2019年3月11日 東日本大震災八周年追悼式 秋篠宮ご夫妻ご臨席 

ブログ

2019年3月11日 東日本大震災から8年目、今年は比較的暖かい日だけど
あの日はまだ寒かった。自然災害とはいえ突然大事な人を失った方々の
悲しみは何年経っても癒すことができません。
復興目指し気を張って前向きに、亡くなった人たちの為にも頑張る。
でも時々後ろを振り返りながら8年目。
秋篠宮殿下の声は穏やかで優しく語りかけていました。
半歩下がった伏し目がちの紀子さまは去年と同じ装いのように見えました。
新天皇皇后、あの2人が臨席するのは2年後の10周年追悼式の予定。

秋篠宮ご夫妻の画像がまだ少ないです。随時追加します。

東日本大震災の発生から11日で8年。
死者は1万5897人、行方不明者は2533人、震災関連死は3701人となった。
ふるさとを離れて避難生活を続ける人はいまだ約5万2千人にのぼり、避難先は
47都道府県の全てに及ぶ。
地震のあった午後2時46分、各地で犠牲者を悼む鎮魂の祈りが広がった。

政府主催の追悼式は11日午後、東京都千代田区の国立劇場で開かれた。
秋篠宮ご夫妻や安倍晋三首相ほか政府関係者、遺族らが参列。
安倍首相は式辞で「生活再建のステージに応じた切れ目のない支援を行い、復興を
加速してまいります」と述べた。
5月の代替わりで「皇嗣」となる秋篠宮さまは、今なお多くの被災者が不自由な
暮らしを続けている現実に触れ「放射線量が高いことなどによって自らの家に帰還
できない人々が多いことや、児童および生徒数の減少、さらに根強い風評被害により
農林水産業などへの影響が残っていることに思いを馳(は)せると心が痛みます」と語った。
5周年の追悼式までは天皇、皇后両陛下が出席し、天皇陛下がおことばを述べていたが、
震災から5年の節目が過ぎ、6周年からは秋篠宮ご夫妻が出席している。画像・記事 朝日新聞




秋篠宮さまのおことば全文

今日、3月11日、未曽有の地震とそれに伴う津波が、東北地方を中心に
東日本を襲い、2万人を超える死者および行方不明者が生じた東日本大震災から
8年になりました。この当時の状況は、8年を経た今でも決して脳裏から離れる
ものではありません。本日ここに、一同と共に、震災によって亡くなった人々と
その遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

被災地においては、この間、人々が幾多の困難を乗り越え、手を携えて、復興に向け
ての努力を弛(たゆ)みなく続けてきました。こうした努力を支援するため、国や
全国の自治体、そして国内外の多くの人々が、様々な形で力を尽くしてきました。
その結果、住宅の再建や生活環境の整備、産業の再生、沿岸部の鉄道の復旧、防災施設
の整備など、復興の歩みは着実に進展してきております。また、原子力発電所の事故に
より避難を余儀なくされた地域においても、多くの地域で避難指示が解除されるなど、
本格的な復興・再生に向けての動きが進んでいます。
しかし、その一方では、今なお多くの被災者が、被災地で、また避難先で、依然として
不自由な暮らしを続けている厳しい現実があります。
とりわけ、いまだに放射線量が高いことなどによって自らの家に帰還できない人々が
多いことや児童および生徒数の減少、さらに根強い風評被害により農林水産業などへの
影響が残っていることに思いを馳(は)せると心が痛みます。
さらに、避難生活が長期化する中で、齢(よわい)を重ねていく
高齢者を始め、被災者の心身の健康のことは、深く心に掛かります。

困難な状況の中にいる人々が、誰一人取り残されることなく、少しでも早く平穏な
日常の暮らしを取り戻すことができるよう、また復興の歩みが着実に進展していくよう、
これからも私たち皆が心を一つにして被災した地域や人々に末永く寄り添っていくことが
大切でありましょう。東日本大震災による大きな犠牲の下で、私たちは平素からの避難訓練
や防災教育の重要性を強く認識し、そして過去の災害の記録と記憶が忘れ去られることなく、
これを継承していくことがいかに大切であるかを学びました。この教訓を決して忘れること
なく後世へと伝え、災害の危険から多くの人々が守られることを心より願っております。

今なお困難を背負いながらも、復興に向けて日々努力を続けている人々に思いを寄せ、
一日も早く安らかな日々が戻ることを皆で祈念し、御霊への追悼の言葉といたします。朝日新聞




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. 洗浄液ありす より:

    mayuさん

    こんにちは

    一日半アクセスしい間に2記事と、沢山コメントがついてmayuとmayuさんファンの皆様
    お疲れ様です。
    ふと思い出しましたが昭和天皇の時、地震があっても天皇皇后が、被災地にて膝を床につけて被災者から話をきくというような映像は記憶がありません。特に皇后さまのあまりそういう弱者に寄り添うイメージは全くありませんでした。

    平成はまさかと思うくらい災害続きでした。

    最後の最後に、ドジっぽくて垢抜けない、人気が安定していたしっかり者の長女を適当に放牧していたら変な虫がついた。

    気がついた時にはもう遅すぎたので内定者のまま、「留学をとめたのに実行、とれるかわからないNY州限定の説明責任を果たすために会見を開きなさい」 といくら誕生日に発言しても過去6~7年は眞子さんの様子、一緒に暮らして何を見てたの。
    小室さんが弾く優しいピアノの音色?はあ?という感じです。
    九州に避難した佳代さんが、婚約者にメールで「とるものもとりあえず来たの。通帳もカードも持ってない。ヘルプ。」というような内容がありました。
    悠長に新幹線で博多に駅弁食べながらいかないだろうから、
    飛行機チケットは普通クレカ決済で買うし、空港にクレカを携えていく、避難時には現金とクレカ、キャッシュカード、免許など貴重品からまず支度するはずだし。
    竹田さんに一緒にいくか誘わず、あわてて相談なしに自分たちだけ避難。

    あとで困窮してます、お金くれくれは佳代さんの思考パターンの典型です。

    手口は寸借詐欺師、常習ぽいです。
    私は寸借詐欺に遭ったことがあります。おつきあいをしていた営業マン男性がファミレスの駐車場にとめてランチを食べた、その際に車の後ろは隙間なく、駐車場壁ぎりぎりに停めた、その隙間を通る際にたぶん集金袋を落としたかもしれない会社にばれたら首になると言うので40万貸しました。

    貸す際には「お前にだけは頼めなかったから悩んでた」大袈裟に落胆した様子で頼みこんできましたけど。寸借詐欺しに嘘をつかせたり演技は天下一品です。
    相手が被害届をだせば時効は有るでしょうが罪になり罰金だけではなく塁犯で実刑になる可能性があります。

    まめに「uclaの200見せ金は用が済んだからすぐ返してくれる?」などと竹田さんが確認して、もし返せない場合には期限を書いた借用書を作ったほうがよかった。
    婚約者は他人、夫婦でも他人です。
    我が家は子どもの小遣い受理署名、夫婦間で1万単位の貸し借りでも借用書を書いてます。だいたい期限より、早く返し利子なしです。他人ですから。

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      一応、本日までは引き篭もりなんです。
      明日辺りからボチボチ動こうかな~と、無理しないでグータラしていると
      雅子さまのようになりそうです(^^;)

      災害お見舞いで膝をつくようになったのは、今上からですね。
      これが慈愛アピールの美智子さまにはツボに入ったようで・・・

      震災後に関東から原発事故が怖くて避難した人たちって
      そんなに多くはないでしょう? うちの息子だって避難しなかったし(笑)
      随分と大袈裟、それに非難するにしても現金、通帳、カードは普通
      持って行って避難するでしょうに。元婚約者の財布をアテにしているのが
      バレバレのような状態ですね。
      洗浄液ありすさん、夫婦間でも1万単位だと借用書出すのですか!
      うちも出そうかな。元婚約者さん、せめて200万円には借用書書けば
      良かったんだよねぇ。

  2. 水玉 より:

    お婆さんの顔が何とも言えずに辛いですね。
    多くの方が犠牲になり、未だ避難生活をされている方も沢山おられる現実。
    私は関西在住ですがあの時変な揺れを感じ、しばらくしてテレビをつけてみて東北の光景に呆然としてしまいました。

    東日本大地震のとき小室親子は放射能が怖くて横浜から九州に逃げていたんですよね。
    その滞在費も元婚約者の方に振り込ませて。
    自分たちさえ良ければいいというような親子。
    自衛隊、消防隊、ボランティア、多くの方が東北に救助に駆けつけているというのに。

    秋篠宮さま追悼式はご立派ですが、眞子さまも秋篠宮さまもそのことを何とも思わないんでしょうか。
    とにかく早く破談にしてほしいです。

    • mayu より:

      水玉さん

      私も1日も早い白紙を願っています。

      小室親子、九州に逃げていましたね、お金がないので
      元婚約者にヘルプしてまで逃げる、その行動力は凄いです。
      本当に自分たちさえ良ければそれで良い親子なのでしょ。
      それに冷酷ですよね、2人の表情に冷酷さが現れています。
      とても温かい心の持ち主じゃないです。

      • 水玉 より:

        mayu さん
        本当にこの親子は変な行動力だけは凄まじいものがあります。眞子さまも早く気がついてほしいですが、小室の甘い言葉に騙され続けて気がつくんでしょうか。秋篠宮さまもはっきり破談宣告してほしいです。

  3. やしま より:

    昔から思うことは、このお読みになられる文章は、一体どなたが作成するものなんでしょうかということ。
    私の単なるイメージですが、秋篠宮殿下は、あまり作文がお好きでないように見受けられるんです。お誕生日会見も、全て妃を伴ってのもので、お答えになられるまで非常に時間がかかることもある(5分という話も出ていました)。細かなことになると、すぐに紀子妃の顔をごらんになり、「どうでしたっけ?」とお尋ねになる。細かい言葉を頭に入れ込んで会見に臨まれてはいない感じがいつもしていました。

    もちろん、こういう文章にはご本人のご意思も多く入っておられるとは思うのですが、基本的に文章作成は紀子妃殿下のお役目なのではと。国会議員なら事務方ですが、秋篠宮家にはそういう優秀な事務方、側近がそもそもいないように思えんですよね。いたら、今回みたいな惨事は未然に防げたかと。有能で宮ご夫妻の信任厚い方が存在したら、K氏が宮家に登場した段階で、ご夫妻から何も言われなくても、それとなく調べたでしょうし、強引にでもK氏の周囲にあったものを殿下に警告したでしょうし。。

    ・・いないんですよね、そういう方。今回のことで全くいないって明らかにわかってしまった。
    だから殿下の秘書役も全て紀子妃殿下。そりゃあお忙しくて子育てにまで目が向かなかったかもしれません。一番重要なのは悠仁さまのことで、大きく育った娘たちは放置ぎみになってしまった。
    それでも佳子さまは物事をハッキリ言うタイプでわかりやすかったのでしょうが、(だから結構いろんなダメ出しもしておられますが)
    眞子さまに関しては真面目で素直でこの子は大丈夫と、ご両親としても安心しすぎていたのかも。せっかくこの子が選んだ人の悪い話は聞きたくないと、周囲が何か物言いたげでもシャットアウトしてしまっていたのかもしれません。今となると悔やんでも悔やみきれない。

    本当に困ったなと思うのは、今、お二人が真摯にこうした行事に取り組んでくださってお言葉を述べてくださっても、皇室ファンの方々の反応が前と違って非常に薄くなってしまったことです。「心に届かない」のです。
    お二人は何も変わっておられないということはわかっていても、国民の税金使ってあの男に特権を与える現状について、そちらのほうを優先してくださいと心の中で叫びたくなってしまうのです。
    皇室はどうなってしまうのでしょう……

    • mayu より:

      やしまさん

      文章は誰が作るのでしょうね。
      追悼式の流れを見る限り無難な文章で静かな読み方でした。
      秋篠宮ご夫妻の代わりに、あの場に東宮夫妻が立っていたら
      どんな状態なんだろうなぁ。

      記者会見も皇太子のように読み上げるだけじゃないのが、私は好きです。
      皇太子の会見は雅子さまの書いた作文を読んでいるようで
      今年は真面目に聞きませんでした(苦笑)

      庶民は非力なものですが、これだけ多くの人が「反対」していることは
      宮内庁、天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻もご存じで、このまま
      ダラダラと時間を延ばして結婚させても、国民の目線は一層冷たくなると
      理解して頂けないものでしょうかね。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    震災から8年経ったんですね。でも、いまだに避難生活を続ける方々が2万5千人もいるとは……

    8年前の3月11日は、mayuさんの仰る様に寒い一日でした。
    私は家で一人、風邪で寝込んでいたのです。
    そのうち、ゆらりゆらりと船酔いの様な横揺れが来て「風邪の目眩?」と思った途端
    経験した事のない強い縦揺れが続き、暫くベッドにしがみついていました。

    何とか玄関ドアを開けようと向かうのですが強い余震が立て続けにあり、なかなか辿り着けなかった。

    家族の一人は連絡が取れず、結局会社で宿泊。翌朝帰って来ました。
    それと東北に親族がいまして、連絡が取れるまでかなり時間がかかりました。(何とか無事でした)

    長々とすみません。
    各々の災害への備え・取り組みが、これからは
    より一層大事になるのではないかと思います。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      毎年、被災当時の画像を数枚載せるようにしているのですが、
      被災地は地獄のような状態でしたが、関東地方に住んでいた方々が
      電車がストップして自宅に帰れない、帰宅困難者が出たり
      大変な状況でも日本人はパニックにもならず、暴動も起きず
      民度が高いな~と思いました。

      私は眩暈がすると、地震じゃないかと思う時があります。
      3.11の時の揺れは気持ちの悪い揺れ方で暫く横になって休みました。

  5. 狗児 より:

    普段皇室に興味がない主人に、3人もの自殺者を出した話をしました。
    主人曰く
    1、父親は実家から妻子の所に戻ってすぐ自殺した、それ自殺ってことにしているだけなんじゃないの?
    2、東京で自分の家と義父母の家のローン、かつ赤いアウディのローン、子供の学費やバイオリンやピアノの月謝払うなんて、社会保険料や税金控除後の可処分所得が月々100万近くなきゃ無理じゃない?副業も出来ない公務員なのに、あり得ない。
    ということだそうです。私もそう思います。
    ってことは、父方から援助受けていたのか、週刊誌がその部分は話を盛ってるかですね。何も知らない人が聞いても不可解なことだらけだってことだと思いました。

    クロワッサンさんも仰っているように、私もあんな不細✖️な癖によくもまあ…と思います。しかし、あの木嶋カナエもあれで何人もの男性を騙せたので、美人かどうかなんて関係がないんでしょうね。写真で見た限りの印象ですが、敏勝氏は穏やかな感じだから、海千山千のカヨさんに狙われたら「蛇に一睨みされたカエル」状態だったのかもしれません。あら、男女逆転して次の世代もそうですね。

    東日本大震災、ニュースで津波の映像見るだけでも怖かったです。あれを実際に体験された方、亡くなられた方、どんなに怖かっただろう…と思います。秋篠宮両殿下が追悼式典で立派に務められましたが、早く小室問題を片付けないと何をしても批判されますよ!

    • mayu より:

      狗児さん

      ご主人もなかなか鋭い。1をやるにしても圭与さんは自分の手は汚さない人だね。
      2は30代後半で年収1000万越えの市役所職員はいないでしょう。
      多忙な仕事と圭与さんからは、次々とお金の掛かることを欲求され
      ストレス、鬱状態になったと思いました。
      もし、別の普通の平凡な方と結婚していたら小室家は追い詰められることも
      無かったでしょうに。眞子さまの結婚問題は早く解決してほしい。
      毎日、「婚約内定解消、白紙に戻しました」のニュース速報のテロップが
      流れないかな~と思ってるんです。

  6. ラミリー より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。8年前の
    今頃は気が気でなかったです。姑の里が宮城県で、姑姉一家が住んでいました。確か金曜日でしたね。連絡がとれたのは日曜日だったとおもいます。幸いにも皆無事でしたが、一階部分は浸水し建て替えまでかなりかかりました。命をおとされた方々、さぞ怖い思いをし、無念だったことでそょう。また命はあっても根こそぎ家を失った方、家族、友人を失った方、あまりにも理不尽だと思います。復興はまだまだなのに
    10連休だのオリンピックだのいらないと思ってしまいます。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      姑姉さん一家が宮城県では大変な心配をしたでしょう。
      津波による浸水だったのでしょうか。
      私も8年前は今でもハッキリ覚えています。
      お陰様で被害は無かったのですが、その後、まさか2万人以上の
      方々が亡くなる大災害になるとは!
      オリンピック招致の話が出た時から反対でした。
      被災地置いてきぼり、潤うのはやっぱり東京じゃないかと。

  7. クロワッサン より:

    mayuさん、まだ体調が万全ではないのに新しい記事と写真有難うございます。

    「魔性の女」とは美人でセクシーで男が虜になる女のことだと単純に思っていましたが、mayuさんが佳代のことを、「魔性の女」と言ったことで、そうなんだと思いました。

    俳優の伊藤雄之助(60歳以上じゃないと知らないかな)のような顎をした御面相なのに、複数の男が寄ってきて貢ぐ。

    遺産相続の件では交渉役をかって出る男がいて、元ヤクザ。その元ヤクザも用無しとなると、バッサリ切り捨て。怖い者なし。

    そして佳代の回りでは死人がいっぱい。

    mayuさんの言う通り、本当の究極の「魔性の女」は佳代ですよ。

    • mayu より:

      クロワッサン さん

      魔性の女は圭与さんにはもったいないかな(笑)
      毒婦とか、いろんな表現はありますよね。
      伊藤雄之助に似ているって写真入りこのブログに書いたことあります。
      今まで結構、いろんなこと書いてきたな~(^^;)

      悪女って必ずしも美人じゃないので、引き寄せる何かを
      持っているんでしょうネ。

タイトルとURLをコピーしました