眞子さん10月に結婚届け 宮邸離れ、渡米の準備*紀子さまの悲しみ悩み涙されたことも

眞子さまの結婚問題

またまた衝撃的なニュースです、いよいよ具体的に10月に眞子さんが結婚届けを出し皇籍離脱、秋篠宮邸を離れ一時的に都内のマンションに滞在、小室圭のいる米国へ渡米する準備をすると、今のところ共同通信の記事が出ました。

30才の誕生日までには結婚したいと常々書かれていた通り、眞子さんは誕生日前に入籍することのようです。

渡米までは秋篠宮邸に滞在するのかと思いましたが、眞子さんなりのケジメをつけて秋篠宮邸を出ることにしましたか。

この記事も紀子さまの誕生日会見前で、ワンクッション置いたのは眞子さんなりの紀子さまへの配慮でしょうか。

9月1日の読売新聞が最初に報じた「眞子さま年内結婚で調節 皇籍離脱
アメリカで新生活か」この記事も衝撃的でした。
https://koredeii.com/archives/18637

あれから1週間で10月に入籍の記事が出て、いよいよ眞子さんは小室圭と結婚するのだと、嫌でも納得するしかない状態になりました。

思い通りにならない子供、親とは辛いもの 眞子さんの結婚報道で考えたこと
https://koredeii.com/archives/18650

にも書きましたが、小説のようなドンデン返しはなく、思った通り入籍して決まりでした。 親としては辛いことです。

こんな形で娘を結婚させて渡米する、会えるのは何年後?世論によりもしかしたら根性の別れになるかもしれない。大袈裟でしょうか。 下に週刊女性PRIMEの記事も載せました。

秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の年内結婚について、10月に婚姻届を出す方向で宮内庁が調整していることが8日、政府関係者への取材で分かった。眞子さまは婚姻届提出に伴って皇籍離脱することになり、東京・元赤坂の赤坂御用地にある住まいの宮邸を離れ、一時的に都内のマンションなどに滞在されるという。結婚後は小室さんが拠点とする米国へ移る意向で、この間に準備を進める。小室さんは米国の法律事務所へ就職する見通しだ。皇族はパスポートがなく、眞子さまが渡米するには新たに作る必要がある。記事出典 共同通信https://news.yahoo.co.jp/articles/85108973ab1ca6bc45031d16e10dd82ed38f9974

私は全文コピペはブログが長くなるのであまり好きじゃないのですが、今回は週刊女性PRIMEに載った記事を全文載せます。

全文読むのが面倒な方の為に、少し感想など書きながら掻い摘んで書きますと、紀子さまの11日、55才の誕生日に宮内記者会向けに公表された“肉声文書”を『週刊女性PRIME』は独自に内容を入手。

眞子さんの結婚についての質問には、去年とほぼ同じ内容で9月8日の午後、紀子さまが11日に55歳のお誕生日をお迎えになるにあたり、ご本人が綴られた“肉声文書”がテレビ局や新聞社が所属する宮内記者会向けに公表された。正式には11日に公となる内容だが、それに先立って『週刊女性PRIME』は独自に内容を入手した。
“長女の気持ちをできる限り尊重したい”、“(結婚に関する)見通しなどの言及は控える”といったニュアンスのものでした、ということでした。

紀子さまは小室圭との結婚をどうしても止めたかった。紀子さまの小室家に対する不信感は強く、眞子さんとの対話を大事にされてきた。公務や関係者とのご接見では笑顔で気丈に振る舞われていましたが、お住まいでは眞子さまの結婚問題で悩み、そして涙を流されていたこともあった。

うーーん、紀子さまの悲しみを思うと涙が出てきます。この3年半どんなに苦しんできたことか・・・・週刊誌、ネットで散々批判され、説得にも努力されたことでしょうが、眞子さんの意思は変わりませんでした。

反して、圭与のあの態度はなんですか!!皇族、内親王をお迎えする立場なのに、だらしない服装にだらしない金銭感覚。こんなことになるんだったら、元婚約者さんへさっさと400万円返済しなさいよ。圭与のことでは書いているうちに頭に来て血圧が上がりそうなので今夜はもう少し冷静に考えることにします。つうか、考えても同じかぁ。 小室圭が帰国し会見を開く可能性が高い、とも書かれていますが、眞子さんと2人で会見を開いてどんなことを言うのか、言えるのか。 またまた炎上するだろうな。 そして批判の矛先は秋篠宮ご夫妻へ・・・・とっても残念です。親不孝ですよ、眞子さん。以下から週刊女性PRIMEの全文です。



