上皇后美智子さま86歳の誕生日*孫が同じ誕生日

雑談

10月20日、上皇后美智子さまが86才の誕生日を迎えられました。動画を見て上皇上皇后陛下、共にお元気ですね。既に人生100年時代と言われ、100歳以上の高齢者が年々増えている日本。上皇夫妻も突発的な病気が無い限りは100歳まで、いやそれ以上に長生きされるのではないでしょうか。何と言っても至れり尽くせりの生活ですから。

美智子さまは白内障の手術後、サングラスが手放せなくなったようです。私も白内障手術後は眩しくて車の運転は勿論、助手席に乗る時、ウォーキングもサングラスをしています。これは仕方ないだろうと思いました。

義母が86才の時は認知症が進みグループホームに入所していました。私の母は週2回デイサービスに通っていました。高齢になると同じ年齢でも、老化の個人差が出るようです。美智子さまは認知症も無さそうですし、コロナ禍で不自由な生活をしている後期高齢者は沢山いますが、良い生活をしています。

「これまでできていたことは『授かって』いたもの、できなくなることは『お返し』したもの」と静かに受け止められているという。

「強いお気持ち」発動で、できていたことが多かったですよね。『授かって』いたもの、も限りなく大きかった人生でした。

できなくなることは『お返し』したもの。趣味のピアノ演奏が不自由になった、新型コロナでお出かけが出来なくなったとか。『お返し』したものより『授かって』いたものの方が、まだまだ超大でありましょう。上皇陛下がお元気で何よりです。

上皇后さま、86歳に コロナ禍案じられる

上皇后さまは20日、86歳の誕生日を迎えられた。3月に皇居内の旧吹上仙洞(せんとう)御所から、仮住まい先の仙洞仮御所(東京都港区)に転居して以降、新型コロナウイルスへの配慮から外出を控え、上皇さまに寄り添い静かに過ごされている。感染症の影響で困難な状況にある人々を案じ、誕生日行事も控えられる。仮御所では毎日、上皇さまとともに朝と夕方、庭を散策し、これまでに訪れた国や地域の思い出をご回想。立ち止まってお二方で語り合われることもある。東日本大震災で被災した岩手県大槌町の関係者から贈られたハマギクなどの花を眺めながら、被災地の復興状況についても気にかけられているという。

上皇さまの在位中と変わらず、沖縄慰霊の日、広島・長崎の原爆の日、終戦の日にご黙祷(もくとう)。7月の豪雨災害では、被災した人々の状況を案じられた。上皇后さまは先月~今月にかけて宮内庁病院を訪れ、昨年受けた白内障と乳がんの手術の経過観察のための診察を受けられた。大きな問題はなかったが、微熱が続いているほか、術後のホルモン療法によるとみられる左手指のこわばりのご症状があるという。趣味のピアノ演奏などで不自由が生じているものの、上皇后さまは「これまでできていたことは『授かって』いたもの、できなくなることは『お返し』したもの」と静かに受け止められているという。記事・画像出典 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/201020/lif2010200006-n1.html



スポンサーリンク

序に下の孫、女の子が美智子さまと同じ誕生日です

今日は下の孫(女の子)の3才の誕生日で、娘夫婦は休みを取り、孫達も保育園を休んで誕生日を祝うようです。孫の誕生日はいつも親子でお祝いをしているので、私たちがお呼ばれすることは無いです。去年は誕生日祝いにお金を持って行った序に、親子4人揃っての写真撮影とケーキはご馳走になってきましたが、大体そんなもんです。 来週の日曜日は七五三で、午後から神社に来るように言われました。 神社での祈祷も密を避ける為に、定員8名で大安なので予約制だとか。私たちは祈祷に入らなくても良いと言いました。着物姿の孫達を見て、神社でスナップ写真を撮って、旦那はそれなりのお祝い金をあげるそうです。 娘と2人でイオンに行った時、駐車場のお金を出すように言いました。 いくらなんでも旦那無職になり、年金暮らしになった親達に駐車場のお金まで払わせるとは、鈍感過ぎじゃないかと。払うことにするとの返事でしたが、いつから払うのか?  鈍感な親達をしり目に孫達は大きくなっています。先々週の日曜日、町内にある小さな公園に娘と孫2人と私の4人で遊びに行きました。

保育園の年少組の中でも運動神経抜群だそうです。高さ2メートルくらいのボルタリングも上手くてっぺんまで昇り降りしていました。 公園で孫1号の名前を呼ぶ男の子と一緒になりました。聞くと同じ保育園で年中組の子だそうですが、保育園の園庭で一緒に遊んでいるとか。

今日、3才になった下の女の子。4才4か月の上の子とは全く違います(笑) 可愛い物が大好き、ぬり絵が好きで落ち着いています。上の男の子は左利きですが、下の子は右利き。父親は2人に同じように厳しいそうですが、同じ3才でも男の子の方がやる事、覚えることが早い、発達が早いです。2人どんな風に大きくなっていくのかな。



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!
    また例の書き仕事で呻吟しておりますが、mayuさんのブログや皆さまのコメントを拝読して、元気をいただいています\(^-^)/

    さてー、美智子さまのお誕生日でしたね。おめでとうございます。お元気そのもののご様子、何よりです(棒)。相変わらず、お召し物も陰気なお色味ですね…。エリザベス女王陛下や華子さま、百合子さまなどを思う度に、やはりご出自とセンス、着こなし力って、リンクするところが大きいのではと感じます。
    ご不満は、高輪が狭い、お出ましできない、歓迎されるシーンがない、ピアノが弾けない…あたりでしょう。どれをとっても何て自己中な(゚o゚;;、という思いです。国民はコロナ禍で心を病む方も増え、解雇されたり、明日の暮らしにも不安な方がたくさんだというのに…。
    授かったもの、お返しするもの…某神父さまのお言葉の丸々受け売りを、ご自分のお言葉のように、またいかにご自分が謙遜な方かのように演出するために使われるとは…大変不敬ですが、相当の策士でいらっしゃる(・_・;私がこの方をどうしても嫌ってしまうのは、こういうところと、陰で紀子さまを苛めるような狡猾さ、偽善…辺りに端を発している気がします。
    授かるはずのお住まいに不服で、新しいお住まいを建てる強いお気持ちを押し通されるような方に、説得力はないです(ーー;)

    そして…マグノリアさんの「冗」にツボってしまいました(≧∇≦)

    下のお孫さまのお誕生日、おめでとうございます(^^)雰囲気が可愛らしいのが伝わってきます。今はネット時代で怖いかもですが、ちゃんとしたブランドや雑誌のキッズモデルとかも合いそうな気が。私も少しだけしていましたが、いろいろなお洋服を着られて、楽しかったです(*^o^*)
    上のお孫さまも足がスラッと長くて、カッコイイです☆

    • mayu より:

      イリスさん

      まだステージに立てないのは残念ですが、書き仕事があり
      書けると言うのも素晴らしいです。

      雑談と皇室話題、入り混じったブログにしてしまいましたが
      無理せず適当に継続できたら・・と思ってます。

      「授かったもの、お返しするもの」これって神父さまのお言葉なのですか。
      もしかして、有名な晴佐久神父さまだったりして。
      ヒントにしたとしても、丸々受け売りして自分の言葉のようにするのはアウトでしょう。
      そりゃあ神父は許すでしょうけど、嫌らしいことするもんですね!

      仮仙洞御所が狭いと言うなら、最初から昭和天皇がお住まいになっていた
      吹上御所を改修したら良かったんです、なのに東宮御所に入りたいと言ったが為、
      秋篠宮皇嗣ご一家が東宮御所に入れなくなり、増築改築で批判されてしまいました。

      天皇陛下、引退の最後の大仕事として「眞子さまの結婚、裁可取り消し」でも
      したら良かったのに。どうせ隠居するんだから。

      「冗」じょう←これは私のパソコンでは直ぐ出て来ないんです。
      私には不要だったのかも。本当に煩わしいというか、面倒くさいご夫妻です。

      イリスさん、子供服ブランドのモデルをしていたのですか!
      今でも可愛らしいのでしょうね(^^)
      私は下の女の子が肥満児になるかと心配したのですが、普通になってホッとしています。

  2. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    遅れましたが、美智子上皇后陛下 お誕生日おめでとうございます。

    マスコミに、長い間取り上げられないと、存在を忘れてしまうものなんですね。
    「授かっていたもの」出来なくなる事は「お返し」したもの、の言葉や、あまびえの絵が書かれた飛行機を、見上げるのエピソードも、昔だったら感激したと思いますが、あまり心を打たなくなりました。

    秋篠宮家の産児制限、、今上夫妻を厳しく教え諭さなかった事、85歳を過ぎて新しい住まいを建てる事、孫の内親王の結婚問題が、皇室の存亡に関わる事なのに無関心などの事から、何か違うと思うようになりました。

    遅れましたが、下のお孫さん お誕生日おめでとうございます。

    mayuさんのお孫さんお二人、ハートで顔を隠してますが、お二人共可愛いと分かります。
    男の子さんはボルタリングも、スイスイと登ってカッコいい。足が長くスタイルがいいですね。女の子さんも女の子らしく、可愛いもの好きでmayuさんと気が合いますね。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      偉いわ~~私は美智子さまに「おめでとうございます」を忘れていました。
      それに、今しがた気が付いた、美智子と呼び捨てにして書いていました(^^;)

      マスコミもチンマリと上皇夫妻を取り上げてはいるようですが、その都度
      批判されるようになってしまった美智子さまでした。

      美智子さまって、後期高齢者なのに出る言葉がポエマーなんですよね。
      現実問題として、眞子さまの結婚問題にも我関せずで、自分たちが良ければ
      それで良いみたいな所が見えて、無責任さが見てしまうんです。

      孫は男の子は父親にソックリで、そこそこのイケメンかも。
      女の子は赤ちゃんの時から美人なんですよ~(孫バカ)
      私、娘、孫の三代に渡って可愛い物が好き、遺伝でしょうか(笑)

      • クロワッサン より:

        mayuさん 

        美智子さまの言葉の数々が、受け狙いで、あざといと感じました。大昔は、何で感激してたんだろうな。今、思うと不思議です。

        エリザベス女王は、94歳でもピンクやエメラルドグリーンなど鮮やかなファッションで素敵です。美智子さまは、地味~な辛気臭い墓石ファッションですね。

        男の子のお孫さん、格好よくて、モテるタイプに見えます。女の子のお孫さんも、小さい赤ちゃんの時の、顔出し写真を思い出しました。可愛い美人さんタイプでしたよ。

        • mayu より:

          クロワッサンさん

          美智子さまは自分の言葉で国民を感動させたいような、今風の言葉で言えば
          承認欲求の強い方なのですよね。昔は私たちも若かったので、ポエムのような
          言葉も素敵~と思ったりしたけど、いろいろと醒めちゃったみたい。
          着る服も年を取って益々拘りが強くなったのかなぁ。

          男の子はモテるタイプかどうか分かりませんが、
          少しは勉強に身を入れて欲しいものです。
          得意なのが運動とBTSを真似した踊りとプレステでゲーム( ゚Д

  3. やしま より:

    子供さんというのは、日に日に健やかに成長して、昨日できなかったことが今日はできるようになる。楽しみですね。すばらしいことだと思いますし、頑張って出産なさった娘さんも偉い。よきお婿さんに恵まれ、一家を営んでおられてうらやましいです。

    ここからは私の愚痴になります、ごめんなさい m(_ _)m

    駐車場料金のことですが私は娘さんご夫婦は鈍感ではなく、とても鋭敏な方だと思います。要するに「まだ甘えても大丈夫」という見極めがおありになるのではないかと。
    実はこの1週間、私たち夫婦はとても嫌な思いで暮らしております。
    数日前から義弟が義母に「30万円くれ」と毎日、毎日電話をかけていました。それは義母からすぐにうちの夫に伝わってくるのですが。
    義弟はそのお金が欲しい理由を言いません。ただただ「30万!」と連呼。
    今年に入って7月までに250万円、義母から集り取っているのにですよ~(怒)(そのことについては義母は我々に内緒にしていました。痴呆のせいではなく、これは確信的なものでした)

    義母は毎日毎日義弟に対して「兄(私の夫)に相談してくれ。」と言っていたそうですが、5日目に義弟から「5万円でいいから、どうしても今日、現金書留で送ってくれ!」と言われた途端にさすがに切れて「お金はない!そんなお金、あるものなら私が欲しいよ!」と、ガチャ切りしたそうです。
    で、とりあえずそれから2日、何もなく過ごしているのですが、今日何かあるか、明日どんなことがあるかで私は毎日心配でたまりません。何のために30万円が欲しいのかも不明だから不気味です。
    そして、義母が義弟のお金の無心に対して、ハッキリ断ったのは、人生のうち今回が初めてでした。「お義母さんグッドジョブ!ちょっと遅かったけどね」という気持ち。(ちなみにこれまで何回も現金書留で送ったこともあるようで、引き出しに書き損じの現金書留封筒が入っていました)

    そこまで言わないと伝わらない相手。厄介ですよ。本当にため息です。

    • mayu より:

      やしまさん

      娘が言うには「子供3人いるようだ」で、それぞれ家庭での不満も
      大いにあるようですが、何とか家庭を維持しているようです。

      私は娘も婿も鈍感だと思ったのですが、まだ甘えられると思われたら困りますねぇ。
      税金、介護保険、国民健康保険を支払った後の、2人の年金額も今回は教えました、
      また私の広告収入も月2万前後で、これからも増えることはないだろうと。
      それに婿さんの親達からの援助がゼロなのに、家は出し過ぎたとも言いました。

      ところで、やしまさんの義弟さんは、金額は違いますが、言い方など私の愚弟に似ています。
      母に弟にお金は貸すな!と散々言った時期がありました。
      「10万円貸してくれ」と言うのですが、理由を聞いても言わず、ただ
      「10万円貸してくれ」の連発で、母が言うには断っても断っても出すまで
      ヒルのようにシツコク言われるので根負けして出してしまう。と聞きました。

      一体も何に使っているのか? 推測すると、麻雀などの賭け事、消費者金融への返済、
      別れた奥さんから無心されている、こんな感じでしたが、真実はわかりません。

      母は弟にお金を貸した(あげた)ことを私に教えるのは、1ヵ月も経ってからでした。
      いつも事後報告で、出した後に言うのも、やしまさんの義母さんと同じです。

      ご主人に「5万円でもいいからどうしても今日」これは、切羽詰まった状態で、
      消費者金融の利息だけでも・・・の、金額にも思えますよね。
      私の母のようにお義母さんが、根負けしないと良いのですが。

      私も未だに気持ちはスッキリしません。
      葬式を出してやるからと、ゆうちょ銀行の通帳を弟に渡した母には
      頭に来ています、全額使って葬儀など出せないと思ってますから。

  4. 狗児 より:

    mayuさん
    おはようございます。
    記事更新ありがとうございます。
    お孫さん、お誕生日おめでとうございます。お二人とも可愛い盛りですね。ほんとにこれからが楽しみですね。

    動画を拝見しましたが、相変わらず美智子さまがベタベタ腕を組んでらっしゃる、と思ったら、上皇陛下、ちょっと足がお悪くなられたのですね。でも、よくお喋りされていて、お元気で何よりです。美智子さま、ボトムスはよいにしても、上は、もうちょっと鮮やかな色をお召しになれば良いのに…

    さて、『今まで出来たことは授かったもの、出来なくなったものはお返ししたもの』ですか。私の性格が捻くれているせいか、まーたあざとい良い子ぶりっ子が始まった…と。mayuさん仰るように、授かったものは超大ですよね。。周りが随分気を遣いまくってきた結果ですよね。

    • mayu より:

      狗児さん

      孫のこと、ありがとうございます。
      可愛い盛りも小学生になるまででしょうか。
      上の子のやる事がかなり大人っぽいんです。

      美智子さま、体調があまり良くなくて着物を着れなかったのかな。
      服が地味ですね~いつも似たような色で、私ももう少し明るい色の服を
      着ると良いと思いました。

      『今まで出来たことは授かったもの、出来なくなったものはお返ししたもの』

      後世に残したい美智子さまの名言、と言われたくて出てきたような言葉じゃないですか~
      授かり過ぎるほど、授かってきた方でしょう。

      • 狗児 より:

        mayuさん
        ご返信ありがとうございます。

        記事と全然関係なくて恐縮ですが、mayuさん、やしまさんの、お身内にお金を要求されるという話は困ったものですね。私自身も、義母は、養子を貰った家付き娘故に、世間知らず、「嫁」の苦労を知らずで困らされますし、義弟は、兄(私の夫)の真似ばかりして不快だし、田舎で男尊女卑だし、と色々ありますが、皆さん、それぞれにご苦労がおありで、私だけじゃないんだな、と思いました。

        少なくとも義母は孫(私の子)は無条件で可愛がってくれますし、身内でのお金の問題は今の所発生していません。それを「授かったもの」として感謝しないといけないんだな、と思いました。

        • mayu より:

          狗児さん

          やしまさんと私の共通点は、きょうだい格差と親に無心する弟がいて、
          集られても出す母親がいる、ということでしょうか。

          お金の絡んだ、きょうだい格差って貰った方は何とも思わないけど、
          貰わないで自力で頑張ってきて、更に老後の世話まで押し付けられるのは
          精神的にかなりキツイんです。親は超高齢者で子供も高齢者になると大変です。

          何も問題無さそうな家庭に見えても、中に入るといろんなことを
          抱えている家は沢山あるでしょうね。

          • 狗児 より:

            mayuさん

            きょうだいのどちらか一方にばかり親御さんがお金を渡す、というと「こちらは自力でやりくりしているのに」と頭に来て当然ですね。しかし百歩譲って、「まあ、親は子供が可愛いものだし、お金で困っていたら可哀相に思うのかな」とまだ理解できる気がします。って言っても、限度はあるでしょうけどね。
            でも、介護まで押し付けられる、こちらも身体がしんどくなってきているのに、となると、これは本当に我慢が出来ないですね。
            きょうだい格差、私の夫と義弟も結構なものがあります。義弟は家庭も持ち、特に不自由な暮らしをしている訳ではないですが、兄への僻み、妬みが嫌だなと思うことがあります。でも、お金が絡んでないのは良かったのかもしれません。
            長々と何度も失礼しました。どうもありがとうございます。

            • mayu より:

              狗児さん

              私の場合は弟と2人姉弟で、弟は家の跡取り、墓守りの考えが
              長く有ったのかもしれません。
              それと、泥棒して警察のお世話になったら大変だとも言っていました。
              世間体を気にして考え過ぎなんですよ。
              離婚して奥さんがいないのでどうしても頼むのは私になってしまうんです。

              身体が悪くて働けないのなら分かりますが、元気に働いているのに
              金遣いが荒く計画性が無い、借金は得意だけど、貯金などしたことが
              ないと思ってます。私は親、母親が悪い、母親の責任だと思ってます。
              きょうだいでも格差があるのは仕方ないですよね、その人の生き方なので。

              • 狗児 より:

                mayuさん

                「泥棒したら困るから」と言われたら何も言い返せないですよね…でも、お身内のことで大変失礼ながら、仰るように金遣いが荒い、計画性がないのは、親、母親が甘やかしたからというのは大いにあり得ますね。

                うちの義母は、息子2人には、お茶碗一個洗わせることもなく育て、娘には、仕事で疲れて帰ってきても、家事を手伝え、皿洗いしろ、と言ってみたり、どうしてこんなに男にばかり甘いのだろうと思います。 私も男の子の親ですので、反面教師だな、と思います。

                家庭問題は、語り出すとキリがないようですので、この辺で失礼します。どうも本当にありがとうございました。

  5. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    上皇后さま、86歳のお誕生日おめでとうございます。
    「じょう」を変換するとなぜか「上」より先に「冗」が出てきてしまうこのパソコン。あらあら。
    とてもお元気そうでなによりです。。
    ちょっとでも体調が悪いと診ていただける環境におありですので、まだまだお元気でお姿を拝見することができますね。
    お写真では、上皇夫妻よりも素敵なお庭に目が行きました。
    お手入れは専門の方がされていることと思いますので、東京の一等地でこの緑豊かな環境にお住まいで散策ができるなんていいですね。
    キンモクセイの香りが漂ってきます。

    お孫さんの3歳のお誕生日、おめでとうございます。
    女の子は男の子より早熟なので、きっといろいろなことができてくるお年頃ですね。
    お兄ちゃん、とてもスレンダーになりましたね。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      じょうで変換すると、冗談の冗が出てくるとはマニアックなパソコンですね(笑)
      私はパソコンに「うえ」で単語登録しました。
      一昨日だったかな、秋篠宮皇嗣ご夫妻、秋篠宮皇嗣殿下も単語登録しました。
      立皇嗣の礼を終えたら、秋篠宮皇嗣ご夫妻にしようかと思ってます(^^)

      上皇夫妻、何も東宮御所に行かなくても仮仙洞御所で充分な気がするのですが。
      あれやこれやと気持ちのうるさい夫妻ですね。

      娘の子供は男の子の方が早熟に見えるんです。
      女の子がドンくさくて、そのうち変わるのかな。
      男の子は体重より身長がどんどん伸びて、5才の年中組さんより大きかったです。
      沢山ご飯を食べるようになったそうです(^^)

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    上皇后さま、お誕生日おめでとうございます。例の微熱が続くものの、もう86才ですか~お元気そうです。

    そして、mayuさんのお孫さんも今日お誕生日なんですね!
    おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪
    七五三のご祈祷もコロナ対策なんですね。七五三、良い一日になります様に。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      上皇陛下も美智子さまもお元気そうですね。
      仮仙洞御所でも充分に散策できるようですが、これで狭いのでしょうか。

      うちの孫まで、ありがとうございます。
      今日は朝早くから家族で遠出をしたようでした。
      神社の神主もマスクで祈祷かしら?
      天気、雨だけでも降らないと良いな~と思ってます。

タイトルとURLをコピーしました