雅子さま56才の誕生日 医師団の見解は去年と同じ快復の途上、過剰な期待をせず温かく見守って

天皇皇后両陛下

12月9日、皇后雅子さま56才の誕生日。誕生日会見は無し、文書と音声無しの映像、画像、
記者団の見解を発表しました。
いや~~まさか、今年も体調の波と温かく見守っての定番フレーズを
見られるとは!!
唖然茫然しながらも、半分は出るだろうな~と思っていたので
期待通りといいますか~なんだか笑ってしまいました。

今年は多くの行事に取り組まれた。これは様々な工夫をして体調を整えられるなど
雅子さまの努力によることが大きかった。
祝賀パレード、地方公務など温かい声、反応に元気付けられたいるように見えた。

しかし、依然としてご快復の途上で体調の波がある。そのため、
大きい行事の後や行事が続かれた場合には、お疲れがしばらく残られることもある。
即位関連の儀式は強い責任感を持って務めに取り組んできたが、これで
過剰な期待を持たれると、今後の快復に逆効果になるので、理解して頂きたい。

要するに即位関連儀式、行事は皆勤したけどこれで治ったと思わないで、
過剰な期待はしないで欲しいってことになるのかな。

私的な部分での活動の幅を広げていただくことが大切。
とは、静養とか旅行とか、プライベートな活動を広げる、増やすことが大切と釘を刺して。

これまでと同様に周囲の方々の理解と支援をお受けになりながらご治療を続けて
いただくことが大切ですので、引き続き温かくお見守りいただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。で、東宮医師団の見解終わり。

雅子さまはまだ治療中で引き続き温かく見守ってください。
これって去年と全然進歩が無いってことだったんですね。
それにしては、皇后になられてからは随分と元気で即位関連儀式の疲れなど
殆ど見えない感じでしたけどねぇ・・・疲れていたのですね。
えーーと、私も眠くなったので感想は一旦寝て、起きてから続きを書きます。
感想を読んでいたらあくびが出てきました。(´O`)ファ….

【追加】

おはようございます、起きたら感想を書くと書いたけど
考えてみるとそんなに感想はなかったのでした。

無事に即位関連の儀式、行事を終えてこれで晴れて皇后になりました。
工夫をして体調を整え努力して大きい行事も休むことなく出来ましたが
病気は治っていない、まだ回復途中なので体調の波もあるし大きな
行事ができたからといって今後も過剰な期待はするなと、庶民レベルで
考えると大概は56才にもなればあちこち身体に故障が出てくるもので、
努力と工夫で体調を整えて仕事をしているのは普通のことです。

ここ数年前から65才まで働け、いや70才まで、と年々高齢者を
働かせるような社会になっている中で、雅子さまは働き盛りの15年間、
まともに働かず(働けず)療養されてきました。

とっくの前から期待はしていません。
また精神病、心の病は完治するという人は珍しいくらい治らないことも
知っています、良くなったり悪くなったりの繰り返しをしながら生活を
している人達が多いんです。雅子さまも寿命が尽きるまでこの調子だろうと思います。

今年一年は突貫工事のようにバリバリ動いたけど、来年からまた元に戻り
「体調を考慮して」のフレーズが出てくるのか、体調を整える努力をして
公務、祭祀もするのか、これからが雅子さまの皇后としての自覚が試される時代に
入っていくのかもしれません。

午後から天皇皇后両陛下は上皇上皇后両陛下へ挨拶のため吹上仙洞御所に
行かれますが、上皇夫妻が天皇皇后に挨拶に行くのだと思ったら違いました。
やっぱり、天皇皇后より上皇夫妻の方が身位は上のように思えるのです。
生前退位をして隠居はしたものの、元気に動ける高貴高齢コンビですから
本来は高貴高齢コンビが赤坂御所に挨拶に行くべきではないのですか。

つうか、私の頭が悪くて未だに天皇皇后が赤坂御所で、上皇后は皇居に住まいしているのに
吹上仙洞御所と書かねばならなくて、ややこしくて仕方ないですっ!
早く仮吹上仙洞御所に引っ越ししてくださいよ~~!

皇室:皇后さま56歳に 天皇陛下との映像公開


皇后さまは9日、56歳の誕生日を迎え、宮内庁を通じて文書で感想を発表された。
5月の天皇陛下のご即位に伴い、皇后となって約7カ月の間、国民から寄せられた祝意について「これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるもの」と記された。皇后さまはこの中で、一連のご即位関連儀式を終えたことについて「安堵(あんど)し、嬉(うれ)しく思っております」とご回想。11月に行われた「国民祭典」や国事行為のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」などでは、多くの国民から「思いがけないほど本当に温かいお祝い」を受けたことに謝意を示し、約7カ月で接した国民の笑顔が「かけがえのない思い出」となったとのお気持ちを表された。
また、こうした祝意の背景として、上皇ご夫妻が「長きにわたって国民に寄り添われ、御立派にお務めを果たされたことによるところが大きい」とご指摘。上皇さまに対し、改めて「深い敬意の念」を記したほか、今年9月、乳がん手術を受けられた上皇后さまを気遣われた。皇后さまは平成15年12月から療養生活を続けられている。ご感想では、陛下に対しても「いつも私の体調をお気遣い下さいますこと」に謝意を示された。今後は健康の快復に務めながら「国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力してまいりたい」との決意もつづられた。
皇后さまのご病気について、医師団は同日、見解を示し、昨年と同様に「ご快復の途上」にあるとの表現を踏襲した。
記事・画像出典 産経新聞 以上転載終わり
画像出典
https://www.sankei.com/life/news/191209/lif1912090005-n1.html
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191208-OYT1T50143/

皇后さま56歳 医師団の見解全文

皇后さまのご病気について、9日示された医師団の見解は以下の通り。
皇后陛下におかれましては、これまで東宮職医師団が説明して参りました基本的な考え方を踏まえながら、引き続きご治療を継続していただいております。本年は、上皇陛下の御退位、そして天皇陛下の御即位という特別な年となった中で、即位礼正殿の儀や大嘗祭を始め、神宮に親謁の儀などを含む、御即位に伴う全ての諸行事のほか、6月の愛知県行幸啓、9月の秋田県、新潟県、茨城県行幸啓と、4度の地方行幸啓をお務めになりました。また、アメリカ合衆国大統領御夫妻やフランス国大統領御夫妻を始め外国賓客をお迎えする行事をお務めになったほか、全国赤十字大会に御臨席になるなど、多くの行事に取り組まれました。これは、様々な工夫を重ねられながらご体調を整えられるなど、皇后陛下のご努力によるところが大きいと考えております。
また、皇后陛下には、学習院女子高等科で楽しく充実した学校生活を送っておられる愛子内親王殿下を、母親として温かく見守られ、支えていらっしゃいます。
皇后陛下には、こうしたご活動を一つ一つ着実に積み重ねていらっしゃることがご自信となり、それがご活動の幅の広がりにつながってきていると拝察し、医師団としても望ましいことと考えております。加えて、ご活動に当たり、例えば、祝賀御列の儀や地方御訪問の際に、直接おふれあいになる方々からの温かい声や反応に元気づけられておられるようにもお見受けいたします。

一方で、東宮職医師団がこれまでも繰り返し説明して参りましたように、皇后陛下には、依然としてご快復の途上にあり、ご体調には波がおありです。そのため、大きい行事の後や行事が続かれた場合には、お疲れがしばらく残られることもあります。本年は、天皇陛下の御即位に伴う諸行事を中心に、特に強い責任感を持ってお務めに取り組んでこられましたが、これをもって過剰な期待を持たれることは、今後のご快復にとって、かえって逆効果となり得ることをご理解いただければと思います。これもまた、かねてから皆さまにお伝えしているところではありますが、私的な部分でもご活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えております
皇后陛下には、これまで同様、周囲の方々の理解と支援をお受けになりながらご治療を続けていただくことが大切ですので、引き続き温かくお見守りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。以上転載終わり

産経新聞出典 https://www.sankei.com/life/news/191209/lif1912090006-n1.html

会見全文は以下宮内庁のホームページURLから読めます。
https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/35


コメント

  1. メープル より:

    イリスさん、

    私は・・・・夢の中でふわりと風になびかせながら歩いてみようと思います。

    前のコメント書いたあとで、イリスさんはもしかしてこういうドレスを着る機会がたくさんおありなのでは?と、ふと思いました。想像しただけで素敵だな~と思います。

    • イリス より:

      >メープルさん
      コメントありがとうございます(^ ^)
      夢の中だけでは、何だかもったいない気が…。ぜひ、少しアレンジされた感じで、ディナーや観劇など、絶対ステキだと思います☆

      ありがとうございます、恐縮です。はい、仕事柄わりと着ていると思います。演奏に支障が出るデザインのものもあるので、選ぶときはその辺りをよくチェックするようにしています。あとは、どうしても似たようなものを選びがちなので、なるべくどこかに変化を持たせるように気をつけています。

  2. 狗児 より:

    mayuさん、こんばんは。
    記事更新どうもありがとうございます。
    あんなにお元気で即位関連儀式は皆勤でしたのに、回復途上見守れ節ですか。一方で「頑張ったね」と褒められたくて、他方で「でも過剰な期待はするな」と牽制をかけている訳ですね。庶民なら、どこの56の大人がそんな甘いことで許されるというのでしょう。小学生の受験塾でも「頑張っても結果出せない奴は、ここに要らない」などと脅す先生がいらっしゃるというのにね。呆れます。

    Yahoo!コメント見ましたが、皆さんご指摘の通り、気持ち悪い賛辞の中に、たまに「即位した途端に掌返して大絶賛なんだな。」というのもありますね。絶賛コメント書き込みバイトがあるのかもしれませんね。

    • mayu より:

      狗児さん

      雅子さま、今年一年は目を見張るほどの動きでしたが
      「ご心配をおかけした体調もかなり良くなり、これからも
      体調を整える努力をして皆様の期待に添えるように頑張ります」
      とは出て来なかったのでした。

      56才、もっと頑張りの効く年齢でもあるし、個人差が出てきますが
      過剰な期待をするなって・・・元からしていません、と言いたいです。
      雅子さまのお好きなようにしたらいいですよね。
      絶賛コメントにアゲアゲ報道もしてくれるし怖いもの無しです。

  3. shirogane より:

     mayuさん、お忙しい毎日のなか、記事の更新本当にありがとうございます。

     皇后様のお好みなのでしょうか?壁、クッション、テーブル、お花そしてお召し物、全て同色系でまとめられるとは!もうシロガネは、ビックリです。よほど縁起のいいお色なのですね。

     シロガネは、自分のブログに「美令犬 由莉様の物語」という記事を書きましたが、その時からあのクッションの色がとても気になっていました。ああいうのが、高級品なのかと、しがない庶民のシロガネは、思っていました。

     不思議な色だなと▪▪▪▪名古屋から取り寄せられたのでしょうか?派手な色だなど思いまして。

     体調の波、今年も来ましたか▪▪▪▪▪来年も同じ言葉が出てくると思います。もう五十をとうに過ぎられた皇后陛下に多くは、期待しません。

     ただ、お身体を大切になさって、そしてご無理をなさらないで下さいと言うだけです。

     別に特別な事を、なされなくともいいです。ただ普通に公務等を御勤めになられればいいと、シロガネは思います。

    • mayu より:

      シロガネさん

      「美令犬 由莉様の物語」拝見しました。
      まだ抱っこされている時からお手振りさせられた由莉様も、
      可愛いですよね~~今の時代、野良犬系雑種が少ないので
      血統書付きの犬と違う可愛らしさがあります。

      佳子さまの振り袖も拝見しています~3着目も楽しみです。
      着物のプロですから、私の知らない柄の言葉も出てくるのと
      帯、帯紐、帯揚げなど眞子さま、佳子さまで共有していることなど
      毎回楽しみにしています。

      昔々、黄色の財布を持つと金運が良くなると言われて、私も
      黄色の財布を買ったものですが・・・全然でした。
      返って持っているのが恥ずかしくなり、黒字になるよう黒の財布に変えたりして。
      金色が縁起のよい色なのか?わかりませんが、統一していましたネ。

  4. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!
    東京も冬らしい寒さが続いています。ちょっと疲れてきて、楽器(身体)の鳴りが3ミリくらい、いつもよりずれを感じて、メンテナンス中です(><)

    ご返信も感謝です☆mayuさんも、お友だちの中でファッションリーダーな感じでいらっしゃると思いますので、明るいカラーをお召しとか、大賛成です(^^)

    さて、安定の文書&温かく見守れ圧(笑)が来られましたね~(^_^;
    以前も、あの愛子さまのフルお付き添いのご体力は、普通の人でも疲れるレベルだと書きましたが…真夏の炎天下に、海辺か何かで数時間の日もありましたね。それらを全部なさった方が、ですからね…。説得力を持たせるには厳しいです(笑)。
    それにしてもあのお部屋、つくづくお写真や会見にはそぐわないですよね(笑)。すてきな壁紙のお部屋もおありでしょうに…。練習室仕様ですね、とレッスン生が笑っています(^^;)

    ドレスは仕事着でもありますので、ロイヤルの方々のドレスは、勉強を兼ねていつも注目しています。メープルさんも仰っていた、瑶子さまや承子さまのドレスのデザインもすてきですよね(^^)特に瑶子さまのタイプは、私も遠いいつか(笑)、リサイタルで着たいと思いました。先日、ソプラノのベテランの先生がまさにお召しだったのですが、舞台の入退場や歌唱表現で動かれる度にフワッと風になびいて…とてもエレガントなお姿でした。あまり背がおありでない先生でしたが、全く気になりませんでした。ですので、メープルさんもぜひ(^^)

    • mayu より:

      イリスさん

      12月は繁忙期ですね、じっくりメンテナスしてください。

      私がファッションリーダーなんてとんでもないです。
      無難で何でも合わせやすいグレー、黒、紺を着ると顔色が悪く見える、
      と言われたので新しく買う時は明るい色にしようと、2、3年前から
      明るい色の服を買いました。

      毎年、毎年、飽きもせず「体調の波」と「温かく見守れ」プラス
      「過剰な期待はするな」「プライベートは広く」凄いですね。

      そうそう、愛子さまの遠足に付いていって泳いでいる愛子さまを
      炎天下で最後まで見ていたとか、すげーー元気良い~!でした。

      いつもあの部屋で撮影するのは、なにか拘りがあるのでしょうか。
      もっと素晴らしい部屋もあるだろうに見せたくないのか??

      ドレスが仕事着、羨ましいわ~~(^^)
      薄いドレープのケープは体型もカバーしてくれそう。
      風にふわっとなびくとは、いいですねぇ。
      私が着たらネグリジェにレースのカーテンを背中につけて
      何やってんだ~~( ゚Д゚) と言われそうですが。

      • イリス より:

        mayuさん、ありがとうございます(/_;)
        寒さと乾燥は本当に喉に脅威で、対策を毎年アレンジしています。話題のマヌカハニーも、スプーン一杯分を飲んでいます。
        黒は私もよく着ます。アクセサリーも映えますよね~。上は黒でスカートはペイズリーや大きめ花柄で、対比を楽しむ感じか多いです。mayuさんはいろいろなカラーにトライされているご様子、すてきです☆赤は大人女性にこそ、な気がします(^^)いつか、デイリーファッションもアップしてくださると、うれしいです♪
        そうでした、夏の海辺は水泳のお付き添いでしたね~。ご体力、警備、お泊まりのホテル…、あの時も色々な意味ですごかったですね(–;)
        なるほど、お写真のあのお部屋以外は、うんと贅沢なつくりだったりして(笑)。
        mayuさんも、また発表会にお出になる時には、瑶子さま風など、お好きなデザインや素材のドレスでぜひ(*^-^*)

  5. nono より:

    mayuさんこんにちは、記事の更新有り難うございます。
    心の病は完治などしないものです(私自身、薬は飲まなくてもパニック障害と付き合い続けるでしょう)雅子さまに過剰な期待はそもそもしていないので、ゆっくり4大公務に出かけられれば充分と思います。
    香淳皇后を思えば、美智子さまが動きすぎなのです。
    被災地への慰問は別として、観賞やら私的お出ましにカメラ同行など。
    雅子さまはそんなことしなくていいので、移動の少ない御所でのお仕事で良いのではないでしょうか?9時5時のオフィスワークのような感じ。
    そう感じる私なのでした。

    • mayu より:

      nonoさん

      パニック障害で薬無しで生活できるのは大したものです。
      私は減薬したけど元に戻ってしまいました。
      死ぬまで治らない、薬を飲みながら共存と思っていますが
      雅子さまよりは動いています。

      雅子さまも本当に適応障害なら完治はしないでしょうが、
      私やnonoさんのように普通程度の生活は出来るのですから
      最低限度の働きはして貰わないと、過剰な期待はしていないので
      気分次第で出たり出なかったりは止めて欲しいです。

  6. メープル より:

    まゆさん、本当に毎日記事の更新がお忙しいですね。毎度タイムリーに記事が読めるので心から感謝です。

    さて、雅子さま56歳のお誕生日ですが、今回は黄金スーツでしたね。いつも思うのですが、天皇陛下のネクタイって、雅子さまのご衣裳に合わせた色合いなんですよね。朝お二人で相談されるのでしょうかね。まぁ、仲がおよろしいことで

    今年は今までになく本当によく頑張られたと思います。上皇后さまのようにあちこち出かけられなくてもいいと思います。そうすれば体力も温存できますし、体調の波も安定するかも。

    来年もこの調子でお元気で、まずは祭祀、そして公務と励んで頂きたいです。

    そうそう、以前の記事になってしまいますが、私は瑤子さまの長くて薄いケープのような衣装がとても素敵だと思いました。そして承子さまのレースも綺麗で素敵でした。

    私も後ろ姿で着てみたいと一瞬思いましたが、背が低いので後ろ姿でも似合わないだろうな、とすぐに現実に戻りました・・・。

    • mayu より:

      メープルさん

      黄金スーツ、金色の錦鯉みたいだと思いました(笑)
      天皇はネクタイの色と合わせていますね。
      動画も仲良しアピールで見てるこっちが恥ずかしいとか(^^;)

      はい、今年は雅子さま頑張りました。
      美智子さまは動き過ぎだったので、あんなに動かなくていいので
      最低限度のことをやるだけでいいんじゃないかな。
      いちいち、体調を考慮して、などの説明もそろそろ不要かと思います。

      瑤子さまのドレス、素敵でした。女性誌に載っていましたが
      保存するのを忘れてしまいました。
      私も着て見たいのですが、同じく背が低い、信子さまクラスのデブなので
      マーメイドラインじゃない信子さまのドレスだったら着られるかな??(^^;)
      一度、コスプレで着てみたいわ~~(笑)

  7. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    日付が変わるまで起きていたので、宮内庁のHPで読みました。
    mayuさんと同じく、昨年と同じ…と思いましたが
    まぁ予想していたりもしてました。

    少し変わったなと思った所は、ここ数年はカーディガンなどの服装がスーツになった所ですね。
    (陛下もスーツ)

    医師の見解を読み
    皇后になり、医師団の名称は東宮職医師団から変わるんだろうな…くらいしか感想がないです(^^;

    とは言え、即位関連の儀式は無事に終わって良かったと思います。
    これから年末~正月も行事がありますよね。個人的に歌会始を楽しみにしています。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      全文を読みやすく削除無しの宮内庁のHPのリンクにしました。
      内容がまた定番の体調の波、温かく見守って、これが出てきて
      失笑してしまいました、更に過剰に期待するな、とのことですが
      全然期待していません。

      衣装がカーディガンから金ぴかスーツでしたね。
      徳仁天皇はお揃いのネクタイとスーツで仲良しアピール。
      年末の行事はずーっと欠席している歌会始の儀、生中継が入るけど
      出てくるんじゃないかなぁ。妙に自信がついたように見えるのですが( ゚Д゚)
      私も楽しみにしています(^^)

      • 白雪山羊 より:

        mayuさん、返信有難うございます。

        今回の雅子さまの金色スーツを見てると
        ご婚約時の着物姿や、今年の一般参賀の黄色ドレスを思い出します。お好きな色なんですかね。
        陛下とお話している場面ですが、気のせいかも知れませんが(^^;
        いつもより距離が近い様な感じがしました。

        今年の歌会始、皇太子妃として最後でしたがご欠席だったんですよね。皇后になると違う所…目の前に机があるくらいですか??
        女性皇族方のドレスも見たいし、楽しみです。

        • mayu より:

          白雪山羊さん

          デンマーク皇太子夫妻が来日した時もちょっと渋い金色のスーツでしたが
          この系統が好きなのか、豪華に見えると思って着ているのか?
          私の趣味ではないので分かりませんが、皇后ともなればこのくらいの
          光物でも良いのかもしれませんね。
          去年、須崎御用邸でも仲良く近寄っていました、距離とか目線が
          結婚当初より熱い気がします、新婚時もこのくらいの距離感だったら
          3人くらいお子様を儲けていたかな~(^^)
          歌会始では前にテーブル、机があるのと隣に徳仁天皇がいるので
          意外と安心感を持って臨めるんじゃないかしら。
          パンプスを脱いでもテーブルで見えない安心感がありますネ。

  8. senjoeki より:

    mayuさん
    早速アップをありがとうございます。
    一人医師団、妹紹介の大野医師から治ってませんからとクギを刺す目的の談話ですね。

    洗浄液ありす

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      東宮医師団=大野医師1人医師団、まだこのパターン?
      心の病はほぼ治らない、完治しないので良くなったり悪くなったり
      繰り返しながらこの調子で行くんでしょうね。

  9. ramiri より:

    mayuさん、こちらもupありがとうございます。yahooトップは、随分とうまく略して、「皇后様、普通に優しい方だな」と読者に思わせています。忙しい一般人は、続きや全文など読みません。恐ろしい洗脳です。それでも何とかやっていけるのが「日本」という国なのでしょう。少ないけれども気づいてる人たちもいる。前記事の悠仁さま、佳子さまを見れば「大丈夫」と安心できます。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      Yahoo!ニュースは相変わらず雅子さまを褒め称え、無理しないで等々の
      コメントが多くて、「はいはい、期待していませんから」と心の中で
      思いながら医師団の見解を読みました。
      コメントを書くアルバイトがいるんじゃないかな??
      統一していて気持ち悪いです。

      • yuki より:

        まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。

        しろがねさんもおっしゃっていました、このクッションですが、私も素敵だと思いました。私のソファもこのソファと全く同じような色なんですが、来客用のクッションカバーはこのような黄色い茶か金色を持っていています。それから、少しカラフルな帯で作ったクッションカバーも持っていますが。。(友達をもてなす場合などの場合だけで普段は洗えるものを使っていますが。) 白っぽいソファにはこのように少し明るいシックな色や、カラフルなのが合うように思います。

        • mayu より:

          YIKIさん

          白っぽいソファーは何色でも馴染んでいいですよね。
          私は薄いベージュ色のソファーにオフ白のカバーをして
          猫の顔のクッションを置いています(笑)
          でも、ソファーに座るより足を伸ばしてコタツの中に入っていることが
          多いのでうちはソファーは粗大ゴミみたいな状態で、誰も座る人がいない。
          友達、お客もテーブル兼コタツの前に座る方が良いそうで。
          こういうところが地方の田舎のオバハンなんですね、YIKIさんとご主人が見たら
          カルチャーショック受けると思います(笑)
          やはり海外に住んでいると、和風ティストのクッション、帯などは
          豪華に見えていいですね。

          • yuki より:

            まゆさん、ご返信ありがとうございました。

            こたつって本当に寛げていいですよね。こちらでも日本と同じようなミカンがあるんですが、朝食で食べながら、夫に、日本ではこたつの上に置いて一日中食べるんだよなんて説明しています。フランスでもう少し広いお家などで畳のある部屋を作りたいなんて、夫もよく言っています。私たちは和風テイストが大好きで、屏風も日本から送ってもらって、壁に貼っているんですよ(それほど大きなサイズではないですが横幅1m以上はあります) それから、お節の重箱もテレビのリモコンを入れたりしています。私たちも、粗大ごみ状態の部分はありますよ。何しろ、夫が洋服をどこでも脱いで置いておくんですから。。

            • mayu より:

              YUKIさん

              日本風のインテリアも趣があるのと、海外では珍しいので
              お客様には興味津々で受け入れて貰えそうです。
              小さい屏風を壁に貼って、絵画のようなインテリアにするって
              素敵ですねぇ~~お香も焚いてみたら面白いかも。
              私はお香も好きなのです。コタツにみかんは昔から変わりません(笑)
              コタツの中に猫がいると最高なのですが、これは諦めました。

タイトルとURLをコピーしました