悠仁さま 作文が佳作 オンライン表彰式に参加

秋篠宮皇嗣ご一家

悠仁さまの作文が佳作に選ばれ、オンラインでの表彰式に参加、お言葉を述べられました。いやはや、表彰式の様子までは見られないかな~?と半信半疑でいましたが、堂々とお一人でオンライン表彰式に参加されお言葉まで述べられました。

秋篠宮殿下の誕生日映像で拝見した時より、顔が面長になりうっすら口髭が見えて大人っぽくなりました。声のトーンも低くなり変声期終了時期でしょうか。座った映像しか見られないのですが、ポッチャリから縦に伸びてスリムになったのかもしれません。話し方はどことなく秋篠宮殿下に似ています。高校生になったら1人での簡単な公務なら出来そうじゃないですか。成年皇族になるのが楽しみですねぇ(^^) 詳しくは下の動画を見てください。

悠仁さま、作文が佳作に 表彰式にご参加

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは20日、赤坂御用地にあるお住まいの宮邸(東京都港区)で、北九州市が主催する「第12回子どもノンフィクション文学賞」の表彰式にオンラインで参加された。「小笠原諸島を訪ねて」と題した悠仁さまの作文が同賞の佳作に選ばれており、悠仁さまは表彰式で「これからも、小笠原諸島での出会いや思い出を大切にしていきたい」と述べられた。

悠仁さまは作文で、平成29年に秋篠宮妃紀子さまとともに、東京都の小笠原諸島を訪ねた際の思い出をご回想。小笠原の自然や文化、歴史を紹介し、先の大戦の戦没者を追悼する碑を訪問したことに触れ、「戦争で亡くなった多くの人々のことを想いながらお花をお供えしました」とつづられた。また、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、島民らとオンラインで懇談したことも明かし、「父も一緒に、ぜひ小笠原諸島を再訪したい」との思いを示された。

作文は、通学先のお茶の水女子大付属中学の課題として、同校を通じて応募されていた。悠仁さまは令和元年10月にも、トンボの生息環境などについてまとめられた作文「トンボと私」が、別の作文コンクールの都大会で佳作に選ばれた。

記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/210320/lif2103200027-n1.html

昨日墓参りのあとに、先週は来なかったのですが毎週恒例のようになった孫2人が来て、自転車に乗る練習に付き合ったりで昨日は草臥れました。コメントはきっちり読ませて頂いていますが、前回投稿のコメ返しは省略させて頂くかもしれません。


コメント

  1. フォーエバー より:

    記事の更新、ありがとうございます。
    いつも楽しみに拝見しています。
    私は、小さいころから皇室を敬って(無意識に?)生きてきました。
    しかし、ここ最近の騒動で、随分と国民の皇室に対する見方が変化してしまったように思います。
    SNSの投稿などを見ても、このまま国民の心が皇室から離れていってしまったら、将来の日本はどのようになってしまうのだろうかと考えるようになりました。
    私たちが思っている以上に、もう取り返しのつかないところまできているのかもしれません。
    皇室が末永く繁栄するように願うばかりです。

  2. アール より:

    mayuさん

    東北地方は地震が続き、なかなか心穏やかでいられないでしょうが、
    どうぞ御自愛ください。

    悠仁親王殿下の動画をUPしてくださり、有難うございました。
    自然な中学生らしい発表で、
    作りすぎず、背伸びせず、良い感じだなあと思いました。

    眞子様のことで、気の滅入る中、一服の清涼剤のようなニュースでした。

    このまま、御自分の望むような勉学に励まれますことを願います。
    親の見栄で無理させずに、できる限り伸び伸びとした青春時代を
    送らせてあげたいものです。

  3. mayu より:

    こんばんは。

    そういえば地震がありました、確か震度4くらいでしたが
    今は地震が来る前にスマホが警告音と「地震がきます」と
    音声で教えてくれるので有難いです。
    大きな地震がドッカーンと来るよりは良いのかな。

    悠仁さまのオンライン表彰式を見られたのは嬉しかったです。
    顔が面長になり、今のところ上皇陛下、秋篠宮殿下とも似ていない、
    誰に似た顔になるのかな?
    もうちょいイケメンになると嬉しいのですが、欲張りでしょうか(笑)
    もう少し短くカットしたヘアスタイルの悠仁さまを見たいのですが、
    あまりお洒落には拘らない性格なのかな~?
    明日は講書始の儀がありますネ。久しぶりに皇族方勢揃いを見られるかしら。

    今月は医者通いは内科で終了かと思ったら、歯科から3ヵ月に1回の
    歯石取り(クリーニング)のお知らせ葉書が来たので、旦那と2人で
    歯科に行ってきました。
    数年前までは、歯石取りに痛みは無かったのですが、去年辺りから
    痛い時がありますが、3ヵ月に1回は続けていくつもりです。

    他はジムには意外にも真面目に行っています。
    少しづつ体力がついてきたのか?
    エアロバイクなど以前より楽に出来るようになりました。
    体重は減りませんが(苦笑)
    そして午後3時過ぎには眠くなり寝てしまいます。

  4. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^-^)
    少し前にちょっとこちらでボヤ的なものがあった後で、悠仁さまのニュースはよりうれしくなりました⭐︎
    mayuさん、お疲れはいかがでしょうか。どうぞご自分ファーストでゆっくりなさってください。スーパー、楽しそうです(^。^)
    最近地震も多いですね。でも、こうして分散して揺れることは、突然一度に大きなものがまとまった力で来るよりは、エネルギーを逃してくれて良い、と聞いたこともあります。備えに対する意識も途絶えずにいられますね。

    悠仁さま、さらにご立派になられて…皇室の希望の光ですね。しっかりとしたお言葉に、様々なおかしな言いがかりも効力を失うでしょう。雰囲気もお声も、青年という感じが垣間見えました。滑らかすぎる語りでないところも、ナチュラルでした(^^)
    大学生になるまでお遊びとお手振りだけで貫き通した愛子さまとの差がまた際立ちましたが、遅かれ早かれそうなることは明白でしたよね。スーパープリンセス伝説で対抗しようとするマスコミも愚かでした(ーー;)

    眞子さんの問題さえなければ…という思いがより増しますね。こうした喜ばしいものも台無しにしてしまいます。破談にしたら計算に皇室の闇を暴露されるのが云々…という記事も見かけましたが、その方が、生涯にわたって計算カヨさんが皇室の縁戚として関わるよりはまだマシでは…と思います。無傷で破談を成立できる相手ではないです。

  5. クロワッサン より:

    悠仁さまは、文学的才能がおありになるので、理科系の頭脳との融合で頼もしいです。

    どちらかというと醤油顔(古い例えですね)なので、剣道の装いが似合いそうです。武道として剣道をやって欲しいです。

    また、日本古来の伝統の和歌を学び、昭和天皇のように素晴らしい和歌を披露してください。

    健やかに育っている悠仁さまを見て、いろいろと期待したくなりました。

  6. マグノリア より:

    おはようございます。
    動画拝見しました。
    ありがとうございます。

    素のままの普通の中学生、取り立てて飾ることなくこれでいいじゃないですか。
    きちんと受け答えもでき、子供から大人への階段を着々と進んでいますね。
    男性は中学生の時期が心身ともに変化の目立つお年頃です。
    秋篠宮ご夫妻もお喜びのことでしょう。
    今後はアクティブラーニングなども取り入れながら、教科書一辺倒だけではなく、今以上に見聞を広め、皇族としての学びや品性を取り入れることを希望します。

    そして、周りの方々、お近くにいらっしゃる方々が将来の天皇陛下をきちんと育て、間違った行動をしないことが今後の皇室を支えていく重要なお役目だと私は考えます。(決して甘やかすという意味ではありません。)

    mayuさん、地震の影響はございませんでしたか?
    夜の災害は怖さを倍増させます。

  7. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。

    悠仁さま、立派にご成長なさっているご様子が拝見出来、何より嬉しいです。唯一の希望ですね。畏れ多いことですが、同じ年頃の我が息子と重ね合わせて見てしまいます。

    そう言えば、やれ知的障害だのなんだの唱える人がいましたねぇ…この表彰式のしっかりしたご様子を見て同じことを言えるのでしょうか。あれは、愛子さまに色々な噂があったから、対抗して捻り出してきたことなんでしょうね。何とも下品でさもしいことです。
    一日も早く、お姉さまのご結婚問題が破談の方向で片付きますように…またまたそんなことを考えてしまいました。
    mayuさん、お疲れでしょうし、どうぞごゆっくりなさって下さい。結局同じようなものしか買わないかもしれないのに、新しいスーパーに行ったりするの、楽しいですよね^_^

  8. クロワッサン より:

    mayuさん 昨日うちの方でも大きな揺れでしたが、震源地の東北地方は大丈夫でしたか?

    悠仁さまは、公の場でもしっかりした話し方と落ち着いた態度だったので、安心しました。自分の言葉として話していました。

    20歳からと言わず、元服の15歳から公務をなさればいいのに。

    髪型はもう少し、きちんと整のえた髪型がいいかなぁ。

    悠仁さまの将来の地位・結婚のために、鋼鉄の心臓のモンスター母子とはキッパリと縁を切り、近付けては、いけません!眞子さんは、どこまで小室Kに執着して醜態を晒すのでしょうね。

  9. 月の砂 より:

    mayuさん
    悠仁様の記事を上げて頂きありがとうございます。

    何と立派にご成長なされましたこと、感激の一語です。
    お声はお父様に似て来られたような感じが致します。
    これからのなお一層の成長が楽しみです。

    mayuさん、どうぞお体お大事になさって下さい。

  10. やしま より:

    やれ耳に補聴器を入れているだの、知的障害があるだの、アンチ秋篠宮のひどい書きように怒りを覚えながらの数年。
    これだけのしっかりしたお声での画像が出ることは、その連中の誹謗中傷を吹き飛ばす意味で快哉を叫びたい気持ちです。
    昭和天皇→平成の上皇→令和の天皇と、音声が聞き取りやすくなる気がしますが、悠仁殿下がさらにステキなお声となり楽しみです。

    少しおやせになられたのかな?と思います。少年期から青年期への移行期。また高校生になるとぐっと大人びてきますね。
    一つだけ思ったことは「目」内斜視ぎみなところが眞子様と近似しています。ごきょうだいなんだなぁ~と思いました。ただし、似ておられるのはそこだけで結構ですよ。

  11. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。
    昨夜の地震は大丈夫でしたか?こちらも結構長くて嫌な感じの揺れでした。

    悠仁殿下の動画、嬉しく拝見しました(*^^*)
    私も話し方が秋篠宮殿下に似ていると思いました。
    昨年9月のお誕生日の時よりシュッとした感じで、また背が伸びたのかな?

    悠仁さまを表彰する方が緊張していた様に見えました…(笑)
    秋篠宮殿下「父と一緒に」嬉しいでしょうね~訪問が実現出来ます様に。

  12. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。悠仁殿下の記事をありがとうございます。

    コメントのお返事はとても嬉しいものですが、お疲れの際にはどうか無理をなさらずお願いします。自分のコメントが載っていると、「mayuさんが読んで承認して下さったんだなあ」と安心しています。お墓参りだけでも疲れるのに、お孫さんの自転車練習は、かなりお疲れになったと思います。ご自愛くださいませ。

    悠仁殿下、面長になられましたね。今は縦にドンドン大きくなってらっしゃるのかな?頼もしいですね。

タイトルとURLをコピーしました