秋篠宮ご夫妻の大誤算は小室圭さんの恥知らず、厚かましさと眞子さんの気持ちを尊重したことなど

秋篠宮皇嗣ご一家

週刊女性、先週号は
小室圭さん、“釈明会見”ないまま眞子さまと年内結婚か「強行突破」の可能性
https://www.jprime.jp/articles/-/19979

と書かれていましたが、今週号はまだネットに上がっていないようです。時間の問題でそのうちヤフーニュースに出ると思います。

秋篠宮ご夫妻が見誤った小室圭さんの「鉄面皮」

眞子さまの婚約延期から丸3年で後悔する「急ぎ過ぎた」2つの決断。

冒頭部分は秋篠宮殿下とオンラインの記事。一時期痩せて体調を崩された時期もあったが、少しづつ復調されている。

その次が、天皇誕生日に眞子さんの結婚についての質問が宮内記者会から問われる予定で、具体的なことは無しに「見守っていく」の回答になるのでは。眞子さんの結婚を肯定された場合、天皇は結婚を認めるのかと国民から批判が起こる可能性もある、とのこと。

皇室全体を巻き込む事態に、秋篠宮殿下は責任を重く感じられていることだろう。と、秋篠宮ご夫妻の誤算の記事が続きます。

記事を読んでいくと、また余計な事が頭の中に浮かんでしまいました。テレ朝で放送しているバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな」が脳内をよぎったのでした。

画像出典https://entameclip.com/news/160064




小室Kが眞子さんと破談になったことで「しくじり先生」に出るのは分かるのですが、週刊女性の記事は秋篠宮殿下が眞子さんと小室Kの結婚問題で「しくじり先生」に出て、しくじった原因を話しているような状況ですね。これは洒落にならない、聞いているお笑い芸人も笑えないだろう。と書きつつも、秋篠宮殿下がしくじったことを書くと。

① 結婚問題が日ごと大きくなる中、破談にするべきでは、と進言した人もいましたが、「無理に破談させたら、娘の心に一生ものの傷がつく」と、眞子さんの気持ちを尊重された。

②眞子さんが結婚される際、両殿下に挨拶する「朝見の儀」は上皇陛下と美智子さまに行っていただきたいと希望するものが一定数いて、秋篠宮ご夫妻も、そのことに了承された(のでしょう)

③当初の予定より早い婚約内定報道がされたことで、小室家の裏事情を把握する時間がなくなってしまった。

④ 小室家に関する調査が甘くなり、宮内庁関係者が近所にトラブルはないかと聞いて回ったが、留守の家は飛ばしていた。当時、同じマンションにすんでいた圭与さんの元婚約者も仕事で家をあけているほうが多かった。

最大の誤算は、小室Kの鉄面皮ぶり。

秋篠宮ご夫妻、金銭トラブル自体は問題視しておらず、延期後に小室さんならすぐに対応してくれるはず、と思っていたが贈与だと主張するばかりで、解決する行動は起こさず、問題を放置し3年間の米国留学。

⑥ 秋篠宮ご夫妻は小室Kの本質を見誤ったのか。

婚約を延期しなければ、ここまでの問題にならなかった可能性はあるが、国民に疑念を持たれたままで結婚すること、悠仁さまの義兄に問題があるのは好ましくないと思われた、ただ延期から3年間、小室Kが金銭トラブルに関する対応をしないことは、想定外だったのだと思う。(週刊女性 河西准教授)

秋篠宮殿下がしくじり先生に出たら・・・・眞子さんの気持ちを尊重されたこと、上皇夫妻に「朝見の儀」を行ってもらおうと思ったことに了解したこと。小室家の調査を詳しくやらなかったことで、後から出るわ、出るわ、叩いたらホコリでむせ返るような状態だったこと。
小室Kだけでなく、圭与さんも含めた小室親子の面の皮が鉄のように固かった。「鉄面皮」の意味は恥知らずで、厚かましいこと。まさか、延期から3年経ってもトラブルに対応せず放置するとは想定外で、小室Kの性格を見誤ったせいで、国民の多くから批判されることとなりました。娘の眞子は頑なで結婚する気満々。国民は眞子の文書と、自分の「結婚を認めます」発言で、更に批判噴出で、どうやってこの事態を収拾させれば良いものか。まだまだ頭が痛いことが続きます。教室内はシーーーンとする。



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m

    紀子さまは、ご自身が長くあれほどのバッシングをお受けになっていますが、ご公務は皆勤、いつも(無理っぽさやお疲れがあっても)静かに微笑みながら乗り越えられてきた方です。紀子さまもネットはなさるでしょうし、週刊誌の情報も入ると思います。これほど嫌悪感・不快感・不信感を抱かれる不誠実な母子と解りながら、娘が傷つくから、などというセンチメンタルな理由で、眞子さんの結婚に折れるとは思えないです。

    やしまさんがご紹介くださった記事の、殿下が「(計算の)名も目にしたくない」に期待したいです。あまりに遅すぎた目覚めであっても、もうそれには目を瞑りますから、とにかく白紙・破談へ一気に舵を切っていただきたいです。

    丸山穂高議員が、帝国ホテルが始めたアパルトマンスタイルで長期滞在、の予約をした記事を見ましたが、毎月議員に支払われる100万円の文通費(用途も自由、報告も領収書も不要)を充てるそうです。…これ以上の特権が、眞子さんにはついているのですよね。結婚後も、ご両親から潤沢な援助が…というカラクリを思えば、目眩しの一時金などなくても、又はマンション代で一瞬で消えても、集り続けるのだから痛くも痒くもない、という算段をしているのでは、と思います(そういえば、佳代さんにも高級マンションを云々…なんてフザケタ記事タイトルもありましたよね)。

  2. mayu より:

    こんばんは、今日は朝から冷え込み最高気温がマイナスで、0度にも
    なりませんでしたが、会費を払っている、今月は28日しかないので
    ジムの行く回数も減る、と欲でジムに行ってきました。
    が、冷え込みが酷くて肩から腕まで痛みが出て、行かなきゃ良かった~(ノ_・。)

    運動する身体に慣れるまでジムに行った日は、コメ返しを休ませて貰います。
    承認するのが遅くなりますが、自由にコメ返ししてくださいネ。

  3. やしま より:

    創刊65周年記念
    週刊新潮 2021年2月11日特大号

    会見後の報道は誤り!
    「眞子さま・小室圭さん」に「結婚容認」ではなかった「秋篠宮さま」

    週刊新潮 2021年2月11日特大号 | 新潮社
    新潮社がお届けする『週刊新潮 2021年2月11日特大号』の情報 会見後の報道は誤り!
    「眞子さま・小室圭さん」に「結婚容認」ではなかった「秋篠宮さま」

    根負け記事一色に戸惑い
    コムロの名は目にしたくない
    宮内庁の講義電話受付係が三択提示
    眞子さまは「10月成婚」悲願

    まあ、ちょっと期待してみようかなと思います。

  4. クロワッサン より:

    mayuさん 連続更新有難うございます。

    黒田さんのお母さまは、趣味のいい高価そうな着物を着て品のある方でした。佳与さんとは大違いでした。

    秋篠宮さまは、嫁ぎ遅れた妹の為に、誠実で謙虚さがある同級生を世話しました。
    自分は、奇跡の女性紀子さまを見つけて、伴侶としました。それだけ洞察力がある方だと思っていました。

    でも自分の娘の時は、目が曇りっぱなしで、本質を見極められず、身元調査もしませんでした。揉めている現在、本当に解決しようとしているのか?モタモタして、後手後手です。

    皇族といっても、他の皇族達にとっては、所詮他人事。モンスター母子を切り捨てられるのは、父親の秋篠宮さましかいないんですよ!

  5. 狗児 より:

    mayuさん
    これまた呆れた記事ですね。
    ああ…もう…何とも言えませんが、「無理に破談にしたら眞子さまの心が傷付く」そんなの、一時的な話ですよね。もし結婚して、あんな家で苦労することを考えたら、長い目で見て小さなことじゃないでしょうかね?
    そして、小室家の鉄面皮さを見抜けなかった、と。確かに皇族の置かれた環境の中で、ああいった人がいないのは分かるのですけど、どなたかご友人等アドバイスしてくれる人がいなかったのかなぁー学習院時代の、殿下、妃殿下共通の友人で、腹を割って話せる方もいらっしゃるでしょうに。それが不思議です。

    mayuさんの「しくじり先生」番組の喩え面白いですね。もし、そんな番組があれば、苦笑いしか出来ないですね。悲しいばかりです。

  6. マグノリア より:

    おはようございます。

    今回の結婚問題の前に、眞子内親王には大学進学時に何かあったのではないでしょうか?
    内親王でしたら学習院を選択されるのが今までですよね。(女王あたりは別ですが)
    オブラートに包まれたお姫様がいきなり俗世間を見たら真新しいことばかりで、案の定今に至ってしまったように感じられます。
    小室K氏のしくじり先生、見てみたいですね。

    少し方向性が違いますが、前記の大学について異なる部分があります。
    GMARCH群(学習院、明治、青山、立教、中央、法政)のグループですが、こちらは一般的(学校、予備校、先生、生徒ほか)には「ジーマーチ」と読んでいます。
    Gの学習院は後付けですので読み方については地域によるものかもしれませんが。

    • やしま より:

      >マグノリアさん 解説ありがとうございます。

      「グマーチ」→「ジーマーチ」について調べてきました。
      要するに初期の呼び名がグマーチで、現在の呼び名が「ジーマーチ」のようです。
      2007年のヤフー知恵袋より
      日東駒専のひとつ上のグループ、「 M明治大学、A青山学院大学、R立教大学、C中央大学、H法政大学」これでマーチですが、最近は学習院大学が偏差値を伸ばしており Gが加わってGMARCH(グマーチ)と言うようです。

      「グマーチ」をもっとスマートな呼び名にしたのが「ジーマーチ」かと。2019年判コトバンクでは、こちらの呼び方ですね。
      ちなみに息子たちの大学受験時代には学習院はマーチ群に含まれておりませんでした。
      ところで最近はこれが「SMART」に変化しているとか。

      •(S)上智大学
      •(M)明治大学
      •(A)青山学院大学
      •(R)立教大学
      •(T)東京理科大学

      早慶が私立TOPで、mayuさんがご疑問だった東京理科大学が上智とともに少し下がり、青学・立教といった女子に人気の大学が少し上がって安定の明治とともに偏差値的に合体した形かと思います。

      • マグノリア より:

        やしまさん、いろいろありがとうございます。
        いつもやしまさんの知識の深さには敬服しております。

        そうですね、最近では「SMART」が注目株です。
        現在ではこのグループにGMARCHの学習院同様「I」を加えて
        「ISMART」が提案されております。
        「I」=「国際基督教大学」、そう今話題の「ICU」です。
        上智大学に並ぶ偏差値があることからきているようです。

  7. より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。

    案内状を出してから破談になった友人がいましたが、
    別の人と結婚して子どもにも恵まれ幸せに暮らしています。
    前の人とは別れて正解だったし、
    仮に次のご縁がなくても同じように思っただろうと。

    秋篠宮さまの「結婚を認める」は皇室史に残る失言ですが、
    破談にさえすれば済むことです。
    眞子さまの心に一生ものの傷なんかつきませんよ。

  8. 月の砂 より:

    mayuさん、記事をあげて頂きありがとうございます。
     
    1,先ず眞子さまがお付き合いを始めた段階で相手の事をしっかり調べていたら良かった。
    2,宮内庁が神奈川県警から「この人とのことが世間に知られると必ず問題が起きる」ということを言われておりながら秋篠宮家に伝えていなかった。
    3,結婚延期でなくあの段階で破談にしていたらここまで騒ぎは大きくはならなかった。
    4,眞子さまの意志を尊重し過ぎた事。何も尊重する必要なし。駄目なものは駄目とはっきりすれば良かった。
    5,父親なんだから怒鳴り散らしてでも、手を挙げてでも眞子さまの暴走を食い止めるべきだった。
    6.離れ離れになっている事で尚一層二人の結束が強くなってしまった。

    と並べたてましたが縁談と言うのは水物で私の知っている人は案内状を出してから破談になった人もいますし、もっと凄いのは→結婚式をあげてから披露宴の間に破談になって招待客には皆帰っていただいた方もおります。
    とにかくこのお話が破談になることをお祈りいたします。
    長くて申し訳ありませんでした。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    前記事の話題ですが、紀子さまが折れたとしたら
    (…って、信じたくないですが) もう心身共にお疲れが限界なんでしょうね。
    見ている国民も疲れています…( ;∀;)

    鉄面皮。こうまで書かれる結婚相手って…
    そもそも皇族と結婚する人やその家族が、皇室に迷惑かけている時点で
    (普通、迷惑かけない様に気を付けると思う)既に間違っている気がします。
    眞子さまはこの3年間のKの行動や出来事を振り返っても、ご両親殿下のお疲れのご様子を見ても、何とも思わなくなったのかなとガッカリしています。
    悠仁殿下も多感な年頃に気の毒に思います。

  10. やしま より:

    記事のさらなるご紹介ありがとうございます。

    誤算はそのとおりだと思います。とにかく皇族の方では想像の範疇にない母子なのは確かです。
    しかしその想像を絶する母子のことを、宮家では一体いつ認識したんだろうと。内定会見後の食事会でしょうか。本来なら半々のはずの帝国ホテル結婚式の費用を圭与氏が「うちでは1銭も出せませんのでよろしく」とか言ったかな。

    婚約延期の一報が出たときには、国民皆胸をなで下ろしました。あとは弁護士が登場して、お金の問題だけになるだろうと。先方が納得するお金を提示すればいいだけだと。
    とんでもなかったですね。そんなやわい玉ではなかった。
    特にK母の図太さが図抜けています。息子をアメリカに逃がして、矢面に立ってもいいから、絶対に今の「婚約内定家族」の地位から降りない。
    さすがにこれは皇室は当然のこととして、我々一般国民だって唖然茫然の境地ですよ。

    それにしてもKの紹介がたしか2013年だったかと。
    その後の彼のふるまいを見て、ご両親は何も感じられなかったのか?
    留守がちで会うことがほとんどなかったのか?
    ツーショット写真が出ない出ないと偽物説の連中はよく言っていたけど、ツーショット写真はK母子の切り札として温存。
    宮家のプライベートゾーン(眞子さんの部屋)とかが多いんじゃないかな。そこで二人仲良くピースサインとかね。ああもう。目も当てられない・・・

  11. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。前記事と共にありがとうございます。

    悠仁殿下には、健やかにお過ごしいただきたく存じます。

    kkなる者、楽して儲けたい、人々から羨望の眼差しを向けられたい、自己愛性人格障害そのものだと思います。今、世間を騒がせている、キングコング西野と同じ匂いがします。その場しのぎの言い訳や、自分に絶対の自信を持っているところ等々よく似ていると感じます。明石家さんまほどに底抜けに明るく大物になってしまえば誰も迷惑をかけられずに済むのですけどね。

    もう本当にウンザリです。

タイトルとURLをコピーしました