天皇陛下62才の誕生日 即位して一度も一般参賀もなく寂しい誕生日

天皇皇后両陛下

天皇陛下の誕生日に雅子さまも同席される、とのことで記者会見に同席するのだと勘違いしてしまいました。記者会見は天皇陛下お一人で、映像に雅子さまが同席されているのでした。新型コロナが無かったら、一般参賀があり成年皇族となった愛子さまもお出ましになるのでしたが、新型コロナで即位されてから一度も天皇誕生日の一般参賀がありません。

記者会見の動画をチラ見しました。天皇陛下、年を重ねたせいか?面差しが上皇陛下に似てきました。

記者会見の全文はすみません、全文真面目に読んでいません。コロナ過で体調を整えにくくなっているのは、庶民も同じですがそれでも動かざるを得なくて動いている方々も多いわけで、雅子さまもコロナ過で体調が整えにくくなっているそうです。

いまだ快復の途上で、体調には波があり、大きな行事の後には,疲れがしばらく残る傾向にあります。これからも、無理をせずにできることを一つ一つ着実に積み重ねていってほしいと思います。

と、こちらも何十年聞かされた言葉だろうか~と思うくらいですが、庶民と皇族では違いますから、どーーぞ無理をせず、ご静養なさってください。と書くしかないでしょ。

なんたって悠仁さまも提携制度を使って筑附に進学されて、皇族と庶民を一緒にするな!と書いてしまいましたから、悠仁さまは良くて、雅子さまは悪いのか、と突っ込まれてしまいます。

気持ちが少しづつ皇室から離れているんです。秋篠宮夫妻に対しても庇いようがない、虚しさも感じています。上皇夫妻、天皇皇后夫妻、秋篠宮夫妻・・他の枯れ木も山の賑わいになっている宮家の面々。魅力が薄れてしまいました。

そこで、早くコロナ過が収まり新年一般参賀、天皇誕生日の一般参賀などで若い悠仁さま、愛子さまが参加され新しい息吹を皇室に吹き込んで欲しいです。

眞子さんの事にも質問があり言及されていますが、既にNYで生活していてその様子を知る事もなくなり、23日は小室圭氏が司法試験を再度受けるそうですが、私の気持ちの中では過去の人になってしまいました。不合格だった場合、得意のどこかのコネを使って就職し米国に滞在し続けて欲しい、日本に帰国して欲しくないです。

天皇陛下 62歳のお誕生日迎えられる

天皇陛下、62歳誕生日の記者会見



記者会見 全文 長いのでブログには全文転載しません。(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/161736

◆皇后さま、長女愛子さまについて
質問ー皇后さまは療養を続けながら、陛下と公務に臨んでこられました。ご回復の状況はいかがでしょうか。長女の愛子さまは二十歳を迎えられました。成年行事でのお姿を見てどのように思われましたでしょうか。これまでの20年間を振り返り印象深い思い出やオンライン授業が続く現在の学生生活、今後の歩みへの期待や結婚について、父親としての思いをお聞かせください。

天皇陛下

雅子は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による活動への制約などから、体調を整えにくくなっている面はありますが、種々の工夫や努力を重ねながら、幸いにして、都内での式典やオンラインによる各地への訪問、新年ビデオメッセージなどに一緒に臨むことができました。養蚕については、昨年、より多くの作業に取り組むことができ、楽しみながら作業をしている様子を見て,私もうれしく思いました。

また、皇居への移転に伴い、生活環境が大きく変わる中で、自分なりに公務と生活のリズムを整えようと懸命に努力していると思います。しかしながら、いまだ快復の途上で、体調には波があり、大きな行事の後には,疲れがしばらく残る傾向にあります。これからも、無理をせずにできることを一つ一つ着実に積み重ねていってほしいと思います。
雅子は、また、私の日々の活動を支えてくれる大切な存在であるとともに、公私にわたり良き相談相手になってくれています。私も、今後ともできる限り力になり、支えていきたいと思っております。国民の皆さんには、これまで温かく心を寄せていただいていることに、改めて感謝の気持ちをお伝えするとともに、引き続き雅子の快復を温かく見守っていただければ有り難く思います。