「質問は全部で3問。“この1年の振り返り”と“悠仁さまのご進学とご家族の近況”と“眞子さまと小室圭さんのご結婚の見通し”について。記者たちが注目していたのは、もちろん眞子さまのご結婚に関するご回答でした。

しかし、今年のご回答は昨年のものとほぼ同じ内容で“長女の気持ちをできる限り尊重したい”、“(結婚に関する)見通しなどの言及は控える”といったニュアンスのものでした。ただ、ひとつ確かなことは、紀子さまは小室さんと結婚するという眞子さまのご意思を尊重されるということです」(秋篠宮家関係者)

9月中旬以降に正式発表
内容的には“ゼロ回答”ではあるが、それもそのはず、眞子さまと小室さんの結婚について、宮内庁もまだ正式発表はしておらず、紀子さまの今回の文書回答についても「あくまで結婚が決まったわけではない」という前提のもと、お答えになっている。

「9月1日、複数のメディアが“眞子さまが儀式を行わずに年内結婚の見通し”と報じたことで既成事実化していますが、宮内庁はまだ認めていません。この報道の2日後、秋篠宮家の最側近である皇嗣職大夫は定例会見で“現在関係の皆さまで相談されている。然るべき時期が来ればお知らせする”とコメントしています。実際、宮内庁としては紀子さまのお誕生日が終了した後の9月中旬以降に、正式に発表する方向で調整しているようです」(宮内庁関係者)

紀子さまは小室家に対する不信感はかなり強く、結婚に対して否定的だったと報じられている。だからこそ、紀子さまはこれまで、眞子さまとの“対話”を大事にされてきたのだという。

「紀子さまは、小室さんとの結婚をどうしてもお止めしたかった……。婚約が延期されてから1年ほどは、結婚問題について直接眞子さまとお話することができなかったといいます。それから徐々に対話を重ねられ、『全日本ろうあ連盟』が配信した映画や、若手芸術家を支援するチャリティーコンサートを一緒に視聴、さらに週末には畑の草取りや野菜の収穫などもご一緒になさっていました。

コロナ禍になってからは、お住まいでの時間が増えたことで、医療団体向けにおふたりで手作りしたフラワーアレンジメントを贈られるなど、お母さまとして眞子さまと密に接してこられたのです」(前出・秋篠宮家関係者)

*言葉にならない「母の悲しみ」

昨年と変わらなかった紀子さまのお誕生日回答、しかも小室さんとの結婚をお許しになれたような内容――。しかし、その内容とは裏腹に、妃殿下は張り裂けそうな思いであるにちがいない。

「婚約延期から3年半、公務や関係者とのご接見では笑顔で気丈に振る舞われていましたが、お住まいでは眞子さまの結婚問題で悩み、そして涙を流されていたこともあったそうです。ある日には“娘を守れていませんね……”と弱音を吐かれていたことも。本心では“NYに行かないでほしい”と今でも願われているのだと思いますよ」(前出・宮内庁関係者)

結婚相手だけではなく、皇室としても異例のご結婚となることも、妃殿下を苦しめている。

「戦後初となる“儀式なし”のご結婚であることが濃厚とのことです。愛する娘が皇室の歴史において“汚点”となる可能性があり、私たちには想像できない、そして言葉にできないほどの悲しみがおありでしょう……。

一方、アメリカに滞在中の小室さんは、年内に帰国して会見を開く可能性が高いです。その場で少しでも国民からの理解を得られるように誠意を尽くし、秋篠宮ご夫妻にも直接挨拶をしてケジメをつけてほしいです。それで紀子さまが納得されるかどうかは怪しいとは思いますが……」紀子さまの母としての思いを、眞子さまはどう受け止められるのかーー。記事出典 週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/21900

ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/96205962f2f2a47c16501eaf66a70644349b24d4



コメント

  1. 冨樫無礼子 より:

    mayuさん

    人間だれしも完璧な親にはなれない。キコさんは私世代の英雄でしたが、今は親子の深い断絶にそう感じます。

    今朝、普段は国内ニュースをみない夫が1番に「10月に眞子さま結婚だって」とキャッチしていました。うちには23の娘、27の息子がいますが、30過ぎても焦らないで相手のことを、相手の親をよくみて決めてね、とアドバイスしようかな。

    • mayu より:

