秋篠宮家からまた職員逃亡…東大卒キャリア官僚が依願免職 宮内庁きっての“ご難場”

かねてより秋篠宮家は、宮内庁きっての「ご難場」とされ、その激務ぶりは広く知られていた。紀子妃が職員にお求めになる仕事のレベルは高く、「重責に耐えかねた職員が赴任早々、身体に失調をきたす、あるいは依願免職を申し出るケースがこれまでしばしば見受けられました」(事情を知る関係者)週刊新潮 2020年3月26日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/03171700/?all=1

朝礼から職員が逃げ出して… 苛烈を極める「紀子さま」の朝令暮改
週刊新潮 2019年1月3・10日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01130800/?all=1

大嘗祭に“身の丈”ご発言の「秋篠宮さま」を訝る声 お住まいの増改築に33億円
週刊新潮 2019年1月3・10日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01120800/

2020年3月26日号掲載は全文は週刊誌を買わないと読めませんが、
週刊新潮記者は秋篠宮ご夫妻に何か恨みでもあるのでしょうか。
毎回、毎回、このような記事を書いて秋篠宮家をサゲ続けています。

東大卒キャリア官僚が依願免職、だから何なの?
宮内庁きっての“ご難場”、宮内庁職員はやる気のない人達の集まりなの?

退位した上皇上皇后、公務の少ない天皇家で働くよりは大変なのは当然でしょ。
何しろ公務できる大人が4人もいるのですから。
うち3人は女性皇族なので、衣装のお支度も3人分。
ご難場、ご難場と書くのなら天皇家より職員の数を増やせよ~!


天皇家は今の所、たま~に公務に出て来る女性皇族は雅子さま1人。
上皇夫妻はもう公務もやらないのに職員だけは多い。
半分くらい人数の多い秋篠宮家に職員を回してやりなさいよ。

序に
愛子さま“連続欠席”には触れず 宮内庁「誕生日文書」の違和感
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/12120558/?all=1

運動会の翌日から9日間も疲労で学校を休んだとか。
そんな虚弱な愛子さまに天皇の務めが果たせるワケがないです。
拒食症になったりリバウンドしたのか太ったりの大騒ぎで、
小さい時からよく風邪だ、腹痛だと愛子さまはよく休んでいました。

精神的、肉体的にも弱そうな方ですから、静かにお暮しになる方が
愛子さまにとって一番良い事だと思わない人がいるとはねぇ。

サンデー毎日 2020年3月15日号~工藤美代子氏による
「皇后の覚悟 貞明皇后からたどるプリンセスたち」の連載が始まりました。
43才の若さで皇太后になり66才10ヵ月で狭心症で短時間で崩御された、
4人の健康な男子を儲けた貞明皇后から始まっていますが、妨害なく、美智子さま、
雅子さまへと連載が続くと良いのですが。前回の「美智子さま その勁き声」では
美智子さまはペチコートのことを書いたことが事実と違うと宮内庁を通して抗議させました。
60年も前のことを逐一抗議をするとは呆れるほど凄い女帝でございました。