令和になり初めての文化勲章親授式*常陸宮殿下血圧が高くなり一時入院と華子さまの素敵な装い

皇室

令和初の皇居で文化勲章親授式 

毎年、文化勲章親授式を見ると受賞者の家族は大変だろうな~と思うのは
私が地方に住んでいる低所得庶民だからでしょう(笑)
去年辺りも書いたような気がするのですが、勲章を受章すると
どこから嗅ぎつけたのか、ドサッっと重たい雑誌が何か所から届きます。
お支度から宿泊するホテル、写真撮影、会場まで全部コーディネートして
案内してくれる専門の会社があり、奥様同伴できる方だと貸衣装の
色留袖も用意、美容室でヘアスタイル、着付けもやってくれます。
その後、地元に帰ると次は祝賀パーティーも開く方もいるでしょう。
貰えるものは勲章と賞状だけで、他は全部実費ですから大変な出費になります。
特に皇居、宮殿で天皇陛下から直々に勲章を手渡される受賞者は、
奥様が同行される場合、奥様の着物一式にお金が掛かります。
まさか、この場でレンタル色留袖は着られないでしょう。
最低でも着物一式100万円以上でしょうねぇ。
しかし!お金には替えれない「名誉」を得られたことは大きいです。
下の方に奥様方の着物のアップ画像を載せました。
近頃は画像探しが面倒になり文字入りが邪魔ですが見てください。

文化勲章の親授式が「文化の日」の3日、皇居・宮殿「竹の間」で行われ、
ノーベル化学賞に決まった電気化学の吉野彰氏(71)や狂言の野村萬氏(89)
ら6人に天皇陛下が勲章を手渡された。
他の受章者は、政治学の佐々木毅氏(77)、写真の田沼武能(たけよし)氏(90)、
数理工学の甘利俊一氏(83)、免疫学の坂口志文(しもん)氏(68)。
記事引用 産経新聞

文化勲章の親授式で、受章者らにねぎらいの言葉を掛けられる天皇陛下=3日午前、皇居・宮殿「竹の間」(古厩正樹撮影
画像出典https://www.sankei.com/politics/photos/191103/plt1911030005-p1.html

画像出典https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images

文化勲章親授式 ノーベル化学賞の吉野氏ら6人に勲章授与



常陸宮殿下 血圧高くなり一時入院 華子さまの毛皮のショール

天皇陛下の叔父の常陸宮さま(83)が1日夜、血圧が普段より高くなり、
日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)に入院された。
宮内庁への取材で判明した。血圧を下げる薬で症状は落ち着いたため、
2日午前に退院した。記事引用 毎日新聞

「即位礼正殿の儀」を終え、退出される常陸宮さま=皇居・宮殿で2019年10月22日、小川昌宏撮影
画像出典 https://mainichi.jp/articles/20191103/k00/00m/040/064000c

常陸宮殿下83才ですから血圧が高くなることもあるでしょう。
普段から高血圧の薬を飲んでいても、寒くなると血圧は高くなるので
高血圧の人は要注意ですね。何事もなく退院されて良かったです。
普段も車椅子で生活なのか? たまには杖をついて歩けるのかな?
常陸宮ご夫妻は派手だった上皇夫妻の陰に隠れて今一つ注目されませんでしたが
その分、良い生活をされたと思います。
秋篠宮ご夫妻も常陸宮ご夫妻と同じ立場ですが、なんという違いでしょう。
なんだかんだ言いつつも、美智子さまが男子2人儲けられたお陰で
常陸宮ご夫妻はお子様に恵まれなかったけど余計な気苦労もなかったのでした。

第31回世界文化賞授賞式での華子さまの装いが素敵でしたが
お帰りになる時の画像です。貧乏人で毛皮の種類がいまいち分かりませんが
ミンクでしょうか、それともセーブルでしょうか、とにかくサラッと羽織られて
暖かそうです良いですね、クラッチバックも何とも言えない品の良いバックです。
信子さまも元天皇皇后が海外へ行くときのお見送りに毛皮のコートを
着用していた時がありました。動物愛護がうるさくなかった時代に買った毛皮は
着用しても良いんじゃないでしょうか。欧州王室の女性王族方も意外と毛皮を
使用しています、デンマーク王室のマルグレーテ女王も凄い毛皮のショールや
コートを愛用しているの拝見することが多いです。


コメント

  1. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    華子さま、素敵ですね。ため息が出ます。私の亡くなった祖母も、こういう青系統のゆったりしたワンピースにパールのロングネックレス、という装いをよくしていました。もちろん、うちは貧乏な庶民なので、全然服の生地もジュエリーの格も違うでしょうし、一緒にしたら怒られるとは思いますが、思い出して、しんみりしてしまいました。
    昨今は、きちんとした格のある服装より、ラフな感じが流行りなので、一般人は毛皮のコートは着にくいですよね。寒いのならダウンコート持ってたら充分と思ってしまいますし…しかし、女性皇族こそ、そんな流行など関係なく格の高い装いをしていただきたいですから、華子さまの毛皮は良いと思いました。

    • mayu より:

      狗児さん

      お祖母さま、お洒落だったんですねぇ。
      華子さまのドレスを膝下にしたら、庶民でも結婚式や何かのパーティー、
      お呼ばれした時に着られそうです。
      ド庶民の私など、葬式用のブラックパールは偽物で3000円くらいのを
      着けましたが、今時誰も何も言いませんから(笑)

      そうなんです、コートも変わってしまい布製のコートから
      ダウンコートのような表地ナイロンのコート、安くて軽くて暖かいコートが
      流行って着用する方が多いので毛皮など着たら振り向いて見られそうな状態です。

      雅子さまが毛皮を着用、着物に毛皮のショール使いなどやってみたら
      面白いと思うのですが・・・(^^)

  2. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。

    もしかして、まゆさんのご主人さまは勲章を受けられた事があるのでしょうか。。または近い身内の方なんでしょうか。私の身内には全くおりませんので、色々な事情を伺えて興味深かったです。

    この毛皮はミンクっぽい感じですね。今の若い方は知らないかもしれませんが、昔、毛皮が大流行の時代があったんですよね。当時私の職場では同僚の女性たちと競って毛皮のコ-トを買ったりしていたんです。なので、私は毛皮はミンク等で何枚かもっていますが、残念ながら、今はなかなか着て出かける勇気がないです。夜、真っ暗になってからなら高級レストランやホテルなどにこっそり着ていけるかもですが。。こちらで、普段に昼間に毛皮を着ているのは、かなりのお年寄りが多いです。まあ、私もかなりのお年寄りになって行きますから、普通に着られるようになるかなとは思いますが。。まゆさんもおっしゃるように、動物愛護の観点から毛皮を買わないようにするのは必要でしょうが、昔からもっているのは着た方がいいと思います。

    • mayu より:

      YUKIさん

      数年前に旦那が一番下の勲章を貰いましたが、行くのが嫌だというので
      宅配便で送って貰いました(笑)
      何もお祝いもしないし、今勲章はどこにあるのかな?押し入れの中かも。

      毛皮はミンクですか、同じミンクでも良質な毛皮に見えます。
      今ほど動物愛護が無かった時代で毛皮が流行った時期がありましたね。
      私も隣市にあるデパートで大特価で60万円くらいフォックスの膝下丈の
      コートを薦められて試着した時、身長が低い太っている、で、熊みたいだと
      旦那に大笑いされたことがありました(T_T)

      YUKIさん、いいなぁ~~ミンクのコート数枚持ってるとは。
      海外の方はいいですね、寒さ対策で高齢になって堂々とミンクを着られて。
      私の住んでいる田舎では色眼鏡で見られそうです。
      襟元だけでもリアルファーのコートが欲しくなってしまいました( ゚Д゚)

      • yuki より:

        まゆさん、遅ればせながら、ご主人さまの勲章、素晴らしいですね、おめでとうございました。

        でも、宅急便と言うのは、流石に日本の宅急便は優秀と言う事を現していますね。こちらだったら盗まれてしまう可能性があるので、送れないかもしれません。例えば、携帯電話をネットで注文しても配送のどこかで盗まれるとかよくあります。

        押入れの中ではなく、額縁に入れて飾られたらいいと思います。

        そう言えば、前にやしまさんも、身内の方が勲章を受け取るために皇居に行かれたとかコメントがあったと思います。やしまさん、またコメント拝見したいんですが、なんとかログインできる方法がないでしょうかね。私は、多分メ-ルアドレスをご主人と共有しているから出す事ができないとか、そのような感じではないかなと予想したりしていたんですが。

        • mayu より:

          YUKIさん

          数年前のことでしたが、ありがとうございます。
          一応額縁は買って飾った時もありましたが、この額縁が想像以上に大きくて
          邪魔で恥ずかしいとのことで押し入れの中です(^^;)

          私も日本の配達事情は優れていると思います。
          ネットで買い物も小さい物でも届かなかったことは今まで無いですから。
          やしまさんの勲章の話もありましたね。
          今は取り次いでくれたペンペン草さんもコメント欄を閉じましたし
          その前に2週間以上の期間はあったのですが連絡が無かったので
          事情はわかりません。コメント欄を開放すれば良いのでしょうが、
          今、ストレスフリーな状態でブログが出来るので、以前のように
          嫌味コメントや誹謗中傷コメントにはウンザリになってしまいました。

  3. ミラージュ より:

    mayuさん、素敵な写真のアップありがとうございます。
    叙勲のお話し、覚えています。
    ご主人が晴れがましいことがお好きではないのでしたよね。
    貼って下さった動画を見ましたが、奥様方のお着物、皆様素敵ですね。こういう方々は、格式の高い場に出られることが多くあるでしょうから新調されても無駄にはなりませんが、一般庶民は箪笥の肥やしになるんだったらレンタルで充分ですね。
    この式典の後で安倍さんはアセアンに出席のためタイへ飛ばれました。
    一方の日本一位の高い方は御嬢様の学校の文化祭。
    はぁ~なんだかなぁ~ですわ。
    授章された方々、去年迄に授章したかった…と思われなかったかしら…。

    華子様のファッション、本当に素敵な装いですね。 美智子様と違って。
    年齢を重ねてくると顔色がくすんできますので、綺麗な色のチョイスが二重丸。真ん中にサファイア(?)のブローチをして、長めのパールのネックレスをされていらして、こういう装い方は参考になりますね。 毛皮に詳しくはありませんが、ストールはミンクではないでしょうか? バッグは、オーストリアの名品のプチポアンだと思います。
    常陸宮殿下には皇室の重石として、お兄様より長生きして頂きたいと切に思います。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      そうなんです、私は行ってもいいかなぁ~と思いましたが、旦那が
      物凄く嫌がったので行きませんでした。
      モーニングが嫌いだとかいろいろ理由をつけていました(笑)
      そうですよねぇ、皇居に招かれる方々は一度きりの庶民とは
      着る機会も有りそうです。

      安倍総理も多忙ですね、文さんと11分会話をしたとか。
      で、天皇皇后は文化祭に行ったのですか。
      マイホームパパな天皇陛下で、この調子だと愛子さまの大学入学式にも
      行くような気がしてきました。恒例の挨拶も3人で挨拶とか・・・( ゚Д゚)

      華子さまはアクセサリーの使い方も上手です。
      ところで気になるバックですが、プチポアン バックで検索したら
      出てきました~~流石~ミラージュさん、よくご存じです。
      とても買えない値段ですが逸品です。
      皇族らしい皇族として常陸宮ご夫妻には元気に長生きして欲しいですね。

  4. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!

    勲章は、その名誉と背中合わせに大きな代償がツキモノですよね(><)確かmayuさんのご主人さまも、以前に受勲でいらしたのでは…?
    知人の受勲記念パーティーに伺ったことがあるのですが、ドレスアップの機会をいただいて、美味しいものや素敵な引出物をいただいて、お呼ばれ側は心もおなかもタイヘン満足でした(笑)。そんな中で色々拝見していると、確かに…かかっていらっしゃるのを感じました(^^;

    華子さま、お名前の通り華やかになお姿ですね。日本でファーが似合う方は少ないですが、さすがの使いこなされ感、迫力もおありの美貴婦人オーラが違います(^。^)
    クラッチの美しいお花にも、目を奪われます。とてもお似合いですね☆やはりホンモノのお姫さまというのは、こういうお方のことを指すのだと改めて思います。

    前のご返信も感謝です!着付けの方の腕やお着物の種類も、写り方に大きく影響しますね(><)
    岩崎ミュージアム、ネットでご覧くださってうれしいです(^ ^)また横浜にいらしたときは、ぜひ☆昔あの近くに住んでいましたので、美味しいお店もご紹介できます〜(笑)。

    • mayu より:

      イリスさん

      旦那、数年前に一番下の勲章貰いましたが宅配便で送って貰いました(笑)
      着物も似合わないし、出掛けるのも面倒なので、皇居に招かれるような
      旦那でなくて良かったと思いました(^^)

      受勲記念パーティーに招かれたのですね、良い経験をされましたね。
      私も招待される側だったら喜んで行ったかもしれません(^^;)

      華子さまの雰囲気と美智子さまでは全く違いますね。
      やっぱり華族と庶民の違いなのかなぁ・・・と思わされます。
      華子さまの若い時の画像を見るとチャーミングで可愛らしい方でした。
      華子さまが皇后になっていたら今の皇室とは違っていたでしょうねぇ。

      • イリス より:

        mayuさん、ご返信ありがとうございます(^^)
        ご主人さま、そうでいらっしゃいました、宅急便で送られてきたのでしたね。賑やかなお席が…というお気持ちにmayuさんもご理解を示されて、素敵なご夫妻だと思います☆あ、でもmayuさんのお着物のお写真は拝見したかったかも~です(笑)。
        やしまさんの義理のお父さまも受勲でいらっしゃいましたよね。…私もやしまさんのことがずっと気になっているのですが、あの期間お忙しくていらしたのでしょうか…残念です。
        今思い出しましたが、確か祖父が学校を卒業する時、陛下から懐中時計(?)をいただいていました。でもそれ、行方知れずです(笑)。

        • mayu より:

          イリスさん

          理解を示したというか、言っても聞かない人だったのと(当時は)
          内心、私も面倒くさかったこともありました(笑)
          着物は本当に着る機会が無くなりましたね。
          私は着物を着たくても実家が火災で焼けたので持っていないんです。
          レンタル着物で写真館で撮影だけでもやってみたいかな(笑)
          やしまさんのことはメールもわからないので全くわかりません。
          お祖父さんが陛下から(今の天皇?上皇かな)懐中時計を頂いたことの方が
          「お宝~~!!」ですよ、行方不明とは・・・((((゚Д゚))))

        • yuki より:

          イリスさん、横から失礼します。こんにちは。

          イリスさんが書かれた、お爺さまが陛下から懐中時計を受けられた言うのは、どこか記事かコメントか忘れましたが、見たことがあります。その内容は、皇族の方のご学友で、更にお世話係のように近いお友達になるためには、宮内庁の審査があったとかなんとかでした。そして、その陛下の身近なご学友の方が、後に懐中時計を頂いたというような事を見ました。と言う事は、この記事の方はイリスさんのお爺さまだったと言う事でしょうか。。それとも何人かのご学友に同じように懐中時計を贈られたと言う事なんでしょうか。。何か、ミステリーのような感じで、気になります。。プライベートな事をお聞きして失礼ですので、もちろん、お答えなくても構いません。。この記事かコメント自体もうろ覚えですので、私の勘違いかもしれません。

          • イリス より:

            >YUKIさん

            おはようございます。コメントありがとうございます!

            陛下のご学友は、お家柄やご人格などの厳しい審査をクリアされた、キラ星のような、選ばれし特別な方々ですよね(^ ^)
            我が家はそういうことに全くご縁のない家柄でして(笑)…、祖父はその方面でいただいたのではなく、学校の卒業時に「頑張りました記念」的な意味合いでいただいたのだと思います(よく大学などで、創立者のお名前を冠した賞を卒業時に受賞する学生さんがいますが、あんな感じに近いと思います)。
            式での授与も直接陛下からではなく、ご名代の方からだったのでは…と思います(^^;他の学校でも、時計が授与されていたようです。

            祖父は友情など、人との交流や思い出はとても大切にしていたそうでして、もし陛下から友情の記念にいただいたのだとしたら、間違いなく戦争の時も肌身離さず…だったと思いますが、この行方知れずを思いますと、不敬ですが(笑)、そんなに思い入れの深い品ではなかったのかもしれません…(^^;)

          • イリス より:

            >YUKIさん
            度々失礼いたしますm(__)m

            「他の学校でも授与されていた…」と書きましたが、祖父が他の学校でも授与されたという意味ではなくて、学校の卒業式でそうした授与が行われていた時代だったようです、という意味でした。言葉が足りなくて、大変失礼いたしました(><)

            • yuki より:

              イリスさん、詳しいご説明ありがとうございました。当時はそのような事があったんですね。お爺さまは立派な方だったんですね。そして一流の学校に行かれたんでしょう。懐中時計なんて、とても素敵です。私はアンティークは大好きなので、なくしてしまうのはもったいないなと思います。是非ともお探しになられた方が。。。なんて余計なお世話ですみません。。

              • イリス より:

                >YUKIさん
                こちらこそ、ありがとうございます(^ ^)!
                はい、軍や商船の学校でも授与があったようです。
                祖父はもしかすると、東京大空襲の混乱で失くしたのかもしれません。当時のことをあまり語りたがらなかったそうですので…。
                そんな風に思っていただけて、天国の祖父も恐縮していると思います。ありがとうございますm(_ _)m!私の記憶の中の祖父は、書道と和菓子が大好きで、のんびりする姿ばかりです(笑)。
                アンティーク、すてきですよね(^ ^)ティーカップやレースなど、集めたくなります☆フランスはアンティークの宝庫で、羨ましいです!

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    はぁ~文化勲章を受章される方のお家には色々届くのですね。それなりにと言うか、かなりお金が掛かりそうです。
    奥様方のお着物、殆ど色が被ってなくて楽しませていただきました。
    こういうのを見ると、女性皇族方の和服姿ももっと見たいです。

    華子さまは最近では杖をつかれる様になりましたが、
    いつも凛としていて清々しい方ですね。
    ドレスやショールも素敵ですが、個人的にクラッチバッグが気になっています(^^)刺繍なのかな?
    常陸宮殿下のお身体が心配です。こちらも朝晩かなり冷える様になりました。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      本当!奥様方の色留袖、色被りが無いですね。
      まさか打ち合わせをしたということは無いでしょうねぇ、皇族じゃないし。

      今は女性皇族が多いので振り袖、訪問着を見せて貰えるのが楽しみで
      来年、天皇皇后になって初の園遊会は着物にして欲しいです。
      華子さまはお洒落でいろんなドレスを着るし帽子もバリエーション豊かで
      美智子さまのワンパターンに比べたら良いな~と思います。
      クラッチバック、刺繍なのか?ビーズなのか?もっと大きい画像で見たい~

  6. nono より:

    mayuさんこんにちは!記事の更新有り難うございます。
    文化勲章を授章されるのってやはりほぼ実費なんですね…着物は財産とはいえ、1度作った色留袖中々着る機会無いですよね…。
    お金のない私たち世代が授章するような時代が来たら、洋装が当たり前になってしまいそうです…
    常陸宮ご夫妻は、兄君のお陰かどうか、ご夫婦お二人で暖かくのんびりお過ごしの印象がありますね。
    毛皮のコートやショールって動物愛護の観点を抜きにすると機能的な面もありますね。洗濯を容易にできなかった時代に、毛皮だと洗濯をしなくてもよい、とされた時代があるのだとクリーニング店の店長時代に学びました。
    どのみち高価なものなので、庶民にはあまり関係のないモノですかね(^_^;)

    • mayu より:

      nonoさん

      そうなんです、関東に住んでいる方だと交通費、宿泊費が浮くので良いのですが
      地方から上京だと交通費、宿泊費も実費で、出るのは勲章と賞状だけ~~です。
      ドレスコードは着物は色留袖と指定されるので訪問着は着れない、色留袖は
      着るとしたら身内の結婚式くらいでしょうか。洋装のドレスコードは忘れました。
      お金のない人、行きたくない人は授賞式に行かないで勲章と賞状は
      宅急便で送って貰えるので大丈夫でした(笑)

      毛皮は20年くらい前に流行った記憶があり、私も一番安いラビットファーの
      ショートコートを持ってるのですが、今は着ている人は滅多にみないですね。
      なので、こうして皇族が毛皮のショールを羽織っているのを見ただけでも
      いいなぁ~と思ってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました