借金、無心、タカリが恥と思わない佳代さん *夫婦2人暮らしの専業主婦の毎日の生活は?

ひとりごと・思ったこと

眞子さんと小室圭の話題は週刊文春は読まないけど、週刊新潮、女性セブン、FRIDAYを読みました。今日は草臥れたので簡単にFRIDAYの記事を読んでのこと。圭与さんの元婚約者さんはパソコンで家計簿をつけており、400万円の借金の他に細々とした出費が書かれていました。

借金を恥ずかしいと思わない借金体質の圭与さん

小遣いK 3万円、圭教育費4万円、内訳として手書きで、電車1万2000円、ランチ&ディナー1万5000円など。他に元婚約者さんの年金暮らしをしているお母さんに、1万円を無心。
当時の圭与さんの収入は遺族年金9万円、給料12万円の合計21万円。いつから圭与さんは実父と同居したのか忘れましたが、実父の厚生年金を入れると30万円以上の収入になります。マンションの管理費、修繕積立費用などの出費はありますが、車を持っていないので車の経費は掛からない。小室圭が自宅から通学しているとすれば、奨学金を貰いながら学費も払っていけるような気がするのですが、本当に小室家は貯金もなくお金が無いんでしょうね。1万円の金額を元婚約者の母親から借りるとは、切羽詰まった状態じゃないと借りられないでしょ。

元婚約者さんは家計簿をつけるくらいお金に細かい人で、圭与さんはあればあるだけ使ってしまう、どんぶり勘定で生活していたのか。

何度も書いていますが、世の中には借金は出来るけど貯金が出来ない性格の人、借りられる人なら見境なし、恥も外聞もなく借りる人がいます。お金を借りる立場が恥ずかしいなどのプライドなんて無いんです。なのに妙に見栄っ張りなところがあったりします。
400万円をマンションを抵当に銀行から借りたら・・と書いた事もありましたが、銀行から借りると返済しなければならないので借りたくない。とんでもない借金体質のロクデナシ、世の中には結構いるものですが、そんな人種が皇族と結婚とは、マジで世の中どうなってるんだ?と思いました。眞子さんの話題は少々飽きました。



雑談 夫婦2人暮らしの専業主婦は毎日どんな生活をしているのだろう

上のタイトルにしたのは、最近の私は本当に雑用が多いんです。今日は母がデイの日なので、施設ではなくデイサービスに迎えにいき補聴器専門店に連れて行きました。

耳掛け式の補聴器を試しに着けましたが、聞こえるのか聞こえないのか要領を得ず、店員さんが「言葉を聞き取れないのかも」と言い、こういう人にはこれが良いんですよと、箱型補聴器を持ってきて母の耳に装着しました。母に「〇〇さん、何歳ですか?」と問うと母が笑いながら「八十何才だろう・・九十になったか・・」と言うのでビックリしてしまいました。

無くさないように袋に入れて首から下げるようになっていました。これを1週間無料で体験する事にしました。値段も補聴器にくらべるとかなり安く、母は3級なので3級に合わせた補聴器になり約8万円くらいだそうです。

施設に送り届けると職員3人が来て、珍しがり母に話しかけていました。取り扱い説明書も置いてきて、1週間後に施設に取りに行き返品します。

障碍者手帳の手続きに母の写真が必要なので、スマホで撮影しプリントなどの作業もしなければなりません。写真の母はお爺さんに見えて笑ってしまいました。耳鼻科と市役所に何回か行くことになりそうです。

明日は義母が病院に手術後の検診に行くので、旦那が病院でどんな具合か面会したいと言うので付き合い、その後はカーディーラーに行き車検の見積もり、スノータイヤを買い替えするかどうか見て貰う予約が入っていました。今週は私の心療内科の予約も入っていたのですが、キャンセルし来週にしてもらいました。午前中動くと午後から疲れるか眠くなります。

自宅で後期高齢者を介護されている方や、三世代同居している方は多忙でしょうが、もう両親を見送り子供たちも自立している、夫婦2人暮らしの専業主婦はどんな生活をしているのだろう・・・と思う時が度々あります。

友達は午前中に買い物、家事炊事を済ませ午後からテレビを見ている。こういう生活が多いみたいです。私はもう数年はこうして動き回る日が続きそうだと思いました。



コメント

  1. バンビ より:

    mayuさん

    こんばんは!たくさん情報ありがとうございます。

    最近のマコケイカップルのニュースを
    見る聞くたびに嫌な気持ちになり
    色んな考えが浮かんでは
    モヤモヤしてました。

    でも庶民の私は年度下期スタートで
    仕事が立て込んで毎日残業残業で
    まともに夕飯作れず、寝不足かかえて
    人の増えてきた通勤電車に乗って仕事に向かいます。

    相変わらずのロイヤル特権で
    小室氏には縁のないことでしょうね。
    一般人にも関わらず宮内庁差し向けの車で
    赤坂御用地のみならず、援助してもらっていた弁護士事務所にも行ったんですね。

    本当に呆れます。
    SPをたくさん引き連れて。
    悠仁さまよりも警備が厳しいらしいじゃないですか。
    しつこいですが、婚姻届提出、エアチケットの手配、諸々、なにも自分達で動かない。
    儀式をやらないとは言いながら
    上皇ご夫妻から伝統の「強いお気持ち」と
    やらで、やりたいことをやり放題。
    昭和天皇御陵への参拝もそうです。

    秋篠宮ご夫妻も会わない!と
    毅然とした姿勢が示せない。
    ウンザリです。

    私はこの件については
    秋篠宮様が国民にしっかりと説明して
    いただきたいです。

    これからの秋篠宮家、ことに悠仁さまと
    国民の関係を大事に考えてほしい。

    まあ、言いたい事は山のようにあります。

    ところでmayuさんもお忙しいですね。
    コメントされる皆さまもそれぞれ
    色んな事情がある中で、精一杯自分たちの
    力で頑張っているんですよね。

    私も本当に忙しくて平日は帰ったら簡単に
    食事してさっさと寝るので
    ゆっくり自分の時間が持てないのですが
    週末は必ず実家の両親のところに
    差し入れ持っていく。
    片道30分だけど、滞在も1時間くらいだけど
    弟夫婦との不仲ぶりを見せつけられ
    母が今やゴミ出しも細かく
    分別できないといい、嫁さんには
    文句言われるとかで、自分達でゴミ出せないとメソメソするので私がゴミを持ち帰るのが当たり前になりました。
    みかんすらゴミを気にして食べないとかいうのです。
    私は50代ですが、あと何年実家に毎週
    通い、両親の通院に付き添うんだろって
    忙しいせいもあり、なんだか深〜い沼に
    はまったように暗くなる時があります。
    弟夫婦と両親のフォローを共有できないのは本当にせつないです。
    友人には兄弟で協力し会えてる人が多く
    てうらやましいんですけどね。

    でも自分ができる事はやるしかないですね。

    なんだかとりとめなくなりました。

    こんな苦労は絶対にする必要ない
    皇族の立場が恵まれていたんだと
    気がつくときが眞子さまには訪れるんですかね。

    あ、これからもロイヤル特権が
    影になり日向になり効果を発揮して
    なーんにも困ることないのかな。

    さっさとニューヨークに去って
    2度と日本に戻ってこないでほしいです。

  2. やしま より:

    今、表面上は長年憧れだった専業主婦生活になりました。でも忙しいです。義母と実母の両方の用が頻繁に入るので。あとは私自身の医者通いですね。mayuさんはそれに時々お孫さんのお世話もあるから、なお大変ですね。我々って姑や実母を世話し、自分は嫁さんには世話してもらえない損な世代だと思います。私は義母宅に行っても実家に行っても、「あなたが私のために働くのは当然」の生活。もう何十年でしょうか。体にガタが来て、今は接骨院通い頻繁なんですが、腰痛ちっとも治らず、先生がいろんな方法を試してくださるんですが、体を休めることがなかなかできないから仕方がありません。

    集り。義弟のことはもちろんですが、私と夫の共通の友人もすごい方がおりました。実妹と実弟から長年集り倒されて、もうあとちょっとで定年だというのに貯金どころか、借金が百万円単位であります。長年弟妹にお金を集られ続けてきた結果です。本人独身で、20代からずっと真面目に転職もなしで働いてきているのに、貯金ゼロ、借金数百万って、すごいですよね。定年時に退職金が出るのが希望ですが、それだけは絶対に死守しろと夫も私も、彼に説教してしまいました。
    友人もこれだけ弟妹に尽くしても、友人自身が独身ひとり暮らしで病気になったときに、二人ともの彼に対する対応が非常に冷たくて、ようやく少し目が覚めたみたいです。集られるだけお金を出していれば、自分の老後は面倒を見てもらえるかと思っていたところもあり、がっかりしたみたいでした。世の中には、こういう話は結構あるんじゃないでしょうか。

    眞子さんは、金銭的には最上の暮らしから、最低の暮らしへと移行することになります。どこまで耐えられるのか、この二人が最後まで添い遂げられたら、眞子さんの根性を拍手しますが、どうですかねぇ。

  3. フォーエバー より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。

    小室母面白すぎですね。ここまでやってるとは、もう笑うしかないです。

    これは、漫画かドラマか、誰が演出家なんでしょうか(笑)
    キャラ設定が的確で次々と話題が湧いてきて、見ていて毎日飽きません。。

    前回の論文で2位を受賞していたKKの書いた論文が、ニューヨーク州弁護士会のコンペで、今度は優勝したそうです。
    さすがにもう慣れて、驚かなくなりました(笑)

    もうめちゃくちゃで国民もついていけませんが、26日にはこれでも結婚です。
    エンターテインメントなら、かなり面白いです。

  4. blanche より:

    mayuさん
    更新ありがとうございます。
    小室氏の論文が優勝したと今朝報道がありましたが フライデーの記事を目立たせないためにも 絶妙なタイミングで 忖度を疑ってしまいます。

    mayuさんの仰るとおり お金を借り続けると お金を借りることに恥も躊躇もなくなるのですね。

    私が小学生の頃 銀行員の母は「お金は絶対に借りてはいけません、クレジットカードを作ってはいけません、保証人になってはいけません、 何かあったら お父さんに相談しなさい」と 幾度となく聞かされていました。
    そう言い続けてくれた母に感謝してます。

    眞子さまと小室親子の金銭感覚が 全く理解できません。
    悲しいばかりです。

  5. ramiri より:

    mayuさん、おはこんにちは。

    昨日の午後、姑が亡くなりました。昨年夏にも危篤状態になったので、旦那はこじんまりした葬儀屋さんと話をしていて、昨日、病院からそこへ☎。遺体は安置所に置かれています。明日、火葬ですが、あまりにも手術直前なので、私は家で、お祈りいたします。姑はクリスチャンなので、お墓も共同墓地ですし、煩わしい事は一切無しです。先程、ぺんぺん草さんのブログを読みに行きましたら、お父様が亡くなられて、とてもお忙しいとのこと。2年前の父の葬儀を思い出しました。

    mayuさんは、毎日忙しいですね。過ごしやすい秋というものは、もうなくなったかのように、ダラダラ暑かったかと思うともう寒くてかないませんね。
    どうか、ご無理をなさらず、上手く息抜きして下さいね。

  6. 冨樫無礼子 より:

    mayuさん

    おはようございます。

    私もちょうどこの元婚約者さんの母にまで借金した記事をyahooで見てあまりにも下衆な話ですのでこのブログではそろそろ mayuさんが無視されるだろうなと思ったところです。

    この2人がもし結婚していたとしても(佳代さんは結婚の意思がなかったみたい)
    再婚相手の母だし近くに住むわけでもなく、
    婚約の挨拶はしても結婚当初からあまり交流がなかった可能性があります。

    だから初めから借りパクするつもりで恥がなく、電話したんでしょうか。

    k kも母の悪い癖のことを毎回週刊誌に暴かれてネタがつきないし、もうさっさとN.Y.に行き、眞子さまは金蔓だから大事だけど母は見捨てたいでしょう。
    佳代さん自身も忘れてしまいたい過去の所業とはいえ、生きてきた道がこれですから今更つくろいようがないですね。

    遺族年金不正受給の問題ですが、私の知り合いにどうも似たような感じで死別した夫がいて遺族年金を受けながら事実婚している女性がいることを思い出しました。彼女にk k眞子さま結婚問題について聞いてみたい気がします。

    さて、今朝はこちらは冷たい雨、膝のリハビリのために朝散歩に行くのですが、ジャージの中に薄い毛布を挟んでいきました。
    天気予報では今年初の12月レベルの寒さ、体感温度7度になるそうです。

    mayuさんも補聴器問題などでお忙しそうですが冬支度をゆっくり進めて、どうかご自愛ください。

  7. マグノリア より:

    おはようございます。
    年金不正受給者は数知れず、正直者が〇〇を見る世の中です。
    なかでもカヨさんはボス的存在ですね。
    このような人に共通することは、心臓に毛が生えているのかと思うくらい良心・常識に問題ありです。

    「夫婦2人暮らしの専業主婦は毎日どんな生活をしているのだろう」私も今後の人生設計のためにも知りたいです。
    長らく働いていましたし、今は軽減されましたがまだ学生の子供もいますし、一人暮らしの親もいますし、施設入居の義父もいますし、雑用がとても多いです。
    たまに他用とともに午前中に買い物をすることもありますが、激混みでビックリします。(夕方とは違った混み方です。)

タイトルとURLをコピーしました