天皇陛下誕生日会見で眞子さんの結婚問題に言及(まだ正式会見前の記事です)

眞子さまの結婚問題

天皇陛下の誕生日まで、まだ2日あるというのに誕生日会見の内容を漏らしてネットニュースにあがるようになったのは、秋篠宮殿下の誕生日会見からでしょうか。ここ数年の午前零時で解禁されるのも早い!と思っていたのに。眞子さんの結婚問題について質問があり、どのような答えが出るのかマスコミが早い物競争のように情報提供してくれます。

コメントで教えて頂いた週刊女性PRIMEの記事の前に、ヤフーニュースに東スポの記事が載っていました。天皇陛下の眞子さんの結婚問題に対しての公式見解、とのことでした。

東スポは簡潔で比較的短い記事でしたが、週刊女性PRIMEは記事が長いので、全文載せませんでしたが、一致しているのは、

『多くの国民が納得し喜んでくれる状況になることを願っています』東スポ、
“多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っている” 週刊女性PRIME

秋篠宮殿下が2018年の誕生日会見で言われた事と同じで、「見守っていく」のような発言よりは良かったと思いました。アトヨロ性格の天皇陛下、皇室のトップとはいえ過激な事は言いたくないだろうし、“国民の間でさまざまな意見があることは承知している”とのことで、批判が多い事も当然知っている。国民は眞子さんのお気持ち文書、秋篠宮殿下の憲法を出して、「結婚を許すということです」などの発言以降も、結婚反対の声は静まるどころか益々盛り上がっているような状況。

今のネット社会では、週刊誌が「結婚は既定路線」と書けば書くほど危機感、嫌悪感を覚え、小室家側がどんな説明、釈明会見をしたとしても結婚反対の気持ちは揺るぎません。

私はTwitterをしたものの、面倒くさくて自分に合わないと思い止めてしまいましたが、TwitterなどSNSでハッシュタグ#小室圭さんと眞子さまの結婚に反対します、などのツイートがトレンドになる場合も大いにあるだろうと思っています。既になっているのか?わかりませんが。

秋篠宮ご夫妻は良かれと思ってやってきたことが、知らず知らずのうちにボタンの掛け違いのようにズレてきて、思い通りに行かない「小室圭」の存在により大きな失態を晒す羽目になってしまい残念です。小さい時から厳しく躾をしてきたこと、子供たちの意思を尊重した、学習院離れ、学生時代に結婚相手を見つけるように言った、大嘗祭発言などで宮内庁と秋篠宮家の関係が悪い、小室家の身上調査が秋篠宮家に伝わらない、秋篠宮殿下が不要と言った。安倍前総理からは「自分たちでまいたタネでしょう」と言われた。どのようにして決着をつけるのでしょうか。




天皇陛下が誕生日会見で異例の言及 小室圭さんに示した「公式見解」

東京スポーツhttps://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2787852/

23日に61歳の誕生日を迎える天皇陛下が19日午後、事前の記者会見を開催。テレビ局や一般紙の皇室担当記者が出席した。全容は誕生日に公になるが、記者から提出された質問の中には眞子さまの結婚に関するものが含まれていたという。関係者の話「幹事社が質問を集め、それを宮内庁に提出します。2人の結婚問題は国民の関心が高く『どうしても聞きたい』ということになったそうです」
質問は事前に陛下側に伝わっており、回答を考える時間は十分。だが、その他の問いに比べ、〝小室質問〟に関する陛下の答えは素っ気なかったという。

皇室ライターによると「陛下は弟の秋篠宮殿下がかねて繰り返してきたことを踏襲し『多くの国民が納得し喜んでくれる状況になることを願っていますというようなことを仰ったようです」という。

