眞子さま、天皇皇后両陛下に結婚を報告愛子さまも同席 * 雑談

眞子さまの結婚問題

今日もあちこち所用で動き回り、眞子さんの天皇皇后両陛下への挨拶はニュースでしか見られませんでした。動画を見ても分からないのですが、ネットに上がっている写真を見ると眞子さん本当に痩せました。ネックラインから鎖骨が見える眞子さんって初めて見る姿かもしれません。

ずーっと健康的な体型を維持してきたので、ここまで痩せてしまうとは・・・。紀子さまのお父様の入院、結婚反対デモ、結婚会見のストレスもあるのでしょうか。イギリス王室の故元ダイアナ妃も婚約した時はポッチャリしていましたが、結婚式では痩せて物凄く綺麗になっていました。あの痩せ方はチャールズ皇太子が結婚前までもカミラ夫人の存在が有った、本当は結婚を辞めたかったけど出来なかった、心労が祟って痩せてしまったのでは。 眞子さんも痩せて綺麗ですが、心労も見えてダイアナ妃と同じように不幸な結婚になるような気がしてしまいます。

秋篠宮家の長女眞子さまは誕生日前日の22日、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に結婚を報告した。通例、女性皇族が結婚する際は宮殿で行う「朝見の儀」で両陛下にあいさつするが、眞子さまは結婚関連の行事や儀式を行わないため、私的に御所を訪れた。この日の夕方、眞子さまはお一人で赤坂御用地を出発し、半蔵門から皇居へ。宮内庁によると、両陛下と眞子さまの面会時間は1時間10分ほど。開始10分後からは両陛下の長女愛子さまも同席し、和やかな様子だったという。眞子さまは25日に上皇ご夫妻へあいさつし、26日午前に小室圭さんとの婚姻届を提出して皇室を離れる。同日午後、「小室夫妻」として都内のホテルで記者会見に臨む。眞子さまはその後、小室さんとの戸籍でパスポートの申請などの準備が整い次第、米国で新生活を始める方針。(杉浦達朗)
記事出典 朝日新聞 https://news.yahoo.co.jp/articles/72931f5afc672ca6d5923ff3f52e6eadd0fdb4c9



今日は市立病院、銀行回り、トヨタカローラ、タイヤ専門店、スーパー、午後から障碍者手帳の手続きの為に耳鼻科、友の会の店で母の冬用ズボン購入、とにかく動き回った日でした。

ぺんぺん草さんのお父さんが亡くなられたとブログに書かれていました。毒親でぺんぺん草さんも大変な苦労をされたようですが、無事に見送られご苦労様でした。コメントしてくださるramiriさんのお姑さんも昨日亡くなられたとのことで、お疲れさまでした。正直なところ、お二人を羨ましく思いました。

私は何才までこうやって姑、母の為に動き回るんだろう、2人の葬儀を出す頃まで元気でいられるのだろうかと思ったりします。やしまさんも書かれているように、自分の体にガタが来ているんです。
腰痛もあり湿布が無くなったので、そのうち整形外科に行かなければ。内科、心療内科と医者通いもあり、そろそろ自分ファーストな生活をしたい年齢なのですが、ここの所、母のことで動かざるを得ず、整形外科、心療内科は後回しにしている状態です。 旦那が協力してくれるのが有難いです。

私たちの老後は親不孝でもないけど親孝行でもない、冷たいところがあるのと、遠く離れているので息子は全くアテにしていません。 娘は仕事をしているのですが、同じ市内にいるのと、人の子の親になり話も分かるので老人施設に入所する手続きなどはやってくれるだろうと思っています。



コメント

  1. おきうと より:

    老親が亡くなると、一抹の寂しさ、倍くらいの安堵
    ぽっかり開いた穴が 感じられます

    mayuさんお忘れかもですが、3年前に実父、去年実母を 送りました。10年以上飛行機での 往復が続き、昔は 気軽に飛行機に乗れたのに、後半は しんどかった
    mayuさんと同じで 補聴器作りに右往左往
    母の最後は 施設の医師と 喧嘩腰
    亡くなった後 父で懲りたので、母に公正遺言を作ってもらい 手続き森下楽に
    mayuさんと同じ 遠方の姉(私) 近くに済む愚妹の2人姉妹
    妹は 夫婦共々 葬式にも来ませんでした

    全て落ち着いて ふと気がつくと、ボロボロになった身体、コロナマスクのせいもあって ホント おばあさん
    美人になろうとは思わないけど、思わぬ所にシワ、しみ 歯は 後回しだったので、やっと今 インプラント
    腰も痛め 整骨院 、諸々しばらくメンテナンスしながら 次は私たちの番と
    身辺整理を始めています
    子供達は 親は いつまでも元気と思い 甘えます
    孫は 親が育てるもので 私達の管轄外

    mayuさんは 2人での生活を 夢見てらっしゃる様だけど
    うちなぞは 自分の事しか 考えられない夫は
    正直 足手まとい
    あと どれだけ元気で暮らせるか わからないけど
    1人で楽しむことを 考え中

タイトルとURLをコピーしました