天皇皇后両陛下 水問題にオンライン参加 * またまた呪われたオリンピック

天皇皇后両陛下

天皇皇后両陛下、2人揃ってのオンライン出席の姿を久しぶりに見たような気がします。天皇皇后と広木謙三教授の3人、カメラマンを入れて4人しかいない、距離も離れているのに相変わらずマスク着用しているところが不変ですねぇ。

2人を見ても大して面白くもないのですが、眞子さんと小室Kの話題も進展がなく、新型コロナのせいで皇室の動きが見えなくなりました。2月11日建国記念日、天皇陛下は宮中三殿参拝、雅子さまはお慎みでした。

2月10日には、東日本大震災から3月で10年を迎えるのに当たり、天皇皇后両陛下が岩手、宮城、福島の3県をオンライン訪問で被災者を見舞われる方向で調整が進められていて、今月16日福島、次に岩手、宮城県とオンライン訪問する、とのこと。
来月3月11日は東日本大震災10年目にあたり、政府主催の追悼式に両陛下が出席します。3月11日の約3週間前の昨日の夜、東日本大震災10年目でまた大きな地震が津波被害が大きかった、宮城、福島が震度6の地震に襲われました。



森元会長の「女性差別発言」がSNSで炎上し、更に二階が大炎上させて森元会長辞任。後任に川淵氏を指名し、この川淵氏も「森さんに泣かれて」とかなんとか、年寄りの好きな人情節を謳い「最後の大仕事」と、やる気満々に見えましたが、川淵氏も「口は災いの元」喋り過ぎて、透明感が無いと言われ批判され、内心は批判されてまでやる気ないわ~だったのか、川淵氏の会長は頓挫しました。後任はまだ決まっていません。つくづく「呪われ過ぎたオリンピック」じゃないですか。このドタバタが最後の呪いになるのか? まだ続くのか、それより本当にオリンピック開催できるのでしょうか。

政治も後期高齢者が幅を効かせ過ぎて、中堅世代が育っていない。若返らせたくても、適任者がいない、能無し二世、三世議員が多過ぎるんでしょうねぇ。政治家って代々襲名する仕事じゃないのに「地盤、看板、カバン」これをなかなか手放せず、親が引退、あるいは亡くなると、都会で育ち都会で生活していた子供が、住んだこともない田舎に来て引き継いで選挙に出馬、こういうの地方では特に自民党は多いですよね。かと言って、叩き上げと言われた菅総理、記者会見では気付かないと思いますが、たまーーーーに、イントネーションに東北ズーズー弁っぽい時があります。無党派な所、二階に気配りと遠慮が必要な所が無理だったなぁ。

両陛下 オンラインで参加 水問題に関する国際会合

天皇、皇后両陛下は12日、赤坂御所で、国連「水と衛生に関する諮問委員会」が活動を終えて5年が経過したことを記念して開催された、元委員らによるオンラインの国際会合に臨席された。「水」の研究をライフワークとする天皇陛下は、平成19年から諮問委の名誉総裁を務められた。会合に同席した政策研究大学院大の広木謙三教授によると、陛下は「私たちは水問題の解決に向け、連携し、結束していく必要があります」と英語であいさつされたという。
記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/210212/lif2102120058-n1.html

 


コメント

  1. マグノリア より:

    おはようございます。

    内廷皇族を見ると、お花畑満載、モンシロチョウがひらひらの様子が浮かびます。
    マスク必要不可欠なオンラインの映像、自分たちがやるわけでもない引っ越しの報道など表面的なことばかりクローズアップ。
    地味な祭祀のほうが重要なのですよ。

    確かに菅総理は時々言葉が詰まることがありますね。
    上(後期高齢者)が現役で活躍している限り中堅世代はなかなか育ちません。
    政治の世界だけでなく、経済の世界(会社など)も。
    適材適所で身を引くことも人生の大切な節目だと思います。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      内定皇族、どんな気持ちでこのコロナ禍を生活しているのか。
      たまには表に出て来ないと、忘れられそうで出てくるような
      感じがしないでもないですよね。
      引っ越しも庶民とは違いお任せで済み、楽でいいですね。
      別世界に住んでいる人達です。

      国会議員、定年制が必要です。
      後進に道を譲らないから、人材不足になってしまうんです。

  2. やしま より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    まあ何はともあれ天皇皇后のお姿拝見ですね。「水」問題だから、お二人とも「水色」のお召し物なんでしょうかね。ちょっと寒々しい気もしますが。今回のおつきの方は何をするために控えておられるのかなぁ~単に機械の操作とか?
    このお二人、遠視ぎみなのかと思ってしまいます。年齢的にはそろそろ老眼でもおかしくないので、遠くはよく見えるのかしら。それにしても地震が来たらヴィジョンが後ろにひっくり返ってしまいそうなほど、机の端に置かれているんですね。

    それと貼り付けていただいた動画で、オランダの国王陛下と天皇のツーショットが一瞬ありましたが、令和の天皇陛下は、オランダ国王の背の半分ぐらいしかないんだなぁ~ちっこいな!と改めて思ってしまいました。
    意味がよくわからなかったんですが、皇太子時代に名誉総裁をしていた。そしてその会合の終了から5年たったので云々ということで。
    何か意味のある会合だったんでしょうかねぇ。

    • mayu より:

      やしまさん

      天皇皇后のご進講もオンラインも、テーブルが離れ過ぎと
      あんなに離れてもマスク着用、特にオンラインのマスクは変です。
      テレビがテーブルギリギリで、本当にあんなに離れて良く見えますねぇ。

      私は白内障の手術前は遠視と老眼で、遠視の眼鏡をかけていましたが、
      天皇皇后はコンタクトでも入れているのかな?

      オランダ国王は高身長の多いオランダで、国王も大柄なのに
      皇太子は156cmくらい、身長差が有り過ぎ!
      スペイン国王夫妻と並んだ時も目を覆いたくなりそうでした。

タイトルとURLをコピーしました