経て、更に結婚準備を延期にするとしたら
        どう考えても変ですよね(-“”-;)

        皆さん、結構鳥の事を書いていますね。
        私も籠の中の鳥は平気ですが、小学生の頃に友達がインコを飼っていて、籠から出して見せてくれたんです。
        友達の手の上のインコが私の目を食い入る様に見つめて来て
        大袈裟ですが、金縛りの様に動けなくなったその瞬間、頭の上に飛んできて痛い思いをしました(涙)。
        それ以来インコは苦手です。(飼っている方、ごめんなさい!)

  10. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    新しい記事のアップありがとうございます。
    佳子様効果か、はたまた小室圭効果か、TVのニュースではどこも放映していました。
    佳子様の笑顔は本当に周りを明るくしますね。
    アナ雪鑑賞時、眞子様が中央、佳子様右、左に歌手の中元さんの写真で、眞子様は正面を見ていて、一方佳子様は中元さんの方にしっかり笑顔を向けていました。
    眞子様のお心はいつもその場にはなく、どこか遠くにあるように見えます。
    こちらが一方的に感じるだけかもしれませんが。

    明日の映画鑑賞、ご優秀な愛子様ならお一人でもお出ましになられるはずなんですけどね。 父親と高3の娘が映画見に行きますか? 普通は行かないでしょ。
    お母様はお疲れだし、アニメ映画では隣にイケメン俳優が座ってくれないでしょうから、出ないわ のひと言で却下されたのかも。
    スーパーウーマンな雅子サマが夫同伴でないと出てこれないって、、、おかしいですね。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      佳子さまと小室Kの相乗効果でしょうね。
      佳子さまは愛嬌が良くて終始ニコニコですが、眞子さまはあんまり・・・
      アナ雪の時も無理矢理作り笑顔をしているような感じで
      心ここにあらずが続いているように見えますね。
      表情が以前より違って見えますもん。

      明日の映画鑑賞は18才の娘とパパと2人で。
      18才の誕生日映像もパパと2人で、仲良し親子と言えばそれまでですが、
      ご優秀と言われているのになぜ1人で映画鑑賞が出来ないのかしら。
      愛子さまご優秀と言われている方々にお聞きしたいです。
      来春は東大じゃなくて学習院で決まりなのかしら。

      いっそのこと、悠仁さまと愛子さま、いとこ同士で映画鑑賞したら良かったのに。
      どちらがエスコートするのかな??

  11. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。前記事にコメント入れようとしたら、隣のリフォームか、DIYの音がうるさくて耐えられないのでQueenのライブを見ながらにしようかな。と思い立ったはいいけど、変な場所に片付けていました。探してる間に音もやみ、mayuさんは記事を更新されていたわけです。ありがとうございます。姉妹揃っての公務は良いですね。k問題が片付けばなおよろし。。2枚めの写真、光の加減で眞子さまのジャケットとスカート、濃淡があるように見え、スカート丈とブーツも何だかチグハグ感があり、???となりました。他の写真を見てスーツだとわかりました。もっと素敵に着こなしていただきたいです。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      Queenのライブも大音量にしたらDIYの音に負けないくらいの
      音になったでしょうに、片付け過ぎて探すのが大変だった、これはよくあることです。
      鴨場接待で鴨を持ち上げるんですからねぇ~鴨と似たり寄ったりの色のスーツにしたのかな。
      私は絶対触れない、近寄れません。でも鶏肉は好きなんです(^^;)

  12. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    申し訳ないですけど、ご姉妹揃って妙に地味ですね…野外で放鳥するのだから、ドレスという訳にはいかないのでしょうが…

    眞子さまの放たれた鴨が上手く飛べず落ちたのですか。私も、mayuさん同様に「コムロさんとの結婚も落ちてしまえ」と思います。そういうmayuさん節大好きです。しかし、最近言葉が悪いですが行き遅れで焦っている友人を目の当たりにして、眞子さまも「次がないから、どうしても結婚したい」と本当に思われている可能性もあるんじゃないか、と思うようになりました。

    私の友人は、とある難しい資格もあり、職もあり、十分食っていけるので、結婚して夫に頼る必要もありません。むしろヒモのような人と結婚する方が良くないと私は思います。一緒にしたらいけないですが、眞子さまだって、コムロさんと結婚しなくても、ちゃんと公務されていますし、生活できるという点では同じなのに、何故拘ってらっしゃるのやら。
    もしかしたら、小さい頃から、真面目で勉強も出来て高学歴、品行方正ないいお嬢様と周りからも認められ、容姿も端麗な人ほど、結婚できないとなると、そこだけ負けているようで悔しい、と拘るようになるのかもしれませんね。

    • mayu より:

      狗児さん

      鴨場接待は寒いし相手が鴨なので汚れても目立たない服装にしているのかも。

      眞子さまが放鳥した鴨は途中で池?に着地していました。
      なにかを暗示しているようで・・・
      ペンペン草さんのブログには、鴨がネギしょって・・と書いていました(大笑い)
      皇室ネタ以外の話題が面白いです(^^)

      19、20才の頃から結婚を前提にお付き合いして、今更別れろとは
      あまりにも酷いじゃないのぉ~婚約内定会見までやって、もう今後
      結婚相手は誰もいないわぁ~と眞子さまが思って当然ですが。
      それでもねぇ~お立場を考えると小室Kでは相手が悪過ぎなんです。

      • 狗児 より:

        ぺんぺん草さんの所見てきました!
        今の眞子さまの状況だと「鴨がネギしょって」と言われても仕方ないですね。鴨は捕まえやすい鳥なんですか。お嬢様育ちの眞子さまも、騙されやすい女性ですか…ぺんぺん草さんの秀逸なユーモアのセンスに、大笑いしたいけど…「おいおい、笑ってる場合じゃないよ!」という話ですね。やれやれ。

        • mayu より:

          狗児さん

          小室Kにしたら「鴨がネギしょって」の眞子さまなんじゃないですか。
          NY留学だって、眞子さまの婚約者として皇室パワー使っているし
          小室Kも身の程知らずに結婚しよう、などとよく言ったものです。
          圭与さんもいい加減辞退を促すなどしたらいいでしょうに・・・
          よく一年以上も引き篭もっていられますよね。

タイトルとURLをコピーしました