荼毘にふされた神田沙也加さん 神田正輝さんと松田聖子さん札幌へ迎えに

ひとりごと・思ったこと

荼毘にふされた一人娘、沙也加さんの遺骨を持った神田正輝さんと位牌を持った松田聖子さん、2人が出てきた映像を見ました。こんな時でも化粧は欠かさない松田聖子さんは流石芸能人。

私には計り知れない芸能界という世界で衣食住、満ち足りた生活をしてきた2人ですから。

それにしても親より先に享年36才の若さで亡くなった神田沙也加さんの人生は波瀾万丈でした。

批判と思って頂きたくないのですが、松田聖子という母親を持った故に辛い日々も多々あったようでした。生まれた時から松田聖子というブランドビジネスに振り回され、3回も結婚した奔放な母親に振り回され、一体どんな子供時代を送ってきたんだよ・・・可哀そうに・・・。

心療内科に通っていたとの報道も目にしました。
やーーっと実力でミュージカルで活躍の場を見出したのに残念です。

生まれた時から注目された神田沙也加さんでしたが、育ての親は松田聖子さんのお母さん、沙也加さんにとってはお祖母さんでした。ウチの娘のように共働きでも、朝、寝る時、一緒に・・・の生活じゃなかった。殆ど育児、子育てをしなかった母親でした。ネット記事で神田沙也加さんの子供時代のことを読むと心が痛くなりました。

神田沙也加さんには帰れる実家が無かったのかも。

私のような年齢なら実家は無くても仕方ない、寧ろ自分が
子供たちの実家になっている人が多い。

神田沙也加さんが最後に電話した相手は実父の神田正輝さん。
札幌まで迎えにいき連れて帰り、神田家のお墓に入る。

松田聖子さんのことはデビューした時からリアルタイムで見て、聖子さんの曲は好きでした。いろーーんなスキャンダルもその都度、テレビ、週刊誌で見てきましたが、一人娘の沙也加さんとはどんな親子関係でどんな風に接していたか、今、芸能界ニュースでしか知らないのですが、松田聖子さんは娘の死を乗り越えていきますよ。



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん
    本当のお言葉ですか。
    mayuさんの様にゆったりとした方には人からの嫌な言葉を
    何時までも、何年も覚えているようには思えません。
    いつもゆったりとして私たちの心を和らげて下さる存在ですよ。
    お世辞でなく「私たちの女神」ですよ。
    でも何だか安心しました。

    • mayu より:

      月の砂さん

      本当です、棘のようにグサッと刺さったままです。
      思い出すことは滅多になくなりましたが、当時はとても傷付いたし
      私がボケるまで覚えているはずです。
      他人より肉親は気兼ねなしにズバズバ言うんですよ。
      なので、私は言わないようにしたいと思っているのですが・・・
      旦那には結構言ってるかも(笑)

      女神だなんて、とんでもないです。
      鬼婆になる時もあるんですから~(^^)

  2. 月の砂 より:

    mayuさん またこの場をお借りする事お許しください。

    マグノリアさん
    返信ありがとうございます。

    私はいまだにその時の相談員の罵詈雑言をはっきり
    覚えております。
    何故か私はこのような事には「記憶力」があるようです”(-“”-)”
    困った人間です(>_<)

    • mayu より:

      月の砂さん

      嫌な事を言われたことは、親の言葉でも覚えています。
      私もキッチリ覚えていることがあります、50年も経つのに。

  3. やしま より:

    今回の神田沙也加さんの自死では、「遺書」が出てきました。
    そして、トラブルの原因?かと思われる「将来を見据えた交際をしていた」という俳優も登場してきました。

    現場検証では、初めから遺書の存在はわかっていたと思うので、テレビで「いのちの電話」等が盛んに下に画面下に表示されたのは、こういうことだったんだなと思いました。

    mayuさん、私の感想ですが、三島さんって、自説を開陳したら、後はmayuさんの返信をまっっったく読んでいないと思います。mayuさんから何度ご注意を受けても全然意に介さず、シレッと次にまた同じようなことを書いてこられるのでは、シャットダウンするしかないんじゃないでしょうか?まあ私は名前を見た途端、全文スルーにしていますけど、不愉快に感じる方もおられるでしょう。mayuさんのブログに土足で踏み込んでくるような気がして、私もいい気持ちはしません。

