小室佳代さん洋菓子店に再就職 借金返済か?

雑談

週刊女性に「眞子さま 小室圭さんの母が”こだわりの店”に再就職で
ついに始動! 400万円超 借金返済 大作戦」のタイトルで記事が書かれましたが、
ネットにも早々に以下のタイトルと画像がアップされていました。
小室圭さん母、古巣洋菓子店に“再就職”で借金返済始動? 直撃に久しぶりの肉声

週刊誌の記事全文が以下のURLに載っていますが、かなり長文なので
ブログに全文載せる気にならない為、全文を読みたい方はURLをクリックしてください。
https://www.jprime.jp/articles/-/18341

圭与さんも父親の年金と遺族年金では生活が厳しくなったのか、マンションに
引きこもり生活も嫌気がさしたのか、元の職場都内にある洋菓子店『マッターホーン』に
再就職をされたとのこと。慣れた職場で家に引きこもっているよりは良いし
給料も入るのでそれはそれで良いと思います。

なんだか生活に疲れたように見えるのですが・・・

遺族年金も子供が18才までは子供手当が付くのでそこそこの遺族年金が
貰えるのですが、18才過ぎるとガックリ減るらしいです。
それに勝敏さんは年金を掛けていた年数も少ないので、推測で10万足らずじゃないかな?
父親の年金がどのくらいか分かりませんが、いずれ介護施設に入所すると
父親の年金はアテに出来なくなりますが、マンションのローンは無し(家賃ゼロ)で
中高年女性独り暮らしなら、遺族年金とパート収入で質素に暮らしていけると、
私は思うのですが。 圭与さんが再就職をして400万円返済に充てるのか?
2年くらいで返済できますかね? あんまり返済するとは思えないのですが・・・
寧ろ、小室Kが世話になっているお宅に送金する為に再就職とも考えてしまいます。
いくら親しい知人でもタダで何か月も世話になるのは、ズーズーしいにも程があります。
ズーズーしいから皇族との結婚にもためらわない、とも言えますが( ゚Д゚)

◆秋篠宮さまが求める“金銭トラブルの解決”と“国民から祝福を受ける”ことが条件

金銭トラブルは解決する気になれば解決できますが、国民から祝福を受ける、
これはほぼ無理じゃないでしょうか。私は祝福はできないです。
脳天気な国民が借金返済し借金トラブル解決、小室Kは弁護士資格取得した、
結婚いいんじゃない~好きどうしなんだから~になるのが怖い。

※眞子さまは在宅ワークから近々職場の仕事に切り替わる予定。
※小室圭さんはフォーダム大学ロースクールが夏休みに突入しているが帰国の予定なし。
※最近の新型コロナ感染者増加で今秋まで事態が収束できるか、水面下で
年内の「立皇嗣の礼」の開催は厳しい。
※結婚回答も来年に再延期されることが濃厚。
※圭与さんの元婚約者は進展がなく諦めの気持ちが・・・


以下から週刊女性がネットにアップした小室佳代さんを中心にした記事を引用

「’18年8月、小室圭さんがアメリカ留学に旅立ってからというもの、母親の佳代さんは姿をほとんど見せず、自宅に引きこもっていました。その間に、以前勤めていた都内にある洋菓子店『マッターホーン』を退職したそうですが、実は今年4月ごろ、こっそりと“再就職した”と聞いています。眞子さまと圭さんの結婚問題の鍵を握る“金銭トラブル”解決のため、ついに動き始めたと囁(ささや)かれているんです」(宮内庁関係者)
中略

’17年12月に週刊女性がスクープした、小室佳代さんが元婚約者男性・竹田さん(仮名)に400万円超の借金を抱えていたトラブルが発覚したことにより、おふたりの結婚にストップがかかったといわれている。おふたりが“ゴール”するには、秋篠宮さまが求める“金銭トラブルの解決”と“国民から祝福を受ける”ことが条件という見方が強い。

