秋篠宮ご夫妻の地方公務は休む時間はあるのか?と思うくらい
一日で数か所訪問し充実させた公務になっています。
前日に続き、15日は「第43回全国育樹祭」の式典に臨席、
首里城近くに立ち寄り知事から説明を受け、沖縄伝統染物の
琉球びんがた工房、沖縄空手の演武を見学しました。
1泊2日のスケジュールでこれだけ動かれて帰京されました。
来年4月19日には秋篠宮殿下が皇位継承順位1位となられたことを
国内外に示す「立皇嗣の礼」の儀式が行われると決定し、1月に
概要を決定されることになりました。紀子さまも儀式に臨まれ、
翌日の20日か21日には饗宴の儀も催されます。
どのように決まるのかまだ詳細はわかりませんが、4月19日が楽しみです。

琉球びんがたの着物 画像出典 https://matunomidori.work/90.html

秋篠宮ご夫妻 首里城視察

ご夫妻は同日午後、火災で焼けた首里城の北殿などを望む
沖縄県立芸術大学の敷地の一角に立ち、火災前後の首里城の
写真パネルを見ながら説明を聞かれた。
秋篠宮さまは「当日は少し風が強かったんですか」などとご質問。
玉城知事によると、この日の昼食の際にも、文化財の焼失状況
などについて尋ねられたという。記事出典 産経新聞



秋篠宮ご夫妻が沖縄訪問 「全国育樹祭」の式典に

沖縄県を訪問していた秋篠宮ご夫妻は15日、宜野湾市で開かれた
「第43回全国育樹祭」の式典に臨席し、帰京された。
式典の後には、10月末の火災で主要な建物が全焼した那覇市の
首里城近くに立ち寄り、玉城デニー知事から説明を受けられた。
ご夫妻はこの日、県内で伝統染物の「琉球びんがた」の工房や
、沖縄空手の演武なども見学された。記事引用 産経新聞

画像出典 https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1042885.html
https://www.sankei.com/life/news/191215/lif1912150035-n1.html
youtubeのキャプチャー
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121500160&g=soc