コロナで延期の新年行事 講書始の儀

皇室

新年の皇室儀式で新型コロナで延期になっていた「講書始の儀」が本日23日に行われました。残すのは26日の「歌会始の儀」で新年の儀式が終了です。1年振りに見る女性皇族方のローブモンタント姿でした。今の状態を示すかのような秋篠宮家の女性皇族3人はブルー系のモンタント、三笠宮信子さまは帽子もヘッドドレスも無しのようです。令和流で自由になったのか?? 眞子さんはマスクで表情はよく分かりませんが、にっこりお手振りしながら皇居入りでしょうか。 新型コロナで去年の春と秋の園遊会は中止になりましたが、今年も春の園遊会は無理、秋の園遊会はどうなるのでしょうか。 たまには皇族方は着物姿を見たいのですが。

天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例行事「講書始(こうしょはじめ)の儀」が23日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。秋篠宮ご夫妻をはじめ、皇族方も出席された。当初は1月に実施予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた。進講者は、平成28年にノーベル医学・生理学賞を受賞した東京工業大の大隅良典栄誉教授(76)ら3人。「細胞のリサイクルの仕組み」と題した大隅氏の講義に、両陛下は熱心に耳を傾けられた。
ほかの進講者とテーマは、成蹊大の揖斐高(いび・たかし)名誉教授(74)の「『勢』と『機』の歴史哲学-『日本外史』の方法」、兵庫県立大の五百旗頭(いおきべ)真理事長(77)の「米中の新たな遭遇と日本」。講書始の儀は感染拡大防止のため、出席者を減らし、席の間隔をとって実施された。記事出典 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/210323/lif2103230014-n1.html



コメント

  1. 白雪山羊 より:

    mayuさん
    お忙しい中、二つの記事を更新有難うございます。

    そうでした、講書始の儀でしたね(忘れていました)。
    両陛下はお元気そうですね~
    私はブルー系の色が好きなので、グラデーションで色の系統が揃っているとちょっと嬉しかったりもしたりして(^^;
    今は割りと服装の色は「お好きに」なのでしょうか。

    皇位継承の件は、コロナ禍ですし、眞子さまの結婚問題もあるし、今議論しちゃうの…??何だかなぁ。
    天皇陛下や秋篠宮殿下、宮内庁長官や議員さん?にあれだけ言われても何も言わないKって、本当に……(溜め息)

    皆さんがコメントで盛り上がっていた件に、絶句しました。
    世の中、色々な人がいるけど…こんな人いるんですね…

  2. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。講書始の儀の記事をありがとうございます。お写真も沢山載せて下さってるのに、「ときめかんわあ」としか。。マスク姿、物凄い距離感。中国武漢は、大変なことをやらかしてくれたものですね。

    19日のコメント欄への返信もありがとうございます。ネット社会には前々から存在していたのですね。悪質な人間を逮捕できないものでしょうか?脅迫や中傷には対処してるようですが。誰かが「被害届」を提出しなければ動かないんでしょうね。

  3. マグノリア より:

    おはようございます。
    「講書始の儀」が滞りなく行われました。

    皇后陛下も体格がよくなられたのでしょうか、体調も問題ないようですね。
    やはり天皇皇后陛下はお二人揃っていらっしゃるのがよいです。
    常陸宮ご夫妻以外の成年皇族の方々がご参列され、新年の皇室儀式を感じました。

    私もこの三人の進講者の講義を聴きたかったです。(一生無理だわ)
    珍しい名字の方も多く、講義のみならず漢字のお勉強にもなります(^^)

  4. 木の葉 より:

     mayuさん.講書始めの儀が執り行われて良かったですね。

     体調の波が良い周期でいらしたのでしょう、皇后陛下もご出席で、天の陛下も安心なさった事でしょう。祭祀と、皇室伝統儀式、これらにお出ましさえ頂ければ、それで良いのだと思います。平成時代に増えすぎた皇后様の御公務?を減らしながら、お慎みと御遥拝ではなく、先の2点だけは国民に御姿をお見せくださ〜い。美しくて堂々とした皇后様のお姿、皇太子妃時代にはほとんど拝見できなかったので、とても新鮮です。

     秋篠宮御一家の心情を表す様な?ブルーのローブモンタント。寂しげですが、濃淡・グラデーションが美しく、目立ち過ぎず、私は好きです。

     一般庶民も、そうそうたる方々の講義を、TVで一緒に拝聴してみたかったな〜。畏れ多過ぎますかね。

タイトルとURLをコピーしました