      冨樫無礼子さん

      紀子さまはずーっと完璧でした。
      それがアダになった可能性もありますね、親と違うタイプに惹かれることって
      結構ありますから。 ウチは私と旦那は24才と21才でしたが、娘は
      33才だったかな?忘れてしまいました(笑)
      晩婚で7才年下と結婚しましたが、2人働いていました。
      息子は結婚相手がいないのか、結婚しなくて良いのか40才で独身。
      もう結婚の事は双方全く話題にならなくなりました。

      • 冨樫無礼子 より:

        mayuさん返事をありがとうございます。
        紀子様はお妃と内定してからずっと過剰適応状態だったのかもしれません。眞子さまを産んで眞子さまに注目が行き、佳子様に注目が行き少しすつ肩の荷をおろされた。ところが全く危機感のない皇太子妃に代わり男子を産んでからはまた責められ、
        もう
        どうしろっていうの、って感じですね。
        今日本で1番お可哀想なのは紀子様だと思います。

        • mayu より:

          冨樫無礼子さん

          雅子さまの適応障害の反対で、週刊誌で紀子さまを過剰適応と記事に
          していましたが、努力されたんですよね。

          子供が不祥事を起こすと親の責任、親の躾、親の顔が見たいと言われ、
          子供が素晴らしいと親も褒められ、やれやれ~親になるのも大変です。

  2. やしま より:

    私は眞子さんが結婚を30歳前という年齢こだわるのが不思議だったのですが、今思えば愛子さん同様、この方も若干自閉症的思い込みの強い方だったかもしれません。学習院時代の眞子さんには、心和むようなエピソードはなく、発表会など、外部に成果の見える習い事の話も聞いたことがありませんでした。(佳子様のフィギュアや愛子様のチェロ等)天皇家が愛子様の本当の姿を外部に漏れないように苦心したのと同様、秋篠宮家は眞子さんの真実の姿を隠ぺいしてきたことがあるのかもしれません・・・今さらの妄想ですから、当たらないほうがいいのですが、でもそうとでも考えなきゃ、あんな男に入れ込んで、その思いが4年も続くなんてどう考えても理解できません。
    学習院高等科時代の評判は、「タフすぎる」というものでした。お勉強もおできになるはずが、今となったらどうもそうでもなさそうな気がします。慣例に従っての学習院大学に進学させず、ICUに出したのも何か理由がおありだったのでしょう。

    紀子妃殿下の涙は本当にお気の毒だと思いますが、紀子妃は余りにも完璧を目指し過ぎました。公務も完璧、子育ても完璧はやはり無理だったと思います。弱い面をお出しになられたら良かったと思うけど、それすらおできにならなかったのでしょうね。去年の眞子さんだけが笑いのない家族写真は、薄ら寒く感じましたよ。冒頭に掲載してくださったお写真も、眞子さんの目は、常人のそれではないように感じます。

    「会えるのは何年後?世論によりもしかしたら根性の別れになるかもしれない。」
    この「根性の別れ」に、クスッと笑えてしまいました。ごめんなさい。そして私は御両親にはぜひ根性を出して、ずっとお会いにならないでほしいです。出雲にお嫁に行かれたはずの典子さんが、実家回りをちょろちょろしているように、あっという間に眞子さんもまた、宮邸周りをちょろちょろし出したら、非常に腹が立ちます。典子さんは婚家先が離婚に応じないのかもしれない(縁結びの神様のおうちですから)し、婚家先がある程度のお金も出しているかもしれないと思えるのですが、眞子さんがウロチョロし出したら、それはもう絶対にお金的集り行動に間違いないですから。おまけに子供まで連れて宮邸を出入するようになったら最悪です。もうその姿、見たくありません。

    • mayu より:

      やしまさん

      愛子さまのビオラはこれも出来ます、あれも出来ますのアピールの
      道具かなぁ~と思っていました。

      眞子さんも一応、ピアノなどは習われたでしょうが
      美智子さまのようにお披露目するほど凝らなかったとか。

      元気でタフな事は良い事です。
      私みたいだと神経やられてしまいます。

      眞子さんて公の場では子供の頃からいつも緊張して過ごし
      小室圭と出会って緊張の糸が切れた、早くこの窮屈な
      皇室から早く出たいと願っていたのかもね。

      紀子さまは前々から、嘘でも良いから一度くらい倒れるくらい
      大袈裟にしたらどうか、と書いてきました。
      頑張り過ぎるし完璧主義者で、多分ですが友達になっても
      あまり面白くない人かもしれません。
      ガハハハと笑う雅子さまの方が緊張しなくて済んで面白いかも( ゚Д゚)

      根性の別れは変換ミスですよ~~(≧∇≦)
      今生の別れが正解なのですが、ま、根性で別れてください。
      ホント、典子さんのように離婚もしないで、実家にベッタリはご免です。

      あんな男と4年も・・・あんな男しか内親王と結婚する相手がいなかった。
      恋愛結婚に拘り過ぎた結果でしょうね。

      あんな男も男だけど、母親が下品過ぎてホント何とかならないのでしょうか。
      寒くなったらサングラスも外して露出も無くなるかぁ。
      お金は返す気無さそうですが、どーするつもりなのでしょう。
      眞子さんが皇室から離れたら、眞子さんのお金で返済かな。

  3. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m

    ますます納税が馬鹿馬鹿しくなりますね…。コロナ禍の国民には還元されずに、小室家への血税・特権の打ち出の小槌だけが、ますます汲めども尽きず状態です。

    紀子さまがお気の毒という皆さまのお優しさに、胸を打たれます。…が、私はやはり、公より私を優先することはしていただきたくなかったです。恨まれ憎まれようが、殿下と共に折れるべきではなかった。公人中の公人として生まれた者のあるべき姿・生きる道を、皇族として・親として、お身体を張って示すことができる唯一のお二人でした。お酒に溺れたり、泣いている場合ではなかったのです。「尊重する」とは…。自由という名の下に、我儘をモンスター化させてしまった責任は、両殿下にも大いにあると思っています。教育は本当に大切なのです。
    あの不自然で不気味な密着家族写真あたりから、モヤモヤした嫌な予感はあったのですが、こんな結実を国民に突きつけられるとは…。

    パスポート取得のために住所が必要ということもあって、都内のマンションに住むのでしょうね。ロイヤルパワーで雇用を更新させたばかりの博物館の職も丸投げ、しれっと(警察用語で言うところの)高飛び…。博物館としては、大歓迎とは思いますが(苦笑)。まあ、世の中や国民を次々と愚弄してくれます。

    ケイサンは、いずれ殿下の口利きで国連職員の座に納まるかもしれませんね。弁護士として使えない人間ということが露呈したも同然ですから。バックに秋篠宮家がついていれば、ニューヨーク暮らしも怖いものなしです。

    やはり、ご自分だけが大事な美智子さまの入内から、皇室は崩壊が始まっていましたね。つくづく思います。

    • mayu より:

      イリスさん

      最悪の結末ですね、眞子さんの結婚の意思が固いと週刊誌では
      一貫してこの調子でしたが、具体的な事が出てくると
      あ~~ぁ・・・溜め息です。

      紀子さまは公務、子育て頑張られたと思うのですが、眞子さんによって
      奈落の底に落とされました。替わりに今まで20年もサボリ続けていた
      雅子さまアゲになり本当に悔しいです。

      そうなんですよね、子供に非があると親の責任を問われます。
      何としても反対、それでも眞子さんは皇室を出て行ったかも。
      老座敷に閉じ込めて置くわけにもいかないし、精神を病むかもしれない。
      苦渋の決断が「納采の儀はしない、結婚は許す」だったのかなぁと。

      小室圭は今まで学生の期間が長く、バリバリ社会で働いた経験がないので
      NYでどこまで頑張られるのか。男の面子というものが無いのかな?
      根性出せよ! 30才で楽な方、楽な方と行くんじゃないよ、と言いたい。
      圭与さんには渡米しないで、父親と2人慎ましく暮らしなさい。

      自愛の美智子さまは未だ我関せず、自愛ですかね。

  4. ramiri より:

    mayuさん、ありがとうございます。先程、送信ボタンを押した途端pcが切れました。短く書きます。眞子さんは我を通しましたね。紀子様はお気の毒ですが、もしかしたら、見せかけの家族だったのかもしれません。

    午後からワクチン接種2回目に行って来ます。
    健診の結果などで旦那に振り回されぐったりしていますが、副反応の高熱が出たとしても、後で得られる安心感を楽しみにしたいと思います。

    • mayu より:

      ramiriさん

      PCが切れるってサーバーの問題もあるんじゃないかな。
      昔はヤフーBBがよく切れると不評でしたが・・・。

      圭与さんの借金トラブルが出てからは、家族はガタガタと
      台風並みに荒れたこともあったでしょうネ。

      今は眞子さんを放流し、悠仁さまを大事に育てて守る態勢に
      入られたのかも。
      2回目のワクチン接種ご苦労さまです。
      副反応、軽く済むと良いですね。

