秋篠宮殿下 会見でのお言葉は眞子さんを突き放し2人で勝手に結婚したら、に読めました

皇室

今、28日の夜。あと25~26時間過ごすと、11月30日午前零時。秋篠宮殿下の誕生日会見内容と映像がネットで発表され見られます。それまで待てば良いのに、待てなくて今日、週刊新潮を買って読んでみました。物好きですねぇ~(^^;) 読んでの感想、発売中なので適度に書きました。

スポンサーリンク

イケてる女性風の佳代さん

グラビアには「大躍進のその先は」のタイトルで、仕事帰りの圭与さんの写真。茶髪の頭にメガネを乗っけて肩には薄手のジャケット、足元はショートブーツ。昔の表現でいえば、”イケてる風”の女性が街を行く。周囲を気にすることもなく堂々とした足取りで去っていった。(週刊新潮より)

周囲をモザイクで見えないようにしてネットにアップされた画像よりモノクロではありますが、胸も腰回りも大きく堂々とした体躯に見えました。そしてこのファションはなんなのでしょうか。黒の膝下タイトスカート(おそらくニット)の下にはレギンスかスキニーを履いてペッタンコのショートブーツ。イケてる風ファッションですか。悔しいけど、このヘアスタイルは圭与さんに似合っているかもしれない。

週刊誌の内容の大筋は、ぺんぺん草さんも紹介していました。また、デイリー新潮にも肝心な所が載っていますので、そちらを読んでください。以下のURLです。

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11280559/?all=1

13日に眞子さんの文書が発表されたので、質問内容も差し替えられたそうです。

秋篠宮殿下 眞子さんの結婚についてのお言葉

「殿下はまず『お気持ちの尊重』の意味について、ストレートに『二人の結婚を認めるということです』と言い切られました。むろん“結婚容認”を公にされたのは初めてです。そして『二人がそういう意思なのであれば、親として尊重するしかありません』『時期に関しては、これから本人たちが考えるでしょう』とも述べられていたというのです」

ただし、質問の後半に対しては、以下のような趣旨のご回答をなさったという。

〈私は以前“多くの人が喜んでくれる状況”と述べたわけですが、何をもって多いか少ないかというのは、客観的には難しい。この結婚に批判的な人、喜んでくれる人、そして無関心な人など、さまざまいると思いますが、私としては現在、多くの人が喜んでくれる状況にあるとは認識しておりません〉──。ご結婚をお認めになりながらも、二人を取り巻く状況はなお厳しいと指摘なさったわけである。

秋篠宮家の事情を知る人物が言う。

「殿下は皇室の結納にあたる『納采の儀』には難色を示されながらも、憲法の『婚姻は、両性の合意のみに基いて成立』という条文を尊重され、全面反対の姿勢を打ち出すことはありませんでした。それが今回のご回答でも色濃く表れている印象です。お二人の結婚の意思を否定なさることはすなわち、憲法に反することだと痛感なさっている。いわば板挟みの状態であるといえます」

会見では、5問のやり取りの終了後も、結婚問題について質問が続いた。

中略

「まず、『殿下は先ほど“多くの人々が納得し、喜んでくれる状況ではない”と仰いました。そうした状況を作るには問題を解決する必要があるとのお考えも、かつて述べられていますが……』といった内容の質問が出たのです」(同)これに秋篠宮さまは、現在も同じお考えである旨、答えられたという。そして、

「別の記者が『小室さんのトラブルは解決したとは思えない。一般の人に理解してもらうには、当人が説明する必要があるとお考えですか』と問うたところ、殿下は『説明はすべきです』との認識を示されました。さらに『結婚に至るまでには、さまざまな段階があります』と前置きしながら、結びで『結婚と婚約とは違います』と口にされたのです」(同)間を置かずして、会見は終了したという。記事出典 週刊新潮12月3日号

週刊新潮にも秋篠宮家の事情を知る人物のコメント、として載っていますが、私もその通りかも、と思いました。小室計算が国民の前で説明しても、400万円の金銭トラブルが解決しないままでは説明すら出来ないだろうし、そもそも400万円の金銭トラブルを超えて、小室計算と圭与さんの誠意のないところ、身の丈に合わない生活、借金を借金と思わない性質、皇室に対して畏れ多いの気持ちすらない(畏れ多い気持ちをなくした内定皇族の存在にも難ありだけど)問題を解決しようとの動きがない、等々人間性に不信感を持ってしまいこういう親子が皇族と関わる、姻戚関係になるのが嫌なのです。


