コロナ禍と眞子さんの結婚問題により皇室ウォッチングの楽しみを奪われました

皇室

皇后雅子さま、蚕に桑

雅子さま、祭祀は美智子さまの「お慎み」を受け継ぎ、私など蚕が気持ち悪くて見るのも嫌なのですが、雅子さまは平気なようで皇后になられてからコロナ禍でもやれることだけやっているようです。
>皇后さまは「全部食べちゃうんですか」
えっ? 皇后さまが全部食べるのかと勘違いして読んでしまいました。

頭がボ~っっとしています。
今となってはコロナ前の夏、冬の静養時の3人のお手振り映像すら懐かしい。冬の静養では宝塚の大階段じゃないんだけど、お手振りしながら手摺りにも掴まらず降りてこられるものだと感心したものです。中止になった園遊会は女性皇族方の着物姿を見るのが楽しみでした。

新型コロナにより皇室ウォッチングの楽しみを奪われてしまいました。「ピアノレッスン」という映画をご存じでしょうか。映画の中で流れる「楽しみを希う心」は好きなピアノ曲です。弾けないけど。希う(こいねがう) 下の動画を見ると、左右アルペジオでやっぱり左手が難しいのかな。

皇后さまは25日、皇居内の紅葉山御養蚕所を訪れ、飼っている蚕に桑の葉を与えられた。「給桑」という作業で、この日は約1時間にわたって行った。皇后さまは「全部食べちゃうんですか」などと担当者に尋ね、時折笑いながら純国産種の蚕「小石丸」がいる桑の上に丁寧に新しい葉を重ねていった。養蚕は明治以降の歴代皇后が継承しており、皇后さまは昨年から実際の作業に携わっている。記事出典 時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052501129&g=ryl



秋篠宮ご一家、コロナ流行状況お聞きに

記事だけで画像も映像もありませんでした。小室圭卒業ニュースの後にこの記事を読んでも心に響かなくなりました。秋篠宮ご一家は眞子さんにより「楽しみを希う心」を奪われました。今まで秋篠宮家を応援してきたのも虚しい。小室圭氏との結婚は絶対反対、コメントに書かれたようにフェードアウト自然消滅にならないかな~淡い望みでしょうか。

秋篠宮ご夫妻と長女、眞子さま、次女、佳子さまは25日、赤坂御用地にあるお住まいの宮邸(東京都港区)で、新型コロナウイルスの流行状況や、データ分析に基づく今後の見通しなどについて、京都大大学院医学研究科の西浦博教授からオンラインで説明を受けられた。宮内庁によると、新型コロナをめぐり、4方が西浦教授から話を聞かれるのは初めて。1時間20分ほどにわたり、熱心に耳を傾けられたという。記事出典 産経新聞https://www.sankei.com/article/20210525-PDKVVXR6ZRJGTJWLX



コメント

  1. いつも更新ありがとうございます より:

    “小室圭さん問題で「敬愛される皇室は終わった」上皇陛下ご学友の告白”
    というヤフー記事(元は女性自身)を見て思ったのですが、
    では、敬えない一族の贅沢な生活を、何故私たちは税金(ひとり当たりの金額は少ないかもですが)で支えていかなければならないのでしょう。

    昭和天皇は、ひいきのお相撲さんの名前も言わないくらい、本当に「私」を滅して、国民のために気持ちを寄せてくださった方でした。ところが今は、

    公より私
    祭祀はお慎み(皇后)
    憲法違反も平気 退位も即位も思いのまま
    NHK7時のニュースを広報扱い
    引越し準備ダラダラ、改築にダメ出しして竣工延期

    眞子さんがひとり悪者になっていますが、悪いのは眞子さんだけではないですよね。朱に交われば赤くなる、良貨は悪貨を駆逐する、、、悪い見本を見て、染まってしまったのではないでしょうか。

    今晩、月に関する天体ショーがあるみたいですが、月にアレルギーで見る気になれません。

  2. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは。
    仰る通りコロナで皇族の方々のお出ましも減り、寂しい限りですよね。妃殿下のお召し物がどうの、という平和な他愛のない話で盛り上がれなくなって悲しいです。

    前記事で話題になりました若い人の言葉遣いの話を蒸し返してしまい恐縮ですが…
    私も40代、決して若くはなく、職場の20代の新人さんの言葉使いや、飲食店のバイトの方の言葉使いなど、気にならないと言ったら嘘になります。お大事に位の気遣いの言葉を言えないのが良いとは決して思いません。皆さんの仰ることも分かります。

    でも、私自身も、ご本人が到底常識があるとも思えないタチの悪い御局様から、細かいことをチクチク言われていびられたり、私生活でも、何十年と家にいて社会性のなくなった姑(専業主婦が全員社会性がないとは言ってません)からいびられたり、辛い経験を随分としてきました。
    ですので、最近では「言葉や社会常識というのは生き物であり、時事刻々と変化するもの。同じ日本人でも、世代が違うと言葉も常識も違うのは当たり前。相手に特に悪意がなさそうなのであれば、大抵のことには目を瞑り、寛容になるべきではないか。」と思うようになりました。

    これは、「イジメや虐待の連鎖と同じく、自分が細かいことをチクチク言われてきたからこそ、自分より目下又は後輩の細かいことが気になるのではないか?」と自問自答した結果です。ですので、決して他人に押し付けるつもりはありません。もちろん、世代が若かろうとなんだろうと、本当に失礼な言葉や振る舞いもありますので、難しい問題だと思います。

  3. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。記事の更新ありがとうございます。先程テレビで天皇陛下の「お田植え」を見ました。天皇皇后両陛下及び皇族方はこういう感じでのんびりしているのがよろしいかと。民衆の前に出て大きく手を振って見せる美智子さんのお得意パフォーマンスはもう必要ないと思います。ひっそりと暮らしていればよいのです。3年以上もkkなどに振り回され、心底ウンザリです。
    白雪山羊さん、私も吹き出しました。mayuさんのユーモアセンスが大好きです。文字認証を間違って消えること、私もやらかしています。mayuさんにメモ帳機能を使ってみては?と提案頂き、使い方も教えて下さったのですが、まだまだ出来ず。情けないです。
    マグノリアさん、全く同感です。

    • マグノリア より:

      ramiriさん、こんばんは。
      ですよねぇ。
      上皇陛下のご学友の明石さんが「皇室の方々は、生まれたときから一般国民とは違う存在で、どんなときも『私』より『公』を優先する、特別な存在です。」とおっしゃっているように、皇室は別世界、のんびりされているのがよろしいですね。

    • 白雪山羊 より:

      ramiriさん、こんばんは。

      吹き出したのは、私だけではなかった様で…
      (笑)。
      mayuさんのユーモアのセンス、楽しいですよね(^^)

  4. やしま より:

    コロナについて、多分超多忙な西浦教授の時間を1時間20分、秋篠宮家のために空けるというのは、なかなかなこと。国民に寄り添うよりも、宮家としてお仕事してますよ~という話だなと、国民的にはしらけてしまうのも、破談に進まない今の状況では仕方がないことかと思います。(案の定そういうコメントばかり)
    そして私は宮家のメンバーに、眞子さん、佳子様は入れなくてもいいんじゃないかと。御両親と悠仁殿下に聞いていただきたい。女性宮家の当主にならないのなら、いずれ御降嫁、しかも真っ当な方への御降嫁。じゃなきゃ困ります。そんなにこのお二人に公務熱心になさっていただかなくてもいいんです。

    雅子様に関しては「全部食べちゃうんですか」というお話の仕方が下々っぽいなぁ。ちょっとつくろって「食べてしまうんですか?」ぐらい言えないモンか。もう皇室に上品さを願うのは贅沢なのか。
    全くみんな庶民になっちゃって。。

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    更新有難うございます。

    「全部食べちゃうんですか?」に吹き出してしまいました(笑)。
    mayuさ~ん…(  ̄▽ ̄)

    「楽しみを希う心」楽譜持っています。(「ピアノレッスン」の楽譜)間違えながらなら弾けるかも(苦笑)??

    最近はK関連の週刊誌の見出しだけで、もう駄目ですね…
    あぁ何て事をしてくれたんだと暗~い気持ちになります。
    でも眞子さまはK氏がお好きなんですよね(溜め息…)
    そんな時にブログ更新してくださる、mayuさんに感謝しています。.:*:・’°☆

    追伸:このコメントの前に似た様なコメントをしたのですが、文字認証が間違えたのか?
    消えてしまいました。
    万が一、続けてコメントが出てきたら、ごめんなさい。
    こちらが本物です。

    • マグノリア より:

      白雪山羊さん、こんばんは。
      私のも消えたりしました。
      パソコンの調子が悪いのかなぁと思っておりましたが、先方サーバーか何かが不具合があったのかもしれませんね。
      ramiriさんのおっしゃるようにメモ機能を使うのもよい方法かもしれません。

      • 白雪山羊 より:

        こんばんは。

        マグノリアさんとramiriさんの仰る様に、今度メモ機能を使ってみますφ(..)

  6. マグノリア より:

    こんにちは。
    給桑(公務?)は静養(公務??)同様体調の波もよろしいのかお休みなく続けられているようですね。
    お蚕さん同様皇后陛下におかれましても大変お元気そうで、お体つきもご立派に見え、よかったです。

    秋篠宮ご一家も4方揃ってのオンライン説明公務に臨まれ、ご活動されているようですね。

    まぁ、こんな感じの公務状況でしたら皇族としての人数は足りていると思いますし(むしろ余ってる?)、今後コロナが収束し公務の見直しをすれば皇族減少などの問題も改善の傾向があると思います。
    無理に女性天皇や女性宮家を慌てて考えなくても、その前にやることがあるのでは、と最近感じます。

タイトルとURLをコピーしました