女性セブンの祖母まで自死だった記事は衝撃、戦慄でした。
最初に自死した圭与さんのご主人、敏勝さんとその後に食事も喉を通らないほど
憔悴し切っていた祖父、当然ですよね。
実家で療養していたのに、圭与さんが圭と一緒に連れ戻し、ほどなく
自死ですから、親としては「帰さなければよかった!」と大いに後悔したと思う。
大学にやって横浜市役所に就職。働き盛りで仕事も多忙で疲れた時は
家庭が癒しの場になるはずが、その家庭は針のムシロ状態だったのだろう。
圭与さんの収入に見合わない生活ぶりは、小室Kが幼稚園に通っていた時、
車での送迎禁止なのに、圭与さんは真っ赤なアウディで送迎していたという
エピソードを思い出しました。この話も元婚約者から出ました。

下はアウディに乗って幼稚園送迎などを書いた過去の記事
https://koredeii.com/archives/6312

息子、ご主人と相次いで自死されただけでもショックで寝込む、体調を壊す状態に
更に追い打ちをかけての遺産相続の為に元暴力団だった、喫茶店経営の知人に頼んで交渉。
住んでいた家、土地を売って財産分与したのだろうか?
生きていく気力も無くなっていたのでしょう。今の私と同年代と思われ、
先週発売のセブンはあまりにも痛ましい記事でした。
亡くなったお三方、遺恨を残して逝かれたのではないか・・・・
それが、今の先に進めない状態になっているのでは・・・と思いました。
この記事を読んだ、美智子さま、秋篠宮ご夫妻、眞子さまは
どう思うのだろう。親として、子として涙は出ないのだろうか?
そんなことを思いながら、寝ていましたが本日はかなり良くなりました。
でもまだ油断せず、無理せずに静養したいと思っています。

前置きが長くなりましたが先週、書こうと思いつつ書けなかった「週刊女性」の記事。
今週の始めには次号が発売されるのでかなり遅くなりました。

雅子さまが意気込む「国際親善」での飛躍。

週刊女性PRIMEにも記事がアップされていませんでした。
冒頭部分は先週発売された各誌で嫌と言うほど見せられた
天皇陛下在位30年記念式典での天皇陛下の読み飛ばしと
それをフォローしたという美智子さまの美談が書かれていました。
この部分は大きく割愛し、気になったところを紹介しますが、
今回はもう雅子さまのことはいいです、と思ったら意外と書いていました。

週刊誌にコメントして欲しくない、文章を書いてほしくない
人を3名ピックアップしました。


週刊誌にコメントして欲しくない人 1人目 渡邉みどり女史

下から週刊女性の記事を抜粋

天皇陛下在位30年記念式典の翌日と翌々日の2日間で合わせて
3回、式典のお礼として「宮中茶会」が催された。
しかし、次の皇后である雅子さまは一度も姿をお見せになることはなかった。

茶会には、両陛下、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻など宮家の方々も
参加されていたのですが、ご病気の影響なのか、雅子さまのお姿は
ありませんでしたね。(宮内庁関係者)
2004年から「適応障害」の治療中である雅子さま。
お代替わりまで2ヵ月を切る中で周囲からは心配の声も。

2月8日の「青少年読書感想文全国コンクール表彰式」以降
公務にお出ましになっておられませんでした。

雅子さまは今年に入ってロクに仕事をしていません。

1月1日 新年祝賀の儀に雅子さま16年振りに出席するも外国大使との挨拶は欠席
1月2日 一般参賀
1月7日 昭和天皇三十年式年祭*皇太子と雅子さま皇霊殿の儀
2月8日 青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式に出席
2月24日 午前 在位30年の祝賀に出て両陛下に挨拶 お辞儀するだけ。
2月24日 夕方 両陛下とご家族による夕食会御所を訪問し食事。
私が知る限りでは以上が今年に入ってからのお出まし。
皇太子の誕生日映像は除く。

実は皇太子夫妻の長女愛子さまも、2月初旬から腹痛などの症状を
理由に学校を休まれがちだったのです。
愛子さまへの不安がお仕事に影響していなければいいのですが」
(東宮関係者)

ここから注目。

ある皇室ジャーナリストはそんな不安の声を吹き飛ばすようにこう語る。

「2月23日は皇太子さまの59才のお誕生日でした。この日は両陛下や
秋篠宮ご夫妻などを招いた夕食会が東宮御所で開かれ、そのホストは
雅子さまが務めるのが慣例になっています。さらに、翌日の記念式典
にまつわる行事には参加される予定だったので、療養中の雅子さまは
ご体調を考慮して茶会を欠席されたのだと思います」

前出の渡邉さんは、茶会のご欠席は美智子さまのご配慮があったのでは、と話す。

週刊女性もいい加減で、最初は「ある皇室ジャーナリス」と書いておきながら
次は前出の渡邉さんって、渡邉みどり氏のことだったのでした。

「重要な儀式が連続した関係で、雅子さまは茶会を欠席されたのだと
思いますよ。茶会には1回につき約500人の招待者がいましたが、その中で
注目される皇族方はとてもお疲れになるでしょう。
いちばん大切な行事であるお代替わりまで2ヵ月を切っていますし、療養中の
雅子さまには大事をとっていただくように、美智子さまや皇太子さまが
配慮されたのかもしれませんね」

1回30分程度で、500人全員と会話するわけでも無し。
ここのところ居眠りの多い85才の天皇陛下でさえできることが
そーーんなに疲れるとは思えません!身体が丈夫でないと言われる
瑤子さまも3回、うち1回は着物を着て出席しています。

2ヵ月先の代替わりの為に、今から大事を取るってどんな重病人なのですか? 

渡邉みどり女史は、美智子さまより1つ年下。1935年6月11日 (年齢 83歳)
美智子さま関連の本も沢山出版し、美智子さま信奉者です。


この年代の方は多いので、美智子さま絶賛は仕方ないと諦めますが、
雅子さまにまで口を出して適当なことを言わないで欲しいです。
雅子さまだけではありません、眞子さまと小室Kの問題についても
「皇族のトップの方たちの結婚は、スムーズに行かないことのほうが多いのです。
しばらく時間をかけてでも、眞子さまと小室さんはいずれ一緒になられるのが
良いのではと思います」このような事を書いてます。AERA dot
https://dot.asahi.com/dot/2019012200054.html?page=1

もうね、渡邉みどり女史には天皇皇后両陛下も退位するんだから
皇室ジャーナリストを引退して欲しいです。6月には84才、感覚が時代遅れ。

2人目、精神科医 香山リカ先生。

香山リカって本名じゃないですよね、リカちゃん人形と同じだもの(笑)
この先生は雅子さまの療養が長引いてから、なにかと週刊誌に雅子さま擁護の
コメントを出している大先生なのです。
「新型うつ病」なるものまで発案し、一時期は若者に多い「新型うつ病」
みたなことで少しだけ話題になったこともあったようでしたが、それ以後は
いまいち浸透しませんでした。おそらく、精神科医が実際に「新型うつ病」
と診断することはないです。


雅子さまを実際に診察していない精神科医が、雅子さま擁護のために
「仕事中だけうつ病になる」「レジャーだと元気になる」この状態に
雅子さまがドンピシャ該当するので著書「仕事中だけ『うつ病』になる人たち」の
中から雅子さまは「新型うつ病」とコメントしたのでは、と推測できる。

精神科医なら真面目に、雅子さまはコミニケーション障害があるのでは?
とか一度くらい書いたら良いのに。

3人目 友納 尚子

この人はもう有名過ぎて(笑)宮内庁のHPにも抗議文が載せられているくらいだから。
よくも長きに渡って、さもその場に居たか、見てきたような文章でいい加減なことを
書いたものだし、それを長期間載せていた週刊文春も週刊文春だと呆れるわ~
雅子さまお抱えライターなのか、今でも文藝春秋に書いていますからね。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。