    • mayu より:

      やしまさん

      今週は週刊文春と週刊新潮を買い読みましたが、文春が
      かなり詳しく書いていました。

      元カノと別れたと言いつつLineで連絡を取っていたとか、
      結婚前提で付き合っていた彼氏との関係に悩んでいたみたいで、
      精神不安定で心療内科の薬も服用していたそうです。

      多分ですが、彼氏には重たい存在だったのでは~と思いました。
      離婚した年上の男性と別れなければ良かったのに。

      文春も新潮も松田聖子の男性関係など詳しく書いていて、
      昭和だったから通せたけど、まぁまぁ凄いもんです。

      三島さんはまた同じことを書いたらコメント禁止にします。

  4. 三島 より:

    神田さやかは自殺だと思いますか?!
    三浦春馬や竹内結子と同じく他殺だと言われています。
    私も最初は自殺だと思いました。
    恋多き母親で子供には目がゆかず、母親の事で随分と学校で苛めに合っていたと聞く等等。
    自分がスターの座に居座る事で精一杯だったのでは??という聖子さんの印象です。気持ちも理解できますがね・・・
    聖子が、山口百恵さんのようになりたいと言っていたけど、まるで違うし、その意味でも山口百恵は立派だし恵まれてもいたと思います。
    さやかさんが結婚する時も反対して式には出ず、その後も断絶だったと聞くけど、コンサートは二人で何度も行っていたし、人の気持ちはどうなってるのか、まあ親子関係の機微に無関係で、関係する者達の様々な思惑や計算があるのだろうけど。

    渋谷の街で、三浦春馬は自殺ではないとデモをやっています。
    自分の身長より低いクローゼットの中でスリッパを履いたまま首を吊っていたのは不自然。
    遺体は肋骨などぼろぼろだった。
    マンションのカメラに不審な男の姿。
    NHKはなぜ春馬の死を3日前から知っていたのか。
    アミュズ側もNHKもコメントを!警察は再捜査を!
    と書いた看板を持ちデモをやっている動画が、12月22日の「safho部屋の」ブログで動画を紹介しています。

    さやかさんが宿泊していたホテルの部屋は窓が3ヶ所あり、転落防止に10数センチしか開かないようになっていたとホテル側の話をニュースで放送していたそうですが、自殺と断言する記事ばかり!
    また、自殺報道がされる前に、今度はSKが死ぬという書き込みもあったそうです。
    芸能界も闇の世界で、実力のみでは生き残れないと言います。
    色々と怖い世の中です!!
    その方面から疑う事を知らない人は私からすれば気楽な人だと思います(決して皮肉で言ったのではありませんよ)。

    • mayu より:

      三島さん

      まーーたsafho部屋さんのブログ紹介ですか。
      三島さんのブログなのですか~?

      15㎝くらい窓が開いていたとか、諸々の報道を見て
      神田沙也加さんは限りなく自殺です。

      他殺、陰謀だと思う人に何を言っても書いても無駄なので
      三島さんが信じたことを信じていたら良いと思います。

  5. やしま より:

    芸能人母子で、逆縁だったというと、山田五十鈴と嵯峨美智子の母子もそうですね。山田氏95歳、嵯峨氏57歳。娘が亡くなってから20年後まで山田五十鈴さんは生きておられました。先日亡くなった瀬戸内寂聴氏が瀬戸内晴美時代に書いた「女優」という小説が嵯峨美智子をモデルにしており、嵯峨さんも薬物中毒とかいろいろトラブルがあって、病死ですが57歳とまだお若いときに亡くなられ、有名人の子供に生まれるということは大変なことなんだなと。まあ特に母親が松田聖子では、さらに生きにくかったことでしょう。ミュージカル女優としての名を築き上げても、沙也加さんはどことなく自分に対してネガティブだったそうですから。

    陰謀説まであるんですか。呆れてしまいます。rさんもfさんも秋篠宮家がああいうことになってから、何だか論理がハチャメチャになってしまったような気がします。依って立つ基盤を失ってしまったからかなと勝手に思っています。
    友人の息子さんだって、元気よく旅立ったのです。お骨になって我が家に帰るとは知るよしもありませんでした。三浦春馬氏、竹内結子氏、自死は突然で、そして不可解です。私はこの3人のうちでは、竹内結子氏が一番不思議なんですよ。お子さんを生んだばかり。そして先夫との間の坊ちゃんもいる。彼女を軸にして回っている家庭で、何の前触れもなく病気でもなく、なぜ自ら突然に自死を選ばなければならなかったのだろうと。残された2人の坊ちゃんがとても不憫でなりません。
    人間って、ある日突然、死にたいと思ってそれを実行してしまうのだなぁ~と。。陰謀なんてナンセンスの極みです。

    • mayu より:

      やしまさん

      親が長生きで逆縁も多くなっているみたいです。
      孫が喪主もたまにあるみたいです。

      ただ若くして子供を亡くすのは本当にお気の毒です。
      更に沙也加さんは限りなく自殺ですから、親としては
      後悔の念にさいなまされるはずですが・・・
      松田聖子さんは分かりません。怪物みたいなので。

      沙也加さんも圭与さん、小室圭氏並みにメンタルが
      強かったら良かったんだけど、繊細だったんでしょうね。

      思いつめての自殺のようにでした。

      私も若い時は死にたいと思った事が何度もありましたが、
      子供がいるとかストッパーがありました。
      死にたい人は家族の事は考えない、考える余裕もない。

      見当たる原因もなく自殺は死神に呼ばれた状態なのでしょうか。
      心理学を学んだこともないので分からないのですが、周囲の人達は
      かなり戸惑いますね。

  6. 月の砂 より:

    またすみません。
    マグノリアさんへ
    訂正です
    >電話を書けないで⇒電話を掛けないで です。
    失礼いたしました。

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    連投になりますがこの場をお借りいたします。

    マグノリアさんへ
    私も大昔「いのちの電話」へ電話して同じような思いをしました。
    私は大元へ電話をかけて事の次第を訴えて受け取った本人には
    大した事でなくても悩んで電話を掛けた人間には大変な悩みなんです。
    どうかあのような対応は二度としない方をお願いします、と言って
    日時を報告しました。
    多分今は人の心に寄り添うように変わっている事を願っております。
    あの時以来掛けておりません。
    しかし、今はその「いのちの電話」も番号通知で書けないと受付
    しないようですよ。
    何のための「いのちの電話」でしょうね。
    世の中が殺伐として来たからでしょうか。

    • マグノリア より:

      月の砂さん
      おはようございます。
      月の砂さんも同じような経験をされたのですね。
      お気持ちお察しいたします。
      心が病んでいるときは、そのときの言葉がけは普通の状態でいるときよりも敏感に察知いたしますね。
      「大した事でなくても悩んで電話を掛けた人間には大変な悩み」まさにその通りです。
      いのちの電話、番号通知になっているのですか?
      そうしなければならないことがあったのでしょう。
      よりよい改善がなされていることを希望しています。
      『顔の見えない相手(知らない他人)に相談ごとをするものではない』と、いい勉強になりました。

      mayuさん、月の砂さん、この場を提供いただきありがとうございました。

  8. Saki より:

    神田沙也加さんが死去という一報を見たとき、思わずご本人とむすびつかず、記事を読み衝撃を受けました。
    ご冥福をお祈りいたします。

    なのに、逆縁という親が一番辛い状況にあるなか、なぜ、世間は憶測でものを言ったり、批評家よろしくコメントを言うのでしょうか。
    たまたま今朝はrさんのサイトを久々にのぞいてみましたが、このことを取り上げ陰謀説があるなどの情報拡散をしており、正直がっかりしました。反論のコメントすらする気にならず、そのままサイトを閉じました。ご本人は情弱者に向け多くの情報を提供することがサイトの使命だと思っているようですが、あれではただの興味本位のおばちゃんたちの井戸端会議ですよね。