「もはや手遅れ」の小見出し

『二人がそういう意思なのであれば、親として尊重するしかありません』
『時期に関しては、これから本人たちが考えるでしょう』
“多くの人々が納得し、喜んでくれる状況ではない”
『結婚に至るまでには、さまざまな段階があります』
『結婚と婚約とは違います』

これら秋篠宮殿下の言葉から、婚約に当たる納采の儀は出来ないが、2人が結婚したいのなら親として尊重するしかない。結婚するならこれから本人達が考えるでしょう。と2人を突き放しています。国民に祝福された結婚なら、2人で考えることはそれほど多くはなく、宮内庁職員、秋篠宮家職員、秋篠宮ご夫妻など多くの人たちが、万全に整えての結婚になるけれど「本人達が考えるでしょう」とは、秋篠宮ご夫妻含め、周囲は関わらない、勝手にしなさい、との意味ではないでしょうか。

果たして、眞子さんと小室計算の2人で入籍だけの結婚をするのか。

「祝意なき婚儀」強行 私はこう考える、のなかで「度を越えたお金目当て婚」を書いた、小田部雄二氏は「国民の理解が得られないままご結婚されると、なかなか公の場に出てくる事も難しい。今後の皇室のことを思うと、後ろ指を指されるようなご結婚だけは避けていただきたいと願っております」と書かれてますが、当然、国民は眞子さんが公の場に出て来られることすら嫌です。今ですらもう公務に出てこなくても良い、と思っているくらいですから。 夜遅くなりましたので今日はこの辺で。



コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。

    後2時間くらいで秋篠宮殿下の誕生日会見の様子と内容が
    ネットにアップされます。
    お一人お一人へのコメ返しは、まとめさせて頂きました。

    キリンちゃん>

    削除してしまいごめんなさい。またコメントしてくれてありがとう。

    自分の子供でも呆れる事はありますよ。私もありましたから(苦笑)
    バカっぷるでも、ここまでのバ○だとは想定外だったでしょうね。

    19才、20才ならそれも有り得るけど、もう2人29才で生活基盤も
    しっかりしていない、夢みる王子に夢見るプリンセスでは生活も出来ない。
    2人で考えてやってみたら良いんじゃないですか。
    皇室から出て行って苦労するのも良いと思います。仕方ないです。

    白雪山羊さん>

    眞子さんには戸籍がないので、出て行けと言われても簡単には出来ないそうで、
    このままダラダラと皇室にいてるかもしれません。
    結婚の手続きなど、2人がやれるならやったら良いでしょう。

    会見ではいろいろ質問があったようですが、やっぱり眞子さんの結婚問題、
    これが一番注目ですよ、なんたって多くの国民が反対しているのに
    あの文書ですから。 秋篠宮ご夫妻、心労が尽きませんね。

    ミラージュ さん>

    私も今日は眠れそうにないです。
    それに孫達が遊びに来て疲れてしまい、その後夕寝をしたので起きて見ますよ。
    前もって週刊誌が少し書いてくれたので、心構えが出来て良かったと思いました。
    突然だったらかなりショックでしたよ~(ノ_・。)

    結婚までは花畑でルンルンでも、イザ結婚したら大変でしょうね。
    特に眞子さんは、イリスさんが書いていたように「重役出勤」程度の
    お務めしかしたことがない人ですから。庶民とはやはり違いますよね。

    メーガンとアメリカに渡ったヘンリー王子のようにならないと良いけどネ。

    やしまさん>

    雅子さまが駅で「税金泥棒」と言われた事もよーく覚えています。
    あの時は、よく言った!と思ったものです。

    眞子さんが、一時金辞退せず小室計算と結婚、となると「罵声を浴びる」
    だけではなく、卵を投げられるなど、危険な状況になりそうです。

    眞子さんの公務、見たくないと思ったら本日出てきました。

    小室計算がNYに行った時、「島流し」と書いた週刊誌もありましたが、
    ネットがあるので、1、2年の島流しでは無理でしたネ。

    クロワッサンさん>

    眞子さんの結婚への決意が固く、秋篠宮ご夫妻もお手上げ、万策尽きたようです。
    小室計算から借金ではない、贈与だと言われ納得しているのでしょう。
    疑うことを知らない純粋な姫様でしたが、ワルに目をつけられましたね。

    裁可した上皇夫妻、天皇家のトップの今上、皇族全員が無責任でした。
    眞子さんには公務には出て欲しくなかったのですが・・・でました。

    ドラ吉さん>

    そうです、結婚がゴールではありません、始まりなのですよね。
    大変だと思いますよ、眞子さんが庶民の小室計算と結婚生活。
    それも自己責任でやってみるしかないでしょう。

