秋篠宮ご夫妻 民間機で北欧へ公式訪問に出発*公務負担軽減を宮内庁が検討するも秋篠宮殿下は否定的

秋篠宮皇嗣ご一家

政府専用機を使わず民間機でポーランドとフィンランドを
公式訪問するために出発された秋篠宮ご夫妻。
その為、見送り行事は羽田空港の貴賓施設ではなく、赤坂御用地内で
行われたそうです。なぜ民間機で訪問か。

秋篠宮殿下によれば「警備は確かに大事かもしれませんが、それによって
市民生活に何か不都合なことが起こる、それは避けたい」とのお答え。
しかし、秋篠宮殿下の市民生活への心配りが返って迷惑なこともあり、

天候、機体トラブルで飛ばなくなれば別の便に振り替え、スケジュールの
変更など訪問する相手国に対しても失礼にあたる。
政府専用機での訪問は相手国に大事な人を送り出すというメッセージでもあり
海外ではプロコトールに外れた行為となるリスクを孕んでいる。
引用 週刊新潮 7月4日号。

即位する前から、上皇夫妻と天皇夫妻は政府専用機を使用。
皇嗣となる秋篠宮ご夫妻は民間機使用と報道されていましたが、
公務から引退した上皇夫妻こそ民間機ファーストクラスで
実質皇太子と同格の秋篠宮皇嗣ご夫妻には海外へ公式訪問する時くらいは、
専用機で行って欲しいものです。
お見送りも赤坂御所施設内、随分と簡素な公式訪問出発でした。

秋篠宮ご夫妻が出発 代替わり後初の外国公式訪問(19/06/27)

秋篠宮ご夫妻は27日、国交樹立100周年を迎えたポーランドとフィンランドを
公式訪問するため、羽田発の民間機で出発された。
天皇の代替わり後、皇室の外国公式訪問は初めて。7月6日に帰国される。
ご夫妻は両国の大統領を表敬訪問するほか、国交樹立100周年記念レセプション
などに出席される。今回、皇太子時代の天皇陛下のように政府専用機を使わないため、
出発に先立つ見送り行事は羽田空港の貴賓施設ではなく、赤坂御用地内で行われた。
日経新聞



多忙な皇嗣秋篠宮さま、負担軽減を模索するも秋篠宮殿下は否定的

上皇夫妻が退位、守谷絢子さんが結婚、折々に触れて
皇族の減少に伴う公務の負担が報道されてきました。

秋篠宮殿下は2017年11月30日の誕生日会見で
恐らく皇太子殿下の方から私の方へ,譲るというものがかなりあるのでは
ないかと思います。それらのものについては,できる限り私の方で引き受けたい
と思っております。一方,私が以前から行っているもの,そしてまた,団体の
総裁であったり,名誉総裁をしているものもあります。
実際に全体としてその物理的にどこまで可能なのか,このこともよく考えて
いかないといけないなと思っています。
そして,もう一つは私が今しているものを今度は譲る先がないという事情もあります。

以上のような発言をしています。

詳細は良かったら過去の記事を読んでください。
ここが変だよ秋篠宮殿下 悠仁さまの進学と眞子さまの結婚、公務などに疑問
https://koredeii.com/archives/5588

そこで、宮内庁が令和の皇室で事実上「最も多忙な皇族」の
秋篠宮殿下の負担軽減の為、公務の分担や縮小を検討、整理を進める方針とのこと。
なのに、秋篠宮殿下はまた、宮内庁の思い通りにならないんです。

長年出席してきた行事を大切に思っており、負担軽減のため出席を
取りやめることには否定的という。(時事通信)
宮内庁には宮内庁の考えがあり、良かれと思ってやることも
秋篠宮殿下から否定されては、宮内庁との関係も良くならない。
眞子さま小室Kの結婚にしても、小室Kの身辺調査を怠り
初期消火が出来ず、炎上が続いているのでした。

今更ですが、週刊現代2018年3月8日より 全文は以下をクリック
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54520

もっとも激怒していたのは、紀子さまである。
「なぜ今になるまでわからなかったのですか?」
生真面目な加地隆治宮務主管は、やりきれない表情でうな垂れたという。
「今さら言われても、仕方ないですよ」

中略

関係がぎくしゃくしているから、警察庁が得た情報も、宮内庁を通じて、
簡単には秋篠宮家には伝わらない構造だった。
秋篠宮夫妻が眞子さまの交際を自由にさせる方針だったことも、問題に拍車をかけた。
ある官邸幹部は、こう証言する。
「小室圭さんの一家のことは、官邸や警察庁も情報収集していたんですよ。
父親の自殺や、一族に新興宗教の信者がいたことなど、いろいろ問題がありそうだ、
というニュアンスは、早い段階で宮内庁に伝えていました」

筆頭宮家の当主で、代替わりとともに皇位継承順位1位の皇嗣となられた
秋篠宮さまは、令和の皇室で事実上「最も多忙な皇族」だ。
宮内庁は負担軽減のため出席行事の見直しを進めているが、皇嗣となる前から
長年にわたり出席を続けてきた行事も多く、縮小は容易ではない。
秋篠宮さまはこれまで、自身にゆかりがある団体の名誉職のほか、亡くなった
皇族方が務めた総裁職なども引き継いできた。
現在総裁職などを務めるのは日本動物園水族館協会など計14団体。
さらに代替わり後は皇嗣として、天皇、皇后両陛下が皇太子夫妻時代に務めてきた
公務の多くを引き受けている。
宮内庁は負担軽減のため、公務の分担や縮小を検討。全国都市緑化祭など3行事を
長女眞子さまに引き継ぎ、名誉職などを務める団体の会合など12行事は都合が付く
場合に限って出席することになった。しかし、今後出席する毎年恒例の行事は25件
に上っており、同庁はさらに整理を進める方針だ。

ただ、秋篠宮さまはこれまで長年出席してきた行事を大切に思っており、
負担軽減のため出席を取りやめることには否定的という。
同庁幹部は「ご出席を隔年にしたり、他の行事との兼ね合いでその都度出席の可否を
決めていただいたりするなどしてご負担の軽減を図りたい」と話した。時事通信





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. 吉野 より:

    はじめまして
    初めてコメントいたします

    秋篠宮殿下の過剰とも言えるご遠慮は、秋篠宮殿下ご本人のみならず、悠仁殿下にも良くない影響があります。
    愛子天皇擁立の流のなかで、確たる次期天皇たる待遇を受け実績を積み重ねていくことが、皇嗣家の重みを増すこととなります。
    遠慮する奥ゆかしさばかりでは、新たな問題を呼び込みかねません。
    予算も警備も待遇もご衣装も、全て皇位継承順位第一位に相応しいものにされるべきです。全ては悠仁親王殿下のためです。

    • クロワッサン より:

      吉野さん

      吉野さんの言う通りだと思います。地位が人間を作っていく所もあります。

      配慮・遠慮ばかりでは地位に相応しい人間の、偉大さがなくなります。従来、積み重ねてきた行事等の矮小化にも繋がり、逆に手続きが滞る事にもなります。

      遠慮する内容がちぐはぐなのです。

      悠仁さまに継承するためにも、堂々と皇嗣家としての地位に相応しい処遇を受けるべきです。

  2. やしま より:

    例えば民間機ではなくてなぜ政府専用機かというと、やはりテロの問題もあるからじゃないでしょうか。
    皇嗣家なんですけど。
    何で一宮家待遇になさりたいのかなぁ。私にはよくわからないんです。確かに皇室でお育ちだと、我々一般人とはお金に関する考え方が全然違うかもしれませんが、政府専用機を使うというのは、相手の国に対して、「日本の国にとって、これだけ大切な、重要な方なのだ」ということをしらしめることにもなるんですが。

    それに宮内庁とどんどん気持ち的にすれ違っても、いいことは何もないんですけどねぇ・・。

    それにしても、ここの井戸端会議ブログにも、最近どーしても宗教と政治を絡ませたい方が来るようになってしまって残念です。
    そちらを語りたければ、そちらに向いているブログが他にありますよ。ここは、普通の主婦目線であってほしいです。

  3. クロワッサン より:

    秋篠宮さまが国民のために、税金の事で、気を遣ってるつもりが、逆に面倒になってる気がします。

    別に政府専用機でいいじゃないですか。乗務員、運航の仕方が慣れていて完璧ですし。

    警備は厳重でなくていいって、悠仁さまを刺したかったという犯人がいたというのに、まだそんな事を言ってて。どういう考えなのでしょう。

    内親王が結婚する場合でも、東京の住居の金額が高かったら、安い郊外の住居で、子供の学費が高かったら、私立でなく公立でいいとか、皇族なのに、なんかずれています。

    国民はそんな事を求めていません。国民は皇族の品格を求めています。悪霊KKの警備経費、滞在費が税金で使われているのが、一番腹の立つ無駄遣いですよ。 

  4. のり恵 より:

    宮内庁とチグハグと言われても、宮内庁に信用できる方って今現在でどれだけいらっしゃるのでしょうか?ソウカだらけでしょう?
    ノーパンしゃぶしゃぶ宮内庁元長官も居ました。秋篠宮殿下は宮内庁を全く信用してないのかも知れません。
    今日、「天皇陛下が皇室SNSを検討、過去に専門家から意見を聞いた」のようなニュースを見ましたが、呆れてしまいました。さすがにおかしいですよ‥陛下、スケジュール真っ白ですが、他にやる事ないのですか?そんな暇がありましたら、眞子様の婚約取り消して差し上げた方が爆発的に支持が集まりますわよ。
    皇室SNSが始まるとしたら、何より先に宮内庁の公式ツイッターアカウントを始めなきゃダメです。国民からの疑問にちゃんと答えて下さいね、宮内庁さん。いつも都合の悪い電話にはガチャ切りしてるそうですが。

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    確かに民間機だと
    天候その他で、他の便に振り替えという事もあるでしょうね。

    今はもう、宮内庁も
    「ぎくしゃくしているから~」など言っている場合じゃないと思うので
    秋篠宮家と良く話し合って欲しいですね。
    忙しくてお身体も心配ですし…

    警察庁から宮内庁→秋篠宮家への連絡は
    本当にちゃんとしていただきたいです!

    週刊現代の台詞付き記事、久々に読みました。
    加地宮務主管の台詞まである…(^^;

  6. 水玉 より:

    mayu さん記事ありがとうございます。

    秋篠宮さまも皇太子と同格なんですから専用機で行っていただきたいです。

    秋篠宮さまは大嘗祭のことや警備のことなどで、
    国民の税金を使わないように気を遣われたり、
    市民生活のことまで気を遣われたり、
    我々国民に気を遣って下さってるおつもりなんだと思います。

    ですが国民としてはKKの警備費用や謎の留学、
    なかなか破談にならないことの方が大きい問題です。

    秋篠宮さまもやはり超絶お坊っちゃまで世間知らずな為、
    どこかチグハグなところがお有りだと思います。

    秋篠宮さまが一番のご多忙なら、
    公務ももっとスリム化されたらいいと思います。
    もっとご家庭でのお時間を作り、
    眞子さまとしっかり話し合いをしていただきたいです。

    眞子さまも両親のお話にしっかり応じていただきたいです。

    KKは絶対に何があってもあり得ないのですから。

  7. nono より:

    mayuさんこんにちは、早速の更新有り難うございます!
    民間人から言わせていただくと、政府専用機利用の方が民間人に迷惑がかからないです!っておもいました。
    必要性がちゃんとあるモノですから。
    不要なお金はKKを削除すれば良いですね。
    CAさんも具体的なことは解らないですが、いつもと違うフライト状況で短くない勤務時間ですし、可哀想と思ったりしてます。

タイトルとURLをコピーしました