【注意】ブログ記事とコメントを勝手に使いyoutubeにアップしないでください。

去年の秋頃からでしょうか、気が付いたらヤフーニュースに皇室、王室記事が沢山載るようになりました。週刊誌の皇室記事も発売すると載ることが多くて皇室記事目当てだけだったらネットで読めるので、わざわざ紙の週刊誌を買う必要も無くなりました。眞子さまの結婚延期2年前後から、また眞子さまと小室圭氏の記事が多くなったようで、今日も文藝春秋2月号から

小室圭さんと眞子さまの「ご婚約」延期から2年 秋篠宮家“3つの誤算”とは――文藝春秋特選記事が紹介されていました。ヤフーニュースはリンク切れが多いので文春オンラインのURLを載せました。全文は以下のURLです。全文と言っても文藝春秋の記事全文ではありませんでした。https://bunshun.jp/articles/-/35153

秋篠宮家の3つの誤算。
●小室圭氏が婚約を辞退しなかった。
●お金が無いから無理だと思われた留学に支援者が現れてNYの大学に留学。
●金銭問題で眞子さまが小室圭氏の側についた。

眞子さまと紀子さまの間には決定的な亀裂が生じたのは、2018年の秋篠宮殿下の
誕生日会見で納采の儀を行うための条件を出したこと。
秋篠宮ご夫妻が初めて小室圭氏と会ったのは6年前、秋篠宮殿下は冷静に受け止めていたが
紀子さまは歓迎し圭氏をすぐに気に入られた。
週刊誌報道で初めて、母の金銭問題、父親の自殺、祖母の新興宗教など知る。
2018年2月6日、多くの記者は破談を予想したが発表されたのは「延期」だった。
秋篠宮家の家族の中で考えが一番一貫しているのは眞子さま。
秋篠宮ご夫妻がなんらかの決断をしなければ、この難題は解決できないだろう。
以上、文藝春秋2月号から簡単に引用 あとは買って読んでください。

秋篠宮殿下、同性から見て小室圭氏をどのように見たのかは分かりませんが、小室圭氏のことだからソツなく好感度高くして対応、言葉巧みに、ピアノまで弾いて女性心を和ませて紀子さまも好感を持って見た、コロっと騙されちゃったんでしょうね。その場の雰囲気で、娘が好きになった人だからいい人だろう、と思ってしまうかも。

NHKの婚約内定速報から週刊誌では小室圭氏のことはよく報道したと思います。親子ベッタリのマザコンのような状態だとか、タクシー代も払わないとか、いろいろ報道したけど、婚約内定会見までしてしまった。その後から、圭与さんの借金トラブルが週刊誌で報じられました。週刊女性は1回目反応薄く2回載せて、やーっと他の週刊文春、週刊新潮など後追いしました。

そこから秋篠宮ご夫妻もこれはちょっと・・・と思ったのでしょう。その後、次々に出てくる情報と小室親子に対する疑心暗鬼から信頼が無くなり、結婚反対の姿勢を取られて眞子さまは手のひら返しをされた思いを持ち続けているのかもしれません。

美智子さまのようにマメに週刊誌をチェックして「これはどうしたのかしら?」とかなんとか、突っ込んで調べたりするようだったら(苦笑)婚約内定会見前に「延期」か「白紙」に出来たでしょうが、秋篠宮ご夫妻は呑気過ぎました。この件ではだいぶ前に秋篠宮殿下のことをアホじゃないの、と書いたことがありましたが、眞子さまは小室圭と別れるとハッキリ断言できる人が羨ましいです。

私は週刊誌記事を鵜呑みにするわけではないけど、2018年2月6日に「一旦白紙にする」に出来なかった秋篠宮ご夫妻の甘さが、ここまでダラダラと来ているんだな~と思うし、眞子さまの決断にも最悪のことを考える必要があると思い始めています。ごめんなさい、私はあまり期待しないことにしました。


秋篠宮ご夫妻、学術賞授賞式

秋篠宮ご夫妻は18日午前、東京・上野の日本学士院を訪れ、第16回日本学術振興会賞と日本学士院学術奨励賞の授賞式に出席された。両賞は優れた研究業績を挙げた45歳未満の研究者に与えられる。秋篠宮さまは式典で「今後もさらに充実した研究を進められ、世界的に活躍されることを願っております」とあいさつ。終了後の記念茶会で、ご夫妻はグラスを片手に受賞者らと歓談した。
記事出典 時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021800625&g=ryl

画像出典 https://www.sankei.com/life/photos/200218/lif2002180027-p1.html
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images