愛子は、昨年12月に成年を迎えました。成年に当たっての感想の発表や成年の行事に臨むに当たり、緊張もあったと思いますが、何とか無事に諸行事を終えることができ、私たちも安堵あんどしました。また、いつの間にか二十歳はたちという年齢を迎え、大人の仲間入りをすることになったこと
を感慨深く思いました。日頃から、多くの人々に助けられ、支えられているということに愛子が感謝の気持ちを持っていることを親としてもうれしく思っています。印象深い思い出については、学校の水泳の授業で、小さい頃にはビート板を使ってプールで短い距離を泳いでいた愛子が、女子中等科時代、静岡県の沼津の海で3kmの遠泳ができるようになった時や、中学の修学旅行で広島を訪れた際に強い衝撃を受け、平和への思いを文章にまとめた時などに成長を感じ,うれしく思ったことを覚えています。愛子は、一昨年大学生になりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、授業にはオンラインでの出席が続いています。2年生になり、演習の授業での発表があったり,課題の提出などで忙しい毎日ですが、大学での勉学に一生懸命に取り組んでいます。
私自身の大学生活を振り返ってみますと、気が付けばもう40年くらいも前になりますが、大学では様々な人たちと顔を合わせて授業を受けたり、放課後の部活動で一緒に参加したり、見ず知らずの人と学生食堂で隣り合ったり、新しい発見と経験の連続であったように思います。そういう意味でも、愛子には、感染症が落ち着いて、いつの日かキャンパスに足を運べるようになると良いなとは思いますが、たとえどのような環境にあっても、実り多い学生生活を送ることができればと願っています。愛子は、家族との時間を大切にしてくれており、愛子と3人でいると、私たちの団欒だんらんは、笑いの絶えない楽しいものになっています。昨年も述べましたとおり、愛子には、いろいろな方からたくさんのことを学び、様々な経験を積み重ねながら視野を広げ、自らの考えを深めていってほしいと願っています。
また、今後、成年皇族として、思いやりと感謝の気持ちを持ちながら、一つ一つの務めを大切に果たしていってもらいたいと思います。その過程で、私たちで相談に乗れることは、できる限りしていきたいと思います。

◆小室眞子さん、皇室の歴史について
ーめいの小室眞子さんが昨年10月、結婚により皇室を離れました。一時金が支給されず儀式が行われないという異例の経過や皇室への影響について、陛下の受け止めをお聞かせください。眞子さんの体調に影響を与えたとされる週刊誌報道やインターネット上の書き込み、また皇室の情報発信のあり方については、どのようにお考えでしょうか。

天皇陛下
眞子内親王は、小さいときから姪めいとして成長を見守っておりましたし、成年に達してからは、昨年秋、結婚により皇室を離れるまで、様々な公的な活動に真摯に取り組んでいたことを深く多といたします。結婚について様々な意見があるなど、結婚に至るまでの状況を踏まえ、納采の儀などは秋篠宮家の判断で、また、朝見の儀などについては、私の判断で執り行わないこととなりました。今後、幸せな人生を歩んでいってほしいと思いますが、同時に、この間、多くの方に心配をお掛けすることになったことを心苦しく思っています。
昨年も述べたとおり、皇室の在り方や活動の基本は、国民の幸せを常に願って、国民と苦楽を共にすることだと思います。そして、時代の移り変わりや社会の変化に応じて、状況に対応した務めを果たしていくことが大切であると思います。皇室を構成する一人一人が、このような役割と真摯に向き合い、国民の幸せを願いながら一つ一つの務めを果たし、国民と心の交流を重ねていく中で、国民と皇室との信頼関係が築かれていくものと考えております。同時に、皇室に関する情報をきちんと伝えていくことも大事なことと考えています。週刊誌報道やインターネット上の書き込みについては、人々が自分の意見や考えを自由に表現できる権利は、憲法が保障する基本的人権として、誰もが尊重すべきものですし、人々が自由で多様な意見を述べる社会をつくっていくことは大切なことと思います。その中にあって、一般論になりますが、他者に対して意見を表明する際には、時に、その人の心や立場を傷つけることもあるということを常に心にとどめておく必要があると思います。他者の置かれた状況にも想像力を働かせ、異なる立場にあったり、異なる考えを持つ人々にも配慮し、尊重し合える寛容な社会が築かれていくことを願っております。

◆ 悠仁さまの高校進学について
ー先ほど愛子様のところでその大学生活御自身のことを振り返られながらもう少しお話しいただけたらと思うんですけれども、先日皇位継承順位第2位の悠仁様が筑波大学附属高校に合格されて進学される見通しになったと発表ありましたけれども、高校在学中には18歳の成年を迎えられることになります。このことに関して御感想と陛下御自身の体験を踏まえて今後皇位継承者としてどういったふうに過ごしてもらいたいといったような期待感などありましたらお聞かせください。

天皇陛下
そうですね。私の高校時代のことは、はるか昔のことのようには思いますけれども、また、年は経たっていますけれども、本当に高校時代の3年間はいろいろな人と出会い、友達もできてそしてまたいろいろな活動に取り組むことができた、そのような点で、ある意味では非常に充実した3年間を送ることができたというようなことを今でも懐かしく思い出しております。先日、悠仁親王の高等学校の進学先が決まったという報告を受けましたが、やはり是非実り多い高校生活を送ってほしいというように心から願っております。



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. mayu より:

    こんばんは。

    イリスさん、お久しぶりです。
    コロナ過で芸術に携わる方々は大変なダメージを受けている方々も
    多いのですが、お忙しくて何よりです。

    昨日から今日にかけて四苦八苦している事があり、夜中まで起きていたので
    序に天皇陛下の誕生日の記事を書いて寝ました。

    何に四苦八苦かと言えば、スマホのラインスタンプを買うのに
    チャージできなくて、というか前回は出来たのに忘れてしまい
    スマホと格闘していました。ようやくできたのが午後2時で、
    いとも簡単に出来てしまい、一体あの苦闘はなんだったんだ?と。
    銀行引きは嫌なので、ドコモ利用料金に加算する形での決済を望んでいたのです。
    欲しかったスタンプも入手し、やはりチャージが分からなくてスタンプが買えない
    友達にスタンプをプレゼントして、一体何をやってるんでしょう( ゚Д゚)

    あの小さい画面を見続けていたら目が疲れてしまいました。
    気に入ったスタンプは、キキぷりのはな子 検索すると出てくるかと思います。
    可愛いスタンプを買えてオバハンは嬉しいです~~(笑)

    • イリス より:

      mayuさん、ご返信感謝です(*^^*)

      ありがとうございます。少しずつながら、舞台も再開するところが増えてきました。とはいえ間引き客席などですし、この先への漠然とした不安は、関係者の間では皆が抱いていると感じます。どんな世でも、受験は容赦なく毎年キッチリ来ますが…(苦笑)。

      mayu、お疲れの中のアップを今回もありがとうございます⭐︎
      ラインスタンプの決済方法、長きにわたる格闘は本当に大変でいらしたと思います(><)仰る通り、ふっと解決したりすると今までの時間は一体…って気持ちになりますよね〜。
      そしてパソコンに慣れた方には、画面の小ささも疲労になりますよね。私も楽譜を読んだ後に、スマホは長く見られません…。眼精が拒否反応です(笑)。

      キキぷりの花子さん、初めて知りました。教えてくださって、ありがとうございます!目の表情豊かですね(๑>◡<๑)

  2. イリス より:

    mayuさん、大変ご無沙汰いたしました。イリスですm(_ _)m
    ずっとコメントできずにおりましたが、ブログは本番後や休憩中に拝読したりして、元気をいただいておりました。
    皇室関連も、昨秋から色々ありましたね…(ーー;)

    今は受験シーズン真っ只中で、毎年ながら全員の結果が出揃う3月下旬まで、緊張感が取れません(笑)。コロナ禍で音大も試験方法や科目が変わったりしまして、今年も対応に追われました。そして私立と違って、国立は長期戦です。メンタル面の強靭さや柔軟さも問われますね。

    悠仁さま、筑附に合格だそうですね。提携制度という、利用できるものを利用したということで、問題はないだろうと思います。三年間で、新しい良き友との出会いもありますように。自主性尊重の自由闊達な校風が、肌に合うと良いですね。

    今日は天皇陛下のお誕生日だったのですね。
    秋篠宮家のバッシングが激化した代わりに、天皇家の爆ageも加速したようですが、大衆というのは気まぐれですので、叩く対象があちらに行ったり、こちらに行ったり…ですね。
    私も関心が薄れつつありますが、美智子さま、雅子さま、眞子サンの「三大Mの悲劇」(⇦mayuさん、流石の命名でいらっしゃいます)は、不敬ながら不動のセンター(笑)です。

  3. みどり より:

    こんにちは。
    いつも楽しくmayuさんのブログや皆様のコメントを読んでいます。

    今日の祝日の午前中、買い物に行く道中、ラジオで
    宮澤エマさんがゲストで出てらしてその声を聴きながら
    こういった出自のお家の方が眞子さんのお相手であったほしかったと
    つくづく思いました。

    やはり紀子様は平民すぎた、とお子様の教育を見ていて思ってしまいます。

    • ミラージュ より:

      みどりさん

      宮澤エマって誰?と、調べましたら元総理のお孫さんなんですね。
      紀子様より出自が宜しいとは言えないと思いましたけど、何を根拠に宮澤家の方が良いとお思いなのか教えて下さい。

      • みどり より:

        ミラージュさん、はじめまして。

        宮澤エマさんと紀子様の出自を比べてはいません。
        眞子さんのお相手の家の出自を嘆いているだけです。

        • やしま より:

          >ミラージュさん

          私も宮澤エマさんって誰?と思ったので、祖父宮澤喜一元首相から、一族を見てきましたが、まあ姻族と閨閥で政界の大物たちと、どこかでつながってるんで驚きました。現総理大臣岸田氏とも遠い親戚になるわけで・・・
          こういうのっていわゆる「華麗なる一族」っていうんじゃないんでしょうか?それが皇室に似合っているかどうかは別ですよ。政治家一族ですから。

          私としては逆に「紀子様より出自が宜しいとは言えない」と言われる根拠を書いていただけるとありがたいんですが。私の読んだ範囲内では、「出自」については別に宮澤一門を低いと評価する必要はないと思いますが。岸田首相出身派閥宏池会は政界では「お公家さん集団」と言われています。宮澤元首相もそこ派閥出身の総理大臣です。

        • ミラージュ より:

          みどりさん

          紀子様と比べていらっしゃらないのかどうか、文脈ではハッキリしていませんが、紀子様が平民過ぎると書いてらしたのでそう思ってしまいました。
          小室家自体はそれほどでもなく、問題は角田家?

          尚、紀子様は美智子様より家柄は良いと思いますよ。
          雅子様と比べても遜色はないと思います。
          平民中の平民は美智子様です。

  4. さざんか より:

    学習院「同窓会」4000万不明瞭支出でドロ沼内紛

    学習院「同窓会」4000万不明瞭支出でドロ沼内紛 | 週刊文春 電子版
    「学習院にとって筑波大附属は、明治時代から各運動部が定期対抗戦を行なってきた好敵手で、その戦いを互いに“附属戦”、“院戦”と呼んできた。悠仁さまが因縁のライバル校に進学されることには、複雑な思いがあ…

    「佳子様が園遊会にお出まし無いのは、美貌の佳子様に視線が集まるのを美智子様がお嫌いになり禁止されたせいだ」と、読んだことがあります。
    その流れで、悠仁親王殿下が注目されぬよう、禁止されてきたのだろうと感じてきました。

  5. クロワッサン より:

    わたしも皇室については、いろいろな事があり、敬愛の念が薄れました。心が離れました。魅力的な方がいませんし。

    天皇も「愛子が雅子が」の言葉ばかり。家庭の話ばかりで、国民への愛がありません。象徴としての威厳もありませんし。今日が、天皇誕生日という祝日の感覚もありません。

    皇后への弁護も、毎年、一字一句違わない感じだし。でも日本には皇室は、必要と思っています。

    わたしもミラージュさんと、やしまさんと、同じ意見です。結構、歴史の成り立ちや皇室の系譜やエピソードについて間違っている事があります。知識が浅薄なのです。講師のようなエラそうな解説に、ちょっと違和感。

    mayuさんの意見や感想は、本質を突いているし、柔らかさとユーモアがあるから、大好きです。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    何故だか私も、記者会見に雅子さまがご一緒するのだと
    勘違いしておりました(^^;
    動画の両陛下、共にお元気そうでした。

    そうでした、天皇誕生日の一般参賀がコロナ禍でまだ一度もないですよね。
    ここしばらくはずっと、オンライン公務が続くのだろうな…と思いました。

  7. やしま より:

    早速に天皇誕生日の記事を上げてくださり、ありがとうございます。テレビでもチラッと、眞子さんのくだりだけ流していましたが、全文読ませていただけ感謝です。個人的には「深く多といたします。」という言い回し。私が浅学菲才なせいですが初めて見ました。意味を後で調べてみたいと思います。

    学習院の愛子様3km遠泳話が出ていましたが、確かに良きにつけアレレにつけ、愛子様はお小さいときから幼稚園~高校に至るまで学校生活が折に触れマスコミ媒体で報道され続けました。お写真も多数あります。それに比して悠仁様の学校生活の記事が少ないのは確かです。皇嗣殿下の長男であり、将来の天皇陛下になられるのですから、これからは愛子様ばりに表舞台に出てきていただきたいと思います。高校生活を楽しく送っていることを国民が知れば、「ズル入学」という雑言も消えると思うのですが。

    それにしてもmayuさんの「気持ちが少しづつ皇室から離れているんです。」この気持ち、物すごくよく分かります。
    この年までに眞子さんや佳子様が相応の方に嫁いでお子様ができ、愛子様にもそろそろ恋のお相手が?みたいな話が出て、皇室が華やいでいたらどんなに良かったでしょうか。出てくるのはマイナスなことばかりで気がめいります。特に眞子さん関係は最悪。

    先日のワクチン接種後見守りで実家滞在していましたが、母がいろいろな意味で憤ってました。眞子さんの夫は最悪だし、悠仁様の進学先にしても秋篠宮家って何考えてるの?と。全体的に「皇族らしくない」のが不満なようでした。皇族は相応の人と結ばれて、皇室の行末を見守るべきだし、天皇に箔付けは不要。頭の良い学校に進むことが将来の天皇としてふさわしいなんて私は思えないよという、92歳にしては真っ当なことを言ってました。母は頭がクリアで、それについてはケアマネさんに感心されています。

  8. マグノリア より:

    おはようございます。
    私も記者会見に天皇皇后両陛下が臨まれるものと思っておりました。
    映像のみ皇后陛下がいらっしゃるのですね。
    先日も申し上げましたように「嘘も百回言えば真実になる」、このような状況も毎回でしたらこれが当たり前になる、負の連鎖です。

    私もどんどん皇室が遠い存在に感じ始め、ありがたみも感じていません。
    思えば平成皇室が国民に寄り添うなんて言うから、国民もその気になってしまったのです。
    もともと皇室と平民は全く異なる世界に存在しているのです。

    会見内容も見ません。
    ここmayuさんが掲載していただいた文章を見る限り「そーなの」、特に真新しいことは見当たりませんでした。
    今日はただの祭日です。

タイトルとURLをコピーしました