コロナ禍とコムロ禍にうんざり ストレスも溜まります

秋篠宮皇嗣ご一家

上の画像はフォーダム大での小室圭氏。
5月27日 秋篠宮殿下は日本植物園協会の第56回大会と日本動物園水族館協会の通常総会をオンラインで視聴された。同日、紀子さまは「母子手帳国際ウェビナー」にオンライン出席の記事がヤフーニュースに載っていたが、今回も記事だけで画像、映像は無し。

案の定ヤフコメには、
*そんな事より、自分の娘どうにかした方が良いのでは?
*ここは一家で、神経逆撫ですることを平気でやってますね。
*公務公務と言いながら、まずは最優先でやるべき(終わらせるべき)
ことがあるはずなのですがね。

*娘1人満足に制御できない人の言葉に価値が見えない。
*まずはご自分の家庭の問題解決に全力で取り組んで下さい。
*今度は国民に向けて破談会見でのお言葉をお願いします。

等々、記事内容より眞子さんの結婚についてのコメントが多く、いちいちニュースになるほどの話題ではない、とのコメントもありました。

もう眞子さんの問題を破談という解決にしない限り、秋篠宮家は延々とこのように言われ続けるのですが、秋篠宮ご一家は国民のこういうイラッとした感情を理解出来ないのか?のらりくらりしているように見えます。水面下では動いているとは思うのですが・・・モタモタしているうちに3年半になるんですけど。

いくら公務をしても駄目ですね、もうこの状況では秋篠宮ご夫妻を庇いきれません。眞子さんも同様で同情すべき所もあるのですが、延ばせば延ばすほどに「呆れて物が言えない」ような心境です。

全く引き際の悪いことと言ったら・・・。

コロナ禍でオリンピック開催するのと似たり寄ったり。オリンピック招致は「捕らぬ狸の皮算用」であり「呪われたオリンピック」になりそうだし、コロナに猛暑でどうするんでしょ。

コロナ禍とコムロ禍、うんざりです。



紀子さま、「母子手帳国際ウェビナー」にオンライン出席…英語でスピーチも

秋篠宮妃紀子さまは27日、秋篠宮邸で、「母子手帳国際ウェビナー」にオンラインで出席された。妊娠中の女性や配偶者への支援をテーマにしたウェブセミナーで、紀子さまは、「妊娠中の女性が母子手帳を受け取り、専門家と対話をする中で、見逃していたかもしれないリスクや困難に気づくかもしれません」と英語でスピーチされた。紀子さまは、昨年オランダで開催予定だった「母子手帳国際会議」に出席される方向で調整が進められていたが、新型コロナウイルスの影響で来年に延期となっている。このため、今年は「ウェビナー」が開催されることになった。

記事出典 読売新聞 https://news.yahoo.co.jp/articles/0cc6168be6710bbf9c31b4f8f6f52692929fb3a5

秋篠宮さま、植物園協会などへお言葉寄せられる

秋篠宮さまは27日、赤坂御用地にあるお住まいの宮邸(東京都港区)で、日本植物園協会の第56回大会と日本動物園水族館協会の通常総会をオンラインで視聴された。秋篠宮さまは両協会の総裁を務められている。秋篠宮さまはそれぞれにビデオメッセージを寄せ、新型コロナウイルス禍の各施設の取り組みをねぎらわれた。また、秋篠宮妃紀子さまは同日、宮邸で、妊娠中の女性や配偶者への支援などをテーマに開催されたウェブセミナー「母子手帳国際ウェビナー 第2回」にオンラインで参加された。記事出典 産経新聞 https://news.yahoo.co.jp/articles/757ff53279f3cb4ad7f7a7dbfdbcb451baf98db2

雑談 

昨日、今日と友達と2時間くらい長電話でした。2人スマホの話したい放題を契約しているので、何時間でも話せるのが利点です。1人とはそのうち自宅に遊びに行く事にしたのですが、なんと家の中でもマスクをしているとか。病気があるので用心するに越したことはないけど。出掛けるのも買い物と近所を散歩するくらいで、外食もしていないとか。かなりストレスが溜まっているようでした。

私もそこそこストレスが溜まりつつあります。

水曜日、ジムに行って腰痛で整形外科で診察したことを報告。運動をして良いか?トレーナーが医者に聞きに行き、痛みが強くなければ運動はOKでした。 カルテを見たら「ヘルニア」と書かれていた、他に全部で3つの病名が書かれていたよ、と言われました。
ええ~~医者はヘルニアのへの字も言わなかった。聞かないと言わないのがイマイチな医師です。

トレーナー2人が2回目のワクチン接種をしたとのことで、経験談を聞きましたが2人症状が軽かったそうです。整形外科の看護士さん数人が、だるい、発熱があり2日ほど休んだとか。ともかく2回目接種を終えてホッとしたと言っていました。



コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。

    お一人、お一人にコメ返しが出来ませんが、コメントは読ませて頂いています。
    自由にコメ返ししてください。
    お陰様で腰痛の方はコルセットが良いのか?
    youtubeで見ながらの簡単なストレッチが良いのか?
    強い痛みは少なくなりました。ウォーキングも良いとのことなので
    少しは歩かないと駄目ですねぇ。

    自分で出来なくなった超高齢者がいると、何かとストレスが掛かるもので
    90才過ぎた義母、母とウルトラ高齢者が2人健在なのは友人、知人、親戚の中で
    私と旦那だけになったようです。加えて私が、眩暈、腰痛、神経根症になったり
    体にガタが来てしまい、施設に入っているのに高齢者が重荷になりました。
    施設から電話が来ると、今回は何だろう?になりました。

    同年代でご主人を見送った方もチラホラと・・。
    老々介護から抜け出し、あとは自分の事だけ、でも寂しいだろうな~とも思いますが
    夫婦仲がそれ程良くなければ、自由になってサバサバするのかな(^^;)
    女性の方が強いですからね。

    ワクチン接種の予約はしたものの、まだまだ先で問診票まで見ていません(苦笑)
    私は合わない薬があるので、お薬手帳に書いて置きましたが問診票にも書かなければ
    ならないのですね、お薬手帳をいちいち見る時間が無いのかな。

    ミラージュさんがちょろっと立ち読みしたという、Will7月号読んでみたいかも。
    10年くらい前でしょうか、皇太子殿下退位なさいませ、とか 秋篠宮殿下が天皇になる時
    など文藝春秋、Willなど、たまに読んでいました。
    秋篠宮殿下はどのように本で批判されたのか、興味があります。

  2. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。

    今日、書店でWill7月号をちょろっと立ち読みしてきました。
    元女性自身編集長というかたがハッキリと秋篠宮殿下を批判した文書を書かれていました。
    ネットでの殿下批判はそこそこありますが、ちゃんとした雑誌に活字となるのは初めてかも。昔、皇太子様廃太子なさいませ(?)なんてタイトルの記事が出て世間を騒がせましたが、あれほどではないにしても生まれながらの皇族を公に批判したことは大きいですね。
    秋篠宮殿下に廃皇嗣を求めるような動きが起きてくるかもしれません。
    安倍さんだか、菅さんだかが
    自分達が蒔いた種
    と突き放した言い方をしたといわれていますが、つくづく自業自得だなと、嫌~な気分になりました。

    腰の痛み、ヘルニアでしたか。それは痛いはずです。
    簡単には治らないかもしれませんが、どうか無理をしないで地道にリハビリに励んで下さいませ。

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、再びこんにちは。

    もしかして、私がマスクの事をポロっと書いてしまったのが
    いけなかったかも…と、反省しています(>_<)
    (まぁ私が家でマスクする様になったら、小言は減りました(苦笑))

    狗児さんの仰る様に、お疲れの所、この様な場所を提供していただき救われている自分もいて、mayuさんには本当に感謝しています。

    バンビさん。お身体、どうか無理なさらずに…
    ワクチン接種、一回目終了で余計なお世話かも知れませんが…お薬手帳はあったのでしょうか?
    私など、両親に「お薬手帳を持っていけ~」で済ませているけど、マズいのか(汗)?

