眞子さま日本伝統工芸展ご鑑賞と授賞式に出席 2016年~今年までの日本伝統工芸展ファッション

秋篠宮皇嗣ご一家
スポンサーリンク

眞子さまマスクをつけて8カ月ぶりに公務

眞子さま、マスクを着けて8ヵ月振りに日本伝統工芸展ご鑑賞されました。眞子さまは展示を主催する日本工芸会の総裁を務められており、鑑賞後は受賞式典に出席され受賞者を表彰されました。動画を見ると様々な作品が展示されています。着物、陶芸、漆器 素晴らしい作品が沢山で目の保養になります。

新型コロナも少しづつ治まりつつあり、皇族方もマスクを着けて宮邸を出ての公務が少しづつ増えるかもしれませんね。あまり神経質にならず引き篭もっているよりは良いのではないでしょうか。

下の方に日本伝統工芸展を鑑賞、受賞式典に出席された眞子さまの2016年からの画像を載せました。眞子さまの日本伝統工芸展ファッションです。

眞子さま 8カ月ぶり公務 「日本伝統工芸展」へ

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは16日、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れ、工芸分野で国内最大規模の公募展「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞された。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの行事が中止や延期となっており、宮内庁によると、眞子さまが祭祀(さいし)や儀式以外の公的な活動で、お住まいの宮邸がある赤坂御用地を出られたのは1月以来約8カ月ぶり。眞子さまは展示を主催する日本工芸会の総裁を務められている。会場に並んだ約600点の作品について説明を受けた眞子さまは、深くうなずきながら、時折乗り出すように作品をご覧になった。説明者によると、眞子さまは自ら日本工芸会総裁賞に選んだ漆箱について、「厳しい冬の情景がよく表れていますね」と感想を述べられたという。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200916/lif2009160011-n1.html

 



眞子さま 2016年~2020年まで 日本伝統工芸展ファッション

2016年 薄い水色に同系色のレース生地を入れた上着とレースのスカート。このレース使いのワンピースはエレガントで好きです。眞子さまによく似あってます。

2017年  藍染のような微妙な青色で、ウェストの前にリボンのように山にしたシックなワンピース。

2018年 薄いベージュ色、エクリュ色のワンピースで、シンプルだけどウェストのベルトが綺麗です。

2019年 淡い青緑色のワンピース、短いジャケットを羽織ったように見えるパイピングがアクセントでしょうか。上品な色です。

2020年 今年は薄いブルーのシンプルなワンピースでした。2016年から2020年までの日本伝統工芸展での眞子さまのファッションは、スーツに見えるけど全部ワンピースで、色はブルー系が多い。スカート部分がぴったり、キツキツしないようにタックを入れていました。スカート部分をタイトスカートにすると座った時に横ジワが出来ますが、タックを入れたり緩めに作ると横ジワが出なくて良いです。 日本伝統工芸の総裁を務められていることもありますし、改めて過去の画像を見ると、眞子さまは皇族の品性もお持ちです、このままずーっと皇室に居てくれると良いのに・・・と思いました。
画像出典 毎日新聞、デジタル朝日、産経新聞



コメント

  1. やしま より:

    今回の眞子様のワンピース。どこかで見た記憶がありました。で探したら出てきました。

    眞子さま、鳥取へ 大山開山1300年祭で
    秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは8日、「大山開山1300年祭」記念式典出席のため、羽田発の民間機で鳥取県に到着された。9日に帰京する。眞子さまは8日午後、米子市美…

    2018年(2年前)鳥取県ご訪問時のものです。
    同じお洋服で比べてしまうと明確なんですけど、今回お太りになられましたね・・特に二の腕がパツンパツン。
    2年前。婚約延期中のご公務ですね。でも今ほど端から嫌な話は出ませんでした。2年延期ならスッパリ2年で決着をつけるべきだったと思います。このままズリズル続けてどうするんだろう?

    今回の公務についてはツイッターにも取り上げられていて。お車代に関する話です。元話は皇室与太ネット記事。この悪意的な記事では、眞子様みずから「お車代をください」と、工芸スタッフのところまでいらしたというのですが、それはあり得ません。でも、残念ながら「お車代」自体はあります。

    過去お車代に熱心だったのはヒゲの殿下等、三笠系皇族の方たちと、高松宮殿下でした。余りに高額だったため、国会で追及され、お金を返金したこともあります。
    こうやってTwitterで拡散されると、とても心が痛いです。

    • mayu より:

      やしまさん

      2年前と同じワンピースでしたが、当時はブカブカだったのに
      今回は腕周りがピチピチで太られたのが一目瞭然でした。

      2年延期は失敗でしたね。「一旦、白紙に戻します」
      この発表だったら、ここまで誹謗中傷されることも無かったでしょうに。

      更に新型コロナがあったとしても、ダラダラと2年半以上。

      お車代は皇族から催促は無いですよ。
      例えは悪いかもしれませんが、法事で住職から会食に来て頂いた時は
      「お車代」として熨斗袋に入れて渡します、当然のように住職は貰います。
      阿吽の呼吸のようなものじゃないでしょうか。

      三笠宮家、高円宮家、懐事情はどうだったのでしょうか。
      意外と苦しかった? それとも贅沢のため? 

      某ブログとは菊のカーテンでしょうか。
      以前も書きましたが、あのブログはビジネスでやっているブログで
      ここのコメント欄を見て参考にして書いたな、と思う事もありました。

      • やしま より:

        はい。皇族が自ら請求することは絶対にあり得ません。けれどお車代はあるんですよね・・・
        ヒゲの殿下は、ご自分が主催するものが多かったので、そこに付随するお金が出てきたのだと思います。皇族はお金に関しては無知なので「差し出されたものは断らないが、そもそも自分ではタッチしないからわからない」お気持ちでしょうが、法律で定められた上限を超える場合もかなりあったかと。三笠宮本家はお子様がお小さいころはやりくりが大変だったようですよ。

        で、三笠宮殿下と裏千家ですが、この結婚はまさにウインウインだったと思います。殿下は裏千家のイベントにはしょっちゅう引っ張り出されて乾杯の音頭、主賓でした。裏千家にとっては皇族の親戚になることは、勢力を広め格を上げる大チャンスでしたし、千のおうちが個人的に出す「お車代」なら帳簿上わからないので税金もかけにくい。

        高円宮家はやり方がお上手なんだと思います。あの宮邸。とても豪華なつくりです。お金がかかっていると思いますよーー。
        高松宮家は、お名前を冠にした大きなスポーツイベントで余りにも多額のお金が動いたことで評判を聞いたことがあります。(1回200万円だったとか)

        今回は与太ブログでは60万のお車代だと書かれていました。地方ではないので私はその額は多すぎると思います。ただしン十万円のお車代は出していると思うんです。
        そこで思ったのは、秋篠宮殿下がKがフリーターでも婿としてOKとのんびり構えていたのは、眞子様降嫁に伴い、20ぐらい総裁職を譲られるおつもりだったのではと。1つに年間2回イベントがあり、1回20万円としても、年間800万円。1回30万円としたら1,200万円。悠仁様の藩屏・準皇族としての眞子家があれば宮家として心強いと思われていたのではないでしょうか。
        絢子さんは先鞭をつける形で三つぐらい名誉総裁職を持って降嫁なさいました。眞子さまならもっとずっと多くの名誉総裁職付でご降嫁したかもしれず。だからこそ絶対この結婚はダメなんです。

        • mayu より:

          やしまさん

          秋篠宮殿下は「公務は受け身」と仰っていました。
          公務だけでなく、総裁関連の儀式、行事、鑑賞も招かれる、招待されるから
          出られるのであって、招待した方が「お車代」を出すのは常識だと私は思っています。
          自分から行きたいというのは私的旅行などで、それにはお車代は出ません。

          三笠宮家も子供の数が多かった、高円宮家も3人女の子でお金が掛かったと思います。
          とにかく、女の子2人いると皇族ですから着る物にお金が掛かります。
          男子ならスーツにシャツ、ネクタイで済みますが、振り袖、ドレス、公務、鑑賞で
          着用するワンピース、スーツなどお金が掛かるんです。

          秋篠宮家は家族の人数と公務数に比べて予算が少なかった、職員も少なかった。
          動きが緩い今上家に比べて、動いてきたのは秋篠宮家でした。

          雅子さまは静養と称して愛子さまに付きっ切りが出来ました。
          代わりに秋篠宮家姉妹は多忙過ぎたご夫妻のせいで、半放置だったことでしょう。
          子供の意思を尊重する、これは仕方なかった言葉ではないでしょうか。

          眞子さまが小室Kと結婚するなら、いっその事、秋篠宮家全員皇室離脱した方が
          良いかもしれません。今以上の批判と中傷には耐えられません。

  2. 狗児 より:

    mayuさん
    こんにちは。
    記事更新ありがとうございます。
    不敬ながら私も眞子さま少し太られたかなと思いました…私は胸がないので、胸があるのは羨ましいですけど、やしまさんご指摘の写真、ちょっと下腹も出ている…?洋服の生地が垂れているだけかもしれないです。
    正直、私ももうちょっとお痩せになったら…と思わなくもないですが、このようにきちんと公務がお出来になる若い女性皇族がいらっしゃると心強いですよね。お召し物も素敵です。青、水色がよくお似合いだと思います。一般女性の服装が、どんどんラフになっていく中で、眞子さまがこう言う素敵なきちっとした服装をして下さるのは有り難いと思います。あの一件さえなければ、とつくづく悔やまれますね。

    • mayu より:

      狗児さん

      眞子さま、コロナ太りじゃないかな。
      コロナで30%の人が太ったとか。
      皇族は動きも制限されているし太りそうですよね。
      それに胸の大きな人は太って見えるのが嫌だとか。

      私は彬子さまのように華奢な体型より、眞子さまくらい体格が良い方が
      ドレスも着こなせるので好きです。

      皇族方の服、眞子さま、佳子さまの着るワンピースは
      フォーマルな場で通用するので、こういうキッチリした
      ワンピースを一着持っているのも良いですね。

      • 狗児 より:

        mayuさん
        ご返信ありがとうございます。
        nonoさんが仰っている、眞子さまは一般人と基礎基盤が違う、その通りですね。テレビや写真で拝見するだけでもそう思うのに、ましてや同じキャンパスで勉強しているなら、益々それを感じ、畏れ多くて結婚しようとなんか考えないですよね。

        ところで、前記事の話で申し訳ないですが、息子が戦死した親御さんが長生きしやすいなんてことがあるんですね。迷信といえばそれまでですが、私の祖父が、戦地で亡くなった仲間の分まで生かされている、と言うのは、あながち間違いでもないと改めて思いました。

        • mayu より:

          狗児さん

          そうなんですよね、生まれた時から皇室という環境で育った皇族ですから、
          結婚相手もある程度の資産を持ち、品性も持っていないと恥ずかしいんです。

          そこで庶民は「畏れ多い」と引っ込んでしまうケースもあるのですが、
          小室kは中高インターで外人みたいな感性の人なのかも。
          似た者親子で皇族と結婚も何とかなるだろうと、楽観視していたのでしょうね。

          テレビで昔、若くして戦死した子供の親は長生きだと言っていました。
          義父の弟が未婚で若くして戦死しましたが、お婆さんは80代、お爺さんは90代まで
          長生きでした。 私は旦那の祖父母は知らないんです。

  3. nono より:

    mayuさんこんにちは!記事の更新ありがとうございます。
    私も気になってしまった、胸元…、ただ基礎基盤が上品な皇族然とされた眞子様なので、K母のような雰囲気にはなりませんね。
    どこぞの記事が「結納をとばして…」などという記事を挙げているみたいですが、新しい時代においても守られるべき伝統はありますので。
    そんなことなら、皇籍を離れられてからされればよろしいですし。
    眞子様はこのまま皇室に独身でいてほしいと願います、南米、欧州、アジア、どの地域の公務に出ていらしても誇らしく思えます。
    人生100年、私の母方は長寿家系で曾祖母は105歳と90歳で他界、祖父は85歳、その他の親戚も85歳を超えても元気です。
    時代は流れていきますが、どんどん寿命は延びていくのかもしれないですね。

    • mayu より:

      nonoさん

      眞子さまは胸が大きいので服を作る時も気にかけているでしょうね。
      圭与さんは上品な服を着ても土台が・・・醸し出す雰囲気がねぇ。

      結納を飛ばして結婚も、眞子さま1人じゃ出来ないでしょ。
      ドラマじゃ有り得ても実際は難しいはずです。

      晩婚化の今は35才過ぎて結婚も珍しくないので、7、8年経って
      小室Kの影が無くなった頃に結婚でも良いのでは。
      それまでは皇室にいて公務と悠仁さまをお支えして欲しいです。

      曾祖母は105歳と90歳で他界ですか、長寿ですよね。
      私の義母は95才で母は91才、どこまで生きるのかなぁぁぁ

  4. やしま より:

    ごめんなさーい!!
    私だけの「特異的」な感想です。
    下から2番目の中腰になられているお写真。
    一番最初に圭与さんが登場して、向けられたカメラにお辞儀をした写真を思い出してしまいました。もちろん顔も雰囲気も全然違うんですが、マスク姿とお胸のタポンとしたところかな。このお洋服の胸ぐりがもう少し深ければ谷間が見える。しかしそれはあり得ない。だからひるがえって圭与さんの服装がいかにみっともないか、ということなんですが。

    2016年からのお写真ありがとうございます。2016年時のだけ、お顔が鋭角で少し違った印象を受けます。20代であっても人間って年とるごとに確実に中年体型に近付くんですね・・・今回眞子様の二の腕を見て、そう思いました。
    やせた方が多い皇族において、この方は香淳皇后に容姿が似ておいでのようです。コロナおこもり中にダイエットに挑戦なさればよかったかもなぁ。と勝手な感想。先日の迎賓館見学のお写真時には、足の細さといい、横からのスタイルといい、佳子様より細く見えたぐらいなんですが。
    (香淳皇后陛下もお若いときは、大層ほっそりしておられました)

    余談で猫話。姑の今の猫は、そもそもケージに入れることが姑自身でもできません。なので獣医にも連れていけません。ケージを取り出したが最後、タンスの裏にこもってしまい、姑が諦めるまで籠城。
    姑自身でもこういう猫は初めてだそうで。
    家から1歩も出ないので、近所の方も誰も見たことがない猫です。
    なれないにしても度が過ぎていて、理解不能な猫です。

    • mayu より:

      やしまさん

      分かります~下から2番目の胸が落ちている画像を見た時、
      眞子さまやっぱり胸が大きいんだな~と思いました。

      紀子さまも若い時は胸が大きかったのですが、
      かがんでも胸の谷間が見えないような服を着ていました。
      ネックラインを深くとらないように気を付けていたのでしょう。

      圭与さんも胸が豊かですが、お辞儀をすると谷間が見えるんですよね。
      それと衝撃的なあの濃い水色の膝が見える、体型がモロに分かるような
      ワンピースを着て黒いサングラスは、眞子さまの姑になる人じゃないですよ~。

      眞子さまは太りやすいタイプなのかな。コロナ太りじゃないですかね。

      お姑さんの猫は警戒心が強過ぎるんですね!

      私と旦那と娘は、そういう警戒心の強い野良猫を捕獲するのが好きで(笑)
      軍手に虫取り用のタモを改造して捕獲し、洗濯ネットに入れて
      獣医に連れて行き避妊手術をさせたことがあります。
      お姑さんのお宅訪問して捕獲したくなりました((((゚Д゚))))

  5. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    眞子内親王は、いろいろありながらも現状ではきちんとご公務をされていらっしゃいますね。
    ものを指すしぐさがとても美しいです。
    ちゃんと手全体で表現されて、品位があります。
    紀子妃殿下と同じですね。
    間違っても人差し指でさすことはしていません。
    このまま内親王としてのご公務を続けていただきたいです。
    今はお立場上何も言えないのでは、と私は思っています。
    秋篠宮家全体として。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      眞子さまは、公務はどこに出しても恥ずかしくない、
      若いのに海外でも立派にこなしてくれるんですよね。
      それに品性も加わると、どうしても品の無い小室親子とは
      釣り合いが取れません、全然お似合いのカップルに見えませんでした。

      今は具体的なことは言えない事情があるとして、このまま結婚しないで
      皇室に残って頂けたら・・・と勝手に思ってしまいました。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    眞子さま、お出まし8ヶ月振りなんですね。
    2017年の藍色っぽいワンピースが好きです。ウエスト部分が凝っていますね。
    写真などで作品と一緒に映るから、シンプルで良いかも。こういう生地でのワンピース、もっと若い女性皇族方に着ていただきたいなと思いました。

    前回の記事読みました。加藤さんの下睫毛、今更ながら気付きました…(^^;
    100歳を迎えた方、8万人もいらっしゃるんですね!喜ばしい事なんでしょうが、この先どうなるんだろうと不安にもなります。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      オンラインしている所や、香淳皇后二十年式年祭の儀では見られましたが、
      こうして1人で公務されての外出は8ヵ月振りだそうで、コロナ騒ぎも
      8ヵ月くらい経ちますね。コロナ関係のニュースも飽きました。

      2017年の藍色っぽいワンピースは引き締め効果と色白な眞子に似合っていますね。
      若い皇族方はスーツよりワンピースが良いですよね。

      コロナで加藤さんがテレビに出るようになってから、下睫毛が気になって。
      小池都知事に似ている~と思いながら観てました(笑)

      100才超えはこれから益々増えて、10万人になるのかな。
      私はあんまり嬉しくないです(^^;)

タイトルとURLをコピーしました