地震の夜の開き直り 長生きの負を考える

ひとりごと・思ったこと

お見舞いのコメントありがとうございました。昨日の夜の地震はコメントにも書きましたが、11時過ぎで布団の中でした。スマホの音量が大きくて、最初に地震警戒音が鳴ったのかな?その後に音声で「地震が来ます」「地震が来ます」と大きい音でアナウンスされた、と思ったら揺れ始めました。スマホのあのアナウンスで寝ていられる人は、熟睡しているか、耳が遠い人くらいだろうと思いました。

揺れが続いていましたが、私は動きませんでした。旦那も寝ていましたが起こしませんでした。1人で勝手に起きて「地震か?」とは言っていて「らしいね」そんな状況です。

家も古いし潰れる時は潰れるだろう、その前に食器など落ちるだろうけど、その気配も無くただ横揺れしているだけでした。「慌てず騒がず」のような綺麗ごとではありません。ある事に面倒くさくなっていて、なるようになるだろう、の開き直りでした。気づいたのは、このように開き直ると地震すら怖くなくなるのか~でした(*_*;
一応、テレビをつけてNHKを見ました。そのうち、娘から電話が来て安否確認されました。「大丈夫、家も潰れないし、物も落ちた音がしないし」とは言ったものの、トイレに行く序に室内を見ましたが、何にも落ちていませんでした。

つうか、落ちる物が無い。断捨離した時に雑貨類などゴチャゴチャした物は殆ど捨てて、物を置ける棚の上には、私の好みのポスターを入れたフレームを飾っているだけ。 そのフレーム(額縁)も以前はガラス面でしたが、断捨離の序に全部軽量アクリル面の額縁、ポスターフレームに替えました。(ポスターが好きで、あちこちに飾っているんです)
食器は1/10くらい減らして捨てて、最低限程度の食器しか無い状態。落ちて困るのは、金魚の水槽と熱帯魚の水槽くらい。ある事に面倒くさくなった、そのある事ですが。

ひとつは旦那の態度です
昨日、天気が良かったのでニトリに行ってポスターを入れるフレームを買いに行こうと誘いました。返事は良かったのですが、天気がよく雪も無いのに長靴くらいの長さのスノーブーツ、雪掻きするのに良いような靴を履いていくとか、3日以上剃っていない無精髭は、どうせマスクをするから良いのだ、とか。理容店には、去年の夏過ぎに娘に言われて、やーーーっと半年振りくらいに行き、その後、まだ理容店に行かず、髪伸び放題。「理容店に行け」と言っても、行かなくていい。何度も言うと「しつこい」と言う。若い人は知らないと思いますが、昔の女優「南田洋子さん」のような髪になってます。天気が良い、春の陽気なのに、あまりにもむさ苦しい旦那の状態に「恥ずかしくて一緒に買い物に行きたくない」と言いました。その後、娘宅に遊びに行き帰りに孫2人が着いて来たのでした。

旦那の髪は白髪混じりで伸びてこんな感じになってます。南田洋子さんは綺麗ですが、旦那はむさ苦しい。



2つ目、軽トラを買わない旦那。

月、水、金、はジムに行く事にしているのですが、過眠が酷くて午前中に行ける時は行きますが、行けない時は午後から行きます。車が私が乗っていた軽自動車一台しかない、旦那が頻繁に実家に行く、これでは車一台では不便を感じるようになりました。いちいち、何時にジムに行くのか?と聞かれるのも面倒になりました。
「そろそろ軽トラ買ったら?」と言うと、「まだ2月で畑をするまで2か月あるからいい」と言い一向に買う気が見えません。「不便なんだけど」と言うと、自分が私に合わせている、どこが不便なんだと言います。言って聞くような旦那じゃないので、本当にムカつきます。

3つ目 義母、実母になかなかお迎えがこないこと

これは大顰蹙を買うかもしれません、旦那にも口に出しては言いませんが、友達やサークルの人には言ってます。経験しないと分からないと思います。

1人は同じジムに通う事にした時に私を太っていると何度も言った、サークルの友人に、ジムに通っての感想など一応電話した時。この時は、太っているとは言いませんでした(笑)世間話になり、98才の実母と友人の2人暮らしで、週に5回デイサービスに通わせている。98才でも元気なので施設への入所を嫌がり、5回通わせないと精神が持たない、2日居られるだけでも苦痛で、デイサービスも9時から4時で、あっという間に時間が過ぎていく。 自分の事は自分で出来るけど、かなり苦痛とのことでした。

もう1人、LINEで旦那さんの実家に行き、102才になる婆ちゃんの顔をみてきた。元気そうたけど、義兄夫婦老々介護で大変そうでした。LINEだけでなく、電話でも話をしているのですが、義兄さん78才、義姉さん72才。やはり施設に入所せず、デイサービスに通っている。一時期、お義兄さんはお婆ちゃんが退院後、軽い鬱状態になった。100才になっていたので、まさか退院して家に帰るとは思わなかったそうです。

極めつけ、昨日の夜(地震が来る前)友達から電話。世間話から、友達のこの年で(70代前半)叔父叔母10人も健在は珍しいと言われた、の話から、叔父叔母なら葬儀に行くだけで良いけど、私はこの年でまだ2人健在で。義母もうすぐ96才、母92才。食欲もあり突発的に何かない限り、要するに老衰まで5年は生きそうな気がする。 新型コロナのご時世だけど、地方は簡単でも葬儀、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、これは住職を招いて執り行うので物凄い負担になる。5年後なら、旦那75才の後期高齢者、私は73才か72才。葬儀は葬儀社にお任せで良いけど、四十九日から自分たちで手配することになり、それまで元気でいられるかどうか、自信が無くなっている。
それに、義姉との問題もある、何才まで生きているのか先が分からない、自分も高齢になっていく、私は介護はしていないけど、始末がつかない宙ぶらりんの状況が続いている。これがジワジワとストレスになっている。

11時過ぎの地震の時に、長生きし過ぎの負の部分を考えていたので、家が潰れてもそれはそれで仕方ないだろう、寧ろ長生きするより良いんじゃないだろうか、などと思い開き直ったのでした。今日、気晴らしにプールに行こうと思ったら、大会で休みだったので、娘と孫2人と私の4人でニトリに行ってきました。



コメント

  1. 狗児 より:

    mayuさん
    遅くなりましたが、本当にご無事で何よりです。私の住んでいる西日本某所は、全く揺れなかったのですが、テレビを付けたら地震のニュース、何十万軒と停電したり、電車が止まっていたり、海面が上昇したりり、と言うのが聞こえてきて、大変なことになったと思いました。
    mayuさんのお家は、落ちるものが何も無かったとは良かったです。断捨離は大事ですね。

    所で、長生きの負の側面、ありますよね。こんなに長生きは良いとされているのが、ちょっとおかしいです。こちらで何度も書きましてしつこくてごめんなさい、ですが、100歳の祖父は、辛いことも多いように思います。健脚で何処でも歩いて行っていたのに、今はそうも行かないのが歯痒いようです。ボケてないのは有難いのですが、段々周りの人は亡くなり寂しい、自分だけ取り残されていっている、と言う気分になるみたいです。ましてや介護が常時必要となれば、周りの方の負担が尋常じゃないでしょうから、まだ助かっている方だとは思いますが…
    健康で好きなことが出来て、周りにあまり迷惑が掛からない長寿はよいですが、そう上手く行かないですね。

    所で南田洋子さんは美しいですね。実家に昔の「銀幕のスタア」の写真集がありまして、若き日の南田洋子、大原麗子、草笛光子、八千草薫…さんらの美しい写真が載っていたのを思い出しました。お年を召しても皆さんお綺麗です(又はでした)ね^_^

    • mayu より:

      狗児さん

      おはようございます、私は何事もなくて良かったのですが、
      この寒いのに、コロナ感染の心配もあるのに、避難所にいる方も
      いるようでした。10年経っても東日本大震災の余震だそうで、
      今後も油断は出来ないです。今回は落ちなかったけど、落ちる可能性の
      ある物を見回すとそこそこ有ったので、また断捨離に取り組もうかと
      思いました。物は少ない方が良いですからネ。

      親の長生きし過ぎは、子供も年を取って身体の故障が出てきて
      無理が効かない年齢になってしまう事が、一番の問題でしょうね。
      ボケていないのに、体が思い通りにならないのは本人も苦痛で、
      替わりに動く事になる子供も、段々しんどくなってしまいます。

      昔の銀幕スターは上品な美しさですねぇ。

  2. 白雪山羊 より:

    mayuさん、前記事と共に更新有難うございます。

    ご主人様、髪の毛が随分伸びたんですね~髪の毛結んでやりたいです(^^;
    お孫さん達が「髪の毛切って」と言ったら切るかな…とぼんやり思いました。

    今はコロナ禍の中、両親との感染対策の受け止め方の違いに
    相変わらずイライラしています。
    うるさく言うとキレるし、言わないとこれまた怒るし…まだまだ続くであろう
    これらの事に参ってます…って、昨年も同じ様な事をコメント内で愚痴った事を思い出しました。
    (すみません)

    両陛下は明日のオンラインでのお見舞いを取り止めたみたいですね。
    水の団体のオンラインで参加は、この団体が終わって5年経ったのを記念??
    同窓会みたいな感じですかね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      私も旦那にオールバックにして、後ろで結んだら~?と言いました。
      その方が返ってスッキリして、見た目も良いですからネ。
      孫は10才くらいになれば、物分かりが良くなり言うだろうけど、
      4才と3才では「言わされている」と分かるんじゃないかな。

      とにかく仕事をしなくなってから、むさ苦しく、ホームレスより
      ホームレスのような状態になり、言う事は聞かないしイラついますよ。
      家の旦那もうるさく言うと「しつこい」と切れるので、もう言わない事にしました。

      愚痴は私も結構、同じ事を書いているよ(笑)
      愚痴りたくもなります。

      天皇皇后はオンラインお見舞いを取り止めですか。
      その方が良いでしょうね、地震後で大変ですから。

  3. ゆきんこ より:

    mayuさん、おはようございます。

    私はmayuさんより少し年下ですが、
    88歳の実母はまだ一人暮らしが出来(ウチの近くに住んでますが)、
    他は鬼籍に入っていて、恵まれたほうだと実感いたしました。

    それでも、昨年のコロナ禍でパニック障害を発症して大変でした。

    今は安定してますが、「体調の波は依然と」状態です。

    私自身も、昨年から何かしようとすると水をぶっかけられることばかりで、鬱々しておりましたが、
    皆さんのコメントには励まされております。

    • mayu より:

      ゆきんこさん

      今日は午前中は町内会の仕事、午後から薬が無くなったので
      内科に行き帰宅まで3時間近く掛かりました。

      今までは、2か月に1回の心療内科とたまに眼科だったのが、
      整形外科と内科が加わったのも、超高齢者の存在が鬱陶しく
      感じる原因のひとつだと思いました。

      親と一緒に年を取っていき、私も高齢者になりあちこち医者に
      掛かっている現状に鬱々してしまうのかも。

      ゆきんこさんもパニック障害になってしまったのですか。
      昔より良い薬が出ていますが、無理せず体調の波と相談しながら
      コロナ禍での生活をしていくしかないですね。

  4. やしま より:

    タイトル違い、連投すみません。
    こんな話題を拾ってきました。

    眞子さま「3年間雇用延長」の新事実 小室圭さんとの結婚に影響か(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
     春の気配が少しずつ強まるのと歩調を合わせるかのように、皇室の懸案である眞子内親王と小室圭氏の結婚問題も動き始めているようだ。2月に入って小室氏の代理人弁護士が、母・佳代さんの借金トラブルについて説

    「同部門の設置期限が2024年3月31日まで延長され、眞子内親王殿下は2019年4月1日、改めて特任研究員として採用されています。本契約は最大4回、2024年3月31日まで更新できることになっております」
    つまり2019年に契約を結び直したため、2024年まで“雇用延長”になっているという説明。
    「宮内記者会でもごく最近になって知らされた話です。私も驚きました。眞子さまが今後もIMTで働き続けられるような配慮があったのかもしれません。いずれにしても当面の仕事が決まっているとすれば小室さんとの結婚に向けて前向きな材料ではないか」

    皇室力ってすごいですね。何でもできちゃうんですね。 (;-_-)
    庶民の苦しみなぞどこ吹く風で、天皇皇后は御所に移動、東宮御所は仙洞御所となり改修スタート。
    ああ、なんかバカらしい。上皇夫妻はきっと超超長生きしますよ~ストレスないですからね~

    • mayu より:

      やしまさん

      眞子さん、退職して再雇用されたんですね。
      この事が、結婚をしないから引き続き再雇用になったのか、
      小室Kと結婚する為の再雇用なのか。

      眞子さんの為に作られた職場、だったことがわかりましたが
      これも皇室の特権と忖度なのでしょうね。
      思い通りに出来て、あーーー羨ましいこと。
      眞子さんと小室Kが結婚などしたら、皇室不要になるかも。

      ストレス無さ過ぎても、ボケるのが早いとか。
      ボケて長生きかな~~( ゚Д゚)

  5. マグノリア より:

    おはようございます。
    mayuさんはご結婚が早い方ですよね。
    おそらく20歳代前半?そして出産も。
    私は30歳代で結婚出産でした。
    でも旦那に対する思いはとても似ています。
    妻の言うことは聞かない旦那。
    何か頼んでも一言二言ネガティブな言葉を発する。(我が家だけかな)←普通に何も言わずやればいいのに、と思っています。

    最近感じることは高齢化社会の未来。
    平均寿命が延びた、世界第何位で喜ぶ日本人。
    これって大変マイナーなことだと思います。
    高齢者を支えている人についてがほとんど語られない。
    「健康寿命」この言葉にはとても重みがあります。
    mayuさんがおっしゃる3つ目、同意します。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      私は21才で結婚して23才で母になりました。
      当時でも若干早い方だったかもしれませんが、
      大体25才頃には結婚していた時代でした。
      お見合い結婚も半々くらいいました。

      マグノリアさんの旦那様も同じですか。
      たまにイラッとさせる時があります。
      理容店に行け、髭を剃れ、長靴は嫌だ、これを
      ハイハイと聞けない、呆れてもう理容店に行けとは
      言わないことにしました。

      よくこれからは人生100年時代、とネットなどで見ますが、
      いくらなんでも100才は生き過ぎじゃないかと。
      子供は70代になり、自分の体も大変になるのに。
      医療費、年金制度の崩壊の原因にもなってますね。

  6. やしま より:

    今年の年賀状、友人からの知らせで「実母が施設入所しました。ほっとしました。今年100歳になります。」とのことでした。大変だっただろうなと思います。彼女自身癌を患っており、実母とはいえ面倒を看るのはしんどかっただろうと。ちなみにその100歳になる実母さんも癌サバイバーですが、手術したのは40年前?忘れてしまうほど昔の話になりました。

    mayuさん初め我が家も周りもそうですが、90歳代の母と姑と両方看る必要ありな知人友人がかなりいます。私たちってそういう世代なんかもしれません。すごく損な気持ちがします。
    毎年の訃報。「ああこれでこの人も親御さんを全員見送れたんだ。良かったねぇ」と、正直うらやましい気持ちになります。自分が元気なうちに親を見送りたいものです。

    我が家は地盤が超堅固らしく、東日本大震災のとき棚から物が落ちるということが一つもありませんでした。震度2までは体感しないほどなのです。なので今回は大きいんだなと。そして東日本大震災の時は1回目、2回目、3回目と突き上げるような震動があったので、それがあるんじゃないかとビクビクしました。
    私にとっては、首都圏直下型地震が本当に怖いのです。

    • mayu より:

      やしまさん

      私も50代後半から、旦那、私の知人友人から親が亡くなっての
      喪中ハガキが多くなり、今はピークを越えたみたいです。
      一昨年からボチボチと旦那様を亡くした喪中ハガキが届くようになりました。

      周りでは、私の年齢で親2人健在は極々少数で
      居ても親1人くらい、殆ど両親、義両親を見送っています。

      私の場合、頼りになる兄弟がいない、愚弟は葬式代も使っているだろうし
      何とか私が母を見送らねば・・・の気持ちが大きいのかも。
      義母は旦那が元気なうちに、との思いが強いのは義姉の存在だろうし。
      兄弟仲が良い、頼りになる兄弟がいる、これだけでかなり違うと思いました。

      地震大国日本で、いつどんな地震があるか分からない怖さはありますね。

  7. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。

    mayuさんの旦那様、そんな風になってるんですね。髪の毛ふさふさ素晴らしい!と思いますが、mayuさんの目から見て見苦しいのはストレスですよね。私は昨日は、美容師さんに変身。ハサミでチョキチョキした後バリカンでじょりじょり。普段はバンダナやニット帽でもいいのですが、家の売買契約だったので。もう本当に毎日毎日手続きがあり、パソコンに向かってストレスマックス。その空気を吸い込んだ私も食欲低下。全然ウキウキしてません。なのに、「猫にマタタビ」状態でナチュラルハイ。ここで87歳、点滴繋がれの姑の都合もあり、近所で大阪府、駐車場代
    +維持費節約で、一軒家に決めたので私は冷めてるんです。まあ、私が引越したかったマンションの近くですけどね。ネットはnuroにするだの、エアコンは何台いるかだの、色々とうるさいんです。私は花粉症で死ぬかと思うぐらいしんどいのに。
    自分の服だの小物だの卒業アルバムだの2年前に捨てました。しかし、最近増えた荷物が…お笑い番組を録画したbrや鬼滅生地で作った小物、マスク等々、一体どこへ置こうか?頭痛がしてきます。

    はあ~ 昨夜、鬼滅アニメの新作発表があり、朝、それを知って、少しは元気になりましたが。

    • mayu より:

      ramiriさん

      旦那、理容店に行ったのは去年1回だけかも。
      それも娘に言われて、やーーっと行ったんです。
      超後期高齢者2人いて、いつ何があるかわからないから
      適度に理容店に行け~と言っているのですが、言う事を聞きません。
      もう諦めて好きなようにしたら良いと、開き直りです。

      ラミリーさん、マンションから一軒家にしましたか。
      マンションは維持費、修繕積立てなど月額3万円くらい掛かるので
      一軒家の方が得な気はします。引っ越しは断捨離の良い機会ですね。
      まだ鬼滅の刃ブーム続いているんですか。

  8. 木の葉 より:

     mayuさん、長生きの負、長寿は喜ばしい事なのに、日本の今の超老齢化を改めて考えさせられました。

     生活習慣で欧米と比べると、確かに長生きする日本人ですが、幸せなのか不幸せなのかこの頃色々思う事が有ります。どこを歩いても小さなデイケアサービスの建物が乱立し、街中の様子が確実に変わりました。管に繋ぎ無理矢理生かそうとする医療の現実。人生の尊厳が守られているのか?出来れば私は終末医療は受けない選択をしたいと思っています。これは、自分が人の世話にまだなっていないので言える事。そう言う時が来たらどうなるのか?そんな事が言えるのか?今は少しでも健康でいられるよう努力したいと思います。

     一つ目二つ目のご主人様への思い、、、ファンデーションや口紅がマスクに付くのが嫌で、顔の上半分だけ、目の周りやおでこのみに化粧をしてこの一年過ごしています。髭剃り!の頻度も減りました(笑)。ご主人様のズボラ、他人事では無くて、、、。mayuさんのご主人様の優しさは、文章からいつも伝わってきます。コロナが収まればまたきっと理容院にもこまめに行かれ、男前が上がると思います。私はmayuさんの皇室関連のブログと共に、ご主人様や娘さんご一家との、穏やかで温かい日常ブログのファンでもあります。

    • mayu より:

      木の葉さん

      昔々は介護も3ヵ月程度だったと聞いた事があります。
      自分の親でも3ヵ月くらいなら頑張れるけど、今は医療の発達で
      なかなか死なせて貰えなくなりました。
      介護施設は地方でも増えていて、施設に入所すると更に長生きしますね。
      至れり尽くせりの生活をしていますから。
      私も何才まで生きるのか、分かりませんが現状では90才まで
      生きる自信は無いです~。

      旦那、無職になってからどんどんズボラになって、
      ホームレスに失礼ですが、ホームレスより酷いかも( ゚Д゚)
      言うとうるさがるので、もう言わない事にしました。

タイトルとURLをコピーしました