中略 全文は下記のURLで読んでください。

今回、天皇陛下も「多くの国民が納得し喜んでくれる状況」を求めたことで、それは皇室の〝公式見解〟となった。

「残念ながら、小室さんサイドに目立ったアクションはありません。もはや母・佳代さんの借金を返すだけでは国民は納得しない。経緯やここまで時間がかかった理由も説明しなければならないでしょう」(同)小室さん親子には誠意ある対応が求められる。
記事出典 東京スポーツhttps://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2787852/

【独自】眞子さまと小室圭さんのご結婚、天皇陛下が会見で“認める”も課された「条件」

週刊女性PRIMEより

2月19日の夕刻、天皇陛下が4日後には61歳になられるにあたっての事前の記者会見が行われた。正式には23日に公になる内容だが『週刊女性』は独自に入手した。テレビ局や新聞社が所属する『宮内記者会』の記者たちが会見に出席し、前もって宮内庁に提出されていた全5問と、アドリブで出される関連質問の3問に陛下はご回答。その質問の中には、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についての質問も含まれていたことから、今回の会見にはいつも以上に注目が集まっていた。

中略

ただ、記者たちがいちばん注目していたのは、眞子さまのご結婚問題に対するご見解。この質問に対する陛下のお答えは、ほかの問いに対するご回答に比べて明らかに言葉が少なかったのです。
陛下は“国民の間でさまざまな意見があることは承知している”と前置きした後、秋篠宮さまが再三おっしゃられているように“多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っている”といった主旨のおことばを述べられました。ということは、秋篠宮さまが認められるのであれば、眞子さまと小室さんのご結婚を“認める”という意味合いだと、その場にいた記者や関係者たちは理解したのです」(宮内庁関係者)

昨年9月に紀子さまがお誕生日に出された文書で《長女の気持ちをできる限り尊重したい》と綴られ、続く11月には秋篠宮さまが記者会見で「結婚することを認める」と述べられている。

中略

「小室さん側は、新年から延期されて3月に予定されている『歌会始(うたかいはじめ)』の終了後、金銭トラブルに関する説明を改めて行うことを検討しているそうです。国民からの批判は当然あるでしょうが、公に説明さえすれば、秋篠宮殿下が求められている“見える形の対応を”という条件を一応はクリアしたことになる。小室さん側が“義務”を果たすことと、今回の陛下のご発言も相まって、おふたりのご結婚は確定的となるでしょう。

中略

「秋篠宮さまはこれまで、金銭トラブルへの対応や説明を求められていましたが、小室さんは文書を1度出して以降は、小室さん側は沈黙を貫いています。しかし、ついに天皇陛下からも“多くの人が納得し、喜んでくれるような状況にしてほしい”というお達しが出されたのです。皇室のトップである陛下の重いおことばから逃げられるはずもない小室さん親子は、早急に何らかの対応を取ることになるでしょう」(同・前)天皇からの“重すぎる条件”を受け、眞子さまと幸せになる未来を描く小室さんには、誠実な対応を期待したい――。

週刊女性PRIME https://www.jprime.jp/articles/-/20153



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん
    おはようぼざいます。
    昨夜は大変な事をしてしまいました。
    お怒りの事と思いますが穏便な対応をして頂き
    感謝申し上げます。
    これからこのような事の無いように気をつけます。
    ご迷惑をおかけした事お詫びいたします。

    いよいよ明日天皇陛下のお誕生日の会見が放送なりますね。
    何だか怖いですが、国民にとって安心できる会見である事を願っております。

    申し訳ありませんでした。

    • mayu より:

      月の砂さん、おはようございます。

      月の砂さんも知らずに書いた事でしょうし、紹介のブログ主さんも
      フェイク、嘘八百の誹謗中傷ブログとは知らずに書かれたと思われます。
      あのブログを本気で信じている人達も多いのかもしれませんね。

      早いですね、明日天皇陛下の誕生日。
      新型コロナのせいで一度も誕生日の一般参賀がない天皇誕生日、祝日ですぅ。

  2. 月の砂 より:

    mayuさん
    夜遅くにお邪魔してすみません。
    眞子様驚くべきことを言っております
    下記ブログからです
    URLを貼って置きます。

    中杉 弘の徒然日記
    中杉博士さんのブログです。最近の記事は「国家の一大事、日本を小室圭が侵略す! ①(画像あり)」です。


    「中杉 弘の徒然日記」です。←どういう種類のブログか分かりません。
    その中で眞子様は下記のような事を言っております。
    >眞子さま「国民は圭くんに心からの謝罪を!」 西村宮内庁長官の「説明責任」発言にご意見

    やっぱり脳内がおかしくなっております。

    • mayu より:

      月の砂さん

      そのブログは私も知りませんが、リンクをしているブログ、
      眞子さま「国民は圭くんに心からの謝罪を!」 西村宮内庁長官の「説明責任」発言にご意見

      これはフェイクブログで、2年くらい前から無い事、無い事を書いて、秋篠宮ご一家を散々
      誹謗中傷した、論壇net⇒菊の紋ニュース⇒自称元宮内庁職員小内と名乗る噓八百ブログで、
      私には見る価値のないブログです。また、リンクされているフェイクブログのその記事を
      書いたのは、このブログに脅迫コメントした30代半ばの男性です。

      紀子さまを鬼子と書いている時点で、反秋篠宮系のブログと思われます。

      眞子さんと小室Kの結婚には大反対ですが、フェイクブログを信じているような
      ブログ記事を真に受けないでください。では、おやすみなさい。

  3. いつも更新ありがとうございます より:

    『多くの国民が納得し喜んでくれる状況になることを願っています』
    何とも他人事、アトヨロな発言ではありますが、これを今後マスコミがどう捉えて、どういう方向に誘導していくか、見ものですね。

    パターン1 天皇は結婚を認めている!国民が納得し喜ぶ状況を願っている、だから国民はさっさと納得して、喜んで、結婚させてやりなさい!

    パターン2 天皇は、多くの国民が納得できない祝福できないと声を上げてるのを知っている、この状況では結婚させないというお気持ちを表明

    パターン3 その他

    それにしても会見の収録をすると直ぐに内容が流出するようになって、皇室もマスコミとべったりで、(mayuさん、過激な表現ごめんなさい→)皇室も地に堕ちたという感じです。

  4. 木の葉 より:

     mayuさん、天皇誕生日前に陛下のお言葉が雑誌に載るなんて、多分宮内庁職員から漏れるのでしょうね。

     出たがり目立ちたがりでマスコミを操作した上皇后様の置き土産のお陰で、けー君に関しては、その醜聞を知る事が出来ました。

     知ってどーなる物でも無いけれど、この結婚話だけは反対です‼️

     けー君が何をどう言っても、もはや誰も納得も喜びもしないでしょう。火に油、マスコミはそれを待っているのかも、雑誌が飛ぶ様に売れるかもしれません。天皇誕生日お言葉が前座で、けー君のお?言葉が主役。そんな不敬な事が世の中に有って良いのかしらん❓

     もやもやするこの頃、全豪オープン優勝の大阪なおみ選手の圧倒的な強さ‼️にひれ伏しました。皇室の圧倒的な品の良さ‼️にもひれ伏したいわ。でもM子様の結婚話で、何だかそれは望めそうにも有りません。

     

  5. マグノリア より:

    こんにちは。
    明朝は早くより病院予約があるので、この時間にやってきました。

    いつも感じますが情報漏洩、個人情報云々と言われて久しいのになぜにこのような情報は前もって漏らされてしまうのでしょうか?
    箝口令が敷かれていると思いますが、メディアは我先に情報提供する傾向になってきました。

    共通して言えることは「多くの国民が納得し喜んでくれる状況」の文言。
    この言葉って決して断定できる表現ではありません。
    どちらに転んでも「そうですね」と言わせてしまいます。
    一般論としては、現状ではこの結婚は多くの国民は納得しませんし、喜びません。
    多くの国民に納得してもらう対策は小室家にできるのでしょうか?

    また、《長女の気持ちをできる限り尊重したい》親心は重々承知いたしますが、その前に眞子内親王は皇室の血を受け継ぐ内親王のお立場です。
    この点ひとつだけでもボタンの掛け違い、その通りですね。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    「多くの人が納得して喜んでもらう状況になる事を願っています」と陛下が仰ったから→「認める」という意味合いだと、関係者や記者は理解した…??
    どうしてそうなるのだか解りません。
    国民は喜んでないし、納得していないと少しも思わないのでしょうか(T_T)

    3月の歌会始の後に、金銭トラブルに関する説明を公にすれば、「一応」秋篠宮殿下の条件はクリアした事になる←この「一応」が個人的に凄く腹が立ちました。
    説明したから結婚していいんだろ!みたいな感じで……

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    日曜日もこのように記事を載せて頂きありがとうございます。
    事前であっても下記の陛下のお言葉で少しはホッとしました。

    >「陛下は弟の秋篠宮殿下がかねて繰り返してきたことを踏襲し『多くの国民が納得し喜んでくれる状況になることを願っています』というようなことを仰ったようです」という。

    発表当日を待たなければいけませんが弟君の秋篠宮殿下のお言葉を
    踏襲されたようだと言う事ですね。
    「温かくも守って」でなくて良かったと思っていますが「裁可取り消し」を言って欲しかったと切に思います。

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    週刊女性の記事は読者を誤誘導してるように感じました。
    “認める”なんて一言も仰っていないのに。。。

    ケ~君が会見して説明したところで、“多くの国民が納得し、喜ぶ状況”にはならないのは明らかなのにそれさえすれば条件をクリアしたことになるって、飛躍し過ぎです。

    それにしても、事前にこういうのが出ることに宮内庁は何の対処もしないんでしょうかね。甘く見られてるのかしら?

    BとかZとか、差別用語は極力使わないようにしているのですが、BBさんが書かれていたので仕方なく。
    最初の報道でアジアの何処かの国が朝鮮系と報道したのが、佳代さん家系疑惑もありいつのまにか事実のように思っている人達がいるんですよね。エジンバラ留学後の欧州旅行にケ~君同伴とかの噂も同じような経緯で流布→浸透してるようです。

    mayuさん仰っるように、ボタンの掛け違いもありますし、誰かさんみたいに一々訂正させませんから噂が肥大化してしまう面もあるようです。

    眞子さん、これだけ回りがダメだししても考えが変わらないのは、海より深い愛ではなく、もしかしてストーカー体質だけな気もしてきました。

  9. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。先程前記事にコメントしましたが、行き違いのようになりましたね。コメ返しはどうか、ご無理なさらずに。自分の書いたコメントが承認されて載っていれば、mayuさんが読んで下さったのだとわかりますし。
    Twitter、私も放置気味です。Twitter社も何だか怖いですし。昨日、久しぶりに
    クイーンアカウントだけ見て来ました。少しだけでも和んだ気がします。

    天皇誕生日は、まだなのに、色々と駄々洩れしてますね。何もかも適当です。
    もっと晴れやかな気分になりたいものですね。

  10. クロワッサン より:

    mayuさん いつも詳しい週刊誌・新聞の記事の掲載有難うございます。

    皇室情報は、mayuさんのブログで仕入れています。mayuさんのコメントは的確で、強く納得する事ばかりです。

    皇室が婚約の延長を申し入れたら、普通の日本人の感覚だと「破談と言われているんだ。身を引こう」と思いますが、KKは鈍感なのか、知ってても知らない振りして金蔓を離さないのか?

    mayuさんの仰る通り、秋篠宮さまと紀子さまの良かれと思った行為のボタンの掛け違いが、モンスター母子の存在により、取り返しの就かない程、増大して行きました。

    今の皇室には、皇室を導く、指導力のある傑出した男性皇族がいませんね。

タイトルとURLをコピーしました