秋篠宮ご夫妻、戦没者墓苑慰霊祭に参列

秋篠宮皇嗣ご一家

雨降りの中、秋篠宮ご夫妻は千鳥ケ淵戦没者墓苑で営まれた秋季慰霊祭に臨席されました。新型コロナ感染が落ち着いたワケではないのですが、全国的に国民はマスク着用など感染対策をしながら動いています。仕事や生活をいつまでもストップさせることは出来ません、完全に新型コロナが収束するには何年掛かるか分かりません。新型コロナと共存しながら動いています。

秋篠宮ご夫妻も外に出ての公務が少しづつ増えて来ました。 天皇皇后両陛下は年内の公務を全て中止にされた為、感染対策をしての外出は無くなりました、あるのは祭祀と御所に呼んでのご進講だけの状態です。天皇皇后、秋篠宮ご夫妻、共に11月8日の立皇嗣の礼を無事に済ませるまでは、お体、体調を整えて頂きたいと願っています。

千鳥ケ淵・秋季慰霊祭に秋篠宮ご夫妻 戦没者に黙祷(2020年10月19日)



秋篠宮ご夫妻は19日、千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)で営まれた秋季慰霊祭に臨席された。ご夫妻は雨の中、戦没者の遺骨が納められている六角堂でご拝礼。黙祷をささげられた。秋季慰霊祭は、例年皇族方がご参列。ご夫妻は墓苑の創建60周年だった昨年も慰霊祭に臨席された。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/201019/lif2010190028-n1.html

秋篠宮ご夫妻は19日午後、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で開かれた秋季慰霊祭(同墓苑奉仕会主催)に参列された。同墓苑は太平洋戦争中に戦死したり、抑留中に死亡したりした身元不明の戦没者を慰霊するため国が1959年に建設。36万9856柱の遺骨が安置されている。ご夫妻が拝礼した後、参列者が献花し、戦没者の冥福を祈った。新型コロナウイルス対策として全員がマスクを着用した。記事・画像出典 時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101900711&g=ryl



コメント

  1. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。
    雨降りしきる寒い日、秋篠宮ご夫妻をはじめ関係者各位の秋季慰霊祭に臨まれ、有難く思います。
    皆さんの直立不動の姿勢、きれいですばらしいですね。

    このように公務に励まれている秋篠宮家ですから、当然お仕えする方々もお忙しくなります。
    天皇家は年内の公務をすべて中止にされていますし、もともと側近の人数が多い上に秋篠宮家と比較すること自体が根本的に間違っています。
    天皇家は日頃より体調管理に留意され、御代代わりの一連の行事のラストの立皇嗣の礼を滞りなく執り行われれるを切に願います。
    もちろん秋篠宮家も健康管理が最優先です。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      雨の中、皆さん寒かったでしょうに秋季慰霊祭に出席、ご苦労さまでした。
      雅子さまだと、体調の波が出てきそうな日のようですが。

      そうなんです、天皇家と違い職員の人数も少ないのに公務が多いし
      公務が出来る人数が4名もいる秋篠宮家で、当然職員は多忙になります。

      天皇家は公務も少なく、新型コロナ以前でも緩々公務だったし
      職員も多いので職員は楽だったことでしょう。
      比較してご難場と批判、中傷することが間違っているんです。

      天皇皇后には、無事に立皇嗣の礼を終えられたらそれで良いです。
      こんな感じです。

  2. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。
    秋篠宮両殿下は、相変わらず精力的に公務をなさっていますね。いつ新型コロナに感染してもおかしくない、と、両殿下も内心お思いになってらっしゃるのかもしれませんが、それでも恐れてばかりはいられないのでしょうね。

    私自身も最近は在宅ワークが減って、外に仕事に出ることが増えました。先週一緒に仕事した人が、発熱したと聞いて、まさか、と心配しましたが、もう1週間経って、本人も治り、私も何ともありませんので、大丈夫だったのでしょう。しかし、新型コロナが出てくる前なら「季節の変わり目だし」と気にもしないことだったでしょうが、今は気を揉んでしまいますね。

    また、今日は、会社の健康診断でしたが、指定された病院に行ってみたら、人がいっぱい…病院なのに三密じゃないか、と呆れました。ゲホゴホ咳をしている人や、熱がある人は玄関先でお断りしていたからまだ良いようなものの…これも、コロナ以前なら気にしなかったことでしょうね。
    いつまでこんなことが続くのやら…とげんなりしますが、11月8日の立皇嗣の礼が恙無く執り行われることを、願ってやみません。

    • mayu より:

      狗児さん

      ここの所、秋篠宮ご夫妻は宮邸から出ての公務が多くなってきました。
      私はコロナ感染者が少ない、というか市内を動くだけなら感染者ゼロ地域に
      住んでいるので、都内よりは感染レベルが低いのですが、それでも
      油断大敵でマスクをつけないと箱ものには入らない、入れない状況です。

      都内に住んでいる方々は、もっとコロナ感染が怖いでしょうが、
      そろそろ動きだしているようですね、いつまでも緊急事態宣言化のような
      生活は出来ないので、狗児さんのように仕事で外に出るのが増えた人達も
      多くなったと思います。整形外科に行くと3密は無いのですが、感染対策を
      しながら診察、リハビリに通ってます。

      ヨーロッパではまた感染者が増えたそうで、コロナ以前の生活に戻るのは
      数年先になるでしょうネ。
      来年の天皇皇后はどうするのでしょうね。

  3. クロワッサン より:

    mayuさん 更新嬉しいです。有難うございます。

    秋篠宮さまと紀子さまは、掛け持ち公務で忙しく、いつも緊張感を持って務められてるので、ほっそりとしてスマートです。お二人共、見映えがしますね。

    天皇と雅子さまは、公務らしい公務はありませんが、11月8日の儀式が恙無く無事に行われれば、別に文句はありません。11月8日が待ち遠しいです。

    本当は、古式ゆかしい装束を着た、悠仁さまの凛々しい姿を見たいです。14歳だから無理ですが。

    正式な儀式が行われれば、「愛子天皇を!」という戯れ言は減るのでは?減らないかなぁ……

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      秋篠宮ご夫妻は掛け持ちや遠距離でも日帰り公務などは
      頻繁にこなしてきたので慣れてはいるでしょうが、
      こういう多忙な所が「ご難場」と批判されるのだと思いました。

      ゆるゆる公務の天皇家の職員は暇で良いんでしょうね。
      私は紀子さまには、もう少しふっくらして欲しいのですが、
      コロナで公務も少なくなっているのに、お2人スマートなのは
      体質なのでしょうか。

      立皇嗣の礼が終わっても、眞子さまの件が解決しない限りは
      「今からでも・・・」言われるんじゃないかな。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    秋篠宮皇嗣両殿下、本日は戦没者の秋季慰霊祭なんですね。
    mayuさんもお書きになっている様に、怖いけどコロナとは共存して、日常を過ごさないといけないんでしょうね…

    立皇嗣の礼まであと少しですね。その日まで体調に充分気を付けてほしいです。

    天皇皇后両陛下は立皇嗣の礼には出ますよね?その他はご進講で年内を終えるのかな。

    • mayu より:

      白雪山さん

      私も秋篠宮皇嗣両殿下と単語登録しようかな。
      去年も秋篠宮ご夫妻が出席されたそうです。

      感染者の多い所に住んでいる人達は怖いでしょうが、
      テレビを観るとGOTO関連で出掛ける人達も多くなりましたね。

      いつまでも閉じこもっていては社会が回らないので
      感染対策をしながら動くしかないでしょうね。

      私もリハビリ、医者、スーパー、イオン、軽食など
      マスクをして動いています。

      立皇嗣の礼は、最低でも天皇陛下には出て頂かないと儀式が
      執り行えないので、11月8日までは引き篭もって頂いても
      良いかと思ってます(苦笑)
      12月は新嘗祭があるので、ボチボチかな・・・

タイトルとURLをコピーしました