    • バンビ より:

      白雪山羊さん

      バンビです。ご心配ありがとうございます!はい!2回目も予約できていると
      弟嫁から連絡ありまして
      お薬手帳も持っていきます。
      弟夫婦が対応するそうな。
      前回は
      父が通院(私が付き添い)の際に
      弟から薬を聞いてくるよう言われたらしく、診察の時にとても優しいドクターに教えて頂き私もメモをとり
      薬局で薬もらう際に再度確認してクスリの名前を弟に伝えてたんですけどね。
      LINEで写真もとって。わかりやすいように
      弟は書くつもりはあったのでしょうが、
      父にしてみれば問診票を書くよう渡されたから困惑したんだと思います。
      弟が薬の欄は自分が書くから他を書いてよ、と一言くらいそえてほしいもんです。
      または、問診票くらい代わりに書いてあげて欲しかったな。

      同居の家族は毎日一緒で大変だとは思うのですが。優しくなれないんでしょう。
      私は今日は日曜日でしたがやはり実家にいくのはやめました。
      考えるとドキドキ動悸がしてくる感じなんです。来週は父の通院なのでそれだけは
      行こうと思ってます。しばらく自分優先して過ごしたいです。

      優しい言葉をいただくと、ちょっと泣けます。白雪山羊さん、本当にありがとうございます。
      mayuさんがこのような場を設けていただき感謝です。

      秋篠宮家は眞子さまとご両親が向き合って
      話が出来ているのですかね。
      我が家は両親と弟、弟と私は
      向き合えてなくて、弟はまるで私は敵みたいに思ってるんじゃないかな。
      眞子さまはご両親が敵みたいに感じてるんじゃないかな。ふと、そう思いました。

      • 白雪山羊 より:

        バンビさん、返信有難うございます。ドクターが優しい方で良かったですね。

        私は昨年、両親に心配の余り色々言い過ぎた?と、反省しつつ過ごしてるんですが…
        そうすると何故言ってくれないんだ~など、時々怒りをぶつけられるんですよ…本当に疲れます(T_T)
        まぁ誰しも不安で、ストレスがかかっているんでしょう。
        息苦しい毎日ですが、深呼吸しつつ、何とか乗り越えられるといいですね。

        眞子さまは、向き合って話し合えてないのかも知れませんね。だからと言って、ずっと話し合わないままで…はどうなのか?とも思います。

  4. 狗児 より:

    mayuさん

    こんばんは。
    愚痴を言える場所があるのは大事なことやと思います。そういうのがなければ皆んなおかしくなってしまいますから。いつも感謝しております。有難うございます。

    コムロ禍とコロナ禍ですね。
    桃の花さんと私は同意見でして、何より免疫力を高めることがコロナ対策だと思ってぃます。田舎で密になるような場所など殆どないため、屋外ではマスクしません。屋内では不快に思う人がいたらいけないのでしますが。マスクは飛沫感染は防げても、空気感染は防げません。私の周りで、蚊(ウィルス)を虫取り網(マスク)で捕ることは出来ないと言った人がいます。一種お守りみたいなものです。

    KKを擁護するつもりは一切ないですけど、10歳やそこらで父親を亡くし、お母さんが真面目に働くのではなく、次々と男を取っ替え引っ替えして女の武器を使って生きていくのを間近で見ていたら、傷つくだろうし、まともな考えの人間に育つ訳はないだろう、と思います。父親が存命だったら、あんな人間性にはならなかったんじゃないかと思います。そう考えると気の毒な面もあります。
    まあ、でも、誰だって親は選べません。いつかmayuさんが書いてらしたように、人生は最初から思い通りにならないってことですよね。

    眞子さまは「もう待てない」と仰っていて、KKが納采の儀をする為に6月に帰国するなんて記事もありましたけど…一般人だって諸般の事情により、好きな相手と必ず結婚出来る訳ではないのに…またまた呆れてしまいました。国民の方が「もう待てない、破談の知らせ」です。

    • 桃の花 より:

      狗児さん

      免疫は上げすぎるとアレルギー(リュウマチ含む)となり、下げると感染症にかかりやすくなります。
      自分の免疫を上げすぎない、今より下げない、
      という
      中庸が大事ですね。

      • 狗児 より:

        桃の花さん

        ご返信ありがとうございます。
        免疫力を上げすぎてもダメなんですね。例のサイトカインストームというのも免疫系の暴走らしいですから、確かにそうなんだろうな、と思います。

        私の友人の取引先の人が、コロナに罹り、一時は人工呼吸器が必要な程に悪化し、その後回復したそうです。その人と同じ部屋で仕事をしていた十数人、及び換気の悪い部屋で数時間一緒にいて3時のオヤツも一緒に食べた出入り業者数人(これが私の友人とその同僚)も全員PCRは陰性だったそうです。それを聞いて、結局個人の免疫の問題が大きいのだろうなぁと思いました。
        心配ならマスク二重着けなんてものでなく、オウム事件の時に自衛隊がしていたような防毒マスクでも着けるしかないんでしょうね。

  5. バンビ より:

    mayuさん

    こんばんは。更新ありがとうございます。
    お身体いかがですか。
    ご無理されませんように。

    私の両親も先週1回目のワクチン接種が
    終わりました。
    こちらで書かせいただきましたが
    同居している弟夫婦が両親の
    フォローをなかなかしてくれず
    (ケアマネさんも感じてるみたい)何かあったら私が会社休んで対応しているのですが、ワクチン接種は弟が予約→接種まで
    対応してくれました。
    ただし、問診票書けって両親に言ったらしく私に父から電話があり、
    主治医から問診票に書くように言われたクスリの名前が分からないと。
    事前に弟には連絡して了解と返事きたのですが、父からの電話を一旦切って弟によろしくと伝え、改めて父にクスリの欄は弟が書くから安心するよう伝えました。
    同居していてもこんなありさま。
    ワクチン接種は思いがけず弟が対応しましたが、これから他の事が期待できるわけでもなく私のストレスは解消できません。
    そんな中、なんと私は仕事中、失語状態になってしまい、脳のMRIを受けました。
    病院に電話したときが1番ひどく、電話口で話が中々できませんでした。
    そんな事もあり、両親のワクチン接種は
    対応してもらい良かったです。
    ドクターからは脳に異常もないし、ストレスと思われます。とのことでした。
    一年近く毎週日曜日に実家に行って母のぐちぐちメソメソを聞かされ、薬の管理、通院スケジュール調整、そしておかずを何品か作ってもっていく。
    疲れが膨らんでいたと思います。
    母は脳梗塞で前頭葉をやられたせいか、
    思った事をぜんぶ口にするので、
    せっかく持って行った食べ物を、さっき食べたから要らないとか、デイサービスに着ていく服がない(相当持ってるのですが)と言うので新しい洋服を買っていけば
    他の色がよかった、とか。
    最近は特に私のストレスはひどかった。
    なので、弟には大袈裟に言ってもう3週間実家には行ってません。
    両親は私の身体の心配なんてわすれてるようです。
    老いた親のフォローは、mayuさんが言う通りやったことのない人には中々理解されませんね。
    とはいえ大事な親でもあり中々複雑です。
    ワクチン接種は任せていたけど内心副反応とかが出ないか心配してました。
    けど一方で、もう2人とも80超えてるから
    何かあっても仕方ないとも思ってました。
    ああ、つまらない話が止まらずすみません。
    今日は美容院にでかけたのですが、
    道すがら、飲食店の「閉店のお知らせ」の張り紙をたびたび見かけ、切なくなりました。なんか言いようのない腹立たしさが湧いてきて美容院の担当者と今の政府の対応批判を話しました。
    そしてその方が急に
    眞子さまの結婚の話を始め、やはりやはり
    国民が大変な時に、警備費用やらが小室親子にかかっていること、すでに眞子さまが
    相当な援助をしているであろうこと、をトクトクと語られました。
    ああ、もう本当に国民が呆れてるんだなあ今まで皇室に興味なかった人たちからも
    嫌われてしまったな、とこちらも悲しい気持ちになりました。
    私も秋篠宮家のご両親は公務よりもまず
    足元の問題を片付けてほしいと思います。
    破談一択で!
    さもなくば、佳子さまのご結婚相手、悠仁さまのご結婚相手の方がコムロ家と縁続なりたくない!となって、妹弟のご結婚すら
    難しくなる気がします。
    本当にさっさと肩をつけていただきたものですね。

  6. 月の砂 より:

    mayuさん深夜にすみません。
    腰の痛みは引けましたか。

    ①眞子様と小室の結婚が破談になればいい。
    ②オリンピックが中止になればいい。
    この両方が叶ったらさっぱりします。

  7. ramiri より:

    こんにちは。また出て参りました。というのも、コメント送った直後旦那からラインがあり、昨日退院し、施設に入った姑、早速発熱だそうで。認知症なりに急に移動させられて、さっきまでと違う場所に来ている事はストレスを感じるのでしょうね。抗生物質を投与して、様子見。具合が悪いようならまた入院です。何回繰り返すのか?私も回数などわからなくなりました。医療制度のせいかなんか知りませんけど、この件に関しても心底ウンザリです。

  8. mayu より:

    こんにちは。

    皇室だのなんだのと言うより、もう愚痴の掃き溜め場所でいいんじゃないか
    と思ってきました。
    皇室話題もどうしても眞子さんと小室Kの愚痴になってしまう。

    オリンピックにしても、日本は毅然とした対応が取れないんですね。
    菅総理を「個人」扱いですよ。IOCの対応に怒りを感じないのですかね、政治家は。
    選手村では酒類持ち込み可能。日本の酒類提供店には散々自制させているのに。
    こんな理不尽なオリパラってあるでしょうか。

    オリパラの後のコロナ感染がどんな状態になっているか。
    8月は地方に疎開出来る人は疎開するか、自宅に引きこもっていた方が良いですネ。

    コロナ接種で亡くなる方が増えていますが、私が死んでも仕方ないと思ってます。
    義母と母を見て、つくづく長生きし過ぎの弊害を実感しています。
    65才過ぎてもまだ親が健在で、それも元気で自分の事は自分で出来るなら良いけど、
    自分の事すらままならない状態になり、認知症も進むと本人も辛いようです。

    そして動かされる方も、年を取ってあちこち身体に故障が出てきます。
    それでも親の為に動かなければならない、これは経験者じゃないと分からないです。

    私の場合は仕事引退した旦那がいるので助かりますが、1人では無理でした。
    義母は96才ですよ。コロナ禍で面会が出来なくて返って良かったと思う時があります。

    私のストレスは皇室、コロナより、2人の超高齢者だと実感しました。

    昨日電話で話した友達のお姑さんは102才で、自宅で介護しているとか。
    まだまだ元気で三食キッチリ食べて、むせることもないんだそうです。
    介護している義兄さんは80才、奥さん75才。
    自分に何かあったら頼むと旦那さんに言われたらしいです。
    その旦那さんも後期高齢者の77才くらいかな。

    今までは母を置いて死ねない、なども考えましたが
    ワクチン接種でどうなるかわからない。
    ワクチン以外でも病気になることもあり、母の先々の事までは
    なるべく考えないようにしようと、気持ちの切り替えをしようと思ってます。

  9. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。更新ありがとうございます。ネット記事で、「小室博士が小室殿下に」などという見出しを見てストレスマックスですよ。コメントがまともで「破談一択」が多く、少しホッとしますが。「一家で離脱せよ」もまあまあ多く、その意見が元々アンチ秋篠宮なのか、この件でそういった考え方になったのかわからず、こちらに来ると心からホッとします。女性宮家、女性皇族なるモノに対する皇族方のお考えが全くわからない、伝え聞く事も無い中色々な憶測記事ばかり出てきてウンザリです。

    ワクチンに関しては昨日イギリスBBCのキャスターが亡くなった記事が出ました。
    こういうのを見ると怖くなりますが、打たないと電車やバスにも乗れないし、万が一感染したら、呼吸器に難がある私はかなりヤバい事になるのは解りきってますし。悩ましいです。
    いつもながらmayuさんのタイトルは最高です~。

  10. ナ―バナ より:

    mayuさん、みなさん、おはようございます。
    ああ~~、ほんと、ストレスがたまります。首のアレルギーもひどくなって、なかなか治りません。イライラするとカ~~っとなって、余計にかゆくなります。

    私の地域では、昨日だけで4件も人身事故がありました。そうでなくても最近は増えていて、電車で出かけるときは何も起きないように願って乗車しています。もうみんな気持ちがふさいでしんどいんですよね。

    秋篠宮は何か考えてやっているのかもしれませんが、入ってくるのはKが成功した話ばっかりで、これまたイライラ首が痒くなります。破談ニュースが流れたら、国民は元気になると思います。

    オリパラだって、選手はアルコールパーティOKって、なんじゃそれです。絶対に羽目を外して大騒ぎになりますよ。街を歩いていると、酒缶片手のオッサンやアルコール缶ゴミが隅に置かれていたりと、これまたうんざりします。

    まじめにやってるのが馬鹿みたいに思えて仕方がありません。

  11. 桃の花 より:

    都内は野外でも、東方以外の大人はみんなマスクしています。
    お子さんも野外でもマスクしていて、ずっとマスクだと呼吸がしんどいはず。
    信じられない感じ。

    当方は免疫対策をしっかり入れているので
    野外ではマスクなし。
    デパートに入るときだけマスクです。
    早くコロナ禍が明けますように。

  12. マグノリア より:

    おはようございます。
    ホント世の中コロナとコムロ色でうんざりします。
    つい最近加わったのが、オリパラ禍とナオミ禍。(テニス)
    どれもこれも常軌を逸しているものばかり。
    庶民の声は届かず、正直にお約束を守って生活している一般人が悲しいです。

    深田恭子さんが適応障害で降板の話題もあります。
    一口に適応障害と言っても広い意味があることは承知しています、が、やはり病気ならば彼女のように見た目にも変化が現れますよね。
    あの高貴なお方は、適応障害ではなく別のご病気だなぁとつくづく感じました。

  13. やしま より:

    更新ありがとうございます。私もかなりストレスがたまっています。でもとにかく母の2回目接種を終わらせないと、という感じ。このワクチンについては、友人たちに聞くと、必ず誰かから「打ったらダメ!」という呼びかけがあるらしく、皆してウンザリしています。このワクチンに危険があるのは重々承知です。一番の問題は承認までに余りにも時間が早いということ。普通のワクチンはもっと時間をかけて治験をするのですが、今回はそんな時間がないので、危険を承知で踏み切っている。でも「コロナ鬱」もあり、実際コロナの危険性もあり、どんなふうに自分の中で天秤にかけるかは各自の自由かと。
    なお私は、20歳以下の若者に接種するのは待ったほうがいいという論は理解できます。(現在は12歳以上から接種の方向です)

    秋篠宮御一家については、この段階では何をしても、国民みんながイラッという気持ちになるんですよね。「そんなことをしている場合ですか?」というコメントが主流だし気持ちもわかります。何しろ皇室というのは自分たちの税金で成り立っている。
    最近は「上級国民」という言葉ができたじゃないですか。国会議員を初め、我々と差別して、何でも思い通りになる、コロナで入院が大変でも、そういう人たちは即、入院できる。
    今までは敬愛と尊崇があったから、皇室は特別国民で上級当たり前だったのですが、あの下級国民の男との縁組をするならば、皇室に対する敬愛の気持ちはなくなり、あとはもう何をやっても国民の心には響かない。今までさんざん「国民の心に寄り添う皇室」を正面に据えてきたこの看板が、今や消え去ろうとしています。
    悠仁様の先行きにも暗雲が立ち込めます。秋篠宮御一家がこんなにも国民の怨嗟の的になる日が来るなんて、眞子さんを恨みたくもなりますよ。

  14. 木の葉 より:

     mayuさん、通われている整形外科のジムのトレーナーさんもワクチン打ち終わったのですね。安心してリハビリに通えますね。腰痛が早く良くなられますように。

     けー君の指先には、皇室忖度と言う甘い汁がたっぷり付いているのでしょうか。講義中でも人目をはばからず、30歳近くになってもついつい指先舐めてしまうんですね。

     ニュースで、イギリスは75%がインド株に置き換わったと伝えていました。それでもワクチン接種が進んでいるのでロックダウンを段階的に解除との事。それに引き替え、国民全員にワクチン接種が行き渡るのは、オリパラが済んでもまだまだ先の話しの日本。今の札幌の惨状は、GWウィークの観光客の人手と、オリンピックプレテストのマラソン強行のせいでしょうか。

     これから開かれるオリンピックでコロナ禍は益々混沌とし、コムロ渦も甘い汁が益々彼の指先に流れ続けるのでしょう。本当にうんざりですね。

     

  15. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。
    同じく、ストレスばかりの毎日です…

    うーん…皇嗣両殿下も色々と…悲しい(T_T)
    眞子さまは、ご両親殿下がここまで言われてしまっている事
    一体、どうお思いなのでしょうか?

    ところで、私は自分の部屋から出る時は
    家の中でもマスクをしています。珍しいのかな?
    何しろ家の中は狭いし、高齢者は二人居るし、念の為ですが…

    mayuさん、腰お大事になさって下さい。
    それにしても、何故医者から言わないんでしょうね?

タイトルとURLをコピーしました