    狗児さん>

    秋篠宮ご夫妻はもう万策尽きた感じで、大変お気の毒でした。
    身の丈に合わない、釣り合いが取れないと、小室家が断るべきでした。

    あれほどの文書を眞子さんに出されて「結婚は認めるが、勝手にしなさい」
    これだと思いますが、2人今後どのようにするのか?やれるものならやってください。

    ネットのない昔は、国際電話と手紙くらいでしたが、それにしても
    3年もスカイプだけでここまで頑なに結婚宣言、凄いものだと思いました。

  2. mayu より:

    キリンさん、すみません。
    コメントがスパムに入っていたので承認しようとして
    間違って削除してしまいました。
    大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m

    スパム対象キーワードなど設定していないのに
    近頃、コメントがスパムに入るので困っています。
    本当に申し訳ございませんでした。

    • キリンちゃん より:

      もうすぐ記者会見なので、手短に言いますと。秋篠宮さまは、眞子さんと計算の一件を、今どきのバカップルと見ているのでは?電車内や若者が集まるスタ○なんかによくいると思います。まだ高校生くらいなのに、ペアリング(わざわざ左手薬指にする)して、常に手を繋いて見つめあって、なんちゃって夫婦やっているのが。言葉では「将来結婚しましょうね」と言ったって、定職についているわけじゃないし、貯金もないし、キャリアも積んでいないのに「何をバカげているんだろう」・・・私達世代から見たら笑いごとです。もしも、自分の子供がそういうことをやっていたら、親ならハイハイそうですかと聞き流して、腹の底で笑ってますよ。だから、「私お嫁さんになりたいの」の気持ちだけは尊重するけど、計算は婚約者としては認めないよって言いたいのでは?まあ、計算は結婚前提にお付き合いして下さいと眞子さんには言ってないだろうし、そうだったら、きちんと銀行務めを続けて、キャリアを積んで、借金問題も解決しているはず。相手の親(秋篠宮ご夫妻)に誠意を見せてない。婚約者に昇格は永久に無理。

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    今年はコロナ禍の中、オンラインでの公務や防護服を手作りなど、新しい公務の形に取り組んだ年で、立皇嗣の礼もありました。
    質問に結婚問題が多かったみたいですから↑この事、全て吹っ飛ばしてしまったかも…眞子さま、解ってるのかな…何だかなぁと思います。

    私も「勝手にしたら」だと思いますが…
    一般の家庭なら一言「勝手にしろ!」で済むかも知れない(?)所を、こういう記者会見で「直接触れない様な言い方」をしないといけないのは、気の毒でもあります。
    「出ていけー!」も中々難しいだろうな…

    あとこれは言っちゃいけないかも知れませんが、皇族だからこそなのか、憲法に引っ張られてる感じが…確かに憲法にありますが、家の事情があるだろうよ…(溜め息)。

  4. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    殿下の会見内容は零時に出てきますよね。
    今夜も今夜中に就寝出来ないわ~(((^^;)

    殿下は、勝手にしなさいっ!
    妃殿下は、一時金辞退しなさいっ!皇室と関わることも禁止っ!
    これを了解してのあの文書発表らしいですから、さっさと入籍すれば良いんです。
    上皇の裁可もありますしね。
    計算は、今支援してくれている人達が手を退かない限り今後も生活に困ることはないんじゃないのでしょうか?
    眞子さんもその辺のことを分かっているように思えます。
    自由を求めてアメリカへ渡ったピューリタンの気持ちで夢と希望を叶えてくれる、アメリカ~とお花畑状態なんでしょうね。
    ひとたび一般人になってしまったらパパラッチに付きまとわれて外出もままならないかもしれないのに。

    佳子さまが、週刊誌報道に苦言をていしたように、眞子さんも週刊誌が何を書こうが全て嘘、真実は計算の言葉。
    と思っていそうです。
    あの親子の数々のエグいエピや写真等を見れば一目瞭然なのに、正に恋は盲目ですね。

  5. やしま より:

    新潮のコメントの3番目に「罵声を浴びないか」という心配がありました。雅子様は過去、静養に行く際に実際に「税金泥棒」と言われています。あのときは「言われても仕方がないじゃん」と心の中で喝采を送ったものですが、今回は非常に複雑な気持ち。ただもしこの1憶数千万円を持って、相手が定職につかないままに結婚に驀進してしまうのなら、国民にそう罵倒されても仕方がないかもしれないと悲しく思います。
    そして本音で私自身、しばらく眞子さんの公務のお姿を見たくありません。圭与母にSPがつくぐらいなら、眞子さんの身辺も危ない可能性ありとして、当分逼塞していてほしいです。

    mayuさんの記事を読んで、改めて「そうだよな」とも思いました。
    結婚したいという気持ちは分かりました。んがっ
    どうやって結婚するんだ?と思います。

    狗児さんの「あの留学は、二人を引き離す目的で、手切れ金代わりに秋篠宮さまが事前に手を回してらしたってことやないかい、と思いました。」
    これ同感です。フォーダム1年目のあのとてつもない優遇奨学金は、皇嗣である秋篠宮家当主の皇室パワーがなければ実現不可能だったと思います。
    特別優遇奨学金を1年だけのものにしたのは、1年間離しておけば、気持ちも冷めるだろうと思われたのかも。

    K母子の執念と結婚詐欺師的話法は、その思惑の斜め上をいったということでしょうか。。残念無念です。

    • 狗児 より:

      やしまさん

      横から失礼します。狗児です。共感して下さり嬉しいです。語尾が「ないかい」などと、大阪のオッさんみたいになってしまいすみません…

      あの留学に関しましては、「計算が何の相談もなく行ってしまったので、秋篠宮さまはご立腹である」との記事もあり、全く矛盾しています。
      が、第一に、400万円が返せない人がなぜ年間1,000万円と言われる留学費用が出せたのか、第二に、なぜ日本の法曹資格もない計算に奥野法律事務所も援助するのか、と考えますと、やはり秋篠宮さまが留学させた、と考えるのが自然だと思います。特に第二に関しましては、私も似たような資格商売ですので「なぜ事務員さんを留学させるの?そんな訳ないでしょ。」と余計でも思うのです。
      秋篠宮両殿下が、今まであれだけ真摯に公務に打ち込んで来られたことを考えますと、一般人から罵声が飛んでくるなど、私もお気の毒と思います。こんなことになるまでに、何度か引き返すチャンスはあったはずなのに…悔やまれてなりません。

  6. クロワッサン より:

    mayuさん お忙しい中、更新感謝します。

    眞子さんと計算が結婚する事は、もう確定ですね。

    一番不思議なのは、眞子さんが、借金を返さず平然としている男を信頼し続け、そんな男を愛し続けるられる事です。嫌悪感が湧かないのでしょうか?

    もし計算と結婚して、計算が皇族の外戚になったら、次代天皇の義理の息子、次次代天皇の義理の兄になります。一番ゾッとする事です。一番やってはいけない事です。子供が生まれてしまったら、もっと取り返しが付きません。

    品性下劣な計算母子が、皇族の外戚になる事を、命懸けで阻止しなかった内廷皇族達の無責任さと、眞子さんの愚かさに、怒りと失望が収まりません。

  7. ドラ吉 より:

    主様の言われる通りでしょう。何事にも「器」(うつわ)というものがあります。「総理の器」「横綱の器」、、、。KKに「内親王の配偶者としての器」があると思う人はいないでしょう。
    そんなに結婚したけりゃ、自分たちで考え、自己責任でやれ、ということ。どこに住んで経済的にどうやって生活するのか、考えることは山程あるでしょうね。

  8. 狗児 より:

    mayuさん

    記事の更新ありがとうございます。「結婚の時期については本人達が考えるでしょう」は、私も「勝手にしなさい」だと思いました。また、「親として尊重するしかありません」と言う表現も、一応気持ちだけは受け止めるけど、どうしようと知らない、と随分突き放した冷たい感じだと思いました。秋篠宮さまの苦悩が感じられますね…でも、苦悩は分かるけど、批判は免れないとは思いますね。結果的に破談に出来なかったんですからね。

    所で「計算がアメリカに行ってしまい、物理的に離れてしまえば冷めて行くだろう、という周囲の目論見は外れた」と言う関係者の話がありましたよね。ってことは、あの留学は、二人を引き離す目的で、手切れ金代わりに秋篠宮さまが事前に手を回してらしたってことやないかい、と思いました。少なくとも、そういう疑いは持たれると思います。

    私は、生まれた時からネット環境が当たり前にあった世代じゃないんですが、20代にはネット環境が段々と整っていった世代です。でも、直接会えないのに、スカイプやラインだけで2年以上燃え上がれるってのは理解できないですね。眞子さまの執念は凄まじい。恋の炎で相手を焼き尽くした道成寺の清姫を思い出しました。そう言えば、最近目が釣り上がってらして、蛇に似てきているかも?!(怖)正直、内親王としては、そういうの相応しくないと思いますので、ほんと、表に出てこないで頂きたい。尼寺か、修道院にでも入ったらよろしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました