天皇皇后両陛下文化勲章受章者ら招きお茶会 華やかに着物でした。雅子さま 紀子さま 眞子さま 佳子さま

天皇皇后両陛下

ここ数年の文化勲章受章者らを招いてのお茶会は、美智子さま、紀子さまが着物で
雅子さまはスーツでした。今年は新天皇皇后になりどうなるのかな?
洋装になるのでは、と思ったら着物でした。
新天皇皇后と秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまの6人がお出ましで
去年に比べると振り袖姿の秋篠宮家の美形姉妹が加わった為、さぞかし華やかな
お茶会になり招待された方々も喜ばれたことでしょうね。

下の画像は2018年の文化勲章受章者らを招いてのお茶会
去年の茶会と比べると今年は秋篠宮家のお陰で若くて華やかでいいですねぇ(^^)
いずれ愛子さまも振り袖を着てこのような茶会に出席されるのでしょうネ。


画像出典 朝日新聞https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171106004577.html

私は雅子さまが着物が似合う、似合わない、着付けがどうのこうのは
もう関係なくなりました。とにかく雅子さまが着物を着てくれると他の
女性皇族方も着物を着るので見られるのが嬉しいのです。

今回は紀子さまの着物が好きです。
着物の色が落ち着いた撫子色のような、渋ピンクとラベンダーを加えた
微妙な色の着物に渋めの帯で年相応にまとめた、着席すると見栄えがよく
こういう色の着物を着るのを見ることが少ないような気がするので好きでした。

雅子さまは、水色、薄緑、クリーム系の着物が多いのでたまにはラベンダー、
薄紫色の着物にも挑戦して欲しいと思いました。

眞子さまの振り袖はペルー訪問の時に着た着物、佳子さまはオーストラリア訪問や
国内での公務でも着られた振り袖でした。

天皇、皇后両陛下は5日、文化勲章受章者と文化功労者を
皇居・宮殿「連翠(れんすい)」に招き、恒例の茶会を催された。
ノーベル化学賞に決まった電気化学の吉野彰さん(71)ら
文化勲章受章者6人、歌舞伎の坂東玉三郎さん(69)ら文化
功労者20人が出席。天皇陛下は「皆さんが努力を重ね、学問、
芸術、スポーツの分野で大きな成果を挙げられましたことを、
誠に喜ばしく思います」とねぎらいの言葉をかけられた。
茶会には、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまも
陪席された。記事出典 産経新聞



両陛下が文化勲章受章者ら祝福 吉野彰さんら出席(19/11/05)

 

文化勲章受章者と文化功労者を招いた茶会で出席者とあいさつをされる天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻、秋篠宮家の長女、眞子さまと次女、佳子さま=5日午後2時41分、皇居・宮殿「連翠」(代表撮影)

画像出典 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191105003126.html

画像出典 https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images


コメント

  1. senjoeki より:

    mayuさん
    こんばんは

    暑がりの私はやっと昨日、冬支度を始めました。

    みなさんが仰せのように、皇后さまは着物姿でお出ましでも以前より寛いで見えます。
    板についたという表現は当たっているかもしれません。

    右肩の紋様部分にシワが寄ってしまうのはソフトボールで強肩だったそうなので右だけ肩に厚みもあるのです、しょう。私も左右均等にトレーニングをしていたつもりでしたがシャツの袖は右だけ短くなります。

    紀子さまは和装の時には洋装より撫で肩に見えて、理想の和装体型な上、足はほっそり、お顔はふっくらでお人形のよう、羨ましいです。

    色は今年、オフホワイト、ベージュ、ゴールド、クリーム色が多かったので久しぶりのボルドー、オレンジも期待しております。
    個人的には新婚時代の中東旅行でお召しになられたグリーンが好きです。眞子さまの好きなエメラルドグリーンではなく、雅子さまにはビリジアン的なグリーンが似合うと思いました。
    着回しを意識して中間色という選択になっているのかもしれませんが、膨張して見えてしまうのでコントラストを効かせてみてほしいです。

    ボルドーも真冬になってからは秋?と思われてしまい着にくいので、正に今お召しになるといいなあ。ボルドーは正に雅子さまの色という感じがします。 
    このお茶会のお着物の色味もしっとりとこの季節に似合いますね。
    過去には、ドレスがしわしわ、髪がぼさぼさとか書かれておられましたが一時的に皇后さまは身の回りに意識が行き届かないセルフネグレクト状態もあったかもしれません。ストレスを抱えてしまい、精神的に自分の優先順位が下がることです。やはり母親なので愛子様が15歳の時、娘への心配が尽きなかったのではないでしょうか。

    一方で、子供は意外と親の手をかけずとも育っていくものなんですけどね。

    私なんかがいうのもおこがましいのですが、後で振り返って

    あのときの愛ちゃんを見ているのはママ的にきつかったわ、
    などと親子で話せると良いなあと思いました。

    洗浄液ありす

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      明日は立冬です、一年は早いですね。

      着物が負担だった雅子さまですが、皇后になられてからは着物着用率も高くなりました。
      確かに着物は窮屈で疲れるので、これだけ着られるようになったのは体調がかなり良く
      なったんだろうな~と思いました。
      紀子さまのように色白で身長も高く着物も洋装も似合うのは羨ましいですよねぇ。

      雅子さまに似合う色は濃い色、原色に近い色でしょう。
      中東で着られたグリーンのジャケットはよく似合っていました。
      ボルドーも雅子さまに似合いますね。
      2年前だったかな?誕生日で着られたボルドーのロングニット、いいなぁ~と思いました。

      愛子さまは今はゆったり皇族風の雰囲気ですが、小さい時から育てにくいお子様だったと思います。
      何才になったらお辞儀が出来るんだろう?と思っていました。
      激痩せする前の愛子さま、短期間でしたが両親と一緒に鑑賞、公務に同行していましたが
      激痩せ後は同行する機会がめっきり少なくなりました。

      雅子さまの体調も良くなったようなので、次は愛子さまを同行して
      公務見習いなどやられたら宜しいかと思います。

  2. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございます。
    雅子さまの和装姿、なんだか見慣れてきました。眞子さまのこの振り袖も私は本当に好きです!
    コメントに書かれていらっしゃるかたがいて驚きました!紀子様の訪問着は30年近く大事されているのですね!やはり良いものは長く使えると言うことですね。
    このなんとも言えない色味ですが、紀子様によくお似合いです♪
    愛子さまが成年になられた暁には是非和装で見てみたいですね!

    • mayu より:

      nonoさん

      見慣れるとは不思議なものですよねぇ。
      私が毛染めを止めてグレーヘアーにしても、数週間で
      見慣れてしまうと思いました(笑)
      眞子さまは着物が似合う体型で、洋装より和装での
      お出ましは品があって好きです。

      紀子さまも26年前の訪問着だそうで、50代でも着られる
      紀子さまって凄い~着物は代々受け継がれていけるんだな、
      と思いました。眞子さまが着ても似合いそうです。
      愛子さまにも是非!振り袖を着て見せて欲しいですねぇ。

      正月映像も今年から天皇家、秋篠宮家の女性皇族全員着物だったら
      嬉しいんだけどなぁ・・・
      毎年、同じ所でマンネリから抜け出して欲しいわ。

  3. 狗児 より:

    mayuさん、こんばんは。
    美しい着物、目の保養です。ありがとうございます。
    紀子さまのお着物のお色は、ピンクのような、薄紫のような、微妙な味わい深い色合いですね。着物は、染め方によりこういう繊細な色の表現がしやすく、柄も古典柄からモダンなものまで様々あり、帯との組み合わせも考えられるし、良いなあと思います。着道楽だった祖母の着物が沢山ありますが、私は全然着る機会も精神的経済的余裕もないので、女性皇族のお着物姿などを見るのが楽しみです。

    ところで、改めて言われてみれば、あと2年したら愛子さまは成人皇族、眞子さまも30歳なんですね。
    K氏と破談になり、ひたすら公務に打ち込まれて、こういう場にもお出になっている眞子さまの姿はすぐ想像できますが、愛子さまがしゃんとお着物をお召しになって、出ておいでになる姿は…^_^¿

    • mayu より:

      狗児さん

      皇族方が着る着物は古典柄が多いので長く着られるのでしょうか。
      美智子さまが若い時に着ていた着物を見たら、意外にモダン柄というか
      個性的な柄が多くて雅子さま、紀子さま、他若い女性皇族には
      似合いそうもない着物が多かったと思いました。
      かといって晩年着ていた着物は地味すぎるので、譲られるとしたら
      高価な帯くらいでしょうか。
      私も今は着物も無いし着る気力がまだ出ないので、皇族方の
      着物姿を見るのは大好きです。
      眞子さま、小室Kと破談になれば次のお相手探しも難航するかもしれないので
      独身でいる可能性も高く、愛子さま成人されて振り袖姿でお茶会に出て
      3人の振り袖姿を見る可能性もあると思います。
      何しろ偏差値72、英語もできるしご優秀と書かれても否定も無しで
      出来ると期待しています~~(^_-)-☆

      • 狗児 より:

        mayuさん
        そうでしたそうでした。偏差値72で英語はネイティブ並みでしたね(笑)否定も無しでしたね。自閉症とは不本意、だなんていきり立って否定した癖に、ご優秀伝説は否定しないんですね(笑)
        考えたら、学習院の同級生やその親御さんには愛子さまの学校でのご様子、特に成績のことなど、厳しく緘口令が敷かれているでしょうに、誰が週刊誌に喋ってるのかな?不思議ですね^_^
        イリスさんのおじい様の銀時計で思い出しましたが、学習院高校を首席で卒業した作家三島由紀夫氏は、天皇陛下から銀時計を賜ったんだそうです。愛子さまならば、同じく学習院を首席で卒業なさるんじゃないでしょうかね〜

        • イリス より:

          >狗児さん

          横から失礼いたしますm(_ _)m
          狗児さんのお祖母さまは、洋装でも和装でもお洒落な方でいらしたのですね(^ ^)素敵ですね☆

          愛子さまのご優秀説…(^^;これが本当なら、仰る通り三島由紀夫氏のように首席でご卒業でないと、もうシメシがつかないところまで膨らんでしまいましたよね〜。
          チェロ音大受験レベル説も、あの楽器の扱い方やボウイングを拝見するだけでも…個人レッスンの先生が仰ったとは到底思えないですし(笑)、いつでも合奏のみですし…無理があり過ぎました(*_*)
          そんなに言われる通りなら、美智子さまが愛子さま枠を草津でねじ込まれるなりして(笑)、毎コンの課題曲あたりをサラッと披露していただいて、お手並み拝聴したいわ〜、と弦の友人も呆れ顔でした。音楽がナメラレタ感が拭えない同業も、少なくありません(^^;

          • 狗児 より:

            イリスさん
            ご返信ありがとうございます^_^
            ほんとに、お祖母様とアンサンブルの映像流して頂きたいですよね。チェロとピアノ、それこそサン=サーンスの「白鳥」も出来ます。弦楽器も姿勢やボウイング見たら大体の想像がつきますね。素人の私も子供にヴァイオリンを少し習わせていて、そう感じましたので、プロの方なら尚更ですね。

            昔、ピアノの先生が「隣の奥さんがね、うちの子はあまり勉強出来ないから音楽でもさせたら食っていけるかしら、と聞いてきたので、音大受験するためにどれだけ小さい頃から自主練習して、レッスンに行かなきゃならないか、って詳しく説明したら、びっくりして『そんな大変なんですか』って言って、逃げて行った。ほんとに舐めてるわ!」って憤ってらっしゃいました。
            本当に音楽究めるなら、東大受験する方が簡単と思いますけど、世間には、この私の先生のお隣さんみたいな人が結構いるので、「愛子さまのチェロは〜」の話に騙されるんですね。嘆かわしいことです。

            • イリス より:

              >狗児さん

              こちらこそありがとうございます!地方公演で、拝読が遅くなって失礼いたしました(><)

              お子さまがヴァイオリンを習われているのですね。狗児さんとアンサンブルもお楽しみになれて、素敵ですね(^。^)
              いつもながら不敬ですが(笑)、愛子さまのチェロは画像を拝見した時点で既に、嫌な予感しか過ぎらなかったものでした…。ソロの音は聴かぬが花、状態かもしれません(><)
              ピアノの先生のお隣りの奥さま…Σ(゚д゚lll)先生のお気持ち、すごく解ります!…と思わず力んでしまいましたが(笑)、本当にこういうイメージで音楽をナメテおられる方がいらっしゃるので、音楽家も誤解されやすくて…、私も折々に嫌な思いをしてきました。愛子さまのあの記事も、仰る通り、そのあたりから派生している気がします(ー ー;)
              狗児さんはいつもこうした事情もよく解ってくださっていて、本当に感謝うれしく感謝です!

  4. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^ ^)

    雅子さま、今回も和装で頑張られたのですね!
    mayuさんの仰るとおり、他の皆さまのお着物を拝見するためには、雅子さまがお着物をお召し、というハードルをクリアされなければなりませんので、かくなる上は多少の難はスルー、に尽きるのかもしれませんね(^_^;)

    紀子さまのお着物、本当に素敵ですね!色白で可憐な紀子さまによくお似合いです(^ ^)
    雅子さまのお着物は、地の色が違うとわりと好きな感じの柄かも、と思いました。

    mayuさん、ぜひお着物で記念撮影なさってほしいです(^。^)きっとステキだと思います☆よく、街の散策もできるタイプのレンタルもありますよね(^ ^)
    ご実家の家事のこと、mayuさんのお辛さが文面からも伝わってきました…。水も怖いですが、火も本当に怖いですね。mayuさんやご両親さまは、その後フラッシュバックなどは大丈夫でいらっしゃいましたか。

    前のご返信も感謝です!確か昭和の始め頃のご下賜と聞きました。祖父はちょっと変わった人だったらしく、そうした物にも執着がなかったそうです(^^;戦争などの混乱の中でも肌身離さず、ではなかったようで…(笑)。

    • mayu より:

      イリスさん

      そうなんです、雅子さまが着物を着ないと他の皇族方も着られないので
      ここは大目に見て雅子さまにはどんどん着物を着て頂きたいものです。
      今回の雅子さまの着物と帯はなかなか豪華で良い感じでした。

      秋篠宮家の女性皇族方は着物は何色を着ても似合いますね。
      ピンク系、クリーム系、水色系、いろんな着物を見せてほしいです。
      私の着物姿など、雅子さまより酷くてとてもブログになど載せられませんが
      記念に一枚くらいは着物を着た写真を撮りたいなぁ~と思う時があります。

      実家の火災は母親は意外と割り切りが早かったのですが
      父親はかなり参って、それもあってかパーキンソン病の症状も
      どんどん進んでいきました。かなりショックだったと思います。

      • イリス より:

        mayuさん、ご返信ありがとうございます!
        そうですよね、雅子さまのお着物のお姿ついて、多くをグッと堪えてスルーいたしますから(笑)、これからもお召しいただきたいです(^^;;

        mayuさん、いつもご謙遜を〜(^ ^)きっとお着物でお写真、ステキだと思いますので、いつか楽しみにしております(^。^)!
        観光地と違って、お着物や帯のセレクトもじっくりお出来になると思いますし、ヘアメイクさん、カメラマンさん、機材、背景、レフ効果…、mayuさんをよりステキに撮影する環境もバッチリだと思います。
        演奏家のプロフィール写真で、別人のように(笑)良く撮ってくださるフォトスタジオがあります。ある先生がお写真とあまりに違って驚いたことがあるのですが(笑)、本当にすてきなお写真で、いたくお気に入りのご様子でした。たとえ別人に見えても(笑)、この先生が気持ちよくお歌いになれるなら、こういうお写真だって充分アリよね(笑)と思うようになりました(^ ^)

        お父さまのこと、そうでいらしたのですね…。愛着や思い出深いお住まいが…というショックが大きくていらしたのでしょうね。お心とお身体は密接ですよね。お辛い中、お母さまとmayuさんがお支えになったのですね。ご家族愛を感じました。

        • mayu より:

          イリスさん

          来年あたり撮ってみようかな、閑散期が良いですね(笑)
          私くらいの年齢だと10年くらいは遺影として使えそうだし(笑)
          10年生きていたらまた撮影して・・・

          デジカメで撮影した画像でも、美肌効果など加工できるソフトが
          デジカメに付いているので十分別人にはなれそうでした。

          プロからメイクしてもらうのも良いですね。
          芸能人でもメイク無しだと全然わからない人もいるとか。
          少し痩せ気味にして加工して貰いたいです(≧∇≦)
          この写真は誰?の世界に浸るのも良いかも。

          • イリス より:

            mayuさん、ありがとうございます!

            地方公演で拝読が遅くなって失礼いたしました(><)、気づくともう新しい記事が!すぐに拝読に参ります〜。

            ぜひ、お写真撮られてください(^。^)楽しみです☆
            そうですよね、プロのヘアメイクさんにしていただくと、ご気分もアガリますよね(^ ^)プロ仕様のお道具もたくさんお持ちだし、色々試していただけそうです。
            加工技術もすごく進んだみたいですよね。シミや影を消すだけでなくて、美肌加工や小顔見せとか。
            別人に見えても良いので、私もダンゼン痩せ気味加工していただきたい派です〜(笑)。

  5. shirogane より:

     mayuさん、早速の記事の更新ありがとうございます‼️今日、皇嗣妃殿下のお召しの訪問着は、両陛下の御成婚の御内宴のさいに若き紀子妃殿下が着られていたのものです。

     その時のお写真があります。上皇后様は、白地に松と扇子の訪問着、皇后様は、水色の振袖、紀宮様は、雲取りの染め分けの振袖を、お召しになられています。

     あの当時からですので、26年前の訪問着です。皇嗣妃殿下には、まずらしく洒落た感じの構図の柄のもので、シロガネもこの訪問着は、大好きなんですが、なかなか妃殿下はお召しにならなくて▪▪▪▪何年か前の、確か皇后様が久しぶりに、文化勲章者をお招きしてのお茶会にお出になられた時に、この訪問着をお召しになられた以来かもしれません。

     とにかく何年かぶりに見ることが出来て良かったです。mayuさん本当にありがとうございました。20代から、50代までお召しになられても皇嗣妃殿下は、あの訪問着は、とても良くお似合いです。

     今回、皇后様が御召しの水色の訪問着は、多分新しものだと思いますが、シロガネが見るところ、なかなかいい感じのものだと思います。正倉院風の菱形の柄でおもしろいデザインだと思います。

     皇后様は、もう何度も着物をお召しになられていますが、こちらの目も、慣れたせいか、段々と着物姿が、いたにきてきた感じがします。十二単を御召しになられた効果か、それとも、いい着付け方法を、えとくされたのでしょうか。

    • mayu より:

      シロガネさん

      紀子さまの訪問着「内宴の儀」で着用されたとのことで検索したところ
      出てきました、26年前の紀子さま、まだ30才になったかならないかの
      年代に着た着物を50代で着られるとは凄いですねぇ。
      また、覚えているシロガネさんもかなり皇族方の着物には通でいらっしゃる(^^)
      着物は帯によって雰囲気が変わりますが、今回も良い感じで着られていました。
      「内宴の儀」では雅子さまもなかなか良い振り袖を着られていましたが
      ピンク系の振り袖を持っていたら、愛子さまに譲られて着られたのに・・・
      と思いました。

      雅子さまの訪問着は落ち着いた柄で帯とも合っていました。
      せっかくの良い着物なので、また着て欲しいものです。
      皇后になられてから、苦手だと言われていた着物を着る機会が増えて
      私も見慣れたようです(笑)マスコミもアゲアゲしてくれるので
      雅子さまも着物に自信がついたかもしれませんネ。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    今回の紀子さまのお着物
    大変良くお似合いで、お顔が明るく見えます。
    mayuさんが仰る様に
    紀子さまがこういうお色のお着物をお召しになったのは、今まであまり見た事がなかったと思います。
    その分、余計に嬉しい(^^)

    雅子さま、昨年はスーツだったんですよね。
    確かに、皇后さまが着物を着てくれないと
    皇族方の和装は中々見られないかも知れません。

    愛子さまは来年に大学入学ですか。成年皇族になられるまで間もなくですね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      上にシロガネさんがコメントしてくれましたが、26年前の訪問着ということで
      調べて見たら、当時の皇太子と雅子さまの「内宴の儀」で着用されていた
      着物でした、20代で着た着物を50代でも違和感なく着られるとは
      紀子さまも着物も凄いですよねぇ。

      悠仁さま5才で「着袴の儀」をされた時に、ご一家の写真で
      佳子さま17才くらいで振り袖を着られました。
      愛子さまも来月には18才になるので、誕生日映像などで
      振り袖姿を拝見したいです、雅子さまが結構良い振り袖を持っていました。

  7. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。連休中は、コメント書けませんでした。急に寒くなり、夜はコタツに入ってなければ、手足が冷えるんです。皇族方のお着物、壮観ですね。例によって雅子様にはシワが、、、ですが、まあ頑張ってらっしゃいますよね。上げてくださった去年の写真、一人洋装も異様だし、美智子様の顔、頭のデカさも異様な感じがします。その点、今年は爽やかです。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      特に朝が寒くなりましたね。
      私もここ数日娘、孫の具合が悪くて忙しくてコメ返し出来ませんでした。
      どうしてシワが入るのでしょうか?着付けが悪いのでしょうか。
      とにかく雅子さまが着物を着る=他の皇族方も着物を着る、ということで
      これからも着て欲しいものです。

      • yuki より:

        横から失礼します。胸元に皺というかタックが入っているようにも見えますが、よく見ると佳子さまの胸元にも同じような皺が少し見えます。もしかして、サイズの問題かななんて思ったりしますがそんなことはないですよね。。

        毛皮の話を蒸し返して申し訳ないんですが、昨日、デイリーメールに、英国王室が毛皮を着るかどうかについて記事が出ていました。クイ-ンは、新調はしないが持っているものについては今後着るかどうかは未定だそうです。最後に毛皮を着られたのは2015年らしいです。王室の他の方々は多分一切着られないみたいです。カミラさんはフェイクファーの帽子をかぶられているようですし、ケイトさんも以前に毛皮の帽子をかぶっただけで非難されたのでもう使われないでしょう。英国は動物愛護ではフランスよりももっと進んでいるようで、毛皮は非常に着づらい環境のようです。(デイリーメールのサイトで、Furで検索すると記事は出てきます。)

        • mayu より:

          YUKIさん

          着物姿 などで検索して画像を見ると両脇や肩にシワのようなタックが
          寄っている着物姿の人達が多かったです。
          洋服と違い合わせて胸元、腰など紐で縛って着用するので自然と
          余分なシワも出てくるんだと思いますが。
          胸の無い人、ウェストが細すぎる人は体型補正して着せて貰いますが
          紀子さま、眞子さまが着物が似合うのもある程度、胸があるので
          シワが寄りにくいのかな~?と素人考えでした(^^;)

          イギリスはリアルファーを着用するのは嫌われるんですね。
          動物愛護精神が強いのでしょうが、持っている物でも着られないとは
          なかなか世間は厳しいですねぇ。
          今、秋篠宮家がリアルファーを着用したら物凄い批判を受けるはず。
          華子さま、信子さまだから黙認されているんだと思います。

タイトルとURLをコピーしました