    私もMayuさんがおっしゃる通り、松田聖子(という芸能人)は、この状況を乗り越え、また一皮むけた大きな存在になるのではないかと思います。
    もともと、交際や再婚を繰り返そうとも、スキャンダルにはなるにせよ、それでバッシングが続くこともなく、常に乗り越えて大きくなってきたのだと思います。
    もはや、永遠に不滅な巨人を超えて、モンスターです。
    ある意味、真の芸能人なのかもしれません。
    昨日の取材も、本当によく考えられていたと思いますよ。
    傷心のため後日会見を…というよりも、あのタイミングで沙也加さんの両親が、
    ご遺骨とご位牌を胸にして臨む会見をされたことで、
    もはやマスコミもこれ以上要求できないでしょう。
    マスコミも仕事ですから、できる限りのコメントは集めたいと思いますが、
    あの状況だから、無回答でもそれに対するバッシングは起きないと思います。

    離婚されたときも、不安定な聖子さんと暮らすよりも、旭輝子さんというおばあちゃまがいる神田家で育ったほうが、普通の幸せを手に入れられたのではないかと思いました。

    • mayu より:

      Sakiさん

      逆縁は親としては辛いです。
      100才と80才の逆縁は仕方ないけど、まだ35才ですからねぇ。

      ちょっと見てきましたが、コロワクチンとCIAの陰謀ですか。
      どこからそういうネタを見つけるのか不思議です。

      私は自殺だと思っています。
      コロナ過で窓が開けられた、父親の誕生日が21日なのに
      18日に誕生日の電話をした、公演初日に来なかった、
      悩んでいた様子、様々な事情を見ると限りなく自殺でしょ。
      原因は本人にしか分かりませんね。

      そうです、松田聖子という女性は何があってもヘタれない
      怪物だから芸能界で泳いで行けるんですよ。

      沙也加さんも母親譲りの鋼のメンタルが欲しかったですねぇ。

      昨日の会見で終了させたのは良かったんですね。
      これから週刊誌がいろいろ書くでしょうが。

      聖子さんが再婚し渡米した辺りで、神田さんが引き取る選択も
      あったでしょうが、今となっては後悔ばかりでしょう。

  9. マグノリア より:

    おはようございます。
    昨日ライブで会見模様を見ました。
    親としては、精一杯の対応だったと思います。
    本来は離婚したときも父方に引き取られた方が良かったのかもしれませんが、母方の身内の方に育てられたことは有名です。
    松田聖子さんの世代はまだ「女性の年齢=クリスマスケーキ」に例えられた女性の結婚年齢を揶揄した言葉が流行っていましたので、彼女のステータスは達成されていました。(23歳で結婚、24歳で出産)
    「カリブ・愛のシンフォニー」での共演が運命の出会いとも言われていますね。

    マイナーな発言が目立つようですが、最近では名前も顔も見せずに自由にコメントをすることができますので、それを逆手にとることに良心は痛まないのでしょうか?
    私実はいのちの電話に相談したことがあります。
    何十年も前で、今思うと思春期の悩みそのものでしたが、そのときの相談相手が最悪でした。
    10代の学生相手と言うことで軽く見られたのでしょうが、電話を切ったとき奈落の底に落とされたような気持ちになりました。
    おそらく今ではとても改善されていて、心に寄り添うように指導されていると思います。
    心の病気は、対面で目と目を合わせて心の内を照らし合わせることが一番大切ではないかと私は思っています。

    松田聖子さん、紅白は出場するのでしょうか?
    一般には喪に服する期間であると思いますが。
    「マイ・フェア・レディ」のチームKのメンバーは降板されたそうですね。
    チームAの方々には頑張っていただきたいです。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      よく火葬場から遺骨と位牌を持って出て来たと思いました。
      私だったら、例えそれが病死であっても自分より先に子供に逝かれたら、
      1人で立っていられないと思いましたが、流石芸能人はメンタルが強いと思いました。

      いのちの電話に相談したことがあるのですか。
      何十年も前では相談相手もただの市役所の職員の可能性もありますよね。
      今は資格のある人が相談相手になっているでしょうねぇ。

      神田正輝さんは生放送の「旅サラダ」に出るそうですが、
      聖子さんは紅白には出るかどうか、未だわからないようです。
      出たら凄いな~とは思います、いろんな意味で。

  10. やしま より:

    今回のことに関連して、私にはとても心配な友人がおります。時はたちましたが、当時19歳の息子さんが、札幌のビルの10階から飛び降り自死してしまったのです。息子さんは高校を出てからアルバイトしては旅に出る生活で、それも彼女は心配していたのですが、本人は一見呑気で、そのときも「北海道一周してくるから」と元気に旅立っていったそうです。
    が、札幌空港から自宅に戻る予定の前日、メモに一言「ごめんなさい」と走り書きして、飛び降りてしまいました・・ご夫婦で札幌に行き、息子さんを荼毘にふし、お骨を抱いて帰宅したのですが、しばらくは自分も死ぬことばかり考えて、「死にたい」と言うと、ご主人に「おまえが死ぬなら俺も死ぬ!」と言われ、夫婦で抱き合って泣いてばかりいたという。もう一人お子さんがいるので、その子のためにと、何とか立ち直られました。

    そして長い時がたち、また同じ場面を見せられているのではないかと思うと、私は心配でたまりません。何とか平穏でいてくれることを祈りながら見守るばかりです。コロナの中でも頻繁にメールのやりとりをしていた親友なのですが、どう声をかけたらいいのか、今の私にはわかりません。
    もう一人友人がいて、こちらデビュー当時からの熱狂的な聖子ファン(男性です)。ディナーショーも北海道だろうが九州だろうが、チケットが入手できるところに毎年追いかけていってました(普通の会社員です)。沙也加さんとの仲もいつも心配していました。こちらはこちらで落ち込んでいるだろうなぁ・・・と、やはり声をかけづらい心境です。

    この会見の直後、「そっとしておいてほしい」と、会場から去る二人に「今のお気持ちを一言!」というマスコミ関係者からの声が飛んだそうです。仕事で仕方がないとはいえ、それをこの場で言うのか?と、怒りの気持ちがわいた方が多かったとか。
    掲示板で聖子さん、叩かれているのですか・・・過去いろいろあったとはいえ、一人娘を亡くして悲しい気持ちは普通の親と変わりないはず。残酷なことを平気でできる人たちに戦慄します。

    • mayu より:

      やしまさん

      息子さんを同じように札幌で亡くされたご友人は
      今回のことでフラッシュバックを起こしているかもしれません。
      だからと言って心配の連絡を取るのも余計なお世話に思えるし難しいですね。

      記事には書きませんでしたが、テレビで突然流された映像を見た時は
      もらい泣きするほど見ている私も辛い映像でした。あんな映像は初めて見ました。

      松田聖子さんの曲は好きですが、彼女の生き方や私生活はあまり好きじゃないです。
      原点は郷ひろみとの破局会見でのウソ泣き、あれから1か月後に神田正輝との
      交際と結婚、キツネに包まれた気分でした。

      神田正輝さんは目が充血し泣き腫らした様子でしたね。
      松田聖子さんは普通の母親なのかなぁ~?

  11. 狗児 より:

    mayuさん

    こんばんは。更新ありがとうございます。
    沙也加さん、聖子ちゃんの娘と言われますが、顔立ちは、キリっとした目の感じ、綺麗に通った鼻筋で、お父さん似の凛々しい美人でしたね。久しぶりに聖子ちゃんの若い頃の写真を見ましたが、お母さんの方は、美人は美人でも、童顔で可愛らしいタイプですよね。

    他人が推測でどうこう言うことじゃないんですか、松田聖子の子供として生まれてくること、それはそれは大変だったんだろうな、と思います。お叱りを受けるかもしれませんが、生物的に子供は産めても、子育てには向いていないタイプの女性、子供より自分を優先する女性って一定数いるんだと思うんですよね…今の世の中、女は全て子供を産みさえすれば母性本能で子育てが立派に出来るはず、という思い込みが強過ぎやしませんか?

    だからって、沙也加さんがこんなことになったのは当然だとは決して思いません。たとえ母子関係に問題ありでも、他の人と関わっていくうちに救われることもあると思います。沙也加さんも、お祖母さんや、大地真央さんなど、可愛がってくれる人がいると思っていたのに…本当に悲しいです。

    • mayu より:

      狗児さん

      お金に不自由はなかったでしょうが、松田聖子の子供は大変だったと思うし、
      実際中高の寮生活では壮絶な苛めがあり、血縁のない親戚宅から通った、
      再婚した義父とアメリカに渡ったけど馴染めなかった、大変だったと告白していました。

      聖子さんは子育てには向かない人でした、仕事向きの人ですね。
      それでも離婚しないで家庭を維持したら良かったのかもしれませんが。

      沙也加さんの死に直接両親は関わっていなかっただろうけど、
      後悔することは沢山あるだろうと思います。特に聖子さんは。

  12. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。
    何だかホッとしました。巨大掲示板は聖子さんの化粧に関しての批判や、位牌と骨壷を持って出てきたことへの批判や疑問、それらに対する意見が入り乱れていて、どっと疲れました。。聖子さんの曲は大好きですが、お母さんとしては、ちょっと問題ありな方だったのでしょう。ただ、誰かを責めても、誰も何も得しないし、言霊が飛び交うのは怖ろしいだけですね。

    「神田沙也加さんには帰れる実家が無かったのかも。」このmayuさんのお言葉が身に染みていく感覚です。
    平凡なお家に生まれていれば、平凡な幸せな人生を送れたかもしれません。
    沙也加さん、どうか安らかに。。。

    • mayu より:

      ramiriさん

      ニュース番組を見ていたら画面が、あの2人になりビックリしました。
      神田正輝さんの目は赤く泣き腫らしたように見えました。
      私まで涙が出た辛い情景で、少し落ち着いてからブログに書きました。
      ヤフコメは少し読みましたが批判は無かった、5ちゃんねるは有ったのですか。

      私も松田聖子さんの曲は好きなのです。

      両親揃ったほのぼのとした平凡な家が良いですね。

  13. 猫好き より:

    mayuさん
    こんばんは、更新ありがとうございます。
    本当に衝撃的でした。
    沙也加さん小さい頃に近所でおばあさまと手を繋いで買い物しているのを見かけました。
    今は閉店してしまったケーキ屋さんでオレンジゼリーが売り切れでグズっていたのを思い出します。
    当時住んでいたお家はそのまま産婦人科になっていますが、神田夫妻新婚、沙也加さん出産時には大騒ぎでした。
    沙也加さん、自身が親になるの事を恐れていたとの報道も離婚の時に聞きましたが、多感なお年頃に親の離婚と再婚と聖子さんの浮名やらセクハラスキャンダルでしたよね。
    ただでさえ芸能人の子供って言うだけで色々あったと思います。
    紆余曲折ミュージカルの世界でキャリアをと思っていた矢先ですよね。
    特にファンと言う訳ではありませんが、本当に驚きました。
    友人が聖子さんのファンで勝ち取った都内のディナーショーが休止で聖子さんを思い嘆いていましたが、私もmayuさんと同じく彼女は娘の不幸も肥やしにして生きて行く気がします。
    中森明菜さんと松田聖子さんデビュー以来比べられる事が多いですが、二人の歌手人生を見ていて強かで全てを乗り越え芸の肥やしに出来る聖子さんはとても強い女性だと思います。
    それが聖子さんの良さだと思うのです。

    家の猫は5匹で親子です。
    近所と庭にいたのを手懐けて保護監禁しました。
    子供は16歳で爺さん婆さんで、母猫は同年か+1、2歳らしいです。
    食っちゃ寝生活してます(ΦωΦ)

    • mayu より:

      猫好きさん

      おばあちゃんと暮らした家はそのまま産婦人科になったのですか。
      豪邸だったんですね。おばあちゃんは今80代後半くらでしょうか。
      孫を亡くして辛いでしょうに。

      大物芸能人を持った子供で、中高全寮制では苛めもあったそうで
      沙也加さんも辛い思いをした子供時代だったはず。

      聖子さんは中森明菜さんと付き合っていた近藤真彦とキス写真を撮られたり、
      まぁ~~恥ずかしいスキャンダルの多い母親でしたが、メンタルは強そうです。

      私だったら、辛い別れの火葬の後に化粧すらできず、ああして立っていられない、
      流石だと思いました。

      5匹も猫ちゃんがいるのですか、いいなぁ(^^)

タイトルとURLをコピーしました