3月9日、小室クンが夕方から秋篠宮邸を訪問したことは
「週刊現代 3月31日号」に見てきたかのような記事が書かれました。

週刊新潮、今週発売の4月12号にも3月9日、小室クンが
秋篠宮邸を訪問した時の事が書かれていますが
週刊現代の記事とは真逆なことが書かれていました。

以下は週刊現代の見てきたような記事の投稿です。
本気にしたくない3月9日秋篠宮邸での話し合い*
小室親子のA氏への解決策を知りたい
http://koredeii.com/?p=6304

どちらを信じていいのか? 選択に困りますが( ゚Д゚)
私としては「週間新潮4月12日号」を信じたい、願望ですが(笑)

所詮週刊誌、されど週刊誌。
どちらでも良いから、こうして記事にしてもらうだけでも
有難いことだと思わなければ。

このまま、ダラダラと眞子さま結婚延期が風化され2年経って
「借金問題も解決し小室さんも就職しましたので
眞子さまと小室圭さんは目出度く結婚することになりました」
のような運びになることだけは絶対に避けて欲しいこと。

今週号の記事を掻い摘んで大雑把に紹介します。
週刊現代の記事と真逆なところがあります。

さる宮内庁関係者が明かす。
「問題が発覚した12月以降、眞子さまと小室さんは外で2人だけで
会うことはなくなりました。というのも目下、我々が
『絶対に2人きりにさせない』よう、細心の注意を払っているからです」

その事情として、簡単に書くと
国内の日常生活、公務とは異なり留学中は日本の警察が
宮様を四六時中警護することができない。
2014年9月から1年間、英国レスター大学に留学された眞子さま。
その間に小室圭が休暇を取って渡英し2人は現地でいっそう親密になった。
今回 も恋仲を引き裂かれた2人が盛り上がって”間違い”が起きて
しまわないように、との考えからこうした方針がとられている。

その為、小室クンと眞子さまが接触できる場所は
秋篠宮邸という”セーフティーゾーン”に限られている。

3月9日、18時半頃、小室さんは単身宮内庁差し回しの
ワゴン車にのって宮邸を訪れた。
2時間半ほど滞在、9時過ぎ、眞子さまが普段乗られている
車で宮邸を後にしている。

その間、小室さんはこれまでの報道についての説明と共に
秋篠宮家から出されていた
「経済的な安定を得るべく転職も含めて進路を示す」
「金銭トラブルを解決する」
2つの課題の進捗(しんちょく)状況の説明に追われていた。

スポンサーリンク

以下、週刊現代と違うところ。

ところがその日は、これまでの訪問とは大いに様相が異なっていたという。
「実は2時間半の間、小室さんは秋篠宮殿下、そして紀子妃殿下とは
一度も顔を合わせることがありませんでした。
これはすなわち両殿下が
『会うには及ばない』とのお考えであることに他なりません。
それでも小室さんにお尋ねしたいことは山ほどある。
そこで代わりに職員が、彼への聞き取りを事細かに行ったというわけです
(宮内庁担当記者)

眞子さまと顔を合わせる場面もあったものの
前途のように自室で2人きりとはいかず、職員同席のもと懇談。

「今では殿下も、完全に小室さんと佳代さんから距離を置いています。
年末に金銭トラブルが報じられて以来、ご自身の知らなかった話が
毎週のように出てくるといった有様で、そのつど母子に説明を
求めてきました。が、さすがにここへ来て”うんざり”といったご様子

秋篠宮家として、昨年末以降、何度も圭与さんに伝え考えて問うてきたが、
圭与さんの口から耳を疑うフレーズが繰り出された。

圭与さんを宮邸にお呼びしてお話をしていたとき。

「何とか返すあてはないのですか」と繰り返し尋ねる。

「当時相手に伝えた通り、私たちはあくまでも贈与を受けた
という認識で、これに変わりありません」と言うばかりでした。

続けて圭与さんは

でも、どうしてもお返しした方がいいと仰るのであれば
皇室の方でお金を用立てて頂くことはできませんか

それをお聞きになって、秋篠宮ご夫妻は大いに驚かれた。

そもそも圭与さんは「秋になれば一時金が入って来るので
その中からお返しできると」などと考えていたのです。」

一時金、あくまでも眞子さまに対して渡されるお金で
夫婦の共有財産ではない、目的も皇族であった者の品位を
保持するために支給される。用途に制限はないが
原資は税金、それを借金返済に関連することに充てられれば
国民が好ましくないと感じるのは当然。

中略

庁内では、圭与さんから借金の申し出があったとの報告を受け
ある幹部が「なぜ自分で用意できないのか。 税金が原資のお金を
貸せるはずもないし、もし外に漏れたら終わりだ。
それでいて、本人は何ら金策に動こうとしないのだからと嘆いていた。

そもそもの違和感

昨年5月、2人の関係が最初に報じられた直後から生じていた。

5月16日夜 警備の都合もあるので明日はタクシーで出勤してほしい

「お金がかかるのでできません」とあっさり断ってきた。

結局、宮内庁から車を提供。
このやり取りを受けて、その幹部は
『してもらって当然という、その感覚が理解できない』と
強い不快感を示していた。

勤務先でのメディア対応ではノーコメントで通すように
クギを指されていたにも関わらず
今朝も眞子さまとの会話をコメントしたため
すっかり<コントロールできない要注意人物>と見なされた。

小室さんには今も出勤、退社時にSPが付いているが
お世話になっているという気持ちは微塵も感じられず
一顧だにしないといった態度で接している。
(一顧だにしないの意味・気遣わない、気に掛けない、無視する)

その一方、これまでの眞子さまとのデートでは、とにかく彼の方から
すり寄ってベタベタして、レストランでもスマホで一緒に自撮り」

今後、もしご破算となった場合、そうした写真が流出しないだろうか
との危惧は大いにある。

※眞子さま=昨年ほどではないが、いまだ小室さんへの思いは
持ち続けているようだ。

※秋篠宮殿下=今なお、眞子さまの自主性を重視、どう決めるかを待ち
その決めたことをよしとする、との方針。

※紀子さま=心が揺れ動く眞子さまに落ち着いて考えなさい、などと
仰るのでしばしば口論に発展することもある。

※小室クン=依然、結婚する気で満ち満ちている。

いつ辞退を口にするか待っていのが、いまのところ
そんな気配は微塵も窺えない。
本人達が連絡を取り合っている事実が強みのようで
母子ともども”勝算あり”と捉えているのがはっきり見て取れる。
(宮内庁関係者)

※今週号は山田さんになっていました。
竹田さん、X氏、Aさん、ジャガーさん、
仮名が入れ替われ立ち代わり状態です(^^;

“貸与ではなく贈与だ”と主張。返済は全くされていない。

新しい証言として

婚約解消した2012年の秋、「結婚がダメなら、せめて
圭をあなたの養子にしてくれませんか」と頼んできた。
いきなりのことで断ったが、圭与さんは息子のことしか考えていない。
それ以外は何も見えていないから、眞子さまとの
結婚も絶対に諦めないだろうと思います。

保険金受取り名義変更、500万円という金額に不満で
この時は山田Aさんも正直不愉快だった。
圭与さんは婚約した時点で、相手の財布も自分のものだと思って
いたのでしょう、だから借りたという認識がない。
宮内庁への借金申し入れも、婚約した以上は宮家のお金も
自分達のために使われて当然だと考えたのではないか。

おせっかいな新潮=小室親子のマンション、現在の実勢価格2000万円。
担保にすれば銀行から借りられるが、「借金返済」の名目では通らない。
他所から借りていた「学費」の借り換えの場合、相手との契約書
お金をたしかに学費に使った証拠が求められる。
窓口ですんなり貸してくれるという案件ではない。
(現地の事情に詳しい都銀関係者)

親戚筋に頼ろうにも、小室家の親類とは疎遠であり
「そうしたお話は来ていませんし、もし貸してと言われても
関わりたくないので貸しません」(ある親戚)

※皇族方=皇族が月でご自分が太陽だなんて、本来は逆でしょう。
あんな方を好きになって、眞子さまもお気の毒。と嘆かれる方もいる。

皇后、こころを痛めている(超簡単に)

延期ではなく取り止めが既定路線。
陛下の裁可を頂いているので、ご在位の間はそれも出来ないが。
(宮内庁関係者)

一連の経過について質問すべく勤務先から退社した圭与さんに
問うたところ、脇目も降らずに走り出し近くの交番へと駆け込んだ。




【お願い】
※新しい老眼鏡ができるまでコメ返し省略させてください。
何か問題があった時は対応します。
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク