とにかくもう小室さん以外なら誰でも・・・

皇室

女性誌も皇室ネタがないのに無理に皇室記事を書かなくても良いのに。皇室記事を書くと少しは売れるから書くんだろうけど。特に、眞子さまと小室K関連の記事は、そこそこ売れるのかな。でも今は発売しても、もれなくヤフーニュースで取り上げる、女性誌もネットにあげるので特に買って読まなくても良くなりました。

週刊女性の今週発売9月22日号は

眞子さま堂々宣言。小室圭さんが安堵する
「来秋結婚予定は変わらない!」

菅政権になっても皇室に特に影響はなく「立皇嗣の礼」も安倍政権が年内に挙行するつもりだったなら、菅政権になってもその方針は変わらないと思う。 来年10月小室kの留学も終わる。眞子さまも小室Kに結婚の予定は変わらないよと彼を安心させているのではないでしょうか。(秋篠宮関係者と宮内庁関係者)

女性自身 今週発売9月22日号

紀子さま 動き出した㊙ミッション「眞子に新たな出会いの場を!」
もう小室圭さん以外なら・・・・
54歳誕生日コメントに込めた母の最終回答。

秋篠宮家はコロナ対応に関しては一丸となっているが、小室Kとの結婚問題となると、今も眞子さまは紀子さまの意見にいっさい聞く耳を持たない。秋篠宮ご夫妻はさまさまな業界に豊富な人脈を持っている。お相手選びに苦労されることはないでしょう。視野を広げるため新たな出会いを作ろうと画策している、とにかく、もう小室さん以外なら誰でもーーー。

両誌近々ネットに載り、またあーだこーだとヤフコメに書かれるんじゃないですか。

とにかく、もう小室さん以外なら誰でも、これには笑ってしまいましたが、実際にそうなんです。誰でも良いわけじゃないけど、取り合えず小室さん以外でよろしく~



月曜日だったかな、バリバリ保守ブログを読んでいたら頭痛がしていました。猛暑で暑かったこともあるかも。政治、バリバリの保守、左巻リベラル、双方読むと頭が疲れると自覚しました。頭が悪くて右、左向きじゃないんだと思いました。

他に自分でも変わったな!と思ったのは、これでいいのだpart1を読んだ時。文章がかなり変わりました。やっぱり若かったのか幼稚な文章でした。今は年相応に書いている方で、元々2ちゃんねる用語は好きじゃなかったので使う事は少なかった。Twitter用語も目にしますが、そもそもTwitterをしないので使えません(笑) ブログを読むのも疲れるのに、Twitterで保守、リベラル、皇室関連では男系男子継承と女性天皇、女系天皇容認、双方を眺めていたら、頭が痛くなるだろうなと読まない、Twitterをしないのが身体に良いとつくづく思いました。

このブログは皇室関係だけでなく、今後は備忘録、雑談も書くのでよろしくお願いします。別館は放置か、気まぐれになにか書く時があれば書きますが、ブログ2つは維持しないことにしました。

それから、紀子さま誕生日が終わり、暇な時にまたブログのデザインを替えるかもしれません。せっかく買った有料のデザインが使えるかもしれないので、使える時替えてしまうかも(^^;)  表示が軽くなるらしいのと、メールで問い合わせして文字入力について聞けそうなのです。 あくまでも暇な時に実験的にです。ペンぺン草さんも使っているWordpressは難しいんだけどセキュリティは良いし、デザインも沢山作れて面白いことは面白くあちこち替えるのは好きな方かも。アドレスとブログのタイトルは変えない、同じなのでよろしくお願いします。



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!
    コムロ氏以外なら誰でも…には、この問題がいかに酷いものかを語っている表現ですよね〜。ここまでの事故物件は、一般的にも聞いたことがない最悪のレベルです(ーー;)
    暗礁に乗り上げていようが、11月には佳代さんの借金の一部が時効だそうですし(遺族年金不正受給やこの辺りを、警察方面がもっと動いて、決定的にアウトになる何かを公表してほしいですよね)、グズグズ引き延ばすだけ引き延ばして、特権の恩恵に浴し続けようということなのかもしれませんね。コムロ氏側からの辞退などあり得ないですしね…。