中略
“こだわりの店”で働き始めたもうひとつの理由は、トラブル解決へ動き出したという声も上がっている。

中略

「佳代さんは、4月から月に数回程度『マッターホーン』で裏方の仕事を始めています。なんでも、彼女の代理人でもある上芝弁護士からお店に連絡があり、“経済的な理由で、佳代さんを再び雇ってほしい”ということで、お店も受け入れたんです。『マッターホーン』での収入がない中でも、すでに他界している夫の敏勝さんの遺族年金などで生活できていたことから、“借金を返すための資金作りなのでは”と言われているのです」(同前)
先日は郵便局に立ち寄っているところを見かけたのですが、郵便物などは持っていなかったので、どこかに送金をしていたのかなと思いました」(洋菓子店関係者)送金が事実だとすれば、留学費用を奨学金などでまかなっている圭さんではなく、竹田さんに“借金を返済している”ことも考えられるのだが、代理人は「送金はないと聞いている」と話す。

画像出典 週刊女性PRIME https://www.jprime.jp/articles/-/18341

別館に書く余裕がないので近況。

明日は町内会の役員をしている福祉部で、早くも秋のお茶飲み会の下見に行ってきます。昼食も試食をして金額を決める、修学旅行に行く前の教師の下見と同じです。今月のカードは作り終えました。たまにピアノも弾いています。水泳は休んでいます。

整形外科の方は2ヶ月になりますが、少しづつ良くなっているようでその日によって痛みが強い時もあり画期的には改善しません。注射を打つのが良いのですが、私が歯科で使う麻酔で動悸がすること、パニック障害があるので医者が嫌がります。困った体質です、薬が効き過ぎ体質でその代わり副作用も出やすい「おくすり体質検査」でもしようかと思ったりしています。普通の人が飲む薬の量の半分で効いてしまうんです。なので量が多いと眠気、吐き気、頭痛、動悸など薬に書かれている副作用が出てしまいます。義弟の奥さんとそのお母さんも薬効き過ぎ体質で、やはり歯科の麻酔で動悸がする、ロキソニンで胃を悪くした、など副作用が強いそうです。義弟の奥さんのお母さんは抗がん剤の副作用が強過ぎて耐えられないと治療を諦め81才で亡くなりました。薬が効くのは良いけど副作用に負けるのが辛いところです。



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)
    雅子さまとは違って、本当にお痛みのあるmayuさんのお具合が少しずつ快方に向かわれていて、ホッとしています(^。^)

    佳代氏、同じマッターホーンに再就職ですか(゚o゚;;働くのはとても良いことなのですが、驚きました。
    それにしても、裏のパントリー勤務とはいえ、生活の疲れか、だらしのない感じですね。写真はある意味、真実を写してしまいますよね(><)
    前にも書きましたが、このショップのある東横線は、超絶お洒落&美味しいパティスリー激戦区でして、各店が凌ぎを削る感じです。イメージも命です。私も、手土産にすることがほぼなくなりました。手に取った方は、間違いなく連想されますしね…(^^;
    よく渦中のこの方を採用しましたね〜(ーー;)怖いもの見たさ(?)の人や、問い合わせ(嫌がらせ?)の電話など、イメージだだ下がりでしたが、ここへ来て、何かオーナーさんの心境の変化でもあったのか…。しかもタクシー通勤って(・・;)

    借金の問題さえ解決すれば、結婚に何の問題もないとでも思っているのか…もうとうにそんな次元ではないのに、図太さに不快感ばかりです。
    眞子さまも、あくまで特権を余すところなく享受出来るお立場を決して手放さずに、良いところ取りをされようという感じが、個人的には嫌です。大変不敬ですが、シタタカにも思えます。
    秋篠宮ご一家、特に紀子さまと悠仁さまが心配です。

    • mayu より:

      イリスさん

      4月から月に数回働いているそうですが、とても借金返済の為に働くには
      働く日数が少ないですね、月に十数回なら分かるのですが。
      マッターホーンの洋菓子、食べたことがないのですが美味しくて評判のお店で
      一時期は圭与さんのお陰で売り上げが伸びた時期もあったのかもしれませんが
      どうしても圭与さんのイメージは着いちゃいます。
      生活苦で弁護士に言われて仕方なく・・・な所もあるのかもしれません。

      圭与さんも、水色の膝が見えるミニワンピかロングチュニックでの
      通勤辺りから上品路線を止めましたね。
      今回撮られた時の服もシワシワの服にキャップが似合わなず
      明るい茶髪で、この様子では皇族をお迎えするのを諦めたのかな~なんて
      若干思いました。開き直りで本来の自分を出しているようです。

  2. いつも更新ありがとうございます より:

    mayuさんご無沙汰しています。体調はいかがでしょうか。少しでも快方に向かうよう祈っております。

    さて、この度のカヨさんの再就職、私は破談に向けての一歩、良い兆しとみています。

    NY州の弁護士資格を取って、アメリカで企業の法務部または国連関連の機関に就職、という青写真を描いてアメリカに留学させたものの、誰も予期できなかった世界的なコロナ渦、就学や就職やビザに影響が出ることがわかってきて、黒幕が当初の予定を諦めたのではないでしょうか。今後のシナリオは、KKは資格を取らないまま帰国、奥野で元の業務に戻るので、カヨさんも元の生活に戻るよう指示が出たのではないでしょうか。ケーキ店は例の弁護士に押しきられて了承したのだと思います。弁護士ってそういう人たちです。

    でも、タクシー移動はともかく、カヨさんの白い作業着姿、なんかホッとします。身の丈にあっている感じ。真っ赤な口紅でブルーのスーツで気取ってマンションから出てきて「これからのお行事を見守りたい」なんてコメント出した時より、ずっと好感持てます。

    mayuさん、破談を信じて、これからもご一緒に秋篠宮家を応援していきましょう。お身体どうぞお大事に。

    • mayu より:

      いつも更新ありがとうございますさん、ありがとうございます。

      治療、リハビリを始めてから2ヶ月になりましたが、雅子さまと同じ(苦笑)
      その日によって「体痛の波」がありますが、療養生活はできないので
      無理をしてもやる時はやっています。あまり大事にし過ぎても良くないので
      こうして書ける時にブログを書いています、気晴らしにもなるので(^^;)

      圭与さんの再就職、いつも更新ありがとうございますさんの予想通りだと良いのですが。
      黒幕は誰かわかりませんが、小室Kは帰国し元の奥野法律事務所でパラリーガル。
      もう眞子さまとの結婚も諦めて欲しいです。
      上流階級の奥様風は圭与さんには無理でした、誰かにタカルより働いて
      お金を得るのが一番です。悠仁さまのお姿を拝見できなくなって随分経ちます。
      悠仁さまロス気味なので成長振りを見たいな~去年の夏休みのブータンは良かったですネ

    • 狗児 より:

      いつも更新ありがとうございますさん
      こんばんは。初めまして、狗児です。横から失礼します。
      カヨさんの再就職が破談への予兆、そうであって欲しいです。心からそう願っています。しかし、小室親子を支援するバックは、何が何でも眞子さまと結婚に持って行って、皇室利権を貪ることが目的でしょうに、小室さんがあまりに使えないと判断したのか、それとも破談の示談金をガッポリせしめる算段がついたのか…謎ですね。
      カヨさんが作業服だと身の丈にあっている気がすると私も思います。上流の婦人を演じるには無理がありすぎですよね。秋篠宮さまの仰る「出口のないトンネルはない」を信じるしかないです。出口が小室氏との結婚ではありませんように…

  3. やしま より:

    更新、ありがとうございます。
    肩の注射ですが、私の友人は肩にヒアルロン酸注射を何回も打ちました。が、全く効き目なし。(そのほかにブロック注射というのもあります)それで鍼灸に行って、よかったと言っておりました。合う合わないは人それぞれなので、良い方法があるといいですね。

    今回の記事の感想の前に、秋篠宮家が済生会関係者に送ったメッセージの中にこういう文章があったそうです。
    「出口のないトンネルはありません。私達も応援しています。」
    このトンネルはもちろんコロナ禍を指すのですが、「出口のないトンネル」って今の宮家ズバリのような気がして、何となく意気消沈してしまいます。

