秋篠宮ご夫妻、オンラインで閉会式と車いすマラソンの選手らとご交流 批判は続きますね

秋篠宮皇嗣ご一家

小室眞子さんが結婚後初の秋篠宮ご夫妻が・・と、テレビのニュースでも眞子さんの名前を出していました。眞子さんの結婚が国民の祝福を受けた結婚なら、何と言う事もないニュースでした。想像するまでもなくヤフコメはご夫妻を見たくない、などの批判的なコメントで溢れていました。

その中で紀子さま喪中だったのでは、のコメントに私も紀子さま90日間の喪中だよなぁ。服装も喪中を意識したのかグレー色だけど、どうしてこうやって出てくるんだろう、いろいろ言われるに決まっているのにと思いました。動画を見ると紀子さまは確実に痩せてやつれて見えました。3か月間静養だと思って休んでいたらいいのに。秋篠宮殿下は去年から今年初めの頃より良くなったような・・・。もう吹っ切ったのだろうか。

今週中には秋篠宮殿下の誕生日会見の録画をするでしょうが(もう終わったかもしれませんが)会見を公開する前に秋篠宮殿下が眞子さんの結婚についてどのような事を語ったのか、また漏れて事前に分かってしまうのだろうか。

誕生日映像は秋篠宮ご夫妻と佳子さま、悠仁さまの4人ですっきりして良さそうです。どの週刊誌か忘れましたが、悠仁さまの身長がかなり高くなり紀子さまの身長を追い越し、秋篠宮殿下とさほど違わないほどだそうです。170㎝は超えたのかもね。 奥手の男子特有の伸び方でホッとしました(笑)

【追加】ぺんぺん草さんが小室圭氏のパスポートの色と小室夫妻が滞在していたマンションの空き情報を書いていました。 https://sakuragasaita.com/keikomuro-passport

秋篠宮ご夫妻は21日、お住まいのある赤坂御用地(東京都港区)と大分県をオンラインでつなぎ、同県で開催された「第40回記念大分国際車いすマラソン」の閉会式に臨席し、選手らと交流された。これに先立ち、ご夫妻は同日午前、同大会のレースをご視聴。午後に行われた閉会式に秋篠宮さまはライブでお言葉を寄せ、この大会が「全ての人々が輝く共生社会を象徴するイベントとして、今後もますます輝き続けていかれること」を願われた。その後、お二方で大会に出場した選手らとご懇談。宮内庁によると、ご夫妻は競技用車いす「レーサー」の特徴や使い方、普段の7練習の様子などについて質問されたという。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20211121-GEPSXJ2PDFOLPIQKI7TTTPBKQM/



コメント

  1. 三島 より:

    紀子さんの写真をみた瞬間、私もやつれたと感じ、その直後すぐに、口紅の色が薄いのでそう見えるのかもしれないとも思ってますが・・・

    眞子さんの結婚は反対者の国民には一生受け入れられるものではないと思います。
    眞子反乱を起こし、一年も秋篠宮と口をきかなかった等々。
    天皇は日本の象徴と言われており、いくら弟宮の娘と言えど自覚が全くなく思うとおり通した。
    両親は私を突き放せない、泣き落としでも、唯をこねても受け入れるだろうと言う計算高さがみえみえという気がするけど。
    眞子さんは皇室への国民批判や天皇制のあり方にとても猜疑心を抱き、徹底的に反論するという姿勢が垣間見え、これは、天皇制を廃止しようと企む者達が仕掛けたバーチャル結婚なのかもしれないと思わなければやってられない気持ちにもなります。

    小室夫婦は疑惑が後を絶たず、ジャーナリストの篠原さんは告訴を諦めていず準備を着々と進めていると動画で話していました。
    圭氏は三菱UFJの入社も皇室の忖度だったと言われ、NYの事務所もそうらしいです。
    ↓「やじうまカーニバル」の11月21日の記事の見出しより
    ドイツ国営放送DWでは「日本政府による財政的な約束」という文章がありました。コネ就職だから2月までの司法試験まで事務所には出勤しなくてもOK?就職先を徹底調査
     決して一般人の配偶者ではなく、平民とはゆかない眞子さん、
    全てがお膳立てをされ、我儘だけ通してきた・通している。
    むしょうに心が塞ぐ、悲しい、残念
    誰も眞子さんの不幸など望んでないよ、眞子さんが不幸な道を選択してきただけです。

  2. まお より:

    mayuさん、こんにちは。

    紀子様、もはや無理に笑ってもいらっしゃらなくて、泣きそうなのを堪えているようなお顔に見えました。秋篠宮殿下は意外にお元気そうです。

    服喪のことは現在明確な基準がなくて難しいのでしょうが、祭祀およびハレの場がNGなのかなと私は思ってました。これは普通のお仕事なのでOKなんだと思います。秋篠宮様のお誕生日映像や1月の皇室行事は多分お休みかなと思いますが、例の2段階の服喪でいうとおそらく二段階目の時期でしょうからもしかすると参加されるかも?
    ゆっくりお休みになったほうがいいかと思う一方で、案外気が紛れていいのかもと感じています。

    例の圭のパスポート、最初に話を目にしたときに見た写真は、茶というより紺や黒に近く見えました。見える面が斜め下側の光が当たらない方なので光の加減で暗く見えるんだろうと。
    今回mayuさんが貼ってくださっていたぺんぺん草さんの記事を見てきました。貼られていた動画の45秒あたり、圭がポケットから出した直後フラッシュが当たってきれいに色が出ている瞬間があり、赤色でした。
    現場にいる記者やカメラマンは実物を見ているはずなので、なにか変であればどこかは報道するはずです。報道がないということは、日本の十年パスポートだと思います。

  3. やしま より:

    >どうしてこうやって出てくるんだろう

    というmayuさんのコメントに私も同意です。
    今回私てきに「服喪」について調べてみました。こんな感じでした。
    『「服喪」は「忌服」ともいいます。「忌」は死の穢れが残るとされる期間です。仏教なら四十九日の法要まで、神道なら五十日祭まで。これが終わると故人の近親者は「忌明け」となり、死の穢れから解放されます。』

    つまり、近親者が亡くなってから神道の場合は五十日祭までの間は、その人は「死の穢れ」を持っているので静かに暮らし、他者との接触は控えてほしいという、そういう期間なわけです。川嶋父上が亡くなって、まだ五十日たっていません。したがって紀子妃は「死の穢れ」をまとわれていることになります。

    なので今回の服喪期間、五十日もたたないうちに、リモートとはいえ公務にお出ましになる姿を、私も疑問に思いました。ご容貌もやつれていらっしゃる。能面を貼り付けたような、感情喪失な感じで、なぜこの状態で殿下とともに国民の前に出ていらっしゃらねばならないのか。殿下お一人でできない公務ではありません。国民としても、今の紀子様のお顔を拝見するのはつらいです。静かに喪に服す期間でよろしいのではないでしょうか・・・

    • やしま より:

      すみません。ちょっと勘違いで、川嶋家はきっと仏教ですよね。四十九日まで、ということになります。それにしても日にち的にはまだそこに達していない時期です。

      • ゆきんこ より:

        紀子さまの喪、川嶋氏の満中陰は12月22日です。

        皇族方のお誕生日が続くころですが、コロナ禍で、お祝いは家族間くらいでしょう。

        12月25日は大正天皇例祭、このあたりから本格的な活動をなさるかと思います。
        それも、またお気がまぎれるかもしれません。

  4. マグノリア より:

    おはようございます。
    私も思いました、秋篠宮皇嗣妃殿下は確か90日の服喪期間、来年1月まではお休みなさるのではないかと。
    この件につきましては以前は皇室服喪令が制定されたようですが、今は廃止されたようです。
    だからでしょうか、今までもその時々でいろいろありましたね。
    妃殿下の90日のうち第1期とか第2期とかあって最初は静かに過ごし徐々に復帰するとか、この服喪は宮廷行事に適用されるとか、さまざまな記事を目にしますので、今回は今回なんだろうと思いました。

    小室圭くんのパスポート問題も然りです。
    最初は光の加減かなぁぐらいに思っていました。
    元々搭乗手続きからして一般人とは異なる段取りです。
    平民が何を言っても届かない、聞いてもらえない世の中ですので、こちらもこんなものかなぁと思う次第です。
    私は一言「眞子さん、あなたのやっていることは一般人(日本国民)とは全く異なります。一日も早く努力して自立されることを望みます。」と告げたいです。

  5. ゆきんこ より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    紀子さまの笑顔は張り付いたような、といわれても仕方ないかもと悲しく思えました。

    出てくれば「そんなことするよりあのカップル何とかしろ」、

    出てこなければ、「皇后のこと言えないじゃないか」
    「さすがに凹んでる」。

    だったら、出て行こう、これが秋篠宮家のスタンスなんですね。

タイトルとURLをコピーしました