    ピアノ科の後輩に、なかなか結婚に辿り着けない人がいました。相談所に登録したりしていたのですが、何人とお見合いをしてもダメで(そういうところはお金がかかるらしくて)、あきらめて退会しました。その後、見かねた彼女のお祖母さまが、うんと遠縁にあたる男性とお見合いさせたそうです。最初は縁者ということで気乗りしなかったらしいのですが、実際に会ってみると意外と意気投合したそうで、結局その男性と結婚しました。
    ご縁って、本当にわからないものですよね。
    眞子さまにはもっと相応しい、皇室や華族とどこかでつながりのあるようなお家柄の方など、いらっしゃるはずと思います。

    まだ「内定者」に留まっているのは、不幸中の幸いですね。白紙に、破談にまだ間に合うのだよと、神道の神さまが、悠仁さまや皇室の将来や日本が破滅の道を歩まないように、くださった期間だと私は思いたいです。何かしら災いが起きて先へ進めなかったことを思い出すたびに、天からも地からも、全力で拒否されている感じがして仕方がありません(・_・;

    • mayu より:

      イリスさん

      実際小室以外なら誰でもの心境にはなります。
      やっぱり嫌ですね~自殺者3人、借金も返済しないで贈与と言い張り
      時効を迎えたらそれで終わらせる気なのか、本人も常に誰かの
      援助を受けて30近いのにまだ学生。

      贈与と言い張るのに贈与税は支払ったのか、など突っ込みどころも有り
      小室Kが自立できるまで破談発表を控えているのか、もうさっぱり分かりません。

      結婚の縁はわからないですよね。
      どこでどんなご縁があるか、小室Kに固執しなくてもそのうち
      皇族と釣り合いの取れる方とのご縁があるかもしれません。

      国民の祝福もなしで、結婚は無理だと思うのですが・・・

  2. やしま より:

    静御前さんのコメントは、「であるべき」だし「そうだといいですね」なんですが、私自身は「であると確信」までは行っていません。そもそもこの縁談自体が信じられないことだし、婚約内定発表してしまうところまで行ったことすら「愕然として信じられない」ことでしたから。
    2年延長なら、2年のうちに片づけることで、それができないというのがやはり、いろんなことが錯綜して複雑になっているんだろうなぁ~と思ってしまうのです。
    もちろん破談になったら万歳三唱ですよ。皆さんでしましょうね!

    ところでこれも5ちゃんねる由来の噂にすぎませんが、悠仁様の高校。
    水面下で慶応の附属高に打診中という話が出てきました。紀子様がどうしてもマーチより上のところでないと。。という話で。
    ICUも附属高校ありますが、実は大学へは全入でなく結構ハードルが高いんです。早稲田はさすがに皇族と合うとは思えない。しかし慶応もなぁ~開放的過ぎて、身辺警護的には緩い大学だと思うし、結構軽い人が多いのであまり合うとも思えず。
    でもここまで来ると、私立なら大学附属高でしょうね。中高一貫校には今さら行けないし、かといって都立は選択肢にはないと思うし。

    • ミラージュ より:

      やしまさん、慶應なんて説があるんですか?
      ちょっとありえなくないですか? 日吉にしても志木にしても通学に時間が掛かりすぎます。
      私は御用地から近いので国学院が良いと思うんですが、紀子さまが絶対受付けないでしょうね。
      ご自分達の母校を忌避するのには深~い理由があるのでしょうけど、将来の天皇として何を一番にしなければいけないのかを良く考えて頂きたいと思います。
      静御前さんの感じておられる、佳代さんのなりふりからの推測には私も同意です。
      ずっと同じコメントしてますが、あの姐さん風写真が何よりの答ではないかと。
      来年秋に結果が出る米国司法試験迄は動きはないかもしれません。
      眞子さまが本心から諦めているかどうかは疑問ですが、眞子さまなりの圭君への武士の情けであり、或は世の無情に対する精一杯の抵抗ではないかしら。

      セブンによると明日は美智子さまが宮内庁病院で検診だとか。
      美智子さまが5ヶ月振りに外出される方が報道が大きくなり、紀子さまお誕生日を霞ませるとか。
      こんな書き方したらもろ嫁苛めと思われるのに、セブンは分かってないです。

    • mayu より:

      やしまさん

      来年は悠仁さまの進学問題が出てきますね。

      へーー、紀子さまはMARCHより上が良いのですか。
      学習院と同等レベルで、私には充分に良い大学に思えるのですが。

      結局、中高大までエスカレーターで進学できる総合私立校で
      MARCHより上の学校を希望ってことですよね。
      私は都内のエスカレーター私大は詳しくないのでよく分かりません。
      ICUは眞子さまと小室Kでイメージが悪くて嫌だな。

      5ちゃんねるの書いていることがガセだとしても、徹底的に学習院は
      嫌なのね~~悠仁さまの成績に合ったところで良いと思うのですが。
      頭が良いのならエスカレーターの無い田舎のように、高校受験、
      大学受験でMARCH以上の大学受験したら良いんじゃないかな。

  3. 静御前 より:

    mayuさんご無沙汰しております。
    本当に眞子様は小室クンと結婚するのでしょうか。
    私はしないと思います。
    実際は眞子様の気持ちは、ほんの少しづつですが
    小室クンに対する気持ちは徐々に冷めてきているのではと
    思っています。
    そして結婚したら、国民からソッポを向かれ
    家族にも大迷惑をかけてしまうことは自覚しておられると思います。
    水面下では静かに静かに破談に向けて進んでいると思います。
    立皇嗣の礼の前に、破談の発表があるのではないでしょうか。
    私は眞子様がそこまで愚かな人ではないと信じております。
    小室クンと結婚を強行したら、佳子様や悠仁様の将来の結婚まで
    難しい事になることは、理解しておられると思います。
    そこまでして小室クンと結婚するほどの度胸はないでしょう。
    小室クンと結婚して、もし出戻りになられた時は帰る家がない。
    そんな無謀で危険な事が出来るでしょうか。
    それと佳代さんが職場復帰したことも、引っかかるんです。
    しかも金髪らしいです。
    皇族と姻戚関係を結ぶ人が、金髪にしますか。
    小室母子はは解決金をもらうことを選んだと確信しています。

    • mayu より:

      静御前さん

      私に結婚するって本当でしょうか~♪と聞かれても、全く分かりません。

      結婚していない現在でも、国民から嫌われ批判され家族まで中傷され
      大迷惑を掛けているのは眞子さまも知っているはず。
      それなのに2年過ぎても答えを出してくれません。
      破談にコロナは関係ないし、立皇嗣の礼も関係ないと思うのです。

      確かに圭与さんは職場復帰し、ヘアスタイルも金髪か茶髪に替えていました。
      立皇嗣の礼の後に破談発表なら嬉しいのですが、その立皇嗣の礼が
      いつになるのか? 菅さんが10月か11月にでも挙行してくれると、
      年内に眞子さまの結婚問題に何らかの答えを出すと思われます。
      その答えが「再延期」だったら・・・もうお手上げです。

  4. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    mayuさんがこちらのブログ一本で考えていらっしゃるとのこと、私は賛同します。
    皇室のみならず、mayuさんの備忘録や雑談も魅力的です。
    皇室は遠い世界の出来事に感じやすいですが、雑談とかはなんか身近に感じてしまいます。

    皇族の方の発言の威力は絶大なるものですので、なかなか決定的なことを言えないのでしょう。
    時期を見計らっているのでは。
    でも、この結婚問題については時間がかかりすぎていますね。
    眞子内親王に小室家の方が近づいて行ったということには、私個人は同意します。
    学習院よりもセキュリティの甘いICU。
    隙はいっぱいあったと思います。
    それをうまく利用した小室親子は、その道のプロですね。

    皇室で生まれ育った場合、なんといってもお血筋柄が最優先されますので、基本的にはご結婚はお見合いタイプ、お相手のお家柄がきちんとわかることが大前提でしょう。
    このような恋愛タイプ優先をはじめたのは、上皇夫妻からかな?
    または、皇族関係の方の信頼のおける知人とか。(黒田家や守屋家など)
    お血筋が濃いという問題が生じたときは、有識者のご意見を伺うとかすべきですね。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      コロナで皇室話題も少なくなった、リハビリ通いなどで2つのブログを
      維持する時間が取れる時と取れない時がある、はてなブログは
      セキュリティを自分でコントロールできないのでコメント欄は開けたくない、
      もう高齢者で2つ、3つもブログは維持したくない、などで、皇室メインですが
      皇室ネタが無い時に備忘録、雑談を入れて1つにすることにしました。

      NHKのリークから婚約内定会見までは、あれほどいろーーんな事が
      週刊誌に書かれたのに、意外と早く内定会見まで行っちゃいましたよね。
      延期発表も意外と早かったけど、2年待てと言われて2年経ち、
      なんの答えも出て来ないのはやっぱり長いです。

      眞子さまが小室Kを宮邸に連れてきて紹介した時点で、身辺調査をやらないと。
      就職では人権侵害と言われるかもしれませんが、結婚では庶民でも
      調査する人は調査していると思います、特に名家、財産家は調査するんじゃないかな。
      上皇夫妻は見合い恋愛のようなものでしょうか。
      皇族はお見合いが確実で良いと思います、それから恋愛に発展するでしょうし。

  5. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    来秋結婚?
    Kが無事米国司法試験に来年通ったとしても二年は向こうで働かなくちゃいけないのは動かせない事実。
    司法試験に通ったとしても直ぐに働ける事務所があるのか?
    なんやかんやハードルは高いはずなんですけど、そんなの全部カンケエネエッなのかしら。
    例え不正がなくとも裏で手をまわしたと秋篠宮家アンチは非難囂々でしょうね。
    小室以外なら誰でも良いと紀子さまが思われるのは当然ですわ。
    思うに、マスコミ各社は眞子さまに甘いんです。
    先日の文春だか新潮のオンラインで書かれたみたいに、
    皇族としての自覚がないと厳しく指摘しないと。

    今は紀子さまの誕生日文章に注目ですね。
    前にもコメントしましたが、当たり障りのないコメントしか出てこないような気もしますが、バシッと、長女はこの件に関しまして一切の話し合いを許否しておりまた小室さんも私どもに連絡がありません。二人は解決するつもりはないと判断せざるを得ません。
    今のままではいつまでも国民の皆様にご心配をおかけすることとなりますし、納采の儀を執り行うことも出来ません。つきましては、近々上皇陛下に裁可取り消しをお願いする所存でございます。
    とかなんとか、発表して欲しいわ~。
    間違っても阿るような文章発表したら、又眞子さまが反発もしくは図に乗りそうで嫌だわ~。

    やしまさんのコメント。
    産児制限されたからと言っても、しちゃダメじゃないでしょ。
    神父みたいに過ごさなくてはならなかったのならお気の毒ですが、そこまで制限はないでしょう。 シモトーク、スミマセンm(__)m

    • やしま より:

      >ミラージュさん

      あ~すみません!
      しちゃダメじゃなくて、厳格に避妊なさっておられたんだろうなと。紀子様は不妊体質じゃないので、12年もお子なしってそれしか考えられませんです。(こちらもシモトーク、ごめんなさーい!)

      以前この件で他ブログで盛り上がっていたときに、幾ら平成皇后が産児制限かけたとしても、「できてしまいました・・」と殿下がおっしゃったら、まさか「堕ろせ」までは言われるはずもなし。既成事実で強行突破しちゃえばよかったのに、殿下はなぜ母親に盲従?という意見あり。ふむふむと思いました。(東宮にご遠慮も12年は長すぎます)

      なおこの12年間、週刊誌の秋篠宮ご夫妻話で「部屋の外まで聞こえるほどの夫婦喧嘩の声が聞こえる」と、何回か書かれていました。本当に忍苦の日々だったんだろうなと思います。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      今年、立皇嗣の礼の後に結婚宣言、来年の夏に小室Kが帰国で
      来年の秋頃には結婚できるのでは・・・の推測でした。

      小室Kは帰国したらパラリーガル待遇より良い待遇で奥野法律事務所で
      働くことも出来ますよね、本当か嘘かわかりませんがNYでの生活費は
      奥野法律事務所の支援らしいので、他のところでは働けないのでは。

      明日、紀子さまの誕生日での質問回答が発表されますが、
      あんまり期待していないんです。
      紀子さまからは差し障りの無いようなことしか答えられないのでは。
      秋篠宮殿下の誕生日会見の方が具体的なことを聞ける、聞きたいですね。

      眞子とは結婚について具体的な話はしておりませんので、
      結婚についての回答は控えさせて頂きます~~、これではつまんない。

      12年間の産児制限はもったいなかったです。
      天皇を産むより秋篠宮家の跡取りも欲しかったでしょうし。
      子供は5人くらい欲しかったんじゃないかな。

      その間、当然子供はできないように避妊していたでしょう。
      私もできやすいのかな?4回妊娠しましたが、2回流産して
      2回目の流産は32才の時でした。その後はあがるまで避妊していました。
      あ、私のことなど誰も聞きたくないと・・・((((゚Д゚))))

  6. やしま より:

    信じられないことが起きている。その気持ちはよくわかります。秋篠宮家に対する絶対的信奉感が、K母子のおかげでかなり壊されてしまいました。
    私は、K母子のしかけたハニートラップに眞子様がひっかかってしまわれたと思っています。宮家の内親王という無菌培養のような方には、恋の甘い罠を見抜くことはできなかった。それは父殿下にも言えることで、ここで残念ながら思うのは、宮家としては眞子様を女性宮家の当主にしたいとまでは思わなくても(当初の結婚スケジュールでは宮家創設は間に合いませんでした)悠仁様にとって、将来力強い藩屏になってくれることを眞子様に期待していたのは確かだと思います。
    それで、Kの詐欺話法にみんなして引っかかってしまった。一番最初にその詐欺から目が覚めたのは紀子様で。でも「お母さまは反対しそう」と察知した眞子さまにより、御用邸にKを引っ張っていってまで、上皇后夫妻にOKを取り付けてしまい、さらにそこからどういう按配なのか、NHKの記者にも漏れるように取り計らった。美智子様が何かをおやりになったとすれば、このNHK絡みはちょっと匂うなと思っています。

    昔から不思議なんですが、秋篠宮殿下ってお母さま絶対なんですよね。
    20代後半~30代後半の一番子供を得やすい時期に、唯々諾々と産児制限に従う。多分紀子様は何とかその呪縛から逃れたいと思っておられたと思います。秋篠宮家の後継を得たかった。次代の天皇よりも何よりも。シモっぽくなっちゃって恐縮ですが産児制限というのは若い夫婦にとってはすんごくきっつーいことだと思いますよ。物すごく自分を律しないと。特に男性側が。なのに産児制限をお許しが出るまで頑として守り通す。今回の婚約内定も裁可を出したのがご両親だからと、殿下は破談に動かれない(ようにしか見えません)。

    さらに本人が定職なしでも、父親が自殺していても、殿下ご自身は「まあいいじゃないか」というお気持ちだったとマスコミ報道ありました。集りの事実が出る前に、既に国民はみんな「皇室と親戚になれるような母子じゃない」って見切っていたというのに。

    眞子様は意固地になられていることもあると思いますが、別れられないと思い詰めているいろんな「事実」「写真」もあると思います。ここは殿下が動かれて、破談に持っていかない限りどもならないんですが、このままもし、眞子様が「私は絶対にけぇ君と結婚します!」なんてマスコミに発表されたら、どうなるんでしょうか。ものすごく怖いんですけど。

    あの親子と縁をつくり、男子が生まれたりしたら、今、秋篠宮家応援で踏ん張っている人たちの大半がアンチor皇室廃止論者に転じる可能性が高いと思います。かくゆう私だって自信がありません。あの男が皇室の親戚になるなんて、生理的に受け付けないです。

    あれ以下を探すとしたら、刑事罰を実際に受けているような人しかいないです。例えば伊勢谷氏のような表面優秀な美男子、裏面麻薬中毒者、みたいな。これまた刑事罰対象者ですよね。

    • mayu より:

      やしまさん

      小室親子はとにかく逆玉を狙っていたと思います。
      眞子さまと付き合う前に小室Kが付き合っていた元カノも
      有名な飲食店の社長令嬢で、別れるにあたってかなり揉めたとか、
      元カノに「クレカ貸してくれ」と言ったとか、良くない情報が
      次から次へと出てきましたが、勿論、眞子さまには内緒だったでしょうし、
      週刊誌に書かれたあとは、口が達者なのでうまく丸め込まれたはず。

      スキーも持っていないのに眞子さまが所属していたスキー部に入ったとか、
      小室Kの方から眞子さまに近づいて行った、圭与さんも皇族と結婚することが
      どういうことなのか、よく分からず後押しした。

      週刊誌をくまなく見ていたはずの美智子さまが、小室Kの記事を見て
      何も思わなかったことは、やはり小室Kと対面して好青年に見えたからでしょうか。

      週刊誌には続々と小室親子の事が書かれているのに、上皇は裁可する、
      秋篠宮ご夫妻は婚約内定会見後の、秋篠宮殿下の誕生日会見ではにこにこと話をする。

      翌年の秋篠宮殿下の会見と比べると、ご夫妻が詐欺師に騙されて
      どん底に落ちた被害者にも見えるのですが、甘かったですねぇ。
      世間の声、ネットの声が届かなかった。
      週刊女性の圭与さんの借金トラブルから慌て始めたように思えます。

      秋篠宮殿下、産児制限など守ったのは、今上への哀れみもあったのかな。
      眞子さまが小室Kと結婚宣言、国民上げて大炎上、結婚反対のデモもあるかも。

      皇室から気持ちが離れるでしょうね。

  7. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    「美智子さまが、秋篠宮御一家を陥れる為、小室さんを眞子さまに近付けた」の陰謀論があるのですか……そんな考え方、頭大丈夫?と言いたくなります。カルト的。

    小室Kについて、わたしは身分差を言っている訳ではないんです。小室母子の品の無い生き方がイヤなのです。いつも他人に依存し頼りながら、恩を感じない。身の程、身の丈を考えない思考。全てがイヤです。

    皇室って、こんなに垣根が低くて、変な人間が、易々と入りやすい所だったんですね。信じられません。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      小室Kが出てきてから、秋篠宮家全員偽物説や、美智子さまが小室を眞子さまに
      近づけた、等々 妙なことがネットに書かれた時期がありました。
      多分、皇室全般画像掲示板じゃなかったかなぁ。

      私も小室親子の身の丈に合わない生活、圭与さんの品の無さ、誠意の無さ、など
      生き方が嫌でなんです。 同じ母子家庭でも北海道知事のような人だったら
      何も反対しません、頑張れ~と応援したくなります。

      秋篠宮ご夫妻、身元調査をしなかったことが最大の失敗でした。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます(^^)

    結婚の予定って、来年の秋だったの?と思いました。
    予定は変わらないよと眞子さまが言えば、K氏は安心するんですか~何に安心するんだか…

    もう誰でもって、雑と言うか凄い書き方ですね。
    話題がなくて、急いで書いた感じがします。

    私もTwitterはやらないし、時々読むだけでしたが昔より読まなくなりました。
    情報が多すぎるのか、疲れるんです。
    芸能ニュースとかも「誰々がTwitterで呟いた」の様なニュースが増えましたね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      週刊誌によれば来年の夏に小室Kが帰国、来年は眞子さまも30才になり
      立皇嗣の礼の後に結婚宣言して秋頃・・・とかなんとか勝手に書いていました。

      そんな記事なら私でも書けるわ!と思うような憶測記事ですが、
      何しろコロナで皇室の動きがストップしているので、憶測で書くしかないみたいです。

      情報が多過ぎると疲れますね。1日に10回以上もツイートしている人達は
      暇なのでしょうか~スマホ依存かな?
      ヤフーニュースにも芸能人のツイートがよく載るようになりましたネ。

  9. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。狗児さんも、ありがとうございます。どなたかが、コメントされてると、コメント欄があるんです~。その内にわかってきますかどうか、自信はありません。mayuさん、私も5ちゃんねる用語、Twitter用語共に好きではありません。テレビ番組でも平気でで使う人がいますが、ばかだなあと思います。Twitterは以前にも書きましたが、楽しい事のみに使っています。皇室関連は、大昔のネタをやっていたりして疲れるだけです。狗児 さん仰るように、秋篠宮家絶対主義のような論調は頭痛の種ですよねぇ。美智子さまは、策略家でしょうが、眞子さまの恋愛感情までコントロール出来る訳ないです。遠く離れていても、スカイプやラインがあり、kはボロを出さずに上手くやってるんでしょう。何度でも書きます。もう、ウンザリです。どうしても結婚したいなら、一般人として小室眞子さんになって下さい。圭殿下など絶対に認めません。

    mayuさん、前記事へのお返事ありがとうございました。

    • 白雪山羊 より:

      ramiriさん、こんにちは。
      関連記事の下の
      「コメント欄を書き込む」と書いてある、ピンクの四角をクリックするとコメント欄が出てきましたよ。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      私もよく分からないのですが、コメント欄はスマホだとかなり下のようでした。
      パソコンだとそれほど下じゃないし、直ぐ分かるんだけど。

      そうでした、今は5ちゃんねるでした。Twitter用語は全然わからないので
      書くに書けないという。よく芸能人のツイートをヤフーニュースに取り上げて
      炎上したなどを見ると、面倒でやる気が無いですね。
      皇室も愛子天皇と悠仁天皇に分かれて言い合いは嫌だし、楽しいことに
      使うのは良いんじゃないかしら。情報が溢れ過ぎるのも付いて行けません。

      眞子さまと小室Kも実際はどうなっているのか、分からないんだけど
      毎回、結婚は諦めていないと出てくるのが嫌だなぁ。

  10. 狗児 より:

    mayuさん
    こんにちは。記事更新ありがとうございます。
    もう小室さん以外なら誰でも、に吹き出してしまいました。ほんまにねぇ、切実な願いですよね。もし仮に、来秋に結婚する、と眞子さまが本当に仰っているならば、呆れ果てます。彼を逃したら、次のお相手はいない、と思ってらっしゃるんでしょうけど、独身で皇室にお残りになる方が、ずっと豊かで、変な気苦労もない生活が出来ると思いますよ。私自身が結婚しているからかもしれませんが、そこまで結婚に拘る気持ちは分からないです。

    さて、「紀子さまは決して間違いはなさらない」とか「美智子さまが、秋篠宮家を陥れる為に、小室さんを眞子さまに近付けた」とかいうのを読むと、私も頭が痛くなります。何を根拠に仰っているのか…どんなに賢くても間違いを決して犯さない人間は此の世にいないでしょうし、状況証拠も、信頼のできる皇室内部者の証言も何もないし、ましてや美智子さまご本人の証言もない訳ですから…

    • mayu より:

      狗児さん

      もう小室さん以外なら誰でも・・・はホント、笑ってしまいますが
      その気持ち良く分かる~~ですよね(笑)

      誰でも良くはないけど、取り合えずは小室は止めて。
      でも新しい相手が早々簡単に見つかるとは思えないんだけど。

      ずーっと独身は今どき男女共に珍しくないし、彬子さまと違い眞子さまは
      内親王ですから、悠仁さまを支えるの意味では良いと思うのですが
      果たして眞子さまのお気持ちはどうかな~?
      結婚して子供を産んで庶民のように暮らしたい願望が強いのかな。

      美智子さまが小室圭を・・・とか、工作員とか、以前どこかで
      読んだ記憶があります。皇室画像掲示板だったかな~?
      本気にして読むとこっちまで頭が変になりそうでした(-_-)

      • 狗児 より:

        mayuさん
        ご返信ありがとうございます。
        そうそう、今時一生独身の人、いっぱいいますよね。昔みたいに恥ずかしいとか、家庭を持って一人前みたいな考えはなくなりつつあります。

        やしまさんが仰っている「無菌室で純粋培養の眞子さま」が小室親子のハニトラに引っかかった説、私もそれが当たっているように思います。
        実は、私も中学高校と女子校で、大学から親元を離れ共学、それも男性の方がだいぶ多いところに行きました。とある人が「中高6年も同年代の男の子と話したこともなくて、勉強ばかりしてきて、いきなり一人暮らし始めて…くれぐれも悪い男に引っかかっらないように。」とそれはそれは親以上に心配して、色々注意事項を教えてくれました(笑)とは言っても、ボディーガードが常に付いている訳じゃなし、自分の身は自分で守らざるを得ない訳ですから、あっと言う間に適応したんですけどね。

        ですので、ましてや眞子さまのように、もっと周りは品が良い方だらけで、ずっと誰かが守ってくれるような方は…そりゃ海千山千の男性に騙されるのかな、と思います。

        • mayu より:

          狗児さん

          皇族では眞子さまより年上の彬子さま、瑤子さま、承子さまが
          まだ独身で三笠宮姉妹は結婚しそうにないので、眞子さまだけが
          独身という状態にはなりませんからね。

          小室K以外で結婚できる相手が見つかれば良いとは思いますが。

          ハニトラに掛かったとして、掛けた小室家も皇族相手がこんなに
          大変だったとは想定外だったかもしれませんね。
          19才の時から付き合って結婚を決めて、婚約内定会見までやり
          眞子さま自身も引っ込みがつかなくなったような気もします。

タイトルとURLをコピーしました