  5. マグノリア より:

    おはようございます。
    昨夜この件が流れて早々に、mayuさんが詳しくご説明くださりありがたく思いました。
    体調も優れない中お疲れではございませんか?
    承認するために目を通されるので、なるべくご負担を軽減するために簡潔にコメントしたいと心がけます。

    この報道を見たとき、来るべき時が来たなぁと思いました。
    私は個人的には、婚姻届を出したあと宮邸を離れることは賛成です。
    警備の面からも品位の面からもマンションをお考えのようですが、一般人の初体験として六畳一間のアパートにお住まいになるのもありかなぁと思いました。
    そもそも上皇陛下、天皇陛下、秋篠宮皇嗣殿下といずれの方々も結婚に際してこの人でなければ・・・というお考えでご一緒になられましたよね。
    高円宮家のように「結婚と恋愛は違う」と言うお考えではなかったと思われます。
    三笠宮家の2女王もそれに近いお考えをお持ちだったように思いました。
    皇室では「結婚と恋愛は違う」は、家訓のようなものであるべき姿であったのかもしれません。

    今後の秋篠宮家のご様子を静かに見守りたいと思います。
    (日本国民がどんなに声を上げても届かないようなので)

    • mayu より:

      マグノリアさん

      気を使っていただいてありがとうございます。
      そうですね、あまり長文は読むのもコメ返しも大変になってきました。
      適宜な文字数が良いですね。

      眞子さん、いきなり六畳一間のアパートではプライドが
      許さないでしょうし、眞子さんが貯めた貯金もかなりあるんじゃないかな。
      通勤する時の服装など質素でしたからねぇ。倹約して貯めていたかも。

      「結婚と恋愛は違う」はもう皇室でも時代遅れになったのかもしれません。
      王族方も恋愛結婚されていて、中には離婚もありますから。

      三笠宮姉妹は結婚相手すら見つからない、姉妹で生涯独身も
      なんだかな~~眞子さんより税金使う事になりますよね。

      そうですね、紀子さまの質問回答や今後の成り行きを見るしかないです。

      • ミラージュ より:

        mayuさん、いつも長文ですみません。
        思いが溢れて短く纏めることが中々出来ずにご負担をかけてしまっていることに申し訳なく思ってます。
        -頭が悪いやつは長文を書く-
        正に私のことです。
        短文を書くように務めます。

        • mayu より:

          ミラージュさん

          そんなに気にしないでください。
          私も長文傾向があり気持ち分かります。

          コメ返しももっと短く書けば良いんですよね。

  6. ミラージュ より:

    mayuさん、早速取り上げて下さってありがとうございます。

    紀子様の心中を慮ると、もう言葉もないです。
    15日に予定されていた、ご自身が総裁を勤める日本伝統工芸展にも欠席されるそうです。
    守谷絢子さんと違って降嫁後は総裁職は手離すのでしょうかね? それならまだまだましです。
    ぺんぺん草さんも書いておられましたが、一時的に住まわれるマンションの家賃はご自分の貯えから出すのかしら。
    自由になりたいと皇室を出られるのを選んだのですから、NYに行く迄のあいだ思う存分自力でやってみれば良いでしょう。
    どんな目に会うか、覚悟は出来てるはずですよね。
    国民は兎も角慈しみ育ててくれた両親をどん底に落としてでも手に入れたかった自由と結婚がどんなものか思い知れば良いでしょう。
    小室圭氏は大手事務所から就職を断られただけでなく、インチキ留学であることもバラされてしまいました。
    散々圭氏が優秀だのなんだの持ち上げていたワイドショーはこのことをちゃんと報道するのかしら? って、ちゃんと報道しなさいよっ!ですね。

    今年の誕生日はわざとらしい写真を見なくて済みそうなのが救いです。(10月23日と11月30日)

    • mayu より:

      ミラージュさん

      紀子さまは当時の天皇皇后の初孫である眞子さんは、女性誌の
      グラビアを飾ったり注目度も高かったので、何処に出しても
      恥ずかしくないように厳しく躾られたのでしょうね。

      学習院から離れたのは秋篠宮ご夫妻の失敗でした。
      子供の意思を尊重する、自分で決めなさい、結婚相手も
      学生のうちに見つけなさい、これは生暖かい放置にも見えます。

      駆け落ちか勘当のように皇室を出て行くので、当然総裁職は無しで
      皇室からきっぱり縁を切るのが筋ですよね。

      苦労してみたら良いと思います。
      これだけ世間を騒がせ国民の反対を押し切り結婚するのだから、
      それ相当の覚悟も持っているのだと思いたいです。

      小室圭と2人で「こんなはずじゃなかった」状態になっても
      乗り越えるしかないですよ。

      誕生日写真に出たくなくて10月に結婚届になったのかも。

  7. バンビ より:

    mayuさん

    早々に記事をアップしてくださりありがとうございます!

    眞子さまの我儘な振る舞い、もう止められ
    ませんね。
    私は眞子さまの結婚騒動に関して
    ご両親である秋篠宮両殿下の親としての
    責任についてずっと批判的な気持ちに
    なりました。

    でもmayuさんが少し前のブログで
    子育ては難しく思い通りにならない
    ものと書いておられた時に
    本当にそうだな、と思いました。
    うちの両親だって弟によかれと思って
    家業を引き継いで、苦労させないように
    親なりの価値観ではあるけど大事に大事に育てたわけです。
    今の老いた両親への無過信、放置のような状況、想像もしなかったことでしょう。

    週刊誌も書いていますが
    紀子さまの悲しみ、どんなに深いものでしょう。
    子供を持たない私でも、紀子さまのお気持ちを考えると涙が出そうです。

    眞子さま
    本当にこんな親不孝をして、その先に
    幸せが待っていると信じてるんでしょうかね。愚かなものです。
    それにしてもK、帰国して会見?
    みたくないですね。どうせ予定調和に終わるでしょう。

    皇族である義理の親になる秋篠宮両殿下に
    ご挨拶も今までのお詫びもないのでしょうか。
    こんな無礼がまかりとおるとは。
    日本の皇室も落ちぶれたものですね。
    畏れ多いなどという言葉はもう死語ですね。
    有り難みもなくしますね。

    秋篠宮さまは宮家の家長として
    どんなお考えなんでしょうね。
    せめて紀子さまをいたわっていただきたいものです。

    そしてこれからは行き過ぎた報道にはしっかりと抗議することもお考えになった方が良いと思います。
    紀子さまや悠仁さまへの酷い中傷。
    我慢しているだけではあまりにも
    お2人がお労しいです。

    • mayu より:

      バンビさん

      親の目線、特に母親の目線で考えると紀子さまもこの縁談は
      何としても破談にしたかったはずですが、25才も過ぎると
      なかなか言う事を聞かなくなるみたい、反抗もするし
      口も達者になる。そのうえ眞子さんは本当に頑固ですね。

      眞子さんを説得し諦めさせるには、小室圭が浮気したなど
      女性関係のスキャンダルが無いと無理でしょう。
      それでも許して結婚する人もいますしねぇ。

      子供がいると楽しみもあるのですが、その分お金も掛かるし
      何かと苦労はします。3人いれば3倍でしょうか。

      眞子さんは皇室が嫌いなのでしょう。
      結婚するにも、〇〇の儀が次から次へとあり、そういう儀など
      必要ない、現代的な考え方で結婚して皇室から出て行きたい。
      相手は誰でも良かったのかも~~親としては、子育て失敗と言われ
      報われない、寂しいです。

  8. アール より:

    mayuさんも読まれていましたか。

    ショックですね。
    30才までに っていうのもありますが、
    まさか小室氏がアメリカの法律事務所に就職が困難で、とにかく結婚してハクを付ける為に急いでいたりして。
    小室親子が真子様名義のクレジットカードの親子カードを持っていて、既に数千万円使ってしまい、上限額を超えてしまい、秋篠宮様にお金を請求している、という話題をネット上で見かけましたが、本当だとしたら真子様の貯金も無いのかも。
    だから早く結婚して上皇夫妻からの6億円をもらいたいのでしょうか。

    底無し沼ですね。

    • mayu より:

      アールさん

      申し訳ないです、下までスクロールしないでしまいました。
      パソコンも変わると慣れるまで何かと不便です(T_T)

      小室親子が眞子さんのクレジットカードを使って・・・、
      眞子さんてクレジットカード作れるのですか?
      何だかネット独特のガセネタのように思えます。
      使うとしたら、NYにいる小室圭が使うのかな。

      眞子さん、いくらなんでもそこまでおバカじゃないと思いたいです。
      上皇夫妻が6億円も出す? ネタ元が菊の紋系だったら
      そういうガセネタも出すかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました