秋篠宮ご夫妻が「海フェスタ」記念式典ご臨席 

秋篠宮ご夫妻は18日、静岡市内の複合施設「グランシップ」で、
第16回海フェスタの記念式典に臨席された。
式典では秋篠宮さまがあいさつをされ、海洋事業の功労者らを表彰。
海フェスタは毎年、海に親しむ環境をつくることを目的とし、
主に沿岸部の自治体で開催されている。
ご夫妻は代替わり前から、式典への臨席を続けられてきた。

秋篠宮ご夫妻、静岡ご訪問 三保松原の紹介施設などご視察

秋篠宮ご夫妻は17日、第16回海フェスタの式典臨席などのため、
静岡市を訪問された。市内にある松林「三保松原」の歴史的価値を伝える
「三保松原文化創造センター」などをご視察。
地元の小学生から松林の保全活動について説明を受けられた。

その後、海フェスタの絵画コンクールの入賞作品や、海に関する展示を鑑賞された。
秋篠宮妃紀子さまは「生き生きと描かれていますね」と絵画の感想を述べられ、
秋篠宮さまは新種の深海魚の標本を興味深そうに眺められた。
18日の海フェスタの式典では秋篠宮さまがあいさつをされる。

秋篠宮さまと悠仁さまブータンご旅行は別便で宮内庁危機管理のため調整

宮内庁が危機管理の観点から皇位継承順位1位の秋篠宮さまと、
2位の悠仁さまを民間機別便にするとのこと、当然でしょう。
物騒な事件が多発している昨今、今までが緩すぎました。
ブータンへの私的旅行とのことで、まーーた、あーだこーだと
批判、非難されているのかもしれませんが、美智子さまのように
「雑音」気にしない、気にしない。
何かが起こってからでは遅いんですから。

秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまが8月中旬に予定されているブータンへの私的旅行で、
飛行機事故など不測の事態が生じた際の皇位継承への影響を考慮し、
宮内庁が皇位継承順位1位の秋篠宮さまと、2位の悠仁さまが利用する民間機を、
別便にする方向で調整していることが17日、同庁関係者への取材で分かった。
宮内庁が危機管理の観点から渡航方法の検討を進めていた。
宮内庁によると、近年では1位と2位の皇族方が一緒に外国を訪問された記録はない。

関係者によると、秋篠宮さまは単独で、悠仁さまは紀子さまとともに現地へ向かわれる。
数時間差で出国し、経由地も含めた滞在先では家族そろって過ごされる。

今回の訪問は、お茶の水女子大付属中1年の悠仁さまの夏休みを利用した家族旅行で、
ブータン滞在中、現地の文化や自然に触れられるという。
8月中旬から約10日間の日程を予定し、悠仁さまにとって初の海外ご旅行となる。
秋篠宮さまは平成29年の記者会見で、悠仁さまについて「機会があれば海外にも行って、
そこからまた日本を見るということも大事だと思います」と述べられていた。
記事・画像・産経新聞