    改めて圭与さんのマッターホーン再就職について、私はこの店のオーナーが、なぜ彼女の再就職を許したのだろうと不思議に思ってしまいます。
    コロナ禍で、老舗ケーキ屋とはいえ、売上はかなり減っているはず。「ケーキ」を買うというのは、会食がイメージされ、そういう会合は確実に減っていると思われるからです。個人宅における○○祝の会等も、このご時世では中止が多いはずで、マッターホーンも新たに人を雇う余力があるのか?と思います。
    そして、この方がいることによる、お店のイメージそのもの。決してアップにはつながらない。むしろダウンのほうだと思うんですけど。それでも「経験者優遇」なんでしょうか?それともちょっとだけ噂になった、オーナーと彼女の関係がムニョムニョ・・・なんていうこともあるんでしょうか。。

    mayuさんが掲載してくださった写真中にも、タクシーがありますが、相変わらずタクシーを多用しているようです。
    何でそんな無駄な贅沢が、この期に及んでできるのか?
    本当に、一般常識ではわからないお人ですね。

    • mayu より:

      やしまさん

      多分、整形外科の注射は神経ブロック注射じゃないかな~?
      私の母は腰が痛い、と言っては注射をして貰う人でした。
      取り合えず、3ヶ月と言われているので、後1ヶ月はリハビリを続ける予定です。

      他に入浴するとかなり楽なので、地方では怪我やあちこち痛い人が
      温泉に滞在して治療する「湯治」と言うのがあるのですが、ちょっと遠いけど
      義弟も怪我のあとに行った温泉に「湯治」に行けば~と旦那に言われてます(笑)

      出口のないトンネル、トンネルを出たら眞子さまと小室Kの結婚だったら
      物すごーーく嫌なのですが~~秋篠宮家を応援できなくなります。

      洋菓子店も断るに断り切れなかったのか、経験者優遇なのか
      少しは宣伝になるのか、ともかく再就職で引き篭もり生活も終わりました。

      小室親子はタクシー利用が多いですね。
      車を所持するよりは経費は掛からないと思いますが、圭与さんは家計簿をつけるとか
      節約するとか、あまり無さそうな感じに見えます。
      丼勘定で生きてきた~みたいな(苦笑) 人の事は言えませんが・・・

  4. ミラージュ より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。
    薬が効きすぎる体質があるとは、初めて聞きました。
    お大事になさって下さいね。

    小室佳代さん、駅まではタクシー使用とのこと。しかも最寄駅ではない駅。
    パート代1日分の 1/3 程はタクシー代に消えてるかも。
    マッターホーンも良く再雇用してくれましたね。
    商売上何らかのメリットがあるのでは?と勘ぐってしまいました。
    圭さんは新潮によれば寮にいるとのことなので居候してはいないようです。
    生活費は奥野が支援しているし、息子に送金ではなく、自身の生活費の為に働き出したんではないかしら。
    家に引き込もっていたのも限界でしょうし。
    アメリカではオンライン受講の留学生に新たなビザを発行しないことが決まったらしいです。
    圭さん、帰国?
    また巷が騒々しくなるのかしら。嫌だわ~。

    秋篠宮様の立皇嗣礼、
    即位礼一年以内に済ませることは可能じゃないですか?
    中止せざるを得ない状況になるギリギリまで準備は完全にしておけば、中止かどうかの判断は10日前位でも良いと思います。
    宮内庁は、良く言えば慎重、悪く言えばことなかれ主義で融通が効かないコチンコチン頭の官僚体質そのもの。
    天皇皇后の4大行幸啓を早々と中止している位ですからね。
    でも地方へ出掛けるのではなく、皇居で催すわけですから、人員配置も楽勝なはず。早く終わらせて秋篠宮様の地位を揺るぎないものにして欲しいと切望しています。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      薬効き過ぎ体質の人がいるらしいんです。
      副作用が出やすい体質ともいうのでしょうか。

      圭与さんはよくタクシーを利用する人ですが、車を所持しているよりは
      お金が掛からない、車通勤できないからでしょうか。
      田舎暮らしなので、その辺りがよく分からないんです。
      横浜から都内までは当然電車通勤ですよね。

      小室圭は寮にいるんですか!新型コロナで全員撤退させられて
      知人宅にお世話になっているとの週刊誌もありましたが
      何がどうなっているのか・・・

      二年も引き篭もり生活はそろそろ限界だったでしょうし、生活費もあるのかな。
      パトロンがいなくなったとか・・・
      で、小室Kが帰国になりそうなのですか( ゚Д゚)
      眞子さまと密会がありそうで嫌だわーー!

      立皇嗣の礼は今回の東京での感染者が少なくなれば9月には
      出来ると思います、早く済ませてほしいです。

  5. nono より:

    mayuさん、こんにちは!記事の更新有り難うございます(*^-^)
    再就職ですか、まぁ、コロナで人手は欲しいのに雇えない企業も多いなかで再就職出来たのは「よかったですねー(棒読み)」と言う感じでしょうか。
    私も大概ナマケモノで、なかなかやる気スイッチの入らないタイプですが、K母は輪をかけてそんなタイプに見えます。
    だから横着して金も返さないし…等々。
    まぁ、働こうがなにしようが、K氏との婚姻は反対ですし、あんな見た目の悪い家族が明治神宮でおすべらかしの眞子さまと並ぶなんて悪寒が走ります。
    流れるならもういっそ有耶無耶のうちに眞子さまsが40過ぎるまで流れてほしい。
    子が望めなくなれば、少なくとも次代継承の論議の邪魔にはなりませんので。

    • mayu より:

      nonoさん

      接待、飲食業じゃない、お持ち帰りが多いからでしょぅか、それに
      有名なお店だそうで、再就職できてラッキーな圭与さんです。
      まだ55才で私より10才も若いので働けますよね。
      私も動き出すまでが長い人ですよ~~(笑)
      お金は他人から借りた事は無いのですが、借りたら一日も早く返済したい
      性格なので圭与さんは相当ズーズーしいと思いました。

      小室Kと結婚、想像しただけで寒気がします。
      国民の半数以上は反対でシラケるでしょうし、秋篠宮ご夫妻は
      どんな気持ちになるか、紀子さまが心配です。
      破談、白紙しか考えられません。延期延期で43才くらいまで・・10年以上も
      小室Kが我慢できるのかしら。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    K母、弁護士から頼んで貰って再就職ですか。洋菓子店も大変だなぁと思いました。「郵便局にK母が行ったのを見たが、郵便物は持ってなかった。送金じゃないか」←洋菓子店関係者(苦笑)って…本当に関係者?何持っているか、いちいちチェックしてるの?と思わず突っ込んでしまいました(^^;
    週刊誌もいつの間にか
    「結婚回答」とか書いていて、ちょっと嫌な予感がします…申し訳ないが祝福は無理ですね。

    町内会のお仕事お疲れ様でした!肩の調子、だんだん良くなってきているみたいで良かったです。そのまま症状が落ち着いて来る様に願っています。
    私もロキソニンは効くんだけど胃に来ます…

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      洋菓子店も断ればなんやかんや言われそうだし、圭与さんも長年勤めていたので
      初心者を雇うよりは良いでしょうし、それなりに宣伝になってるのかなぁ。
      いろんな関係者が出てきて笑わせますね。

      祝福は無理です~最初から嫌で借金返済をしても無理だな。

      それになんでいちいち「立皇嗣の礼」が終わってから発表などと
      立皇嗣の礼を気にするのでしょうか。
      破談ならいつでも大歓迎ですが、結婚、再延期だから立皇嗣の礼の後なのかな。

      肩の具合は良いのか進歩なしなのか、段々わからなくなってきました(苦笑)
      痛み止めを飲むと眠くなるので、ほぼ午後から寝てしまいます。
      ロキソニンは効きますね~私はロキソニンは飲んでも副作用が出ないんです。
      歯医者の麻酔と整形外科で使う麻酔が同じらしく、動悸がするからダメと言われました。
      注射をするのが良いらしいので自分の体質が恨めしいです~(T_T)

  7. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。朝、寝ぼけた頭で「週間女性」の記事を読みました。マスコミこぞって結婚させたくてたまらない様子...暗澹たる気持ちでもうひと眠りしました。そこでmayuさんの記事です。少しホッとしました。借金返済自体は当たり前のことですが、今更感満載ですね。mayuさんが載せて下さった写真を見るにつけ、この方は、そこそこモテそうだし、良い方を見つけて、皇族とは、縁を切るべきだと思います。
    九州、心配です。

    • mayu より:

      ramiriさん

      マスコミから「破談」の文字も言葉も無くなりましたね。
      小室K優秀説に眞子さまは結婚を諦めないとシツコク書いていますが
      国民の祝福も無しに結婚して眞子さまは良いと思っているのでしょうか。
      もう既に借金問題を通り越しているんだけど諦めない人達ですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました